11902305_685359274941472_1966803493545332294_n.jpg


SUPER GT第4戦が、8月8日(土)・9日(日)に富士スピードウェイにて開催されました。

BMW Sports Trophy Team Studie は前戦で今年初の表彰台に立ち、勢いに乗っています。

長いホームストレートを持つこのコースは、「稀代のコーナリングマシーン」であるZ4 GT3にとって本来は得意なコースではありません。

それにも関わらず、コーナーでの優位性を最大限生かすことによって、フリー走行はトップタイム、公式練習では2番手のタイムを記録し、優勝をかけて闘えるレベルにあることが明らかになります。

(今シーズン圧倒的な速さを見せていた日産GT-RのBoPが変更され公平化が図られた効果もあります)



11800479_881547261926156_4970674040279249443_n.jpg

・・・ですが、その公式練習中にアクシデントが発生します。

1コーナーでGT300で争う他車に突っ込まれ、右前のボディとサスペンションに激しいダメージを受けてしまいます。

懸命の作業により、なんとか予選に修復を間に合わせることができ、ヨルグ・ミューラー選手は4番手でQ2進出を決め、荒 聖治選手はこの日まったくステアリングを握れなかったにも関わらず4番手タイムを叩きだします

ポールポジションまでは0.14秒と僅差で、ぶっつけ本番でなければ更に前方のポジションも狙えそうでした。



CapD20150821.jpeg

いよいよ決勝を迎えます。

荒選手はスタートでポジションを1つ落とすものの次第に順位を上げ、直線スピードに勝るSLSをコーナーで追いまわし一時は2位に浮上します!

その後も3台のSLSとの2位争いのバトルが続きますが、トップのCR-Zとの差は開く一方です。

そこで早目のピットインに出て、状況の打開を図ります。



01z4rnd4.jpg

ミューラー選手は決勝ファステストラップも刻みながら怒涛の追い上げを見せ、一時は17秒にまで開いたCR-Zとの差を、僅か10周足らずで9秒にまで縮めます!



CapD20150821_1-2.jpeg

トップを捉えるのも時間の問題かと思われる走りを見せていましたが、突如左フロントタイヤがバーストします。

他車がクラッシュしてまき散らした破片を踏んだのだとすれば、コースを最も速く駆け抜けた故の悲運かもしれませんね...。



CapD20150821_1.jpeg

再びピットインして4輪のタイヤを交換すると17位までポジションを落としていましたが、そこから再び追い上げに転じます。

ですが、不運にも周回遅れだった他のGT300に接触され、3度目のピットインを強いられます。

タイロッドが曲がっており、走行に支障があるため、無念のリタイアとなりました・・・。



BOB_0318.jpg

昨シーズンからSUPER GTに参戦しているTeam Studieにとっての初優勝も十分に狙えたレースでしたが、残念な結果に終わりました。

ですが、次戦ROUND5はZ4が得意な鈴鹿です・・・!

結果的に、ウエイトハンデライバルチームと比べ少ない状態になっていることもあり、より優位な戦いが期待できそうです!



imgrc0088800865.jpg

全8戦で争われる今年のSUPER GTは、まだ折り返し地点です!


今回もトップクラスの速さを見せたZ4の性能と、

SUPER GTでもトップクラスの実績を持つ両ドライバーの腕で、

Team Studieの巻き返し、そして悲願の初優勝を期待します!   G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_2891-2.JPG

BPS一宮に、M5が入荷致しました。

高年式(2012年2月登録)・低走行(1.5万km)で、内外装とも極上です。



IMG_2895-3.JPG

禁煙車だったこともあり、使用感は皆無と言って良い程です。

オプションのイノベーション・パッケージが装備され、昼夜・天候を問わず安全で快適な移動を可能にします。
同じくオプションのサンルーフと後席シートヒーターも装備され、同乗者も快適に過ごせます。


CapD20130927.jpeg

Goo-net中古車情報では、車両各部の写真を含む詳細情報が見られます。

新車当時の価格より約400万円程身近なプライスです。ぜひご覧ください。




そして現在全国のコンビニでは、それよりもうんと身近なMが並んでいます。


CapD20130927_1.jpeg

缶コーヒー「ジョージア ヨーロピアン プレミアムブレンド」に、
ミニカー 【BMWx京商 Mシリーズコレクション】 が付いてきます!


IMG_2908-2.jpg

・・・ということで、今回もコンプリートしてみました。

(過去記事の 【缶コーヒーにZ8がついてきます!】【すごい缶コーヒー!】 に比べると台数が少ない分、楽なミッションでした。)

現行のMのほぼフルラインナップが揃います。
なぜか現行のM135iではなく、Z4 Mロードスターが含まれているのが不思議ですが。


品質に定評のある京商製だけあり、車体と車輪のサイズ感も実車に近いです。
タイヤサイズやホイールデザインもそれぞれ実車に忠実なようです。
ミニカーでもMがこれだけ揃うと壮観です!


以上、弊社の「少し身近なM」と、コンビニの「とても身近なM」のお知らせでした。(^^ゞ  G.Sekido



  Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







ただいまコンビニでサントリーの缶コーヒー「ボス ホワイトプレッソ微糖」を買うと、
映画「007」シリーズに登場した "ボンドカー" のミニカーが付いてきます





1缶タイプは全7種類あります。





2缶タイプは全8種類です。




下記サイトには、ボンドカー各車の解説も載っていて楽しいです!(^▽^)

【ボス 007 JAMES BOND COLLECTION】:サントリー

【缶コーヒーを買うと、"ボンドカー" のミニカーが付いてくる!】:autoblog




これらのボンドカーの中で、個人的に気になるのはやはりBMW Z8です。(^^ゞ




以前のブログ【ミッション・インポッシブル! その2】でもご紹介しましたが、映画007シリーズでは過去にZ3、750iL、Z8の3車がボンドカーに使われています。

(ちなみに歴代ボンドカーは全部で十数車あるようです。)


その中でZ8が、今回のおまけの1缶用・2缶用の両方に選ばれました。



なのでさっそくコンビニに買いに行きました!




ほどなく「Z8と愉快な仲間たち」をコンプリートしました。(^^;ゞ

とあるコンビニでは段ボールケースに入ったまま積んで陳列してあったので
店員の方にお願いして労せずして全車種揃いました、というか揃えてしまいました。





1缶タイプ・2缶タイプ共にボディは金属製(ダイキャスト)で重厚感があります。
ナンバープレートの文字は映画の通りで、2缶タイプにはミサイルが装備されています。



ところで実車(市販車)のBMW Z8は、
ミサイルが装備されていないのは当然ですが、
左ハンドルのM/TのみでATの設定は無く
デザインは往年の名車BMW 507をモチーフとしていて流麗で
トップは軽量で簡便な「幌+アクリルの窓」、という
「伝統的なスタイルのロードスター」でした。


ですがBMW初のオールアルミボディは軽量で、
エンジンはM5と同一のV8・400psで走行性能は時代の最先端レベルでした。


優雅なデザインと裏腹に、非常に硬派な車です。
Z8というよりはM8と名付けても良い程の車だと思います。


価格が高いこともあってか生産台数は非常に少数に終わったモデルですが、
実はBMWの本気が詰まった超力作です。

街で見かけることはまずありませんが、先日たまたま久しぶりに街中で見かけ
とても感動しました。



そんな通好みのZ8が、今ならコンビニで缶コーヒーを買うとついてきます。
Z8(と愉快な仲間たち)を探してみてはいかがでしょうか? (^▽^)/ 



以上、当ブログの過去記事【すごい缶コーヒー!】
MINI一宮の過去記事【MINI UNITED 2012 が開催されます!】
に続く、「缶コーヒーについてくるミニカー」ネタでした!




★★★★★ 追 伸 ★★★★★




「愉快な仲間たち」の中に、トヨタ2000GTという往年の名車があります。



実はオープンボディーは映画用に2台製作されただけで(しかもそのうち1台は消息不明)、市販車は全てクーペボディでした。


そんな世界で唯一のオープンの2000GTを、某所で見たことがあります。


非常に美しい車でした。
日本車(をベースとした車)で最も美しい車だと思います。

(映画撮影用の車なので、スタイル優先で幌は装備されていないようです。)



やはりロングノーズのオープンカーは時代を超越したカッコよさがあります。


ですが、近年はオープンカーでもFF車の比率が高まったり、
フロントガラスの傾斜が強くショートノーズなデザインの車が増えたりと
「ロングノーズ」感のあるオープンカーは次第に減ってきました。

今ではそのほとんどがV8以上の大排気量の高額車です。



そんな中でBMW Z4は、
世界で販売されているロングノーズなオープンカーの中で最も身近な車です。

希少ではありませんが、貴重な車だと思います!



・・・と、ちょっと強引な余談でした。m(^^;)m  G.Sekido





  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 




 | Blog Top | 
   October 2016
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31