地域  | Blog Top |  技術

tgap.jpg

英BBCの自動車情報番組TOP GEARは世界的に大人気を得ていたものの、諸事情により司会者を入れ替えることになり、旧司会者3人組は新番組を始めることになった、というニュースは以前より当ブログでもご紹介してきました。


そしてついに、双方の番組の放送が始まりました!



grand-tourap.jpg

旧司会者3人組による新番組「グランド・ツアー」は、海外と同様に日本でも11月18日よりamazonプライムビデオ(有料会員制)で字幕付き配信が始まりました。



Cap20161126_1-3.jpg

今シーズン(全12エピソード)の予告編がyoutube(チャンネル:The Grand Tour)でも公開されていますが、「トップギア」のハチャメチャなノリを、より壮大にしたような痛快な映像が繰り広げられています!

27台の車を壊した、等の数字も公開されています)


毎週金曜日に新エピソードが公開されることになっており、私も早速エピソード1を見てみたところ、期待を裏切らない面白さでした!

移動可能なテント式の収録スタジオはアメリカの荒野に設置され、オープニングの数十秒の映像に3億円以上もかけるなど、費用も労力も桁外れです!



Cap20161126_2.jpeg

昨日公開されたエピソード2では、収録スタジオは南アフリカに設置され、中東のヨルダンでも撮影を行うなど、世界を股に掛けて過激な映像を収録しています!

グランド・ツアー(Grand Tour)とは、グランツーリスモの語源であり、「近世の欧州にて行われた大規模な国外(卒業)旅行」という意味もありますが、まさにその名に相応しい壮大さだと思います。

Amazonプライムのカスタマーレビューを見ても圧倒的な高評価で、世界的にも大成功のスタートを切ったと評されているようです。




一方、「司会者6人体制」へと移行した新生トップ・ギア(season 23)は、対照的な状況になっているようです。


Cap20161126_7.jpeg

こちらはまだ日本では公開されておらず日本語字幕もありませんが、予告映像を見てもちょっと盛り上がりに欠ける雰囲気です。(映像の美しさは相変わらず素晴らしいですが)

英国では5月29日から7月3日にかけて全6エピソードが放送されましたが、視聴率評判共に散々だったようです...。



Chris+Evans.jpg

そしてメイン司会者のクリス・エバンスは、様々な問題を引き起こしていたという噂もあり、早くも降板することになってしまいました。


ということで、両者は明暗を分けているようです。


「トップギアUSA」(別番組)が打ち切りになったというニュースからも感じますが、

「口の悪い司会者が車で無茶なこと」をやれば面白い番組になるわけではなく、

ユーモアのセンスのある魅力的な司会者や面白い企画があってこそ、面白い番組になると思います。

(地上波や衛星放送よりも動画配信サービスの方が勢いがある、ということの表れでもあるかもしれません。)




そして、「センスのある映像」つながりで・・・

来年発売になるニューBMW 5シリーズが躍動する動画が、早くも公開されました。


Cap20161126_19.jpeg


中でも、BMWにとって伝説のドライバーでもあるクライブ・オーウェンが主演し、鬼才ニール・ブロムカンプが監督を務めた「THE ESCAPE」は、映画並みのクオリティの力作です。



Cap20161126_9-2.jpg

youtubeの設定(動画右下の歯車のマーク)により、日本語字幕も表示できます。

ニュー5シリーズの走行性能を、ぜひ動画でご堪能ください。




Cap20161126_22.jpeg  Cap20161126_23.jpeg

ちなみに、BMWは装甲車両・防弾車両も得意としているメーカーですが、

装甲車両の解説や、装甲車両を用いたトレーニングの解説などの動画も公開しています!

ここまでしている自動車メーカーは、世界中でBMWだけかもしれませんね...!


以上、TOP GEARのその後と、BMWが躍動する動画でした! G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



本日、BMW Japan 公式Twitter に、こんな一風変わった画像が掲載されました。


BMWの100周年を記念したコンセプトモデル BMW VISION NEXT 100 が、

人力車が走る日本の昔の街並みに出現した?というような風景です。


taisyoBMW.jpg

「今日は4月1日。100年前、大正時代に広がったエイプリルフール。100年前の1916年に創業したBMW。愉しませる歓びと駆けぬける歓び。歴史を感じながら、夢のあるエイプリルフールを過ごしてください。」


一昨年昨年に続くBMW恒例のエイプリルフールネタですが、今年はジョークというよりは「歴史の長さを伝えるイメージ広告」と言ったところでしょうか。

良く見ると、遠くにBMW本社ビル(フォー・シリンダー・ビル)も写っているのが手が込んでいますね。




同じく今日4月1日に、MINIからはこんな画期的な商品が発表になりました。


Cap20160401-2.jpg


「英国の天候をいつでも体感できる画期的なオプション、

【UK WEATHER PACKAGE】 (オプション価格32円)」


「雨」・「霧」・「雷」の機能はあるものの、イギリスの気候を忠実に再現したため「晴れ」の機能は無いそうです。(^^;




そして、エイプリルフールネタではありませんが・・・

先日BMWが100周年を迎えたことに際して、面白い広告(新聞広告や動画)がライバルであるメルセデス・ベンツから出されました


20160307_1382553.jpg


新聞広告ではドイツ語、動画版では英語のメッセージが添えられており、

"Thank you for 100 years of competition"

「100年もの間、良き競争相手でいてくれてありがとう」


と感謝を示しながら、その後に付け加えるように


"The previous 30 years were actually a bit boring." 

「その前の30年間は、本当のところちょっと退屈だったよ」

と続けられています。

(BMWに敬意を表しながらも、自身の歴史がより長いこともアピールしています。)




100-Jahre-BMW-Porsche-Anzeige.jpg


ポルシェからも、BMWの100周年を祝う新聞広告が出されました。

ポルシェのコンセプトカー(電動スポーツカー)とBMWのPHEVスポーツカーi8が並び、その下にドイツ語のメッセージが添えられています。


"Die Zukunft stellt uns vor große Herausforderungen. Wir begegnen ihr mit Freude am Fahren. "

"Porsche verneigt sich vor 100 Jahren bewegender Automobilgeschichte und gratuliert BMW ganz herzlich zum Jubiläum."


原文がドイツ語ということもあり訳しにくかったですが、恐らく以下のような内容だと思います。


「未来はとても挑戦的です。私達は【駆け抜ける喜びと共に未来に挑みます。

ポルシェは100年の自動車の歴史に敬意を表し、BMWの記念日を心からお祝い致します。


ポルシェの広告に、 BMWのお決まりの台詞である"Freude am Fahren" (駆け抜ける喜び)という言葉を載せたこと自体も懐の深さを感じます。



ベンツ・ポルシェ共に、ライバルに対する敬意とユーモアが感じられ、とても面白いと思います。


以上、100周年ならではの広告でした! G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








dG9wZ2VhcmJhbm5lcjU4MG9w6iQ.jpg

英BBCのTV番組TOP GEARは、世界で最も有名な自動車情報番組です。

視聴者は世界で3億5000万人、全世界でのグッズ売り上げや放映権料での収益が約414億円、メイン司会者のジェレミー・クラークソンが得た2012年の収入は約21億円とも噂される程の、絶大な人気があります!

日本でも字幕付きでBSフジで放送され、DVDも多数販売されています。


ですが、ここ1年ほどは実質的に休止状態にあります。なぜかというと・・・。



ジェレミーの過激でウイットに富んだ発言と行動は番組の魅力の一つでしたが、ジョークで済まないどころか国際的に大問題になることが度々ありました。

さらにジェレミーが番組プロデューサーの1人に暴力を振るう等の不祥事もあって、業を煮やしたBBCは、昨年3月に司会者3人の総入れ替えを決定してしまいました...。



f926b015-s.jpg

するとジェレミーの復帰を求める熱狂的な番組ファンは、なんと戦車!に乗りインターネットで集めた100万人!の嘆願書を携えてBBC前で抗議活動をします...!

(ちなみに英国では免許や許可があれば戦車の公道走行は可能で、個人による戦車や戦闘機の所持も認められており、マニアな父親が所持する戦車で自転車通学ならぬ戦車通学を楽しんでいる子供もいるそうです)

さらにBBC会長に殺害予告の脅迫文が届くなんてこともあったようです。


ですがそのような激しすぎる抗議活動があっても、決定が覆ることはありませんでした・・・。(イギリス人の頑固さが双方に表れているように思います)



Top-Gear-Amazon-Prime-2.jpg

そんな人気者を他メディアが見逃すことは無く、その後3人はAMAZON Primeと契約します。

まだ番組名や詳細等は不明ですが、いわゆるネット配信による番組のようです。

国によって料金体系や名称が異なりますが、日本ではAMAZON プライム・ビデオを通じて配信されると思われます。

(ネット配信大手のNetflixとの間で争奪戦となった結果、3人に支払われる報酬は1人当たり年間13~17億円とも、合計310億円!とも噂されています)

司会者3人と共に、元TOP GEARのチーフプロデューサー(ジェレミーに殴られた人とは別の人)も契約しているところから、TOP GEARの過激さを継承した番組作りを目指すことが伺えます。



amaz3supercar-2.jpg

昨年後半にはいよいよ撮影が開始され、1億円クラスの最新スーパーカー3台がサーキットで集結している撮影風景も公開されました!

このラ・フェラーリ、マクラーレンP1、ポルシェ918スパイダーの3台の対決は、彼らがTOP GEAR時代にも強く望んだものの、実現しませんでした。
(他車と比較されることを嫌ったメーカーが、試乗車の貸し出しを拒んだ等の理由です。今回はメーカーではなく一般オーナーから借りて揃えたのではないでしょうか。)

この企画から撮影を始めるところに、TOP GEARへのあてつけというか意趣返しを感じます...。



リチャードハモンド.png



494458084.jpg

その後も断片的に撮影風景が公開されたり目撃されたりし、撮影は順調に進んでいることが伺えます。

お馴染みのロード・トリップやおふざけ企画などが、さらにパワーアップして見られる日が楽しみです♪




そしてその一方、古巣である元祖TOP GEARはというと・・・


624TOPGEAR-3.jpg


先日、番組のキャスト全員が発表になりました。

「TOP GEARといえば3人組」という先入観を裏切り、6人態勢です!

(プラスお馴染みの覆面レーサーSTIGです。3代目STIGが続投するようです)


この6人が、色々な経歴があり、すごく「濃い」人たちなんです!


画像4番のメイン司会者のクリス・エヴァンスは人気DJ・司会者で、16億円の250GTOを始めとするクラシックカー・コレクターとして有名なだけでなく、かつてTOP GEARの長寿企画「有名人によるお値打ち車レース」に出場して歴代6位のタイムを記録した運転技術の持ち主でもあります。

2番のサビーネ・シュミッツは、かつてはBMWチーム所属のプロレーシングドライバーであり、現在はニュルブルクリンクの"Ring taxi"ドライバーを務め「ニュルブルクリンクの女王」とも呼ばれる凄腕です。

6番のエディ・ジョーダンは、銀行員~レーシングドライバー~F1を含むチームオーナー~現在は解説者という経歴の、F1界きっての「策士」です。シューマッハ、バリチェロ、アーバインを発掘した功績者?でもあります。

5番のクリス・ハリスは豪快なドリフトを含む高い運転技術と、辛口批評で知られるモータージャーナリストです。1895年より続く自動車雑誌「AUTOCAR」で元々は執筆していましたがそれを飛び出し、近年は動画を中心に活躍しつつ辛口と暴露話が過ぎてフェラーリから「出入り禁止」とされたこともあります。

3番のマット・ルブランはアメリカの人気TVドラマで知られる俳優で、「有名人によるお値打ち車レース」で歴代最速タイムを記録した「最速の有名人」?です。

1番のロリー・リードは司会者の一般公募にて選ばれたジャーナリストで、TV司会や自動車評論の経歴もあるようです。


視聴者に愛された旧司会者3人組に対抗するために、バリエーション豊かな布陣で臨むようです!



Cap20160220.jpeg

その新生TOP GEARの撮影風景が、ドローンによって偶然撮影されました。

(新旧マスタングと共にロリー・リード氏が映っています)

TOP GEARの伝統ともいえる壮大なロケと美しい映像は、今後も期待できそうです。



TOP GEARの旧司会者3人組も、新生TOP GEARも

お互いに高めあいながら、新たなステージに立ったようです。

映像を見られる日が楽しみです♪



そして、「新たなステージ」つながり?で・・・



Cap20160220_1-2.jpg



尾張一宮駅前ビル(i-ビル)にて、BMWとMINI合同の展示会を行います!

弊社初の催しです!



civicterrasse.jpg

シビックテラス(3階の広大な吹き抜けスペース)が、新たなステージです。

2月25日(木)の10時~20時に、最新BMW7台とMINI2台を展示いたします。

一宮駅1階コンコース中央のエスカレーターから直接ご来場いただけますので、ぜひお立ち寄りください。


ぜひ、TOP GEARとともに弊社の新たなステージも、よろしくお願いいたします。 G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







bobukobui8.jpg
先日のブログ
で、お笑いタレントの平成ノブシコブシの吉村崇さんが、愛車のBMW i8を蹴飛ばしたり飛び乗ったりして「破天荒」ぶりを披露した、というニュースをお伝えしましたが..。



・・・またやってくれました・・・(^^;;



nobukobui8-2.jpg

今度は、フジテレビ系の「27時間テレビ」内で、破天荒ぶりを発揮してくれました。

相方の徳井さんと共に愛車の上に飛び乗ったり転がったりして、フロントガラスにひびが入ってしまったのです..。


この芸?に対してネット等ではかなり批判的な意見が多く、吉村さんは後に報道陣の前で謝罪することになってしまいました。

(しかも謝罪会場が「日本ベスト・カー・フレンド賞」の授賞式というのもつらいところです)



でも個人的には、
「ネタとしては面白く無いものの、不快に感じたり怒ったりする程でもないかな」、というのが正直な感想です。



なぜなら・・・



nobukobui8-5.jpg

(1) 今回もi8の耐衝撃性能の高さを証明してくれました!?

i8はCFRP(カーボン)の強固な骨格に、軽量なアウターパネルを被せた構造になっています。
そのパネルの大部分は熱可塑性プラスチックで、軽度の衝撃は耐えることができます。

今回はルーフやフロントフードの上にも飛び乗りましたが、やはり凹んだ後で元通りに復元しているように見えます。

(ちなみにフロントガラスにひびが入ったのは、体重が腰に付けたワイヤレスマイクの角に集中して加わったことによるもので、i8に限らず自動車全般でも起こる現象だと思います)



sanmarange.jpg

(2) お笑いタレントが愛車を壊すネタは、いわば伝統芸かも?

明石家さんまさんが愛車のレンジローバーをビートたけしさん&タモリさんに無謀な車庫入れで破壊される、なんてことも昔ありましたね..。




topgearchallenge.jpg

(3) 海外では、もっと過激な映像がいっぱいあります!

全世界的な人気を誇るTV番組TOP GEARでは、車に改造を施したり色々な挑戦をしたりと超過激な映像が盛りだくさんで、フロントガラスが割れたくらいでは驚いていられません!

(余談ですが、諸事情によりTOP GEARを離れたジェレミー、リチャード、ジェームスの3人は、Amazonと契約し新番組を制作することになったようで、何よりです。)



ぜひ、吉村さんには今後は「破天荒」かつもっと爽快な映像を期待したいところです♪

もう次は無いかもしれませんが・・・(^^;




そして、「BMWを使った過激な映像」つながりで・・・



CapD20150731_29.jpeg

日本公開が8月7日(金)に迫った「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のBMWによるスペシャルサイト(英語版)が公開になっています。



mispecial.jpg

最新版の予告編や、M3・X5 eDrive・3シリーズ・S1000RR(2輪車)をフィーチャーした映像集壁紙集もあり、BMWがこの映画にかける意気込みが表れています!



IMG_6043-2.JPG

ショールームでは今週末、映画鑑賞ペアチケットが当たるBMW3シリーズ試乗キャンペーン BMW "MISSION TO DRIVE" フェアを開催しております。

ぜひ、ミッションに挑戦してみてください。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







私はゴルフは年に数回する程度で、上手くも詳しくもないのですが..。

ゴルフ中にスマホをカラスに持って行かれる程のレベルでして..)


先日、ゴルフのメジャー選手権で最も権威のある全英オープンが開催され、その後こんな写真が出回りました。


11755645_10207016744967366_8457913392026905705_n-2.jpg

写真の右側が優勝したザック・ジョンソン選手です。

中央に映っているのは現在世界ランク2位のジョーダン・スピース選手です。

プライベートジェットで一緒にアメリカに帰国中に、スピース選手が優勝カップを借りてヤケ酒を飲んでいる?という光景のようです。


スピース選手は今年の「マスターズ」「全米オープン」を制しメジャー3連勝がかかっており、最終盤まで優勝を争っただけに悔しさも大きかったのでしょう。

ちなみにこの優勝カップは「クラレット・ジャグ」(赤ワイン・ジョッキ)と呼ばれる伝統のデザインらしいので、飲んでいるのも赤ワインかもしれませんね。



JordanSpiethClaretJug-2.png

ですが、やはり私が気になるのは、なんともいえない表情で立っているザック・ジョンソン選手が着ている///M のロゴが入ったBMW製のTシャツです。

快挙の直後に着ていることから考えても、BMWが相当にお好きなんでしょうか。


調べてみると・・・。



P90161246-2.jpg

ザック・ジョンソン選手は、米PGAツアーの1つであるBMW選手権で、2013年に優勝を果たしているようです。

ちなみにBMWはそれ以外にもBMW PGA選手権(英)、BMWインターナショナル・オープン(独)、BMWマスターズ(中国)にスポンサー契約しています。

この写真に写っているi8はホールインワン賞で(今までにZ8やi3などを含む計6台が贈られたようです)、優勝の副賞というわけでは無いようです。

優勝賞金は144万ドル!と、i8を7~8台買えるほどの金額なので、副賞にする必要が無いとも言えるかもしれませんが・・・。




Rory-McIlroy-bmw-i8-2-750x500.jpg

現在世界ランク1位のローリー・マキロイ選手も、過去にBMW選手権もBMW PGA選手権も制したことがあります。

そして、BMW i8がお気に入りの様で、アメリカで試乗したり、アイルランドの試合会場への移動手段に使ったりされたようです。




CapD20150725_2.jpeg


ザック・ジョンソン選手も、マキロイ選手も、プライベートでBMWを愛用されているかどうかは見つけられませんでしたが・・・。

///Mロゴが入ったTシャツや、試乗された時の表情から推測すると、きっと乗られていると思います!

BMW選手権に勝ち、BMWに触れて、自分の意のままに走ることやストレスなく目的地に着けることなどを気に入られたのではないでしょうか。(勝手な想像ですが・・・)


一流のスポーツマンには、一流のスポーツカーが良く似合いますね! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_5961-22.jpg

いよいよ今週末は、新ショールームリニューアル・オープニング・フェアを開催致します!



IMG_5989-3.JPG

メジャー新聞2紙に全5段広告も出稿し、ラジオCMも放送しております♪




IMG_5959-2.JPG

最大6台展示可能な真新しいショールームには、最新ラインナップの展示車が揃いました。




IMG_5940-2.JPG

アクセサリーLifestyleも、最新ラインナップを取り揃えました♪




IMG_5975-3.jpg

サービス・レセプション・ベイには、420i Gran Coupe  Style Edge xDrive を展示いたしました。

3シリーズ40周年特別仕様車と同様の特別装備を施した、135台限定の特別仕様車です。




IMG_5968-3.jpg

サービス・レセプション・ベイでは、リフトアップして車両の下回り等もお気軽にご覧いただけます。

普段とは違う角度から、空気力学やボディ剛性を追求した車創りをお確かめ下さい。




IMG_5957-2.JPG

ご試乗記念品として、BMWオリジナル・オルタナティブ・フィールドキャップをご用意いたしました。

オルタナティブ」は、BMW同様にサスティナビリティと真摯に向き合う米国のファッション・ライフスタイルブランドです。

キャップの側面にはBMWのロゴが刺繍で施されています。




IMG_5890-2.JPG

ぜひ、新しいショールームと、新世代のBMWラインナップをご覧にお越しください!

ご来場を心よりお待ちしております。  G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_5720-7.jpg

TBS系火曜ドラマ「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」が、先日最終回を迎えました。

女優たちとBMWが華麗に共演する、話題の作品です。



mothergame1.jpg

mothergame4.jpg


最終回もBMWが随所に登場し、ストーリーに華を添えました。

中でも、名門幼稚園の卒業式にBMWが並ぶ光景は壮観でした。

正規ディーラーのショールーム並み?のラインナップです・・!




large_726199_2.jpg CapD20150620_2.jpeg

BMWと並ぶ見所が、セレブなママ達のファッションです。

特に壇れいさん演ずる、「小田寺グループ」社長夫人のファッションは、ハイセンスかつゴージャスで、圧巻でした・・・!

(しかも自然体で嫌味が全くない、良い人だったりします。)



mg4.jpg

その小田寺家では、仕事用に運転手付きの7シリーズ、送迎用に6シリーズX5
ご主人用にi8、奥様用にi3と複数所有していて、TPOに応じて使い分けているのもすごかったです。

i3の観音開きドアを、「これどうやって開けるの?」という台詞と共に際立たせるなどの、さりげない演出もありました。



CapD20150620_11.jpeg

ラストシーンでは、

「別荘にいたのになんで卒園式に間に合ったんだろう・・?」

「ヘリで来たんだって」 「ヘリって、ヘリコプター・・・!

という、自動車やファッションに収まらないゴージャスぶりを見せました。

(さしもの7シリーズも自家用ヘリには敵わない、という以外なオチでした)


映像とともにSuperflyによる主題歌も印象に残る、過激で面白いドラマでした。




もう一つ、BMWが登場した番組つながりで・・・。


wildstyles_nobukobuyoshimurai8081-3.jpg

お笑いタレントの平成ノブシコブシの吉村崇さんが、BMW i8を購入されたそうです。

なんとこれが免許取得後初めての愛車!で、ローンで購入されたようです。



そして「めちゃイケ キレ芸No.1オーディション」という番組に出演した際に、

その愛車i8を収録スタジオに運び込んで・・・


nobukobubmw-2.jpg

(他の出演者にあおられて) なんと自分でけっ飛ばしたり・・・!




nobukobubmw2-2.jpg

さらに上に飛び乗ったり!して、キレ芸?を見せつけたようです・・・!


そしてネット上では、そのキレ芸に対し、

さすがは自称 "破天荒" 」、とか

BMWがもったいない」とか賛否両論あるようですが...。



個人的には、とても興味深い映像だと思いました。


BMW-i8-Concept-LifeDrive-Architecture-720x509.jpg


BMW i8とi3は、CFRP(カーボン)の強固な骨格に、軽量なアウターパネルを被せた構造になっています。

そのパネルの大部分は熱可塑性プラスチックで、軽度の衝撃は耐えることができます。

(ただしフロントフードには歩行者保護性能を向上させるためにアルミを使用します)


この番組の動画を見ると、ノブコブ吉村さんが車の上でジャンプした直後に、フロントフードは元通りに戻っているように見え、その続きでチラッと写る角度でも、へこんでいるようには見えません。


なので、このキレ芸は「i8の高い衝撃吸収性と歩行者保護性能」を示しているように思います!



nobukobukire.jpg

ちなみに、その後の判定では、審査員全員からダメ出しされ、

キレ芸ではなくキレただけ」、「車は大切に乗りましょう」 と評価されました(^^;



以上、「BMWが出たTV番組の意外なオチ」についての話でした! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







少し前の話題ですが・・・。

4月1日のニュージーランドの新聞の朝刊に、こんなBMWの広告が出されました。


CapD20150411_4-2.jpeg

APRIL FOOLS DAY SPECIAL.

Be the first person to bring your car,along with this coupon,into BMW Newmarket dealership this morning,ask for Tom and we'll swap your old car - whatever it is - for a brand new BMW.


エイプリルフールの特別企画

今日一番最初に来られた方の、お乗りのお車(どんな車でも構いません)と、新車のBMWを交換いたします。
この紙面を持って、ニューマーケット地区のBMWディーラーに行って、トムにお申しつけください。



日本でも一般的になった、「エイプリルフールのジョーク広告」のように思えますが・・・


aprilfoolbmwdealer2.jpg


それを読み、日産車に乗って半信半疑でディーラーを訪れた女性の2人組に、

なんと広告にある通り、BMW 1シリーズの新車がプレゼントされました!



CapD20150411.jpeg

BMWニュージーランドからは、
World-first Reverse April Fool's Day joke (世界初のエイプリルフールジョーク)
というタイトルの動画が公開されています。

ナンバープレートの文字が"NO FOOL"(エイプリルフールではありませんよ)となっているのも面白いですね。





弊社のショールームにも、新たな驚きがございます。

さすがに先着一名様に新車をプレゼント、という訳にはいきませんが・・・m(^^;ゞ


IMG_5339-3.jpg

2シリーズ カブリオレがショールームに登場しました!

220i カブリオレ  M Sport (ミネラル・ホワイト)です。



IMG_5336-2.JPG

全方位的に魅力的なスタイリングです。

ベルトラインは後方に向けて緩やかに切れあがり、伸びやかかつ躍動感があります。



Bild-Vergleich-BMW-2er-F23-1er-E88-Cabrio-2014-02-1024x1024-2.jpg

フレンドリーな印象が強かった旧1シリーズカブリオレと比べ、2シリーズカブリオレは精悍さを増しました。

全体的なフォルムに加え、サイドのキャラクターラインの入り方も変わり、前傾姿勢が強まってスポーティーです。

120iのエンジンは自然吸気でしたが220iはターボエンジンで、走りも格段に力強さを増しています。




IMG_5326-2.JPG

オープンカーの内装は、インテリアであると同時にエクステリアの一部でもあります。

ダコタ・レザー オイスターのシートと質感の高いコクピットは、その役割を存分に果たします。

後席の間にはカップホルダー(脱着式)が備わり、2シーター車では得られない利便性を持ち合わせていることを主張しています。




IMG_5335-2.JPG

ショールームでは、218i アクティブ ツアラー M Sportと並べて展示しています。

同じ2シリーズM Sport白色ながら、様々な点で好対照な2台です。


奇数(1、3、5、7)シリーズは基本的・ベーシックなモデルだとするならば
偶数(2、4、6、8)シリーズは付加価値を増した派生モデルです。


カブリオレとアクティブツアラーは、その付加価値の方向が正反対を向いており、どちらも魅力的な個性を持っています。




カブリオレデビューフェア-2.jpg

今週末は、【BMW カブリオレ ニュー・ラインアップ・フェア】を開催しております。


試乗記念品として、コスメブランド「SABON」のボディスクラブ / ハンドクリームボトルをご用意致しました。

(BMWニュージーランドの新車プレゼントは先着1名様でしたが、こちらの試乗記念品は多数ご用意致しました。^^; )


ぜひ、ショールームに嬉しい驚きを見つけに来て下さい。

ご来場をお待ちしております。 G.Sekido


 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







BMWやMINIが大活躍する映画やDVDの最新情報を、まとめてお伝えします。

CapD20150328_13.jpeg

まずは昨年のブログでもご紹介したミッション・インポッシブルシリーズ最新作、

【Mission: Impossible Rogue Nation】の予告編が公開されました。



mirn1.jpg

前作ではi8&1シリーズが活躍しましたが、今作では新型M3が大暴れしそうです。

狭い道でサイドターンしてバイクをふっ飛ばしたり、後退しながら大ジャンプしたりと、その走行性能の高さを?遺憾なく発揮しています。

これがシリーズ5作目になりますが、次第に「近未来の情報スパイ戦」から「正統派のアクションスパイ物」へと軸足を移しているように思え、M3はその任務に最適です。

ちなみに主演のトム・クルーズは「原則としてスタントを使わず自分で演じる」ことでも有名で、今回は「時速400キロ以上で飛ぶ軍用飛行機のドア外部につかまるというシーンをスタントなしで撮影した」そうです。

その激しいアクションを52歳でこなすこと自体が「ミッション・インポッシブル」だとも思えますね...。(^^;

BMWのモーターサイクル S 1000RRも大活躍しています。

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は8月7日(金)公開予定です。




COLLINGITALIA2.jpg

5月1日(金)公開予定の「イタリアは呼んでいる」では、MINI COOPER S コンバーチブルが全編に渡って?登場するようです。

【あらすじ】

人生の夕映えを感じ始めた英国中年 男性2人が、ミニクーパーを駆って、美食の国イタリアの五つ星ホテルに絶景レストランを巡るという美味しい取材旅を依頼される。美しい海と太陽、美食とワ インと旅先の恋心。しかし実は、仕事も家庭も曲がり角。人生の踊り場で立ち止まっている自分たちを認めつつ、彼らが旅の終わりで出会う心のごちそうと は...?

美しい風景と素晴らしい料理に彩られた、大人の映画という感じでしょうか。



CapD20150213.jpeg

作品に出てくるMINI COOPER S コンバーチブル(R56型)の車体色が「アイスド・チョコレート」という名前なのも、このグルメな映画にピッタリなように思います。




そして、これは映画ではありませんが・・・

CapD20150328_19.jpeg

ADRENALIN THE BMW TURING CAR STORY 】 は、昨年ドイツで発売になったDVDです。

BMWのツーリングカー(いわゆる「箱車」)と、それを操る「アドレナリン」に溢れたドライバーの貴重な映像を集め、1960年代から現代までの歴史をまとめたドキュメンタリー作品です。



ADRENALINDVDTR.jpg

> 60年代初頭の初期のレース参戦から、3.0CSLによる激闘シーン、シルエットフォーミュラで行われたドイツ選手権の02ターボや320iの争い、M1に始まるMによる新時代のレース活動などの貴重な映像の数々や多くのドラーバーへのインタビューなど

が収められています。


写真だけでも魅了される往年の名車が激走する動画は、痺れます!!



imgrc0077882333-3.jpg

先日、その日本語字幕付きのDVDが発売になりました。

///Mカラーに彩られたパッケージも魅力的ですね。

BMWファン、モータースポーツファンの方は必見の作品だと思います!





CapD20150328_41.jpeg


最後にご紹介するのは、映画「ピクセル」です。



【あらすじ】

80 年代、アメリカ航空宇宙局は、地球外生命体に向けて友好的なメッセージを送った。だが、そのメッセージを読んだある異星人がこれを果たし状と誤解し、メッ セージに含まれていたコンピュータゲームのキャラクターにふんして地球侵略を行った。侵略者は物質をブロック(ピクセル)化する能力を持っており、アメリ カ軍を圧倒した。そこへ、かつての最強のゲーマーたちが・・・

・・・という、すごく楽しそうな映画です!


パックマン、ドンキーコング、ギャラガ・・・といった1980年頃のTVゲームのキャラクターが現実世界に降臨して街を破壊するという、(特に私くらいの年代の人には尚更?)心をくすぐられる作品です。



PIXELSMV2.jpg

そして、その強力な異星人と戦う主人公が乗るのが、新型MINI(F56型)なんです!




P90176683_highRes.jpg

4台のMINIはパックマンに出てくるモンスター達と同じ色に塗られており、まさに宿命の対決といったところでしょうか。



2003年の映画「ミニミニ大作戦」と同じく、ハリウッドとの結び付きも強い?MINI USAが手腕を発揮したと思われる、エンターテイメント大作です。

映画「ピクセル」は、9月19日(土)公開予定です!



・・・以上、BMWやMINIが登場する映画やDVDの最新情報でした。

映画はそのいずれも、BMWやMINIが重要な脇役として活躍してくれそうです。

公開が楽しみですね! G.Sekido


 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







恒例の【広告・宣伝】シリーズです。

最近国内外で公開された、面白い動画や広告をご紹介します!

まずはクリスマスにかけてのCMです。


CapD20141213_3.jpeg

【Rocket Ship
: BMW USA





(宇宙に興味津々のお子様にとって、嬉しいサプライズだったようです。)






CapD20141213_4.jpeg

【Wish】
: BMW USA





(エコロジー意識が高いお子様にとっても、納得の選択です)

 



同じくBMW USAからは、こんな楽しい動画も公開されていました。


CapD20141213_5.jpeg

【BMW M Initiation】
: BMW USA





名実ともに、歴史ある "///M" の文字に仲間入りします。





BMWメキシコからは、こんな一風変わった広告が出されました。


BMW-Park-Assist-Lift-1024x716.jpg

【BMW Park Assistant】 : BMW MEXICO

Park where you couldn't park before





エレベーターの中に、オオカミのお面をつけた男性に囲まれて、ただ一人ウサギのお面をつけた女性がいます。

そして、右下の BMW Park Assistant の文字の下に、

(以前なら駐められなかった場所に、駐車できます)

と書かれています。

自動運転で縦列駐車できる装備(日本でのオプション名:パーキング・アシスト)の利点を、比喩的に表現しているようです。

BMW-Park-Assist-Sauna-1024x716.jpg

他にも、サウナ編(猫&鳥)もあります。こちらも強烈なビジュアルですね。


縦列駐車は、不慣れな人にとっては「天敵に囲まれた閉鎖空間」だったようです。

直接的な表現よりも感性に訴えかけ、より印象に残りそうな広告です。





次のブラジルでの広告も、ひねりが効いています。

140619_32_braga_motors_-_bmvv_english_aotw_aotw-2.jpg






ぱっと見では
BMW  (ビーエムダブリュー) のようですが、よく見ると
BMVV  (ビーエムブイブイ)    と記されています。


そしてその下に、

近いです。しかし完全ではありません。
BMW純正部品のみをご使用ください。

と書かれています。


「安価な社外品は似て非なるものです」というメッセージを

写真やイラストを使わず文字の並びのみで伝えています。

(元々、「」はフランス語<ドゥブル・ヴェ>やイタリア語<ドッピョ・ヴ>では「2つのV」という読みなので、それも踏まえているかもしれません)




そして最後に、BMW JAPANの広告です。

CapD20141213_10-2.jpeg

【BMW Service コンセプト・ムービー アンチエイジング篇】
: BMW JAPAN


一見、穏やかな映像ですが、力強いメッセージが盛り込まれています。




アンチエイジング篇.jpg


愛車のメインテナンスは、ドライバーにも目覚ましいリフレッシュ効果があるようです!



ついでに、BMWではありませんが・・・



CapD20141213_12.jpeg


MINIの楽しい広告を集めたページ
がありましたので、ご紹介致します。



以上、最近の面白い広告でした!

(過去の作品はカテゴリ【広告・宣伝】からもご覧いただけます)

また楽しい広告が集まりましたらご紹介致します。  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








 | Blog Top | 
   December 2016
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31