M5FAMILY-3.jpg

(画像は初代~6代目の歴代M5です)

誠に勝手ながら、新車ショールーム・サービス工場・認定中古車センター共に
8月9日(木)から16日(木)を夏季休業日とさせて頂きます。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。


なお、お車の不具合など緊急の場合は
BMWカスタマー・サポート [ フリーダイヤル:0120-55-3578 ]
をご利用いただきますようお願い申し上げます。

何卒宜しくお願いいたします。

BMW M 高速試乗会3.jpg


弊社は、6月1日より BMW M 認定ディーラー になりました!


それを記念して、来週末の7/28(土)・29(日)に

Mとアルピナを取り揃えた特別な高速試乗会を2年ぶりに開催いたします!



img-720161646-0001-4.jpg
 
 
IMG_8783-2m.jpg  Cap20180721_8.jpeg
Cap20180721_7.jpeg  Cap20180721_6.jpeg


M2を初めとする弊社の試乗車に加え、

胸を高鳴らせるレーシング・フィール  M4 クーペ Competition

猛然たるスタート  ニュー M5

新たな領域を切り拓く  X6 M

の試乗車をご用意いたします!



さらに!

img-720160555-0001-2.jpg
img-720160608-0001-5.jpg


ALPINAの2モデル

歴代B3最強を誇るスポーツリムジン B3 S BITURBO

アルピナ史上最速のスポーツ4WDリムジン B5 BITURBOにもご試乗頂けます!




そして!


318i M Performance Parts Edition.jpg

弊社オリジナルの特別限定車も展示・販売いたします!

318i M Sport(513万円)をベースに、21.1万円のメーカーオプション

(パーキング・サポート・パッケージ、プラス・パッケージ)と

約140万円相当のM Performance Partsを装備し、

534万円でご提供いたします!(限定1台です)


なんと、約140万円もお得な価格です!



IMG_9107-3.jpg  IMG_9114-4.jpg
IMG_9128-3.jpg  IMG_9109-2.jpg

ぜひ、この特別限定車の魅力をお確かめ下さい!




その上!

日本で生まれ育ったBMW専門のアフターパーツブランド・3Dデザインさんが製作したデモカー2台も展示いたします!


IMG_0443_1920-2.jpg  IMG_0684_1920-2.jpg
Tokyo-Auto-Salon-2017-3D-Design-08-750x500-2.jpg  Cap20180721_3-3.jpg

M2 Complete 3DDesign と!




i8_FS_01_1920-2.jpg  i8_RS_06_1920-2.jpg
IMG_8705-6.jpg  Cap20180721_5-3.jpg

i8  Concept  3DDesignです!!

ぜひ、その大迫力のフォルムをお確かめ下さい。




IMG_0165-5.jpg

(画像は一昨年の試乗会の写真です)

ご試乗は、ご予約された方を優先とさせていただきます。

(ご予約は担当セールスまでご連絡をお願い致します)


ぜひ、最新・最強のラインナップをご体感下さい!  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



bmwclassicjapanfuji-3.jpg


誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
4月29日(日)〜5月7日(月)を休業日とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。

何卒ご容赦のほど、宜しくお願いいたします。
 
 
 

IMG_8691-2.jpg

弊社ショールームにて、世界で1台の特別なi8を展示中です!

日本で生まれ育ったBMW専門のアフターパーツブランド・3Dデザインさんが製作した、BMW i8  Concept  3DDesignです!!




004-20180116012318-800x533.jpg

実はこの車両は、今年の1月に開催された東京オートサロン2018の展示車そのものです。

日本限定4台!のプロトニックダークシルバーの車体をベースに、モノトーン基調でセンス良く仕上げられた特別なi8は、会場でも大人気を博しました。




3Di8exterior.jpg

ドライカーボン製のフロント/サイド/リアのボディパーツが、未来的なi8のフォルムをさらにスポーティーに仕上げています。

品質感が極めて高いパーツは、エアロダイナミクス技術が存分に活かされているだけでなく、ロードクリアランスも確保され日常の利便性に配慮されています。




IMG_8705-2.jpg

さらに軽さを極限まで追求したアルマイト仕上げの鍛造ホイール(21インチ、ワンオフ)と車高調整キットにより、凄みすら感じるフォルムに仕上がっています。

センター出しのチタン製エキゾーストシステムは、レーシーで乾いたサウンドを奏でます。




3Di8interior.jpg

内装も高品質かつ機能的に仕上げられています。

操作感にもこだわった内装パーツは、手の届きやすい価格で他車種用もラインナップされています。




3Di8books2.jpg

実はこの特別なi8は、弊社のお客様にお買い上げ頂いたお車です。

東京オートサロンでお披露目された後、複数の自動車雑誌等の取材を経て、お客様に納車致します。

そしてお客様のご厚意により、納車までは弊社に展示させていただけることになりました。

(3DDesignさんのブログでも告知していただけました)




IMG_8715-2.jpg

この超特別なi8を、今週末の4月15日(日)18時まで、弊社ショールームにてご覧頂けます。

(シートにはお座りいただけませんが、何卒ご容赦願います)


ぜひ、このまたとない機会に「世界最先端のBMW」を存分にご覧下さい。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



先日、BMW Japanから、このような輝かしい発表がありました。


Cap20180126-3.jpg

■2017 年の BMW グループの販売台数は9 年連続で増加し、過去最高となる77,954 台に。

■BMW ブランド(乗用車)は 3 年連続で伸長し、過去最高となる 52,527 台に。

■MINIブランドは8年連続で伸長し、2016年に引き続き、2017年も過去最高を更新し 25,427 台に。

■MINI は車名別販売台数でトップに。さらに車名別販売台数トップ 10 内に、BMW グループの 6 モデルがランクイン

■BMW Motorrad(二輪車)は、過去最高となる 5,230 台に。

という概要の、昨年は「過去最高」が目白押しの素晴らしい業績だった、という発表です。


そこで昨年に引き続き、この業績を他ブランドと比べてグラフにしてみました。



import2017.jpeg


日本におけるメジャーな輸入車ブランドの2000年以降の年間登録台数のグラフです。


「BMW+MINI」は9年連続で増加し、5年連続で最高記録を更新しています。

BMWは、リーマンショック(2008年)が収まってからはほぼ毎年増え続け、2年連続で過去最高を更新しました。

MINIも2010年以降は順調に増え、7年連続で過去最高を更新しました。


競合他社の動向としては、Benzは2008年以降は順調に伸びてきたものの昨年は鈍化しました。

2015年にディーゼル不正問題のあったVWは下げ止まりましたが、Audiは3年連続で減少しました。


ちなみにVWとAudiは本国メーカーは同じグループですが、インポーターは別会社です。また、日本でのディーラーネットワーク(運営会社や店舗)も完全に分離しています。

それに対して「BMWとMINI」はインポーターが同一(BMW Japan)で、ディーラーネットワークの共有も多く、より密接に結びついています。

なので、この「インポーター毎の集計」には意義があると思います。


同様に、「Benz と smart」も、インポーターが同じ(メルセデス・ベンツ日本)で、同じディーラーネットワークで売られています。

smartは価格(201万円~)も排気量(900cc)もMINIとはバッティングしませんが、「Benz + smart」も一応グラフに加えてみました。

日本自動車輸入組合:JAIAのHPには2005年以降のデータしか載っていなかったので、smartのグラフはそれ以前はありません)


それによると「Benz + smart」との差を広げた「BMW + MINI」が、3年連続でNO.1インポーターであることが分ります。

※ 尚、BMW Japanの発表では「2017年のBMWグループの販売台数は、9年連続で過去最高を記録し、77,954台に。」、「BMW グループの乗用車販売台数が外国メーカー輸入車において 9 年連続でトップとなる 77,954 台となったことを発表した。」とありますが、JAIAのデータを見る限り、この文章は正しくないと思われます。

恐らく、「9年連続で増加し、昨年は最高記録を更新した」、「3年連続で、9回目のトップとなった」という内容が、誤った記述になったのではないでしょうか...?




さらに、別のグラフも作成してみました。



import2017-2.jpeg


日本における輸入車全体の台数を100%とした場合の割合です。
(ただし、日本メーカーの「逆輸入車」は除きます)

すなわち「輸入車販売のマーケットシェア」です。

リーマンショック等の景気動向を除外した、「輸入車の中での人気度」が表れています。

「BMW+MINI」とBMWは、2015・16・17年とシェアを増加させました。
(過去最高だった2007年にはわずかに及びませんが、ほぼ同等になりました)

MINIは2002年のスタート以来、比較的順調にシェアを伸ばしています。

他社では、ここ3年のVWの苦戦と、ここ2年のBenzの上げ止まりが目立ちます。



JAIAHP.jpeg

日本自動車輸入組合:JAIAのHPには、【外国メーカー車モデル別トップ20の推移:暦年】という資料が載っており、車名別の販売台数のランキング(上位20位)が公開されています。


今回のプレスリリース

■MINI は車名別販売台数でトップに。さらに車名別販売台数トップ 10 内に、BMW グループの 6 モデルがランクイン。

という快挙が分かりやすいように、その資料のBMWとMINIに色付けをしてみました。



modelrank2017.jpeg


調査開始以来28年連続でゴルフが1位でしたが、一昨年にMINIが初のNO.1になり、さらに昨年も栄冠に輝きました。

VWのディーゼル不正問題の影響もあると思われますが、MINIがCLUBMANやCROSSOVERなど積極的にラインナップを増やし、ディーゼルとPHEVという動力源を追加した成果でもあると思います。


3シリーズは2009年までは2位が定位置でしたが、BMWがX1・4シリーズ・2シリーズとバリエーションを広げるにつれ、立ち位置が変化してきました。


価値観の多様化に伴い、戦いが個人プレーからチームプレーに変化した、ともいえるかもしれません。

モデルラインナップや動力源の積極的な展開によって、BMW・MINI共に過去最高の販売を達成しました!




2018-bmw-new-models-9.jpg

今年も魅力的な車が続々と登場する予定です。

BMWの今後の展開にご期待下さい! G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



Cap20180105.jpeg

↑ 画像をクリックすると、運試し?ができます。


(少々遅い挨拶ではございますが・・・)

明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

今年も弊社並びに【サン・オート グループ】のご愛顧を、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

 
  
今週末の1月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)は、
BMW ニュー・イヤー・フェア2018
を開催いたします。




kvanyo.jpg

kv_txtbth-2.gif
 
 
 
 

cont02_img2bh2018-2.jpg

cont02_imagekgh-2.jpg

cont02_txtBMWHB2018-2.jpg
 

cont03_imgboc2018-2.jpg


 

恒例の福袋や、オリジナル・チャーム(お守り)を、今年も販売いたします。

ぜひ今年初のBMWの「福」を見つけにお越し下さい。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



DRk0HCoWAAANdEfarge-2.jpg


誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
12月29日(金)〜1月5日(金)を休業日とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。


本年のご愛顧に心より感謝致します。 来年の一層のご愛顧と当ブログのご愛読を、宜しくお願い致します。  G.Sekido

早いもので今年も残りわずかとなりました。

今年のBMWや弊社の活動を振り返るという意味も込めまして、
「今年の当ブログを象徴する記事」を独断で選びました。

ぜひこの機会にご再読ください!




まずは、【弊社に関する記事部門です!


IMG_7777-2.jpg

新しい1シリーズと、新しい看板

弊社は昨年7月よりBMW i 販売店でしたが、それを示す看板になりました。

(BMWマークと社名の間に「 」のロゴが加わりました)

ショールーム内にもBMW i 専用の展示スペースができ、存在感を高めました。




次は、【新型車紹介部門です!


IMG_0643-2.jpg

新型5シリーズの試乗車と展示車が登場しました!

今年は5シリーズが7年ぶりにフルモデルチェンジし、「2017 - 2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の2位に選ばれるなど、「5シリーズの年」でもありました。



Bild-Vergleich-BMW-5er-G31-F11-LCI-Touring-2017-04-3.jpg Cap20170630.jpeg

5シリーズツーリングの新型と旧型の違いや、5シリーズと3シリーズGTを比較する記事も書きました。




続いては、【モータースポーツ部門です!


WT1_5519-2.jpg

SUPER GT 2017 第5戦、タイヤが勝負を決めたFUJI

SUPER GTにおけるBMW勢の活躍を、今シーズンもご紹介しました。

2シーズン目となるM6 GT3は熟成度を高め、昨年に続き1勝を挙げました。

ARTAは今年も最終戦までタイトルに絡む健闘を繰り広げました。

来年こそ、BMW勢にとって久々の戴冠を期待します!

今年の参戦体制等について書いた記事も、ご好評を頂きました)




そして、当ブログ名物?の【マニアックネタ部門です!


Cap20171215.jpegCap20171215_1.jpeg

【 BMWの「顔」の見分け方

BMWの現行ラインナップの「顔」は、実はモデル間での「連続した変化」があります。

その規則性について、競合他社と比較しつつ書きました。



Google most searched car brands - Europe-2.jpg  Cap20170203_10.jpeg

他のマニアックな記事としては、

「最も検索された自動車ブランド」を示した世界地図
(Googleによると、BMWは何と51カ国でNO.1になりました!)


【 BMWグループは、日本No.1のインポーターです!
(積極的な商品展開により、BMW+MINIは2年連続で販売台数1位でした!)

などもあります。




そして、【最もいいね!を頂いた記事部門です!


IMG_7450-2.jpg

M2とM140iの試乗車ができました!!

M2とM140iの試乗車と、その個性の違いについて書いた記事が、今年最も多く「いいね!」を頂きました。誠にありがとうございました。

全国的にも珍しいM2の試乗車は、その後DCT車に替わりM/T車を導入いたしました。ぜひご試乗にお越し下さい。




以上、今年を紹介する記事でした!

( 2013年14年15年16年の【今年を象徴する記事】もぜひご覧下さい。)


来年は、私以外が担当するブログ(T.Sekidoまたはスタッフ持ち回り?)の比率をさらに増やして行きたいと考えています。


当社独自の情報や、他ではなかなか得られない情報 」を盛り込み
「 数あるBMWディーラーブログの中で最も読みごたえのある内容 」
も引き続き目指して行こうと思っています。


今後も引き続き、当ブログのご愛読と、
各記事の下にある「いいね!」のクリックや記事のシェア、
当ブログのお知り合いへのご紹介・拡散を何卒宜しくお願いします!  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



こんにちは。T.Sekidoです。

衆議院選挙と台風が迫っており慌しい週末になりそうですが、通常運転で行きたいと思います。

今回のスタッフ紹介は、サービスフロントのH.Kakemizuです。

(ちなみに全国に515世帯ほどしかない珍しい苗字だそうです)


Q1. 簡単に自己紹介をお願いします。

IMG_7522-2.jpg

今年でサン・モトーレン歴22年となりました、H.Kakemizuです。

最初はパーツ担当として入社して、2年後にメカニックに転向して、その後2006年からフロント業務に携わっております。

今年でフロントになってから数えても11年目ということで、改めて考えると感慨深く思います。

先月のスタッフ紹介記事のMatsumotoと共に、サービスの受付としてお客様の入庫のお出迎えや、整備内容の説明、車両の最終チェック等を主な業務として行っています。

(サービス一筋22年! 弊社のお客様の多くの方が会われたことがあるかもしれませんね!)



Q2. 休日は何をして過ごしていますか?

休日は主に子供の部活(上の子はサッカー・真ん中の子はバスケ)の観戦に行ったり、一番下の子はまだ部活が無いので、子供と共にいろいろなところに出かけたり、家で一緒に遊んであげたりしています。

(家族思いのいいお父さんなんですね。お子様も皆さん活発なご様子でいいですね!)



Q3. 現在乗っている車は何ですか?

BMW-E34-5-Series-39-750x500.jpg

家族が多いこともあり、諸事情から現在は国産車に乗っております。

以前はE30型3シリーズやE34型5シリーズを3台乗り継いだりしていました。

子供が独り立ちしたらまたBMWに戻りたいなと考えています。

(BMWは特に数年前までは、多人数乗車や利便性よりも走行性能を重視した車が多かったですよね。

ですが最近は、アクティブツアラーやグランツアラーというファミリーカーやミニバンのラインナップも加わってきましたし、今後のBMWにも期待できそうですよね!)
 
 
 
Q4. 次に乗ってみたい車は何ですか?

BMW_Z3_1_9L_1998.jpg


諸事情から今は難しいですが、可能なら左ハンドルM/TのZ3に乗りたいですね。

年数が経っているのでメンテナンスが必要な部分もあるかもしれませんが、自分の手で面倒を見ながら、余すところ無く楽しみたいです。

(私のオープンカー初体験はZ3でした。そのときの爽快感が忘れられなくて、私の初の愛車はオープンカーを選びました。開放感やデザインに優れた名車ですよね。)
 
 
 
Q5. 好きな食べ物・飲み物は何ですか?

886ae3d908c4152c84d73c040810ea79-3.jpg


鳥料理が好きで、買うものに迷うとよく手を伸ばしています。

最近は外食が非常に減って、自宅で食べる事が増えたので、妻の手料理を毎日楽しみにしながら仕事をしている毎日です。

また、お酒を飲むのはとても好きで、自宅でも毎日晩酌に缶ビールを3本ほどあけています。 (※ 画像はイメージです)

(お昼に愛妻弁当を食べているのをよく見かけます。
奥様のお料理がお上手で、心をこめて作っていらっしゃるんだな、とお見受けしております。)
 
 
 
Q6. 座右の銘(好きな言葉)は何ですか?

好きな言葉は「ざっくばらん」という言葉です。

必要以上に肩肘を張らず、お客様に対しても最終的にはいろいろなことを言えて、また相談もしてもらえるような関係になりたいと思い、日々の対応をしております。

(いつもお客様に親身になって対応しているKakemizuさんらしい一言だと思います。)



Q7. 最後に一言お願いします。

IMG_7524.JPG


フロント業務も11年目に入って、数多くのお客様の対応をさせて頂いております。

お客様の中には、私を信頼して頂いて直接ご連絡いただく方も増えてきたように思います。

これからもお客様により一層信頼して頂けるような対応を心がけて仕事をしていきたいなと思います。

(これからも信頼できるフロントとして活躍して頂ければと思います!)

以上で今回のインタビューは終了です。



そして、話は変わりまして・・・


IMG_7528-2.jpg

ショールームに、BMW i 専用の展示スペースができました。

近未来的な「i」がより引き立つようになりました。
 
 
今週末は台風が近づいてきますが(日曜日はまだ大丈夫そう?ですので)、選挙に投票に行かれたその足で、ぜひ弊社にもお立ち寄り下さい。 T.Sekidoでした。



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



Cap20170922_1.jpeg


クラス唯一の後輪駆動を採用するコンパクトカーである1シリーズが、仕様変更され新しくなりました。

内外装が質感をさらに高めると共に、ナビ画面はタッチパネル操作が可能になるなど機能も強化されました。



IMG_7725-3.jpg

そして、その新型1シリーズの発売を記念した特別限定モデル M Sport Edition Shadow (118i、アルピン・ホワイト3)をショールームに展示いたしました。

数々の特別装備によって、よりスポーティーに仕上げられています。



IMG_7753-2.jpg

ヘッドライト内部が黒く塗られたダークLEDヘッドライトハイグロス・ブラックのキドニー・グリルジェット・ブラックの18インチ アロイ・ホイール等の特別装備によって、凄みを感じるほど精悍です。

340馬力を発揮するM140iとも共有する車体のポテンシャルを、存分にアピールします。



IMG_7738.JPG

仕様変更により、インパネやメーターはより高級感を感じる演出が施されました。

特別装備の専用色コニャックに彩られたダコタ・レザー・シートによって、スポーティーかつラグジュアリーな雰囲気もあります。



IMG_7746.JPG  IMG_7748.JPG

後席およびラゲッジルームは、存分に広く、質感にも優れています。

「1」という名前通り、ファーストカーとしても存分に活躍してくれます。



IMG_7749-2.jpg

特別装備のダーク・カラー・リヤ・コンビネーション・ライトが、後姿も引き締めます。

この限定モデルは、早期の完売が予想されます。

クラス随一の贅沢な成り立ちを持つ1シリーズの最新モデルを、ぜひご覧にお越し下さい。



そして、1シリーズはBMWの看板車種の一つですが、弊社の看板も新しくなりました。


IMG_7777-2.jpg

弊社は昨年7月よりBMW i 販売店となりましたが、それを示す看板になりました。

BMWマークと社名の間に、「 」のロゴが加わりました。



IMG_7780-9.jpg

新しくなった1シリーズと、看板も新しくなった弊社を、宜しくお願い致します。

お客様のご来店をお待ちしております。  G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



 | Blog Top | 
   August 2018
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ




"