こんにちは。久々に登場のT.Sekidoです。

今回は1年2か月ぶりのスタッフ紹介シリーズです。

最も若手のセールス・スタッフ、Y.Haradaを紹介します!



Q1.簡単に自己紹介をお願いします。

harada201901.JPG

Y.Haradaです。来月で22歳になります。

サン・モトーレンに入社してから1年2ヶ月が経ちました。

まだまだ知らないことも多く毎日が勉強の日々ですが、お客様にぴったりの1台を紹介できるよう日々研鑽をつんでいます。

趣味はバスケットボール、ダーツ、ビリヤード等です。

特にバスケは中学の頃からやっていて、今も社会人チームに所属して毎週練習しています。

大会にも出ていて、かなり長く続いている趣味の一つですね。


(22歳という若さならではの素直さと吸収力を生かして、社内の勉強会に熱心に参加したり、自分ひとりでも色々な勉強をしているところをよく見かけます。細身で身長が高く見栄えが良いのも、私からすると大変うらやましいです...。)



Q2.休日は何をしてすごしていますか?

harada201904.JPG

休日はスポーツジムに行ったり、服が好きなので買い物に出かけたり、友人と飲みに出かけたりしていることが多いです。

買い物に行く際は名古屋まで出かけることが多いですね。


(私服姿を見かけたことがあるのですが、好きなだけあって大変オシャレさんでした。ジムにも通っているのが良いスタイルを保つ秘訣かもですね♪)



Q3.現在乗っている車は何ですか?

cq5dam.resized.img.1680.large.time1506052950787 (2).jpg

今はX1 xDrive 18d Xlineに乗っています。

X1は実用性が非常に高い車で、セールス活動にも友人と遊ぶ際などにも大活躍しています。

クリーンディーゼルは燃費が良く、トルクもあって乗りやすいです。

私の身長でも室内は余裕たっぷりで、スポーツやアウトドアが好きな方にもお勧めしたい1台ですね。

またデザインも気に入っているので、モデルチェンジくらいまではしばらく乗りたいと思います。


(現行X1は走りと実用性のバランスが良く、BMWライフをスタートするのにも最適の1台だと思います。18dの「18」という数字からは線が細い印象も受けますが、ディーゼルならではの330Nmのトルクはあらゆる場面に効きます!)



Q4.将来乗りたい車は何ですか?

cq5dam.resized.img.1680.large.time1538376422063 (2).jpg

※ 画像は今年フルモデルチェンジ予定の次期X5です。

SAVが好きなので、いつかX5に乗りたいです。

子供の頃から大きな車が好きなこともあり、X5に乗るのを目標の一つにしています。


(X5は確かに、憧れの車のBMWの一つに挙げられることも多いですね。体格が大柄な私も、将来乗ってみたい車です!)



Q5.BMWが優れていることは何だと思いますか?

Cap20190222_4 (2).jpeg

※ 画像は日本未発表のX3 MとX4 Mの紹介動画です。

いずれのパワープラントやボディタイプでも、やはり他社と比べて走行性能が優れていると思います。

ボディ剛性が高く操縦安定感に優れているのでいかなる時も安心感があり、また安全機能や衝突安全性にも優れているため万一の事故の際も損害が少なく済むのも、大きな利点だと思います。


(ガソリン、ディーゼル、PHEV、ピュアEVのいずれも「走り」を最優先した商品造りがされているのは、車を販売する側としても説明しやすく、またお客様に体感して頂きやすいところですね。)



Q6.いつもどのようなことを心掛けていますか?

harada201903.JPG

常にポジティブでいることを大事にしています。


(若さが感じられる良い心がけですね。初心を忘れず、さらに成長して欲しいです!)



Q7.今年の抱負を教えてください。

harada201902.JPG

「昨年の倍のお客様にお会いしてお車をご紹介する」ことを目標に、一層活動を増やしていきたいと思います。

先輩方を追い抜く気持ちで頑張りたいと思います。


(諸先輩の壁は厚いかもしれませんが、ぜひ打ち破る勢いで頑張って欲しいと思います。ブログ読者の皆様からのご指導ご鞭撻もお待ちしております。)



Q8.何かPRをお願いします。

IMG_0800 (3).JPG

BMW M 認定ディーラーである弊社のショールームには、M専用展示スペースも備え、M5からi3まで幅広いラインナップを展示しております。

そして来月には、いよいよ新型3シリーズも登場予定です。

具体的なご購入のご予定が無くても、ぜひお気軽にショールームに遊びに来てください!


以上で、インタビューは終了です。

進化するBMWのラインナップと、成長するセールス・スタッフに会いに、ぜひご来店ください! T.Sekidoでした。




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



ogx22 (2).jpg

少し前の話題で恐縮ですが...。


昨年末に、BMW X2は

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞

2019 RJCカーオブザイヤー・インポート

JAFHA 日本自動車殿堂 インポートカーオブザイヤー

の3つの賞を受賞しました!



   Cap20190215_2 (2).jpeg

Cap20190216.jpeg  Cap20190215_1-2.jpg

いずれの賞も、並みいるライバルを抑えて選ばれました!

(RJCカーオブザイヤーインポートの歴代の受賞車には、4,5,6代目3シリーズやMINIクラブマンなども選ばれており、それに並ぶ快挙です)



そしてこれらの賞の投票結果を見ていて、気づく点がありました。



Cap20190216_1-2.jpg   coty2019_main (2)-3.jpg

日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞の2位や、
RJCカーオブザイヤーの国産車部門(三菱 エクリプス クロス)も、
いずれも「走行性能をアピールポイントにしたSUV」
いわゆる「クーペSUV」が選ばれているのです!




bmwxmodels.jpg

世界的にSUVの販売が伸び、もはやブームというよりも主力車種の1つになりました。

BMWの場合、世界販売の約4割、日本販売の1/3をXモデルが占めるようです。


そして、さらにスタイリングやオンロードでの走行性能を重視した「クーペSUV」や「クロスオーバーSUV」も、派生車種やニッチ車種というより1つのカテゴリーとしての地位を確立したことが、これらの賞の投票結果にも表れているように思います。




IMG_0788 (2)-2.jpg

※ 写真は現在の展示車(アルピン・ホワイト3のsDrive18i M Sport X)です。

クーペSUV・クロスオーバーSUVはセダン系よりも優れた乗降性・視界・居住性・積載性をもちながら、悪路走破性やコーナリングにも優れ、いわば「クルマの付加価値の最大公約数」を備えていると思います。

さらにX2の場合は、低めの全高(1535mm)により多くのタワーパーキングに停められる等の利便性も持っています。



005_ox2 (2).jpg

そして、そんなX2のラインアップに、M PerformanceモデルのM35i(2L・4気筒ガソリン・302ps・450Nm)及び、待望のクリーン・ディーゼル・エンジン搭載のxDrive18d(2L・4気筒ディーゼル・150ps・350Nm)が追加されました。

(ちなみに、2シリーズアクティブツアラー・グランツアラーを除く「偶数系のモデル」、つまり2・4・6・8シリーズとX2・X4・X6を通じ、初のディーゼルモデルの設定です。)

X2はラインナップが広がることで、さらに経済性や走行性能の選択肢を得ました!



IMG_0776 (2)-2.jpg

IMG_0763 (2)-2.jpg  IMG_0778 (2).JPG

ぜひ、弊社の試乗車(サンセット・オレンジのsDrive18i M Sport X)および展示車で、そのオールマイティーな魅力をお確かめください。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



Cap20190208_4-2 (2)-2.jpg

弊社のFacebookページは、約2年前に開設いたしました。(ちなみに当ブログは9年半前にスタートしました)

当初はブログの更新情報が中心でしたが、ここ半年ほどはブログ以外の情報も発信しております。

そして次第にフォローしていただける方(ページに「いいね」を押して頂いた方)が増え、先日ついに500名様を超えました!

誠にありがとうございます!



そこで、その感謝の気持ちを込め、さらにページ開設2周年を記念して

認定中古車2台を「超」特価で販売いたします!!


IMG_0731 (3)-4.jpg


いずれも流通台数の少ない希少車です!

まず1台目は、この車です!


Cap20190209_1.jpeg

X5  xDrive 40e  M Sportを、超特価で販売致します!

認定中古車の全国相場(走行距離1万km以下の40e M Sport)と比較しても、圧倒的な最安値です!




cq5dam.resized.img.1680.large.time1472223613960 (2).jpg

BMWのPHEV各車は、バッテリーを車両中央~後方に搭載することもあり「直進時には重厚感がありながら、ハンドリングは軽快感に富んでいる」という新世代のフィーリングがあります。

モーターとガソリンエンジンを使い分けるので「普段は静粛性に富みながら、アクセルを踏み込むと豪快に加速する」という特性もあります。

それらの「2面性」はBMWのPHEV各車の特徴であり魅力だと、個人的にもPHEVを使って感じています。




IMG_0751.JPG

走行距離はわずか2000kmなので、アイボリーレザーの内装は使用感も皆無でとても奇麗です。

驚きの価格を、カーセンサー 及び グーネットにてぜひご覧ください!


※2月12日  追記
 おかげさまで、早速X5 40eをご成約頂きました!
 
誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。




そしてもう1台の車は・・・!


Cap20190209_2.jpeg

ALPINA B3 S ビターボ カブリオ超特価で販売いたします!

ALPINAの、B3をさらに強化した「S」(後期モデル)で、さらにカブリオで、右ハンドルで、低走行距離という、幾重にも希少な車です。

「超希少車」かつ「超特価」な、間違いなく日本で唯一無二の1台です!



alpina_bmw_3_series_1_3-2.jpg

ALPINAの内外装が持つ色気は、オープンカーだとさらに際立ちます。

アルピナの年間生産台数は千数百台とフェラーリやランボルギーニ等と比べても遥かに少ないのですが、その約20%が日本で販売されており、実は「日本は世界でドイツに次ぐアルピナの人気が高い国」でもあります。

アルピナの持つ繊細な魅力が、日本人の気質に合うということでしょうか。



Cap20190209_4 (6).jpeg  Cap20190209_5.jpeg
IMG_0746.JPG  IMG_0754.JPG

普遍的な美しさと410馬力!のハイパワーが、コンパクトながら流麗なボディに凝縮されています。

驚きの価格は、カーセンサー 及び グーネットでご覧いただけます。

希少価値や新車当時価格(1171万円)を考慮すると、さらに魅力的に感じる1台です!


※2月20日  追記

 おかげさまで、アルピナB3Sカブリオもご成約頂きました!
 厚くお礼申し上げます。誠にありがとうございました。




IMG_0738 (3).JPG


そんな「超特価」な2台を始めとする弊社の認定中古車のラインナップは、

Goo-net 在庫情報 および【 カーセンサー 在庫情報 にて、

内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。


諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在50台程の在庫がございます。

ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。


ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



Cap20190202.jpeg

新型3シリーズ(G20型)が、昨年10月のワールドプレミアに続き

ついに日本でも発表になり、先行予約が開始されました!


3-series-history-hero-mob.jpeg

BMW3シリーズは、1975年に第1世代が登場して以来40年以上にわたって支持され、世界販売累計1500万台以上を達成したプレミアムスポーツセダンです。

先代3シリーズ(F30型)の日本発売から7年ぶりのフルモデルチェンジで、7代目になります。




G20F30FRRR.jpg

画像は青色が新型、黒色が従来型です。

新型の方がワイド感が際立ち、よりスポーティーになりました。



G20F30SIDE-2.jpg

デザインはさらに洗練され、流麗さも感じます。

ドア下部には後ろ上がりのキャラクターラインを刻み、前進感を創出しています。

ボディ各部が四角や円ではなく六角形の組み合わせで構成されているような印象も受けます。

高級感がありながら躍動感も感じる、新しくて素晴らしいデザインだと思います。


先代と比べると全長が70mm・全幅が25mm・ホイールベースが40mmそれぞれアップし、全長×全幅×全高=4715×1825×1440mmとなりました。



Cap20190202_3-3.jpg

7世代の進化が一覧できるサイトも公開されています。


新型の発表に伴いメーカーから出されるプレスリリース等からは、先代まではあった「プレミアム・『コンパクト』・スポーツ・セダン」という記述が無くなり、名実ともにミドルクラスになったとも思えます。



ですが・・・



F30G20DIM-3.jpg


車体寸法からは大きくなった印象を受けますが、側面図を重ねると違いはあまり大きく感じません

(全長・全幅共に増加は1.5%程です)

昨今のSUVと比べれば全幅も小さく、街中で持て余すことのないサイズを維持していると思います。

10mm重心が下がったシャシー構造や約55kgの軽量化などにより、走行性能は大幅に向上しています。




Photo-Oct-01-10-35-28-AM-830x830-2.jpg

※左ハンドル車の画像を左右を反転してあります。


内装も、デザインと機能の両面で大きく進化しています。

3眼カメラを採用した安全機能が備わっているのに加え、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント(AIを活用した音声操作)やリバース・アシスト(直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートを後退する機能)など、世界最高水準の運転支援システムが装備されています。





そして、肝心な価格については・・・


big_976618_201901301246530000001 (2).jpg

全方位的に大きく進歩を遂げながら、何と「販売の中心となる320i M Sportは価格を据え置くなど、戦略的な価格設定」とされています!

(先代モデルやライバルを含めた価格について、こちらのサイトで詳しく解説されていますので、ぜひご覧ください)




Cap20190202_4.jpeg

デザイン・性能・価格競争力の全てで、C-CLASSやA4などの競合他車を凌駕したと思います!




IMG_0727 (2).JPG

実車の展示はまだ少し先になりそうですが、カタログをご用意致しました。

見ごたえのある スペシャルサイト と併せ、ぜひご覧ください。

いよいよBMWの歴史の新たな1ページが開かれます!  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



 | Blog Top | 
   February 2019   
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ




"