Cap20181110_19.jpeg

BMW最大級&最上級のSUV、X7本国で発表になり、日本での先行予約も開始されました!




015_o (2).jpg

そのボディサイズや贅を尽くした装備も圧巻ですが、

何といってもBMW史上、最大」のキドニーグリルに迫力を感じます。



個人的には、このグリルの大きさや形状は突然変異的に生み出されたわけではなく、緻密に計算され周到に計画されたものだと思っています。



X1・X3・次期X5(日本未発表)・新型X7の画像を並べてみますと・・・


X1-X3.jpg
X5-X7.jpg


画像はBMW UKのコンフィギュレーターを利用して作成しました。

それぞれ左が標準型(xLine)、右がM Sportです。


車格が上がるにつれて、キドニーグリルの左右幅と上下長が、少しずつ大きくなっています。



BMWFACESCHANGE5-X.jpg


上位モデルほどグリルが大きくなることに加え、「左右のグリルの連続性が増し、ヘッドライトとの一体感も強める」という変化は、セダン系モデルにも共通する傾向だと思います。




X3X5X7.jpg

昨年9月にコンセプトX7 iパフォーマンスが発表になったときは、正直なところ個人的にはそのグリルの大きさに(どちらかというとネガティブな)驚きを感じましたが...。

今年に入ってから新型X3と次期X5が本国発表されるとともに、新世代SAVのフェイスが確立してきました。

そしてX7の市販型が正式発表されると、その存在感のあるデザインは世界的にも好評を得ているようです。

モデル毎に個性を与えながら連続性も持たせる」というBMWの連係プレイが、Xシリーズでも見事に発揮されていると思います。



デザインに関する話は、これくらいにしまして・・・


013_o-2.jpg

もちろんX7は、最上級SUVならではの広く豪華な室内空間を備えています。




X7INTERIOR.jpg

上質かつ明るく開放的なインテリアは、新たな演出や利便装備も備え、多人数での長距離移動を極上の時間に変えてくれそうです。



021_o.jpg

きっと最上級SUVならではの上質な走りも、魅力に溢れていると予想します。

X7の日本導入は、来年夏を予定しています。

その日が今から楽しみです!  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



Comment


   November 2018
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ




"