5D3_7618.jpg

BMW Team Studie
が参戦するブランパンGTシリーズ・アジア のRound 11&12が、10/13(土)・14(日)に中国の寧波国際サーキットで開催されました。


前戦のRound 9&10の好成績により、チームランキングは今シーズンの1位を決定しています。

ドライバーランキングは81号車はトップと11点差で、逆転でのタイトル獲得を見据えて最後の2連戦に挑みます。




0hqZUBODCMLnVoOwPTEqRRIidmKBoRWDR9AkM5Tx1tJFsdVzl1AEEjVgluKBEWVTo_DQApYCQ-J0AlQgFHDhUYaElbdTgfcB9kUTo2Wgk9IkBZC20hXFhgF0s8eUVNWTsnXFVgVkwyJxBNXzoq (2).jpg

予選 】

ブランパンGTシリーズ・アジアでは、土曜日に予選(Q1 / Q2)と決勝(レース1)、日曜日に決勝(レース2)が行われます。

Q1は81号車砂子選手が右側面をGT3車両に当てられる不運がありながらもポールポジション!82号車浦田選手は5番手タイムを出します。

Q2も81号車木下選手がポールポジション!82号車Max選手が7番手タイムとなりました。




CKH19711.jpg

【 レース1 】 (Round 11)


81号車の砂子選手は、ポールポジションから後続を引き離す体制に入りたいところですが、スタート直後のGT3車両の多重衝突&コースオフで、早々にセーフティーカー(SC)が先導する展開になってしまいます。

20分後にSC先導が解かれると、82号車の浦田選手は見事なリスタートにより一つポジションを上げ、1番手&4番手体制でピットインのタイミングを迎えます。




CKH10311.jpg

SC先導が長くリードをあまり築けなかったこともあり、ピットインした2台が前戦のサクセスペナルティ(15秒・10秒)を消化すると、木下選手の81号車は4番手、MAX選手の82号車は5番手に順位を下げてしまいます。

タイトルの行方を考えると、何としてもここから挽回したいところです。


81号車の木下選手は翌周には3位、22週目には2位にポジションを上げ、1位のライバル666号車を猛追します。

オーバーテイクには至らず2番手でレースを終え、タイトルに一縷の望みを繋げました。


ですが...レース後に81号車は審議対象になります。


Cap20181026.jpeg

72号車を抜き2位にポジションアップしたタイミングが、コースオフ車両によるイエローフラッグ掲示の直後だったと判断され、ペナルティを受けることになりました。

それによりレース結果は82号車6位81号車7位確定しドライバーズタイトルの可能性も失われました...。



0hUBu6WPyrCm1ITyfITFh1OgcSDAIxLBBlIjcdVz0ZAEM9Ix1tIDUHTikaDAk2IR4nA1YGbyoIJygXKggzDVNHYxcMESMDDxVDInpMWz4VAlR5f0k5fCxACWxOUl1tLR49cy5ATmxGAwlnfk86.jpg  CKH11961.jpg

とても厳しい結果となりましたが・・・

チームは気持ちを切り替えて翌日の最終戦に臨みます。





CKH12618.jpg

【 レース2 】 (Round 12・最終戦)

81号車木下選手はポールポジションからスタートし、ライバル666号車を抑え周回を重ねます。

82号車Max選手は7番グリッドから追い上げ、5番手に順位を上げてピットインします。



交代した81号車の砂子選手は後続の666号車を引き離し、82号車の浦田選手は前車をオーバーテイクし4位にポジションを上げます!

 
そして・・・



Cap20181026_2 (2).jpeg

81号車は有終の美を飾る優勝

82号車は7番グリッドから順位を上げて4位入賞を果たしました!




2018ROUND12 (2).jpg


寂しさもあり、達成感もある複雑な気持ち」(木下選手)ながらも、

天性の速さとユーモアに溢れたドライバー陣の視線は、

来シーズンを見据えています!





CKH14854.jpg

81号車12戦中で5勝を果たしながらも、序盤戦のトラブルによるノーポイントが響き、惜しくもドライバーズタイトルは逃しました。

ですが予選でのポールポジションは12回中8回と最多で、「最速」である証を立てました!

チームランキング1位という栄冠も、ブランパンGTアジアの歴史に刻まれました!




0hm3Yqg75vMhxkCB-2yzxNSytVNHMdaygUDnAlJhFeODIRZCUcDHI_PwVdNHgaZiZWDCkCKR1NLWcvRyoaCDcjACd0ak8-UD5LCjA_CEh6E2dVOHFPWW18eEEJaixBan1IXGZ4P0AAbSQbMHFI.png


来シーズンは、BLANCPAIN GT WORLD CHALLENGE ASIA という名称になり、韓国戦が加わって5か国を股にかけ、GT3とGT4が混走ではなく別レースなることが決定しました。

「GT4クラスもこれまで以上に多くのメーカーが参戦するとの噂があるし、確実に参戦台数が増えるから、今年以上に激戦区になる」とのことですが・・・。


このチームの結束力、ドライバーの速さ、マシンの性能があれば、きっと今年以上の活躍を見せてくれると思います!
  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



Comment


   October 2018   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ




"