5D3_7618.jpg

BMW Team Studie
が参戦するブランパンGTシリーズ・アジア のRound 11&12が、10/13(土)・14(日)に中国の寧波国際サーキットで開催されました。


前戦のRound 9&10の好成績により、チームランキングは今シーズンの1位を決定しています。

ドライバーランキングは81号車はトップと11点差で、逆転でのタイトル獲得を見据えて最後の2連戦に挑みます。




0hqZUBODCMLnVoOwPTEqRRIidmKBoRWDR9AkM5Tx1tJFsdVzl1AEEjVgluKBEWVTo_DQApYCQ-J0AlQgFHDhUYaElbdTgfcB9kUTo2Wgk9IkBZC20hXFhgF0s8eUVNWTsnXFVgVkwyJxBNXzoq (2).jpg

予選 】

ブランパンGTシリーズ・アジアでは、土曜日に予選(Q1 / Q2)と決勝(レース1)、日曜日に決勝(レース2)が行われます。

Q1は81号車砂子選手が右側面をGT3車両に当てられる不運がありながらもポールポジション!82号車浦田選手は5番手タイムを出します。

Q2も81号車木下選手がポールポジション!82号車Max選手が7番手タイムとなりました。




CKH19711.jpg

【 レース1 】 (Round 11)


81号車の砂子選手は、ポールポジションから後続を引き離す体制に入りたいところですが、スタート直後のGT3車両の多重衝突&コースオフで、早々にセーフティーカー(SC)が先導する展開になってしまいます。

20分後にSC先導が解かれると、82号車の浦田選手は見事なリスタートにより一つポジションを上げ、1番手&4番手体制でピットインのタイミングを迎えます。




CKH10311.jpg

SC先導が長くリードをあまり築けなかったこともあり、ピットインした2台が前戦のサクセスペナルティ(15秒・10秒)を消化すると、木下選手の81号車は4番手、MAX選手の82号車は5番手に順位を下げてしまいます。

タイトルの行方を考えると、何としてもここから挽回したいところです。


81号車の木下選手は翌周には3位、22週目には2位にポジションを上げ、1位のライバル666号車を猛追します。

オーバーテイクには至らず2番手でレースを終え、タイトルに一縷の望みを繋げました。


ですが...レース後に81号車は審議対象になります。


Cap20181026.jpeg

72号車を抜き2位にポジションアップしたタイミングが、コースオフ車両によるイエローフラッグ掲示の直後だったと判断され、ペナルティを受けることになりました。

それによりレース結果は82号車6位81号車7位確定しドライバーズタイトルの可能性も失われました...。



0hUBu6WPyrCm1ITyfITFh1OgcSDAIxLBBlIjcdVz0ZAEM9Ix1tIDUHTikaDAk2IR4nA1YGbyoIJygXKggzDVNHYxcMESMDDxVDInpMWz4VAlR5f0k5fCxACWxOUl1tLR49cy5ATmxGAwlnfk86.jpg  CKH11961.jpg

とても厳しい結果となりましたが・・・

チームは気持ちを切り替えて翌日の最終戦に臨みます。





CKH12618.jpg

【 レース2 】 (Round 12・最終戦)

81号車木下選手はポールポジションからスタートし、ライバル666号車を抑え周回を重ねます。

82号車Max選手は7番グリッドから追い上げ、5番手に順位を上げてピットインします。



交代した81号車の砂子選手は後続の666号車を引き離し、82号車の浦田選手は前車をオーバーテイクし4位にポジションを上げます!

 
そして・・・



Cap20181026_2 (2).jpeg

81号車は有終の美を飾る優勝

82号車は7番グリッドから順位を上げて4位入賞を果たしました!




2018ROUND12 (2).jpg


寂しさもあり、達成感もある複雑な気持ち」(木下選手)ながらも、

天性の速さとユーモアに溢れたドライバー陣の視線は、

来シーズンを見据えています!





CKH14854.jpg

81号車12戦中で5勝を果たしながらも、序盤戦のトラブルによるノーポイントが響き、惜しくもドライバーズタイトルは逃しました。

ですが予選でのポールポジションは12回中8回と最多で、「最速」である証を立てました!

チームランキング1位という栄冠も、ブランパンGTアジアの歴史に刻まれました!




0hm3Yqg75vMhxkCB-2yzxNSytVNHMdaygUDnAlJhFeODIRZCUcDHI_PwVdNHgaZiZWDCkCKR1NLWcvRyoaCDcjACd0ak8-UD5LCjA_CEh6E2dVOHFPWW18eEEJaixBan1IXGZ4P0AAbSQbMHFI.png


来シーズンは、BLANCPAIN GT WORLD CHALLENGE ASIA という名称になり、韓国戦が加わって5か国を股にかけ、GT3とGT4が混走ではなく別レースなることが決定しました。

「GT4クラスもこれまで以上に多くのメーカーが参戦するとの噂があるし、確実に参戦台数が増えるから、今年以上に激戦区になる」とのことですが・・・。


このチームの結束力、ドライバーの速さ、マシンの性能があれば、きっと今年以上の活躍を見せてくれると思います!
  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



44330352_2031441480252166_8942489954609528832_n.jpg

今週末の10/20(土)・21(日)は、138タワーパークにて 一宮輸入車フェア を開催致します。

今年春に同会場で催したイベントを、この秋も開催します)




32787126_1814225208640462_1132138948135485440_n.jpg 32796146_1813459362050380_7745560484216045568_n (2).jpg

(画像は過去のイベントの写真です)


弊社グループMINI一宮と共に、広大な敷地に

BMWの新車を15台・中古車/未使用車を8台、

MINIの新車を4台・中古車/未使用車を3台、合計30台を展示いたします!


その中でも、何といっても注目の1台は・・・


IMG_0222 (2).jpeg

i8ロードスターです!

プラグイン・ハイブリッド・スーパーカーであるi8のオープン版であり、超希少車です!



Cap20181019.jpeg

ソフトトップは約15秒と比較的短時間で開閉が可能です。

(Bピラーが残る、いわゆるタルガトップ形状の利点の一つです。)

時速50kmまでなら走行中でも操作することができます。


リアウインドウはソフトトップと独立しており、単独で電動開閉することができます。
  
 
 
 
IMG_9492 (2).JPG  IMG_9500 (2).JPG

オープン化によって他の何者にも似ていないi8のディテールがさらに際立ち、ミッドシップ・スポーツカーとしてのアピールも強まりました。
 
 
 
IMG_9505 (2).JPG  IMG_9514 (2).JPG

ソフトトップの開閉スイッチは、手元の小物入れの中に配されています。

オープン化にあたり4シーターから2シーターになりましたが、座席後部には100Lのラゲッジスペースが確保され、利便性を最大限に配慮しています。
 
 
 

IMG_0020 (2).JPG

ぜひ、唯一無二の個性を持った希少なロードスターをご覧に、イベント会場にお越しください。


話はイベントの紹介に戻りまして・・・


一宮輸入フェア2018秋.jpg


138タワーパークには、展望タワーや花畑等もございます。

(今年はハロウィンフォトスポットもあるようです)


お楽しみ大抽選会や、ちびっこ限定ビンゴ大会、ミニほうき作りなどのイベントも開催されますので、ご家族の皆様もお楽しみいただけると思います。



44370434_2033749916687989_1215578153968205824_n (2).jpg

お買い得な中古車・未使用車も多数展示いたします。

ぜひ秋空の下の特別なイベントにお越しください。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



cq5dam.resized.img.1680.large.time1539170659676 (2).jpg

BMWはX1からX6まで、多彩なXモデルのラインナップを揃えています。

その多彩なバリエーションを比較して見られるスペシャルサイトが公開されています。



Cap20181013_18-3.jpg



ラインナップを一覧で見られたり、2台を並べて比較したりと、実際の車種選定に役立ちそうです。

(気ままに操作して眺めているだけでも楽しいサイトです。)



個人的には、側面図を重ね合わせて表示できると、

シルエットの違いがより分かりやすいのでは、と思いました。

そこで、4年半ぶりに・・・




Cap20181013_25.jpeg

コンフィギュレーターで作成したX1~X4の画像を、相互に重ねてみました。

(大きさがイメージしやすいように、家族のシルエットも中央に重ねてみました。父親の身長は約172cm相当です。)


BMWが誇るXモデルラインナップは、入念に造り分けられています。

ホイールベースの違いに加え、ルーフのシルエットやリアオーバーハングの形状等でそれぞれの特性が与えられえています。


パッケージングの基本となる前輪の位置を合わせると、

車両前半のシルエットやAピラーの位置や角度は4車ともそれほど違いが無いように見えますが・・・。

側面図を重ねると、各車の成り立ちの違いがさらに明確になります。



Cap20181013_26 (2).jpeg


X1・X2と、X3・X4では、運転席やドアの位置が大きく異なることが分かります。

高さも違いますが、前後位置も大きく異なっています。



X1andX3-150.jpg


エンジン横置き・前輪駆動ベースのX1・X2がスペース効率に優れていること、

エンジン縦置き・後輪駆動ベースのX3・X4が走行性能を重視していること

(重量配分の適正化と、6気筒エンジンへの対応)が表れていると思います。


前後席の座面から天井までの距離は、意外にもX1がX3をわずかに上回ります。


運転席の位置の違いは、運転フィーリングや、狭い場所での取り回しの感覚の違い等にもつながります。

ぜひ実車でも、その個性の違いをお確かめください。


より詳細な表示や、家族のシルエットを移動してご覧いただくこともできるように、MS-WORDのファイルも掲載いたします。

X1~X4の側面画像の比較 ⇒ X1-X4-3.docx 

X1~X4の側面図の比較  ⇒ X1-X4-4.docx

宜しければご活用ください。





VENQUE ×BMW オリジナルバッグ.png

特設サイトでは、「VENQUE / ヴェンク×BMW オリジナルバッグ」や「BMW シティ スクーター」など、秋のレジャーシーズンに嬉しいBMWグッズが総計500名様にプレゼントされるキャンペーンも開催されています。




main-q4gift.jpg

ぜひ、多彩なXモデルのラインナップから、お客様のライフスタイルにぴったりな1台を見つけてください!  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



img_6519ed522f7358161c43917fc854c827341627.jpg

ついに新型3シリーズ セダンが、現在開催中のパリモーターショー2018にて発表になりました!

1975年の初代から数えて7代目の登場であり、7年ぶりの「スポーツセダンのベンチマーク」の刷新でもあります。


ボディーサイズは全長×全幅×全高=4709×1827×1442mmで、従来モデルと比べると76mm長く16mm幅広く1mm高くなりました。
 
ホイールベースは41mm長い2851mmに延長され、トレッド幅はフロントが43mm、リアが21mmそれぞれ拡大されています。

競合各車も次第に大きくなったことも考え合わせると、順当なサイズアップと言えそうです。

(個人的には、E39型5シリーズ並に立派になったことに感慨を覚えます)


そのサイズを活かし、スタイリングは更に伸びやかになり抑揚に富んでいます。




071_o.jpg

サイズは大きくなっても、車重は最大55kg軽量化され、もちろん前後重量配分は50:50を維持しています。

Cd値(空気抵抗係数)は最小で0.23ととても低く、優れた燃費や走行性能に寄与します。




154_o.jpg

ヘッドライト下側のノッチ(くぼみ)は、最新BMWラインナップの中でも唯一の個性です。

ポジションランプは代を経るごとにリング型・U字型と変化し、今度はL字型になりました。


M Sport(最初の画像のブルーの車)に遜色ないと感じるほど、ノーマルグレード(白い車)のフェイスもシャープでスポーティーになりました。

グリルは内部が塞がっているようにも見えますが、恐らく5シリーズや7シリーズと同様に自動開閉式になっていると思われます。




068_o.jpg

大きめで角ばったグリルは左右が連結されていること、その中央下部に目立たないようにフロントカメラを配することは、最新BMWに徐々に取り入れられているデザインです。

最速グレードであるM340iだと、グリルの周囲等はブロンズ色になり、内側はメッシュ状(新型Z4と同様)になるようです。




009_o3er (2).jpg

ボディ側面にまで広がったL字型のリアコンビネーションランプと、左右2本出しのエキゾースト・テールパイプがワイド感を強調しているのも、最新BMWに共通のデザインです。

ドア下部には後ろ上がりのキャラクターラインを刻み、前進感を創出しています。

他にもボディ各部に繊細なラインや面が刻まれ、ホフマイスターキンクをドアからボディ側に移す等の新しい要素ももたせるなど、デザインは入念で緻密です。

それでいて細部が過度に主張したり煩雑になることがなく、全体として流麗で躍動感のあるスタイリングにまとめ上げてあるのは素晴らしいと思います。

新しさがありながら、3シリーズらしさにも溢れている、入魂のデザインだと感じます。




026_ointerior.jpg

内装もデザイン・機能共に大きく進化しています。

横方向の広がりと質感の高さは画像からも感じられ、クラスをリードすると予感させます。

太く短いシフトノブとその脇に配されたSTART-STOPボタンは、新型Z4にも見られる最新世代BMWに共通のディテールです。

アンビエントライト(トリム各部に内蔵されたライン状のLED照明)は色調を変更することもできます。(ウインカーの点滅と連動させる?こともできるようです)

メーターはフルデジタル表示になり、センターのコントロールディスプレイやヘッドアップディスプレイの面積も拡大され、より多彩な情報を表示します。




080_o.jpg

メーター画面は、左が速度計・右が回転計(反時計回り!)とし、それらを外縁に沿った帯状とすることで、中央部分にナビゲーションや楽曲情報などを広く表示できるようになりました。

この画像の場合(SPORTモード)だと、トルクと出力や、道路の制限速度も表示されています。



さらに・・・



072_o.jpg


デジタル・キー(スマートフォンを使った開錠・施錠・始動)や、

インテリジェント・パーソナル・アシスタント(人工知能を用いた音声操作)、

リバーシング・アシスタント(一定時間のハンドル操作を記憶していて、それを逆戻りさせて後退する機能)などのBMW初の新機能も搭載されています!



他にも新しい機能やデザインはありますが、これくらいにして・・・



159_o (3).jpg

車種が増えSUVの比率が高まっても、やはり3シリーズはBMWの屋台骨であり、基本です。

それに対する意気込みが、入念で素晴らしいデザインと多彩な新機能に表れていると思います。

この先もコンパクト・スポーツ・セダンのベンチマークとしてあり続けてくれると思います!  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



 | Blog Top | 
   October 2018   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ




"