こんにちは! 半年ぶりに登場のT.Sekidoです。

このところは他の業務に専任しておりましたが、また月に1回程度Blogを担当することになりました。

改めて宜しくお願いします。


さて・・・

mifallout (3).jpeg


皆様、現在公開中の映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」はご覧になられましたでしょうか?

私はまだ見に行けておりませんが、何とか公開終了までには見たいと思っております。


ミッション・インポッシブルシリーズの第4作 ゴースト・プロトコル第5作 ローグ・ネイションではBMWが大活躍しており、今作でも初代M5や現行M5が登場しています。



Cap20180824.jpeg

そして、特別仕様車 BMW 5シリーズ EDITION MISSION:IMPOSSIBLE が発売になりました!

(この特別仕様車のキャッチコピー「不可能に挑む興奮」がかっこいいので、ブログタイトルにしてみました。)


弊社ではこの特別仕様車を、なんとショールームに2台展示しております!


IMG_3279 (2).JPG

1台目がこちら、530iセダンの特別仕様車です。

ブラックキドニーグリルに19インチのブラック・アロイ・ホイールを装備。

通常の5シリーズに比べてグッと迫力が増しています。



IMG_9271-2.jpg

更に、ナイト・ブルーのダコタ・レザー・シートを装備しています。

外装は黒で統一し、内装は黒色+紺色という渋い組み合わせです。



editionmi.jpg

グローブボックス上部のMISSION: IMPOSSIBLEのロゴが入った専用インテリア・バッジは、特別仕様車の希少な個性を物語ります。

harman/kardon サラウンド・サウンド・システム(600W、16スピーカー、9チャンネル)はリアルな低音と臨場感あふれる上質なサラウンド・サウンドをもたらします。



IMG_3260 (2).JPG 

2台目は523dツーリングの特別仕様車です。

1台目とは異なり、こちらはM Sportに標準装備されるファブリックシート仕様です。




IMG_3283.JPG

セダン or ツーリング、ガソリン or ディーゼル、レザー or ファブリックと、悩ましい選択肢がございます。

ぜひ2台を見比べて、お好みの仕様を吟味してください。



話題は映画に戻りまして・・・

Cap20180823.jpeg

ちなみにこの作品では、初代M5を含む車やバイクやヘリコプターがド派手なアクションを繰り広げます。

極力CGは使わず実写で撮影しているようで、そのメイキング映像も公開されています。

56歳のトム・クルーズはなんと2000時間にも及ぶヘリコプターの操縦訓練も経て、そのほとんどを自分で運転して撮影しているようですが、それこそが真のMISSION IMPOSSIBLEだと思います!

シリーズを通してミッション・インポッシブルは大好きなので是非見に行きたいです。 T.Sekidoでした。




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



9755_photo-085.jpg

今シーズンのSUPER GTの第5戦が、8月4日(土)・5日(日)に富士スピードウェイで行われました。

昨年まで開催されていた「鈴鹿1000km」が今年からは「鈴鹿10時間耐久レース」となってSUPER GTシリーズから外れることもあり、本戦は26年ぶりに復活する「富士500マイル」としてシリーズ最長距離を走る耐久戦となりました。

他のレースよりポイントも多く付与されるため、ぜひ勝ちたい1戦です。



1833FL2.jpg  1834FL2.jpg

M6 GT3で戦うARTAは、第2戦富士では優勝を果たすものの、第3戦鈴鹿はマシンのコースとの相性の悪さから20位、第4戦タイはレース終盤のパンクにより惜しくも入賞を逃す11位と苦しいレースが続いていました。

しかし、その分ウエイトハンデを抑えた状態でM6が得意な富士に臨めます。




1835QF.jpg

予選ではQ1を担当したショーン選手は4番手、Q2を担当した高木選手はわずか0.014秒差でポールを逃す2番手タイムを刻みます。

長丁場の決勝はフロントローからのスタートとなりました。




Cap20180817_2.jpeg

決勝は、高木選手がスタート直後からトップを狙う展開となり、7周目の1コーナーでインに飛び込みオーバーテイクを果たします!

その後はどんどん後続と差を広げる展開になり、第2と第4スティントをショーン選手が、経験豊富な高木選手が第3、第5スティントを担当し、ペースを調整しながらレースを支配します。




1835FL2-2.jpg

そして、ぶっちぎりの優勝を果たしました!

2位以下の全車を周回遅れにする圧勝です!




img_5supergt2018_5.jpg

高木選手にとっては第2戦富士で更新した自身の持つSUPER GT最多勝記録をさらに更新する通算20勝目です!

そしてSUPER GT史上初となる、同じ車両、同じドライバーによる同一サーキット3連勝でもあります!



Cap20180817_4.jpeg

高木選手は、実はこの富士500マイルでは「レースでは初の試み」という左足ブレーキを駆使していました。

大きなブレーキ踏力が必要なM6GT3で真夏の長丁場を走ることを考慮し、脱水症状による足の痙攣に備え、負担軽減のためにシチュエーションによってブレーキを踏む足を替えていたとのことです。

オンボード映像からもそれが伺えます)

48歳の大ベテランながら進化を続けるその姿は、真にアラフィフの星だと思います!




1DX23978-764x510.jpg

この勝利により、ARTAは今シーズンのドライバーランキングチームランキング共に再びトップに立ちました

残す3戦のうちSUGOはM6と相性が良くありませんが、オートポリスともてぎは比較的得意なサーキットなので、シリーズチャンピオンも狙えそうです。

進化を続けるドライバーとチームの戴冠を期待します!  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



M5FAMILY-3.jpg

(画像は初代~6代目の歴代M5です)

誠に勝手ながら、新車ショールーム・サービス工場・認定中古車センター共に
8月9日(木)から16日(木)を夏季休業日とさせて頂きます。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。


なお、お車の不具合など緊急の場合は
BMWカスタマー・サポート [ フリーダイヤル:0120-55-3578 ]
をご利用いただきますようお願い申し上げます。

何卒宜しくお願いいたします。

WT2_0010.jpg

BMW Team Studieが今シーズンから参戦するブランパンGTシリーズ・アジア のRound 7 & 8が、7/21(土)・22(日)に富士スピードウェイで開催されました。

Round 5で初優勝を果たした勢いのまま、日本のもう一つの舞台での勝利も期して戦いに臨みます。


昨年までチームのドライバーを務めたヨルグ・ミューラー選手も応援に駆けつけ、サポーターと共に旗を振り(上の写真) 、翌朝には昨年のマシンM6 GT3のデモ走行を披露してくれました。




img_4round7.jpg


【 予選 】

ブランパンGTシリーズ・アジアでは、土曜日に予選(Q1 / Q2)と決勝(レース1)、日曜日に決勝(レース2)が行われます。

Q1は81号車の砂子選手がぶっちぎりのポールポジション!82号車の浦田選手は2番手タイムを出します。

Q2も81号車の木下選手がぶっちぎりのポールポジション!82号車のマックス選手は3番手タイムを出し、さらに2番手マシンが車検で失格になったことにより2位に繰り上がります。

なんとQ1、Q2ともに1&2ポジションを占めるという快挙です!




WT1_5757-2.jpg

【 レース1 】 (Round 7)

81号車の砂子選手は、ポールポジションからの好スタートを決め、GT4クラストップを快走します。

2番手スタートの82号車の浦田選手はスタート直後の混乱で4番手まで下がるもの、早くも5週目には2位まで挽回します。

1-2体制は磐石かと思われましたが、82号車を含む数台にスタート違反の裁定が下されてしまいます。

ドライブスルー・ペナルティを課された82号車は、5番手までポジションを下げました。


2台は1番手と5番手でそれぞれピットインし、ドライバー交代を果たします。



WT1_6261.jpg

81号車は、木下選手が更に後続との差を広げ、独走でぶっちぎりの優勝を掴み取りました!

82号車は、Max選手が一貫した走りでポジションをキープし、5位完走を果たしました。




Cap20180804-2.jpeg

練習走行・予選・本戦の全てを制す完璧な勝利で、今期2勝目を挙げました!

おなじみの表彰台での賞金目録をぶんどるパフォーマンスも、さらに熟成されてきました♪





WT2_1153.jpg

【 レース2 】 (Round 8)

ポールポジションの81号車の木下選手、2番手の82号車Max選共に順調なスタートを決め、1-2体制をキープします。





Cap20180804_1.jpeg

しかし82号車は、他車(AMG72号車)の強引なアタックにより接触・スピンアウトして、最後尾の7番手まで順位を下げてしまいます。

しかし82号車はそこから素晴らしい走りを重ね、次第に順位を上げます!




WT2_1322.jpg

交代した81号車の砂子選手は、前戦の優勝によるサクセスハンディキャップ15秒をものともせず、ぶっちぎりでの2戦連続ポール トゥ ウィンを果たします!

82号車の浦田選手は、接触により生じたバイブレーションに悩まされながらも順位を上げ、3位でチェッカーを受けました!




Cap20180804_2.jpeg

鈴鹿でのRound 5に続く、ダブル表彰台です!

サクセスハンディキャップを負いながらの真価が問われる戦いも制しました。


チームランキング首位を磐石なものとし、ドライバーランキングもトップが狙える位置まで来ました..!




WT1_7817.jpg

実は81号車はレース2直前に深刻な故障に見舞われていて、そのトラブルを克服したチーム力の勝利でもあります。


待ち構える中国での戦い(2都市・4ラウンド)も制し、ブランパンGTアジア初年度のタイトルを掴んで欲しいと思います!
  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



 | Blog Top | 
   August 2018   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ




"