gta-r3-photo-033.jpg

SUPER GTの今シーズンの第3戦が、5月20日(土)・21日(日)に大分県のオートポリスで行われました。

昨年は熊本地震の影響で開催できなかったので、SUPER GTにとって2年ぶりの舞台です。

M6 GT3のBoP(性能調整)は第2戦から第3戦にかけて少し厳しくされたこと、さら大柄な車体にとってオートポリスのコースがタイトなことは、BMW勢には不利かと思われましたが・・・。




WT2_0243.jpg

BMW Team Studieは、予選Q1を担当した荒選手がなんと3番手タイムを出し、Q2進出を決めます。

Q2を担当したヨルグ選手は、予選で始めて装着したNEWタイヤと、上がった路面温度に苦しみながらも9番手になります。

サーキットサファリ中にコースオフしダメージを負ったM6を、予選に間に合うように修理したメカニックを含む、チームで掴みとった順位です。




1733QF2-2.jpg

ARTAは、このコースで戦った経験のないショーン選手にQ1を託し、ギリギリの14番手でQ2進出を決めます。

Q2はベテランの高木選手がFIA-GT3勢ではトップの4番手のタイムを記録します。


両車の決勝での好成績も期待されます!




WT1_8235.jpg

Studie M6は、荒選手が序盤に2台を抜き7番手になり、他車のピットインでさらに順位を上げます。

ピットイン&タイヤを4本交換後、交替したヨルグ選手は実質5番手でコースに復帰し、前を行く11号車と後ろから迫る4号車の2台のAMG GT3と一進一退のバトルを繰り広げます。

終盤になり、トラブルを抱えた11号車を抜き、4位でフィニッシュしました!

(実は決勝スタート前に原因不明のエンストに見舞われていて、薄氷の入賞でした)




1733FL.jpg

ARTA M6は高木選手がスタートを担当し、直後に1台を抜き3位、中盤には2位にまでポジションをあげ、ピットインします。

そしてタイヤ交換を片側2本に抑えることでピットタイムを削り、ショーン選手は実質1番手でコースに復帰します!

このコースでランク違いの速さを見せるJAF-GT勢の2台を押え続ける事はできませんでしたが、3位でゴールし、BMW勢にとって今季初の表彰台をゲットしました!




1733FL2.jpg

M6 GT3は3位&4位と、FIA-GT3車両の最高位を占めました。

他車と比べ大柄でホイールベースも長いですが、タイトなコースでも輝く速さがあることが証明されました。

シーズンのドライバーランキングチームランキング共に、更なる上昇を期待できそうです!


そして、海外では・・・

0h16AKxtg3bhl8MkFWcQQRTjJvaHYFUXQRFkp5IwlkZDcJXnkZFEhjOh1naH0CXHpTHS1WPBJEZ2krAXUXMBJ8GVh6Z3oTUXM7RRdjNy5KN2pNAixHRFIpfV81MClZUH5IR1Jkfl41NSpXBik.jpg

現在ドイツでは、一大イベントである「ニュルブルクリンク24時間レース」が開催され、M6 GT3が複数台投入されています。

Studie M6のドライバーであるヨルグ選手は、BMWワークスドライバー歴が過去最長記録更新中かつ最年長者でありながら、なんと2台に同時エントリーして参戦します!

M6は予選1回目ではシュニッツァー・モータースポーツから参戦するアウグスト・ファルフス選手がトップタイムを記録するなど、BoP(性能調整)に苦しめられながらも健闘しているようです。

BMW勢の活躍を期待します!  G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



こんにちは。T.Sekidoです。

だんだん暑くなってきて、ゴルフには非常にいい気候になってきましたね。

今年はなるべく多くラウンドをしたいと思っています。(下手の横好きの部類ですが・・・)


さて今月のスタッフ紹介は、M.Yoshidaです!



IMG_7402-y3.jpg

Q1. 簡単に自己紹介をお願いします。

BMW Premium Selection一宮マネージャーM.Yoshidaです。

BMWに携わるようになってからは計27年、サン・モトーレンに入社してから18年になります。

お客様にぴったりの1台をご紹介できるよう、日々多くの中古車を揃えることが主な仕事です。

趣味はゴルフです。まだ下手なのでお客様とご一緒することはできませんが、健康のために多くプレイするようにしています。

(よく私とも一緒にラウンドして遊んでもらっています。)



Q2. 休日は何をして過ごしていますか?

IMG_7364-2.jpg

休日は、7歳の息子と遊んでいることが多いです。

最近の休みには、レゴランドに行ってきました。

家の近くで、年間パスポートを購入した為、いつでも気軽に行ける遊び場所として重宝しています。

(レゴランド、先日のブログでも紹介しましたが、じわじわと回りに行った人が増えつつあります。機会があれば行ってみたいですね。)



Q3. BMWに携わって長いYoshidaさんですが、今までのBMWの中で好きな車は何ですか?

Side2E39-3.jpg

E39(4代目)の5シリーズがお気に入りで、合計で4台乗りました。

あの重厚感あふれる走りが大好きだったのを覚えています。

(特にアルピナ仕様のツーリングは印象が強かったそうですね!)




Q4. 次に乗ってみたい車は何ですか?

2015-BMW-X6-xDrive50i-rear-three-quarter-view-4.jpg

X6に乗りたいですね。

非常に格好いいのと、走っている台数が少ないところが魅力です。SUVとクーペがうまく融合している車だと思います。

(確かに、X6は他と一線を画したカッコよさがありますね。私も、人間的に乗りこなせるようになりたいです。)



Q5. BMWが優れている点はどこだと思いますか?

Cap20170519_2.jpeg

自動車の基本でもある「走る・曲がる・止まる」がドライバーの操作に違和感なく素直に車が反応する所だと思います。

あとやはり何といっても、カッコイイところですね(笑)

(BMWオーナーの皆さんの多くも、同様にお感じではないでしょうか?)



Q6. Yoshidaさんを一言で表すと何ですか?(座右の銘は?)

IMG_7399-y3.jpg

良い意味で、「ON-OFFのない人」であろうと努力しています。

常にいろいろなことにアンテナを立てて、流行に敏感であり、「話上手よりも聞き上手」を目指しています。

(まさにその通りの人柄だと思います!)



Q7. 何かPRをお願いします。

138TOWER-2.jpg

今週末の5月20日(土)・21日(日)の2日間、138タワーパークにて開催される 中日輸入車フェアに、弊社も参加致します。

昨年秋に同会場で催したイベントを、今年も開催いたします。)

i3 及び 218 Active Tourerを、ご来場されたお客様限定の特別価格にてご用意致します。


IMG_1514-4.jpg

ご家族でお楽しみ頂ける各種イベントも催しますので、ご来場いただけましたら幸いです。


といったところで今月のインタビューは終了です。

私もこのイベント会場にいますので、ぜひご来場ください。T.Sekidoでした!




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



rd2fuji-4376-2.jpg

SUPER GTの今シーズンの第2戦が、5月3日(土)・4日(日)に富士スピードウェイで行われました。

M6 GT3のBoP(性能調整)は第1戦から第2戦にかけて緩和され、BMW勢にとって追い風となっています。

土曜午前中の練習走行は、0.3秒の中にM6を含む11台が並ぶ僅差のリザルトで、混戦が予想されます。



rd2fuji-6361.jpg

BMW Team Studieは、予選Q1を担当した荒選手がタイミングを見極めて10番手タイムを出し、Q2進出を決めます。

Q2でヨルグ選手が刻んだタイムは、他車のタイム抹消もあり、7番手となります。

電気系トラブルで最後尾29番手スタートとなった開幕戦からジャンプアップし、上位入賞も狙える位置を得ました!



1732QF.jpg

ARTAは、Q1をベテランの高木選手が担当し、手堅くQ2進出を決めます。

Q2は今期にチームに加入したウォーキンショー選手が担い、9番手となりました。

こちらも開幕戦の予選18番手から、大きくポジションを上げました!



rd2fuji-4701.jpg

第2戦の決勝は通常よりも200km長い、500kmの長丁場です。

Studie M6は、荒選手が6番手に上げ、交代したヨルグ選手が一時4番手まで上げるものの、タイヤにバイブレーションが発生し予定より早めのピットインを強いられます。

最終スティントを担当した荒選手はタイヤをマネージメントしながら走り、7位入賞でフィニッシュしました!

(Studie M6のカーナンバーは7で、予選7位、決勝7位と、7が並びました)



1732FL2.jpg

ARTA M6は高木選手がスタートを担当し、後続車に軽く追突されバランスを崩しながらも、4番手までポジションを上げピットインします。

このピット作業中に燃料補給装置にトラブルが発生し、満足な給油ができないという不運に見舞われます。

更にそれが原因で作業ミスがあり、交代したウォーキンショー選手はドライブスルーペナルティを受けた上に、給油不足による余分なピットインも強いられ、22位まで順位を落とします。

最終スティントを担当した高木選手は順位を上げたものの、ポイント圏内には届かない17番手でレースを終えました。

上位に遜色ないラップタイムを刻んでいただけに、給油時のトラブルが悔やまれます..。



rd2fuji-5649.jpg

昨年がデビューシーズンだったM6は、海外レースの成績(スパ24時間で優勝IWSCの第4戦で2位&3位等)からも、進化・熟成が伺えます。

BoPも見直され、いよいよ戦う姿勢も整ってきました!

BMW勢の今後の好成績を期待します!  G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



 | Blog Top | 
   May 2017   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ




"