carbrands_world.png




「2016年にGoogleにて最も検索された自動車ブランド」を国別に示した世界地図が発表されました。

(地図をクリックすると拡大されます。 米国の自動車部品メーカーQuickco社による発表です。)


ブランド毎に、1位になった国の数を集計すると、第1位はトヨタ(74カ国)で、

第2位はBMW(51カ国)だったとのことです!

(あくまでも1位になった国の数の合計であり、人口や検索数の合計を表しているわけではありませんが、興味深い資料だと思います)





Google most searched car brands - Europe.jpg

欧州の拡大図です。

お膝元のドイツを始め、数多くの国でBMWが1位になっています!

その一方で、ルノーはフランス、FIATはイタリア、VOLVOはスウェーデンと、それぞれの地元で1位を得ています。

BENZは2カ国しかないことや、トヨタよりもヒュンダイの方が検索されている、というのは意外でした。




carbrands_world-asia2.png

アジアを拡大すると、欧州とはガラッと雰囲気が異なります。

BMWは、自動車先進国であるここ日本でも「最も検索された自動車ブランド」です!!

ヒュンダイのお膝元の韓国や、中央アジアでも1位になっています。


ホンダが東南アジアで強いのは、4輪車に加え2輪車や汎用製品も一助になっているような気がします。


MINIはイエメンネパールラオスで1位になっています。

気候や道路環境が、MINIのイメージと合わないようにも思え、意外です。

SUV(MINI CROSSOVER)の追加が、MINIブランドの成長につながったことが表れているのかも知れません。




carbrands_world-7.png


記事や地図を元に、メーカー別の国の数を数えてみました。

(合計で約193カ国と、国連加盟国と同数になりました)


さらに、強さを発揮している地域を加えてみました。

(赤文字は地元のメーカーが1位になった国です。)


BENZ(7カ国)、AUDI(1地域・フランス領ギアナ)と比較しても、BMW(51カ国)は突出しています。



自動車メーカー世界ランキング2015年新車販売台数-3.jpg


ちなみに、世界での新車販売台数ランキング(2015年)はこんな感じです。

2015年はBMWグループの販売台数は225万台で、スズキに次ぐ12位でした。

これらの販売台数も考慮すると、Google検索においてBMWが「憧れや興味の対象」として突出していることが分かります。




pMhDw8a-2017.png


ちなみに、一昨年の当ブログ記事【人に見せたくなる車】では

「2011年〜2015年の間に米国内でinstagramに掲載された460万枚の写真を分析したところ、車の1位はダントツでBMWだった」というニュースをご紹介しました。



BMWは世界中で、

憧れや興味の対象として検索したくなり

手に入れてからは見せたくなる・自慢したくなる 自動車ブランドの筆頭のようです!




Cap20170225-2.jpeg

BMWについてお知りになりたい事柄がございましたら、

(google検索に加えて?) ぜひ弊社スタッフにお気軽にお尋ね下さい。

ご来店・ご連絡をお待ちしております!  G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



ニュースでは沖縄は桜が咲いた、とのことですが、まだまだ当地方は寒いですね。
T.Sekidoです。

今月のスタッフ紹介は、先月に引き続きBPS(BMW Premium Selection)一宮の、入社12年目のT.Minouraです!


IMG_7372.JPG

Q1. 簡単に自己紹介をお願いします。

愛知県津島市生まれのT.Minouraです。
小さいころからスポーツが好きで、スポーツばかりやっていた少年時代だったと思います。
その中でも特にサッカーとバレーボールが好きで、バレーボールは高校時代はキャプテンをやっていました。
(184cm!の高身長を生かして大活躍されたんでしょうね!)

今はゴルフと草野球をやっています。
(実はサン・オート グループにも草野球チームがあるんですよ!)

家族は、妻と3才の子供が一人います。来年から幼稚園なので、今は準備することが多くて大変です!
(お子さんが3歳ぐらいの時は、動く範囲が急激に広がる時期だと思うので、奥様も大変かな、と思います・・・!)



Q2. 休日は何をして過ごしていますか?

138tower4.jpg  im-kodomo-05-2.jpg

やはり家族で出かけることが多いです。
イオンなどに買い物に行ったり、138タワー、養老公園などで一緒にアスレチックをやっていることが多いですね。

(138タワーや養老公園にもアスレチックがあるんですね!初めて知りました)



Q3. BMWの中で好きな車は何ですか?

P90142847-the-new-bmw-x3-with-xline-package-02-2014-2254px.jpg  bmw-750-04.jpg

X3が好きで、現在もX3に乗っています。
今年から来年にかけてフルモデルチェンジしそうな雰囲気なので、買い替えも検討しています。
好きな理由としては、使い勝手の良さがあげられますね。
自分自身も大きいので、少し余裕のあるサイズが必要ということもあり、X3は重宝しています。

(ちなみにMinouraさんは入社当時は12気筒ロングボディ!のE38型750iLに乗っていたそうです。さすがスケールが大きいですね!

私T.Sekidoも体がかなり大きいほうなので、次は大きな車が欲しい思っています・・・。ちなみに現在はMINIのコンバーチブルに乗っています!この話はいずれまた...。)



Q4. 旅行してみたいところはありますか?

IMG_6422.jpg

一生に一度でいいので、ラスベガスで豪遊したいですね・・・!
もし行くなら、頑張って100万円ぐらい貯めて一気に使いたいです!
カジノだと、ルーレットやスロットマシンを遊んでみたいです。

(ラスベガス、私も行ってみたいです。ついでにグランドキャニオンも見に行きたいです。)



Q5. Minouraさんを一言で表すと何ですか?(座右の銘は?)

「誠実」という言葉をモットーに日々活動しています。
お客様の味方になって動く、ということを頭の片隅に常に置くことを課題にしています。

(背の高いMinouraさんですが、とても腰が低く、お客様にも社員にも接し方はとても丁寧です。)



Q6.新型5シリーズの感想を一言いただけますか!?

IMG_0643-2.jpg  IMG_0650-2.jpg

色々と新しい機能がありますが、最大の特徴は「トータルバランスに優れた車」、という印象を受けています。
私のお客様でも、ご試乗の依頼をたくさんいただいているので、関心の高さが伺えます。

(私も乗りましたが、安定性や静粛性が素晴らしいという印象を持ちました。先進装備も充実していて、同価格帯の車であれば絶対に負けないと思います。)



Q7.今年の抱負を教えてください!

入社12年目なので、最初のころはなかなか持つことができなかった、広い視野を維持しながら業務に取り組みたいと思います!

IMG_0664-L2.jpg

Minouraさんは背が高いので、実際の視野も広そうですね!

きっと、豊富な認定中古車ラインナップからベストな提案をしてくれると思います!


・・・といったところで今回のスタッフ紹介ブログは終了です。

次回をお楽しみにお待ち下さい!




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



IMG_0643-2.jpg

ついに、新型5シリーズの試乗車が登場しました!

イメージカラーのブルーストーン・メタリック(新色)の530i M Sportです。



IMG_0655-2.jpg

スタイリングは伸びやかかつ精悍です。

リアガラスは緩やかに傾斜し、流麗さも感じさせます。



5er-5-2.jpg

基本的には先代5シリーズ(画像上)からの正常進化ながら、サイドのキャラクターラインが上下に2重になるなど新しい試みも盛り込みつつ、よりスポーティーになりました。

7シリーズ同様の開閉式のキドニー・グリルの採用などで空力性能はさらに向上し、Cd値(空気抵抗係数)はライバル車より優れる脅威の0.22を示します。

まさにビジネス・アスリートを体現しています。



Cap20170210.jpeg

それでいて、7シリーズ(画像上)にも通じる風格も兼ね備えたスタイリングです。

(左右のキドニー・グリルの間をブラック・アウト処理し、フロントカメラを目立たなくしているのも7シリーズ譲りです。)




IMG_0650-2.jpg

インテリアも、デザイン的・機能的・品質的にも7シリーズとの近似性を感じます。

iDriveコントローラー付近のセンター・コンソール面は手前方向に傾斜が付けられ、操作性が向上しました。

アクセル&ブレーキペダルは加飾が施されるなど、よりスポーティーに振った演出も見られます。




IMG_0649-2.jpg

画期的なモジュラー設計による名機Bシリーズエンジンは、思いのままの加速をもたらします。

先代から最大80kgにも及ぶ軽量化を施された効果もあり、ハンドリングには3シリーズを髣髴とさせるほどの軽快感もあります。

それでいてロードノイズは極少で外部の遮音性にも優れ、7シリーズ譲りの滑らかさや品質感も備えています。

つまり、3シリーズの良さと7シリーズの良さを併せ持っています!


各種の運転支援システムや安全装備・利便装備は、ここに書ききれないほど多彩です。

ぜひ実車にてご確認・ご体験下さい。




IMG_0657-2.jpg

ショールームには、523d M Sport の展示車をご用意いたしました!

人気色アルピン・ホワイト3は、新型5シリーズにも良く似合います。




IMG_0660-2.jpg

今週末は、New BMW 5 Series Debut Fair を開催いたします。

ぜひ、5シリーズ史上最高のテクノロジーをお確かめ下さい!

ご来店をお待ちしております。   G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 




先日、BMW Japanから、このような輝かしい発表がありました。


Cap20170203-3.jpg


■ 2016 年の BMW グループの販売台数は対昨年比で約 11.6%の伸びを示し、75,119 台に。

■ BMW ブランドは 2 年連続で伸長し、過去最高となる 50,571 台に。

■ MINI ブランドは 8 年連続で伸長し、2015 年の過去最高に引き続き、2016 年も過去最高を更新し 24,548 台に。

■ MINI は車名別販売台数でトップに。



昨年はBMW、MINIともに販売台数が著しく増加し、過去最高を更新すると共に日本のインポーターでトップだった、という概要です。

先日の当ブログ記事でもお伝えした「MINIが(VW GOLFを抜き)車名別で1位になった」ことも報じています。



ですが、個人的に少々気になる点があったので、2013年の当ブログ記事以来、4年ぶりにグラフで分析してみました。



Cap20170203_10.jpeg


日本におけるメジャーな輸入車ブランドの2000年以降の年間登録台数のグラフです。


「BMW+MINI」は、2015年・2016年と著しく増加し、最高記録を更新しています。

BMWは、リーマンショック(2008年)が収まってからはほぼ毎年増え続け、2016年はついに過去最高だった2006年を越えました

MINIも2010年以降は順調に増え、かつてのライバルだったプジョーをトリプルスコアで突き放し、再びAudiの背中が見えるようになりました。


競合他社の動向としては、Benzは2008年以降は順調に伸びています。

VWとAudiは2年連続で減少しました特にVWは2年で3割も減らしています。
(2015年のディーゼル不正問題によるイメージダウンと、それによってディーゼルの日本導入計画が遅れ、未だに実現できていないことも原因だと思われます。)



ちなみにVWとAudiは本国メーカーは同じグループですが、インポーターは別会社です。また、日本でのディーラーネットワーク(運営会社や店舗)も完全に分離しています。

それに対して「BMWとMINI」はインポーターが同一(BMW Japan)で、ディーラーネットワークの共有も多く、より密接に結びついています。

なので、この「インポーター毎の集計」には意義があると思います。


同様に、「Benz と smart」も、インポーターが同じ(メルセデス・ベンツ日本)で、同じディーラーネットワークで売られています。

smartは価格(201万円~)も排気量(900cc)もMINIとはバッティングしませんが、「Benz + smart」も一応グラフに加えてみました。

日本自動車輸入組合:JAIAのHPには2005年以降のデータしか載っていなかったので、smartのグラフはそれ以前はありません)


それによると(僅差ではあるものの)、「Benz + smart」を押えた「BMW + MINI」が、NO.1インポーターであることが分りました。

※ 尚、BMW Japanの発表では「BMW グループの乗用車販売台数が外国メーカー輸入車において 8 年連続でトップとなる 75,119 台となったことを発表した。」とありますが、JAIAのデータを見る限り、この文章は正しくないと思われます。

(2016年のBMWとMINIの合計が75,119台というのはデータ通りですが、グラフにも表れているように8年連続でトップということはなく、VWに対して過去15年で8勝7敗と拮抗しています)

恐らく、「(2年)連続で、8回目のトップとなった」という内容が(先に英文で作成され、それを和訳する際に?)誤った記述になったのではないでしょうか...?




さらに、別のグラフも作成してみました。

Cap20170203_11.jpeg

日本における輸入車全体の台数を100%とした場合の割合です。
(ただし、日本メーカーの「逆輸入車」は除きます)

すなわち「輸入車販売のマーケットシェア」です。

リーマンショック等の景気動向を除外した、「輸入車の中での人気度」が表れています。

「BMW+MINI」とBMWは、2015年・16年とシェアを増加させました。
(それでも過去最高だった2007年にはまだ及ばないようです)

MINIは2002年のスタート以来、比較的順調にシェアを伸ばしています。

他社では、ここ2年のVWの大幅な下落と、ここ数年伸びたBenzの上げ止まりが分かります。



これらのグラフを見て思うことは・・・


BMWグループは近年、SUV・クロスオーバー・ファミリーカーなど、積極的に車種を増やしてきました


Cap20170203_7-2.jpg



Cap20170203-5.jpg

さらに、既存のガソリンエンジンに加え、ディーゼル・PHEV・EV・ダウンサイジングターボなど、動力源のラインナップも増やしました


その積極的な商品展開が、販売台数やシェアの増加に結びついていると思います。

一方、車種や動力源のラインナップ増加が見劣りしたブランドは、いずれもシェアを落としています。


自動車に限らず、「ベーシックな定番商品より、個性的で多様な商品が好まれる時代」だと言えるかもしれません。



302_Teaser_BMW_Group_100_VM_Premiummarken_desktop.jpg
Panoptikumsbild_Iconic_Impulses_LA_Markenvisionen_4VV_2col-2.jpg


益々多様化する価値観への適合が、これからの企業の成長には不可欠だと思われます。

BMWグループは、きっと今後も個性的で魅力的な商品を創り出してくれると思います!   G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



 | Blog Top | 
   February 2017   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ




"