3SERIES1234.jpg

1975年に誕生した初代から現行の6代目までの歴代3シリーズは、約41年にも及ぶ歴史があります。

そして日本に正規輸入された3シリーズのうち、初代から4代目までは「318i」が最小排気量モデルでした。

※4代目の3ドアハッチバックモデル(316ti)を除きます。


つまり318iは約4半世紀に渡って「日本における最もベーシックなBMW」であり、

かつ長年に渡り「日本におけるBMWの最量販モデル」でもありました。



その「318i」が、約11年ぶりに帰ってきました!


Cap20160930_1.jpeg

新たに 318iセダン318i ツーリング が発売になりました!

新世代の3気筒・1.5Lターボエンジンを搭載し、豊富な機能も備え、更に魅力的な価格を実現しました。

3シリーズの新たなエントリーモデルであり、最もベーシックなBMWのセダン/ステーションワゴンです!



IMG_0429-2.jpg

早くもショールームにも318iセダンが登場いたしました。

アルピンホワイト3のM Sportです。

既存のモデルと同様に精悍な外観は、輝きを放っています。



IMG_0432.JPG

内装も、質感・機能性共に既存モデルとほぼ変わりません。

ナビ等の利便装備や各種安全装備を豊富に備え、
最新鋭車種として「必要なものは全て」揃っています。



IMG_0444-2.jpg

さらに、試乗車もご用意いたしました!

展示車と同じくアルピンホワイト3の318i セダン M Sport (8AT)です。



IMG_0456.JPG

1.5リッター直列3気筒ターボエンジンは136ps/22.4kgmを発揮し、8ATの効果もあって十二分な加速性能を持っています。

BMWの流儀にならい極力後方に寄せて搭載されるエンジンは、1気筒分エンジン長が短いためハンドリングがさらに軽快になりました!



Cap20160930_2-2.jpeg

318iが搭載するB38エンジンは、先日のブログでもご紹介した基本設計に優れる最新Bシリーズエンジンです。

快音と共にスムーズに高回転まで吹け上がります!

アイドリングや始動時も含みどの状況においても、3気筒ゆえの粗さは全く感じられません!




IMG_6197-2.jpg

なお、このモデルのiDriveの操作画面は、新型7シリーズに準じた最新バージョンになりました。

各種操作音・警告音も高級感が増し、BMWの最新流儀を身につけています。

総合的な商品力の高さは、歴代318iの中でもずば抜けていると思います!




IMG_0447-2.jpg

318i」は、「さいわい」(幸い)とも読め、縁起が良い名前でもあると思います。

ぜひ、最新の「幸い」をお確かめください。

今週末は【BMW 318i デビュー・フェア】を開催いたします。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



Cap20160923-2.jpg

先日まで熱戦を繰り広げたリオデジャネイロ・パラリンピックにて、

BMWとの関わりも深いアレッサンドロ・ザナルディ(49歳、イタリア)が、

ハンドサイクル競技で2つの金メダルと、1つの銀メダルを獲得しました!


この偉業について語る前に、彼の波乱に満ちた経歴をご説明しようと思います。

(以下、当ブログの過去記事の内容を一部含みます)



CapD20140530_1-2.jpeg

アレッサンドロ・ザナルディ(アレックス・ザナルディ)は1966年生まれ・イタリア出身のレーシングドライバーです。

イタリアF3、国際F3000を経て、1993年にF1へステップアップしました。

F1ではジョーダン・ミナルディ・ロータスを1年毎に渡り歩くものの、6位入賞が1回のみと目立った成績は残せませんでした。

当時これらのチームは中位~下位を低迷しており、マシンは速さも信頼性も乏しいのが実情でした。

マシンの限界をさらに引き出そうとする様なアグレッシブな走りはクラッシュと紙一重で、結果として「壊し屋」の異名も持っていました。



cartzanardi.png

そこで1996年にアメリカに渡りCARTに挑戦すると、才能が開花しました。

参戦初年度にポールポジション6回・優勝3回を記録し、ランキング3位を獲得しました。


特に最終戦ラグナセカのファイナル・ラップで見せた、前代未聞のオーバーテイクは注目を浴びました。

thepass.png

このコースの名物でもある高低差15mの坂を下るS字シケイン「コークスクリュー」を、直線的にショートカットするという荒技です。

"THE PASS" という名前が付けられるほど印象的な技でしたが、危険すぎるという理由で後にこのオーバーテイクは禁止になりました)

その後1997年には5勝、1998年には7勝を挙げ、圧倒的な強さで2年連続チャンピオンを獲得しました。

アクシデントで大きく出遅れても、特殊なピット戦略を使うこともなく、コース上で挽回しあっさり優勝してしまう強さは専門誌をして「意味不明」と評されたそうです。



F1ZANARDI.png

その栄冠を引っさげ、1999年にF1にカムバックします。

しかも今度はウイリアムズという名門チームです。

ですが同僚のラルフ・シューマッハが11度入賞したのと対照的に、1年間1度も入賞することができず契約を解除されてしまいます。

急激にハイテク化が進んだF1に馴染めなかった、という側面もあるようです。

※ちなみにこの年のウイリアムズはルノーのカスタマー・エンジン(参戦名:スーパーテック)を使用していました。その翌年からBMWエンジンに替え、ラルフ・シューマッハー&ジェンソン・バトン(2000年)、ラルフ&ファンパブロ・モントーヤ(2001~2004年)と共に表彰台の常連になり、タイトル争いをします。



1年間の休養の後、2001年に34歳でCARTに復帰しますが、悲劇が訪れます。


CapD20140530_1-3.jpeg

久々の優勝が目前に迫ったレースで、ピットアウトの際にバランスを崩してスピンし、後続の車に側面から衝突されます。

動画の1分40秒程から事故のシーンが映っていますが、衝撃的な映像を含みますのでご注意願います)

2台のマシンは大破し、ザナルディは全身の血液の9割を失う程の大怪我を負い、生死の境をさまよいます。

幸い一命は取り留めるものの、両足の損傷は激しく膝上から切断されました..。



CapD20140530_1-4.jpg

それでもレースに対する情熱は捨てきれませんでした。

両足に義足を装着して、フォーミュラカーでの走行を試みます。

なんと事故から20ヵ月後には、特別仕様のマシンに乗り込み事故のあったラウジッツリンクでレースの残り13周を走り、3年越しのレースの完走を果たします。



WTCCZANARDI.png

2005年からは、WTCCにBMWからフル参戦を果たし、8月には早くも初優勝を果たします。

(2006年には、BMWザウバー F1 を試運転する機会も与えられます。)

WTCCでは合計4勝を挙げる活躍の後、2009年限りで引退します。
この時42歳です。


ここまででも十二分に波乱万丈な人生ですが、ザナルディの情熱は衰えません。



e9d45c69-s.png

数年前から取り組んでいたハンドサイクル競技を本格的に始め、パラリンピックでのメダル獲得を目指します。

いくつかの国際的なマラソンで優勝するなど、ここでも頭角を現します。



ZANARDIWIN.jpg

そして、2012年ロンドンパラリンピックにイタリア代表として選ばれると、圧倒的な速さを発揮します。

16kmのH4ハンドサイクル・タイムトライアルで金メダル
ハンドサイクル・ロードレースで金メダル
ハンドサイクル・チームリレーで銀メダルと、45歳にして3つのメダルを獲得しました

(ちなみにこの競技が行われたブランズ・ハッチは、ザナルディがF3000時代にコースレコードを記録したサーキットでもあります)



金メダリストになっても、ザナルディのモータースポーツに対する情熱は、消え去ることはありません。


ZANARDIGOLD3.png

同年秋、BMWのモータースポーツ部門の40周年記念行事の一環として、ザナルディにBMW M3 DTMをドライブする機会が与えられました。(そのM3は、金メダル獲得を祝い金色に塗られ、ハンドサイクルとメダルが描かれています。)

ザナルディは世界最長サーキットであるニュルブルクリンクを32周し、見事な走りを披露しました。


そしてこの「お祝い」によって、モータースポーツへの情熱は再び激しくなりました



CapD20140530_9.jpeg

47歳のザナルディは、「ブランパン・スプリント・シリーズ」にフル参戦します。

BMW・Z4 GT3を駆って、イタリアのロアル・モータースポーツからの出場です。

通常は2名ドライバー制でタイヤ交換等の際に交代しますが、ザナルディ車は特別仕様であるため1人で全レース距離を走るという、体力的にも厳しいチャレンジです。

開幕戦は13位で完走し、第2戦では5位入賞を果たしました!




CapD20140530-3.jpg

その後もBMWは前人未到の挑戦を続けるザナルディを応援し、

2014年にはBMWブランド大使に任命します。



Cap20160923_1.jpeg

今年6月に開催されたイギリスのモータースポーツの祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では、イベントのホストとしてトークショーに陽気に参加しただけでなく・・・



Cap20160923_2-2.jpg

BMW Z4 GT3を駆ってヒルクライムレースに参加し、派手なドーナツターンも決めて観客を魅了しました!

(元F1ドライバーかつ現役アスリートのザナルディにとっては、朝飯前でしょうか?)




そして、49歳にしてイタリア代表のエースとしてパラリンピックに挑み・・・


0c1be953bae585bb4acc477411e46b93-1024x576-2.jpg  CsaZ2bEXgAA88gU.jpg

ac181a0419c1304ea1d97038d53b2df6-1024x682-2.jpg  cfdc69b721b9a0ee5612ee8348f34495.jpg

男子ロードタイムトライアル H5 金メダル(偶然にも大事故からちょうど15年でした)

男子ロードレース H5 で銀メダル

男女混合 チームリレー H5 金メダルを獲得します!


2度のパラリンピックで、合計で4つの金メダルと2つの銀メダルを獲得するという偉業を成し遂げました!


(これらの写真のいくつかは撮影者がBMW AGとなっているので、パラリンピック参加もBMWがサポートしていると思われます)


Cap20160923_8.jpeg


金メダル獲得直後には、

"Isn't about the 144 digits, simply that's impossible to describe some kind of feelings Thanks to YOU all, I mean it!"

「144文字ではこのフィーリングを伝え切れないよ。みんな本当にありがとう!」

Twitter(1投稿が英字144文字までという制限があります)で語る、陽気なイタリアンのザナルディですが・・・。


恐らく、想像を絶するような努力と苦労があったことと思います。


トップアスリートが持つ最大の資質は、その技能や身体では無く、

あきらめること無く挑戦し続ける心にこそあるのかもしれません。

来月50歳になるアレックス・ザナルディの益々の活躍を期待します!  G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



他社の話題で恐縮ですが・・・ 
(後半はBMWの話題になります)

先日トヨタさんから、あるニュースが発表され、とても驚きました。


1095597.jpg

それは、
車体の特定箇所にアルミテープを貼ると、空力特性が向上し走りが良くなる
というニュースです...!


具体的には、

「空気は+(プラス)に帯電しており、クルマは走行することで+帯電をしやすく、これにより車体まわりの空気を引きはがす力が働き、空気の流れが乱れるため十分なエアロダイナミクス(空力)を発揮することができない。

それをアルミテープによって放電し空気の流れを整えることでタイヤ接地性の向上やロール制御、ヨースタビリティ、操舵応答などに効果をもたらす」

ということだそうです。


世の中には、科学的には首をかしげたくなるような自動車パーツ(いわゆるオカルト商品)も数多くありますが、天下のトヨタさんがそんなものを発表するわけはありません。

その効果は科学的に測定・分析されているようです。


TOYOTAALMINIUM.jpg

これらの測定結果からも、効果がありそうなことが伺えます。

さらに、アルミテープの位置や形状も吟味され、複数車種には既に採用されているというからさらに驚きました。

(箱型の車体の方がより明らかな効果があり、ノアやヴォクシー等のミニバンのフロント・リアバンパーの内側等に貼られているようです。)


オプションとして販売するのではなく純正採用するということは、明らかな効果があり費用対効果にも優れているということだと思われます。



このニュースを読んで連想したのが・・・




image1IRUKA.jpg f1j2-140731-03-pic01.jpg

イルカの肌は、凹凸(しわ)を流速によってコントロールすることで、水の抵抗を減らしているそうです。

また「F」という漫画では、そのことから着想を得て、イルカペイントという技術も登場しました。

他にも・・・


20120407-c31.jpg


数年前のF1では、「コアンダ効果」で気流の境界層を制御する「コアンダ・エキゾースト」という技術もありましたが・・・



まさか、空想の世界や超高速の世界ではなく現実的な速度域で、
物体表面に沿った気流の剥離をコントロールできるとは、
しかも安価な仕組みによって有意義な整流効果が得られるとは思いませんでした。


トヨタさんの発表は、常識を覆す画期的な技術だと思います!




そして弊社にも、「常識を覆す画期的な技術」を搭載した試乗車が登場しました。




IMG_0411-2.jpg

BMW誕生100周年を記念した限定モデルの320d Touring Style Edge(ブラック・サファイヤ)です。

ブラック・キドニー・グリルとグレー塗装されたホイールが、精悍さを増しています。



IMG_0417-2.jpg

今年5月に発売になった320dの最新モデルには、B47型というディーゼルエンジンが搭載されています。

このB47型を含むBシリーズエンジンは、画期的な構想によって新開発されています。



Cap20160916_5-2.jpg


M型、N型を経て新開発されたBシリーズエンジンは、理想的な燃焼が得られるとされる500ccを1気筒あたりの基本的な排気量とし、3気筒・4気筒・6気筒はボアピッチ(気筒中心間の距離)や、気筒毎の基本構造を共通にしています。

モジュール設計とかモジュラーエンジンと呼ばれる成り立ちです。


そしてさらに画期的なことに、シリンダーブロック(エンジンブロック)をガソリンとディーゼルで共用しているのです!

(ただし共用しているのはシリンダーブロックの素材で、シリンダーライナーの機械加工が異なるのでボアは2mm異なります)

1980年代以前には他社で類似事例がありましたが、現代的なエンジンでは極めて珍しいと思います。


この設計により、3~6気筒間で60%以上、ガソリン~ディーゼル間でも30~40%(60%との記載もあります)もの部品の共通性があるとのことです。


その上このB型エンジンは、横置き(FF系)・縦置き(FR系)の両方に対応する設計になっています。

つまり、BMWグループの6気筒以下の全てのエンジンラインナップを網羅できるのです!

(3気筒については1気筒400cc版:1.2Lもあります)



B47D20A_ENGINE.jpg


設計や部品の共用化、と聞くとコストダウンが主目的に思え、ネガティブな印象もあるかもしれませんが・・・。


優れた基本設計を最大限に活用することは、必然ともいえます。


「ガソリン/ディーゼルでエンジンブロックを共用」ということは、強度に優れながら軽量化も果たしていると考えられます。


不必要なコストを削減することで、他の新しい装備にコストを割くことができるとも考えられます。

現実に、可変ジオメトリーターボを採用したり、燃料噴射圧を高めたりし、高トルク化・高出力化と低燃費化を同時に果たしています!



img_e7abb04ecdaa66b2ed36ea375e592e23131907.jpg

実際に乗ってみると、まず静粛性が向上していることに気づきます。

また低速トルクもスムーズさも向上しており、「M3以上にスポーティー!」という評価もあるほどです。

これで燃費も向上しているのですから、文句のつけようがありません!

さすがはBayerische Motoren Werke、バイエルン エンジン 製造会社です!




IMG_0419-3.jpg

そんな画期的な最新ディーゼル・エンジンによる爽快な走りを、

ぜひ320d Touring  Style Edgeの試乗車でご堪能下さい!


お客様のご来店をお待ちしております。 G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



だいぶ暑さが和らいできましたね。こんにちは。T.Sekidoです。

恒例のスタッフ紹介の第4回目は、入社7年目のS.Maedaを紹介させて頂きます!


IMG_7348.JPG


Q1. 簡単に自己紹介をお願いします。

A1. 実は料理が得意なMaedaです。最近良く作っているのはパエリアです!

子供が小さい頃は、子供の弁当も作っていました。最近は給食があるのでさびしい限りです(泣)

以前は、スポーツインストラクター等もやっていました。こう見えて意外とスポーツ全般いけるクチです!


1280px-Paella-Cullera-2009-3.jpg

(料理ができるパパってうらやましいです! いわゆるイクメンでもあるんですね!?)




Q2. 料理以外には趣味はありますか?

A2. 結構いろいろなことに興味を持ってやるタイプです。最近だと卓球が楽しいですね。

ただ、自宅近辺(北名古屋)だと卓球をプレイできる環境が少なくて・・・。どなたかいい場所をご存知でしたら教えてください!

(オリンピック選手のように自宅に卓球台を置くのも難しいですしね・・・。情報をお待ちしてます!)




Q3. BMWの中で好きな車は何ですか?

A3.大きい車が基本的には好きですね。X5に乗ると、ガッシリしていて運転もしやすいなあ、と思います。

今はディーゼルの3シリーズセダンに乗っていますが、ゆくゆくは・・・と考えています。


2015-bmw-x6.jpg

(大柄な方は大きい車を好まれることが多い、と聞くことがありますがその通りですね。 
かく言う私はMaedaさんより大きいのですが・・・先日MINI コンバーチブルを買いました♪
ですが、ゆくゆくは大きい車にも乗りたいです!)




Q4. BMWの魅力とは、何だと思いますか?

A4. 自動車業界の最先端を常に走り続けている探究心がすばらしいと思います。

男性なら誰もが1度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

興味があったらいつでも私に声をかけて頂ければ、貴方にぴったりの1台をご紹介します!

(BMWは、「新成人が欲しい車」の男性1位の常連でもありますし、男性にとってナンバー1の車ですよね!)




Q5. 前田さんを一言で表すと何ですか?(座右の銘は?)

A5. 「為せば成る」という言葉が好きです。

どうなるかわからないからといって、何もしなければ何も生まれません。

今までチャレンジにチャレンジを重ねて、最後まで頑張れば何とかなってきたので、これからも攻めの姿勢を忘れずに行きたいと思います。

Cap20160910.jpeg

(江戸時代の米沢藩主の「上杉鷹山」の言葉ですね。
 J・F・ケネディ元アメリカ大統領やビル・クリントン元大統領の「もっとも尊敬する日本人政治家」だけあって、深みがあります。ちなみに鷹山は武田信玄の言葉を基にしたようです。)




Q6. 将来はどんなセールスマンになりたいですか?

A6. 一人ひとりのお客様との時間を大切にし、結果多くのお客様に長く信頼して頂けるような、そんなセールスマンとして活動していきたいと思います。

(言葉や物腰も柔らかいMaedaさんの誠実さが伝わってくる目標ですね!)

IMG_7354-2.jpg

少し短めでしたが、今回はこのあたりで。

入社年度が若いセールスから順に紹介していますが、今後は更にベテラン度が増していきます。

弊社のお客様は、担当セールスのインタビューを楽しみにお待ちください!(^^)

T.Sekidoでした!




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



13SUZUKA.jpg

SUPER GTの今シーズンの第6戦が、8月27日(土)・28日(日)に鈴鹿サーキットで行われました。


50年の伝統を誇る鈴鹿1000km耐久レースであり、その距離を考慮して通常のレースよりポイントが高く設定されています。


M6 GT3は、前戦の経験からオーバーヒート対策を施したものの、BoP(性能調整)によりターボのブースト圧が引き下げられたことや、様々なトラブルもあり、苦戦を強いられる展開になりました。



0827M6.jpg


Team Studie マシンは点火系のトラブルにより、練習走行を重ねることができず、セッティングを煮詰められません。

前戦に続き「ぶっつけ本番」で迎えた予選は、ワンアタック後にエンストし、再始動することができません。

それにより予選はQ1で敗退、20番グリッドとなります。



300qf_02M6.jpeg

ARTA も苦しい展開になります。

BoPの変更に加え、前戦の優勝によりハンディウェイトが74kgに増えており、タイムが伸びません。

こちらもQ1で敗退し、24番グリッドになります。

決勝は追い上げも可能な1000kmの長丁場とはいえ、BMW勢にとって厳しい予選結果です。



2016083109.jpg

決勝の朝を向かえ、Studie M6は、さらに苦境に見舞われます。

ウォームアップ走行中に冷却水のパイプが外れ、ピットに戻ります。

復旧を急ぎ各部をチェックすると、エンジンブローが確認され、決勝レースへの出走を諦めることになってしまいました...。

(M6 GT3の冷却能力不足による前戦での過熱が、随所に負担をかけたことが遠因のようです。)




300f_03M6.jpeg


ARTA M6、決勝は予選より気温が下がったことによりバランスが改善します。

22番グリッドから次第に順位を上げ、最高で13番手になるものの、ピットロードでの速度違反によりドライブスルーペナルティを受けてしまいます。

その後は順位を大きく上げることができず、14位でチェッカーを受け、チームポイント1点を獲得しました。

(この結果、ARTAのチームランキングは5位、ドライバーランキングは3位に下がりました)



タイトルを狙うBMW勢にとって、今戦は厳しい結果となってしまいましたが・・・



16sgt-rd6-154.jpg

レースは、結果が数字で表されるので明快な反面、時に冷酷だったりします。


Team StudieのBOB鈴木チーム代表兼監督も、実は

「ついでに言うとレースも嫌い。

 レーシングカーが大好きなのと レースのイベント感は好き。

 勝ち負けハッキリさせる行為が嫌い。」 とブログで書かれたりします。



ですが、今回もモータースポーツの楽しさ(と厳しさ)を多く発信され、

クルマの世界の奥深さを伝えてくれました!
 

2e342ff3-s-2.jpg  62SUZUKA-2.jpg

 
14040070_877525929058138_4805637066873139568_n-2.jpg  14100460_10154409033409754_6309775781739349403_n-2.jpg


42suzuka-2.jpg  49SUZUKA-2.jpg


P1450048-3.jpg  IMG_6370-3.jpg

(厳しい状況の中でも、ヨルグ・ミューラー選手は優しく写真撮影に応じてくれました)



そして・・・!


australian-gt-phillip-island-2016-90-marc-gt-bmw-m6-gt3-morgan-haber-bruno-spengler.jpg

次戦の第7戦:タイ(10月8〜9日)には、Studie、ARTAの両チームに加え、
オーストラリアのMARC GTチームが、M6 GT3でスポット参戦するようです!



もちろん、BMW本社(BMW Motorsport)では、
M6 GT3の抜本的な熱対策やマシンの改善を早急に進めています。



021-765x510.jpg

ちなみに、先月に行われた「GT3カーのレースとして世界最大級」である伝統のスパ24時間でも、M6 GT3が優勝しています!

M6 GT3がGT3カテゴリーでトップクラスの速さを持っていることは間違いありません。


今シーズン残り3戦でもBMW勢が活躍し、

モータースポーツの楽しさを届けてくれることを期待します! G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 



 | Blog Top | 
   September 2016   
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ




"