taiseistudie.jpg

2014年シーズンよりSuper GTに参戦している Team Studie
2016年シーズンの体制発表会が、3月3日に六本木のグランドハイアット東京にて行われました。

参戦初年度はGT300クラスランキング3位、昨シーズンは6位(輸入車勢では2位)と健闘した体制を基本的に引き継ぐものの、いくつかの変更と体制の強化が行われました。

その概要をお伝えしようと思います。




Cap20160326_2-3.jpg

< 参戦車両がM6 GT3に変わります! >

昨年までのZ4 GT3に代わり、今シーズンからはM6 GT3で戦います。

V8自然吸気エンジンから、強力なV8ターボエンジンを備えた最新マシンになり、大幅な競争力アップが見込まれます!

昨年までは、セットアップの幅が広いターボ勢やハイブリッドを含むJAF-GT勢に予選で上回られ、本選は「稀代のコーナリングマシーン」という特性を生かしコーナーで抜きにかかる展開が多かったですが、今年はGT3の王道?的な戦いになりそうです。

大型化されたことに伴う性能の変化も気になりますが、「BMW Z4 GT3並か、それ以上に曲がるマシン」(荒選手)との評価もありますので、コーナリングも期待できます!




teamlogobstts-5.jpg

< チーム名と位置付けが変わりました >

昨年までのBMW Sports Tropht Team Studie から、BMW Team Studie に名称が変わりました。

「準ワークス格」チームから、オフィシャルアウトソーシングチーム
すなわちワークスチームへと位置付けも変わりました!

ちなみに「BMW」だけをチーム名に冠することが許されたのは世界で僅か7チームで、かつアジア初だそうです。

本国メーカー及びチームのタイトル獲得にかける意気込みが伺えます!




12472418_999100173504197_2078674590516373516_n-2.jpg

< メインスポンサーが2社になりました >


チームのメインパートナーには、従来のSteiff(「シュタイフ」:世界で初めてテディベアを作った135 年の歴史をもつドイツのトイカンパニー)に加え、ボディケアブランドのSABON(「サボン」:イスラエル発祥の100%ハンドメイドにこだわったソープ等が女性に人気のブランド)を迎えました。

MEN'S CLUB(男性ファッション誌)、 C.P. COMPANY (イタリアのファッションブランド)、VORWERK(フォアベルク)(ドイツのクリーナーメーカー)等のスポンサーも、昨年に引き続きチームをサポートします。




無題MUSE-2.png  Cap20160326-2.jpeg

< 「ミューズ」が発表になりました >

今シーズンチームを鼓舞するユニット「ミューズ」のメンバーの内、左から倉松すみれさん、mikaさん、スミス楓さんの3人が発表になりました。
(後に全メンバー6人も発表になりました)

昨シーズンにチームに華を添えてくれた鹿野 悠白渚 悠)さんも、引き続きホスピタリティマネージャーとしてチーム運営に参加されるとのことです!




ARASUZUKIYORG.png

もちろん、BMWワークスドライバー:ヨルグ・ミューラー 及び ルマンウィナー:荒 聖治の両ドライバーや、鈴木"BOB"康昭監督を始めとするチームのメインスタッフは、一昨年のチーム創設以来不変です。


この強力な布陣で、初優勝、さらには初タイトルを狙います!




0551-825x510.jpg

さらに!

今シーズンは、鈴木亜久里代表率いるAUTOBACS RACING TEAM AGURIARTA Project )も、M6 GT3を走らせることが発表されました!

ARTAはモータースポーツの様々なカテゴリーに参戦し、GT300でも2001年(MR-S)と2013年(CR-Z)にチャンピオンになった実績があります。

BMW Team Studieにとって、同じマシンを駆る仲間であると同時に最大のライバルとなるかもしれません。

グッドスマイルとBMW同士で争った2014年シーズンと同様に、互いに高めあいながらタイトル争いができたら最高だと思います!




Cap20160326_1.jpeg

BMW Team Studieと同じくワークスチームであるBMW Team Italiaが、M6 GT3の動画を早くも公開しています。

(自然吸気V8のZ4 GT3は乾いた音とするなら、V8ターボのM6 GT3は低回転から力感を感じる音といった印象でしょうか。)

日本のレースシーンでの雄姿を見られる日が楽しみです♪




12512416_999335646813983_393592302248308744_n.jpg

今シーズンのBMW勢の活躍、そして戴冠を大いに期待します!

皆様も応援の程、何卒宜しくお願いします! G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







BPS一宮に、青色の認定中古車が揃ってきました。

春らしさも感じるフレッシュな青色に彩られた車を、その微妙な色合いと共にご紹介しようと思います。

(青色は個人的に好きな色でもあります)


IMG_7147-2.jpg

まずは、1シリーズです。

118i M Sport (未使用車)と、120i M Sport (低走行車)がございます。

Mモデル&M Sport専用色のエストリル・ブルーという鮮やかな青色です。


9705618474_ef34b4ff38_b-2.jpg

この名前は、ポルトガルのエストリル・サーキットから名づけられたようです。

BMWの歴代Mモデルのボディ・カラーには、エストリル・ブルー以外にもロングビーチ・ブルーインテルラゴス・ブルーアブス・ブルーフェニックス・イエローイモラ・レッドなど、サーキットの名前を冠したものが多く、それらの一部はM Sportでも選ぶことができます。

そのいずれの色もメタリック感が強い鮮やかな発色が特徴で、スポーティーなイメージです。




IMG_7119-2.jpg

320d M Sport (未使用車) も、同じくエストリル・ブルーです。

車体色+M Sport+トルクフルなクリーン・ディーゼルの組み合わせにより、鮮烈にスポーティーかつ実用性に富んだ4ドアセダンです。

輸入車・国産車を問わず、得難い個性を持った1台です。




IMG_7130-2.jpg

Z4 sDrive 20i  M Sportは、ディープ・シー・ブルーです。

その名の通り「深い海」を思わせる濃い青色です。


delfin-2.jpg

個人的には、現行Z4のデザインからはイルカやシャチ等の海洋生物を連想しますが、その意味でも良く似合う色だと思います。

(私もこの色の車に乗っています)




IMG_7132.JPG

ディープ・シー・ブルーはベージュのレザー・シートとの相性も抜群で、スポーティーかつエレガントな内外装です。

オープンカーの醍醐味をご堪能いただけると思います。




IMG_7136-2.jpg

さらにインペリアル・ブルー435iクーペ ラグジュアリー(未使用車)もございます。



20140704_blue_001-3.jpg

Z4のディープ・シー・ブルーとの違いが分かりにくいかもしれませんが、日本語だと
ディープ・シー・ブルーは群青(ぐんじょう)色に近く、
インペリアル・ブルーはより濃く、紺色に近いイメージだと思います。


インペリアル・ブルー、すなわち「皇帝の青」という名前にはっきりとした由来があるのかは、検索してみてもよく分かりませんでしたが・・・。


ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」-3.jpg  1024px-Lapis-lazuli_hg-0.jpg


想像ですが・・・

中世以前は青色の顔料には貴重かつ高価なものがあり、特にフェルメールが好んで用いたことでも知られるラピスラズリ(ウルトラマリン)は純金と同じくらいの価値があったそうです。

また、コバルト・ブルーの原料であるコバルトも貴重な鉱物です。

そんな「貴重かつ高価」なイメージから、BMWは「皇帝の青」と名付けたのではないでしょうか・・・?

(偶然だと思いますが、日本古代の冠位十二階において紫と青は最上位に位置してました)




IMG_7140.JPG

そのインペリアル・ブルーと、サドル・ブラウンのレザーシートは良く似合います。

特別感と上質感に溢れる内外装です。  




blue_bps.jpg

ぜひ、これらの青色の違いを、実車にてお確かめください。



もちろん、青色以外の車両も豊富に取り揃えております。


認定中古車のラインナップは、
【Goo-net 在庫情報 および 【カーセンサー 在庫情報】
にて、内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。


諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在35台程の在庫がございます。

ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。



IMG_7145-2.jpg

年度末に向けて、またご進学・ご就職の季節に向けて、「駆け抜ける」準備はいかがでしょうか?

認定中古車センター・新車ショールームにて、お客様のご来場をお待ちしております!  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








BMWは、2016年3月7日で創立100周年を迎えました。


P90212777_highRes_munich-de-07-03-2016.jpg


それを記念して、コンセプトモデル"BMW VISION NEXT 100"が発表されました。

画期的な内外装の構造や自動運転技術を盛り込んだ、次の100年を象徴するモデルです。



BMWNEXT100.jpg

ミュンヘンのオリンピック・ホールでは2000人ものゲストを前に盛大な式典が開かれ、BMWグループの過去・現在・未来が紹介されました。



New_BMW_CLASSICS.jpg

また、BMWが創業当時に使用した歴史的なビルである"Moosacher Strasse 66"に移転されたBMW Group Classicの貴重なコレクションが、初めてメディアに公開されました。



今後は日本でも、THE NEXT 100 YEARS - 胸躍る未来へ、加速するというキーワードと共に、色々な催しや活動が行われると思われます。



IMG_5190-2.jpg IMG_5191-2.jpg

そんな100周年記念日を控えた3月のある日に、私はとある用件で東京駅八重洲口近くのBMW JAPAN本社を訪れました。



用件が済んだ後、同じビル(グラントウキョウサウスタワー)の1階に行きました。



IMG_7027-4.jpg IMG_7024.JPG

IMG_7017.JPG IMG_7019.JPG

以前よりこのフロアは「BMW Group Studio」という名称でBMWやMINIの最新モデルを展示していましたが、昨秋より新型7シリーズにターゲットを絞った「LOUNGE 7」というスペースになっています。(期間限定です)

ラグジュアリーなギャラリー空間で特別なおもてなしを受けられる、素敵なラウンジでした♪



その次は少し歩いて、あるお店を訪ねました。

(以前より噂に聞いていて、いつか行きたいと思っていた飲食店です)


KYOUBASHIISEHIRO.png

京橋 伊勢廣(いせひろ)本店という、由緒のある焼き鳥屋さんです。

創業は大正10年ということは95年!もの歴史があります。

創業100年のBMWとほぼ同じですね...!



Cap20160312_5-2.jpeg  IMG_7031-2.jpg

IMG_7032-2.jpg  lunch_img01bISEHIRO-0.jpg

昼食時ということで、ランチのやきとり丼を頂きました。(ちなみにご飯のお代わり無料です)

「焼き鳥に対する認識が変わるくらい美味しい」と聞いていましたが、まさにその通りでした!

お店は年季が入ってフランクな雰囲気ですが、味は極めて上品で洗練されています。

素材も調理法も群を抜いて素晴らしく、一口ごとにその美味しさに感動します。

レバーは臭みが全くない上に驚愕の柔らかさで、食べ終わった後もその舌触りが脳裏を離れませんでした。

「特別に契約した畜産業者から特別価格で仕入れている」とか「○室御用達で、園○会等にも出張している」等の噂もありますが、それも納得がいく逸品でした。



飲食店でも、自動車等のメーカーでも、通じることだと思いますが・・・

お店や会社の「歴史が長いこと」そのものは、お客様にとって意味や利益をほとんどもたらしません。


ですが、

「商品やサービスが優れているからこそ、長い歴史を重ねることができた」

「長い歴史の中で蓄えられた知識によって、商品やサービスがより磨かれる」

という事は言えると思います。


そんな事も思いながらお店を後にしました。今度近くに来る機会があれば、絶対にまた行きたいと思いました!



BMWグループ・モビリティ・センター-thumb-471x283-46889.png

今年は、いよいよBMWグループ・モビリティ・センター (BMWとMINIの巨大展示・試乗施設)がお台場に完成します。

(当初の計画より遅れていますが、7月には一般公開されるとのことです)


長い歴史を生かし、さらに進化するBMWグループのなお一層のご愛顧を、よろしくお願いいたします! G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







弊社初のPHEV(プラグイン・ハイブリッドカー)の試乗車ができました!

しかも、3シリーズとX5の2車種です!


IMG_7096-2.jpg

まずは、BMWの本流たる3シリーズのPHEV、330eです!

2Lエンジンと電気モーターを備え、システム・トータルでの最高出力は252ps・最大トルクは42.8kgmにも達し、0-100km/hはなんと6.1秒という俊足です!


IMG_7099-2.jpg

シフトレバー根元のeDriveスイッチを操作することで、電動走行の優先度合いを切り替えることができます。

それによりエンジンを使わずに最大で約38kmのEV走行も可能なので、ご使用環境によっては「ほぼ電気自動車」としてお乗りいただくこともできます!




IMG_7091-2.jpg

さらに、昨年のブログでもご紹介した、X5 40eの試乗車もできました!

こちらも2Lエンジンと電気モーターを備え、システム・トータルでの最高出力は313ps・最大トルクは45.9kgmとさらに強力で、0-100km/hは6.8秒です!



IMG_6805-2.jpg

こちらはエンジンを使わずに最大で約31kmのEV走行が可能です。

このボディサイズや車重を考えると、画期的だと思います。



そして、330e、X5 40e共に感じることですが、
走行性能は加速に優れていると同時に、上質です。


ゼロ回転から最大トルクを発生する電気モーターは静かかつスムーズで、粗さがありません。

そして電気モーターとエンジンを必要に応じて使い分けることで、静かでストレスのない走りを可能にします。

大容量バッテリーを搭載することにより、低重心化や前後重量配分の適正化も図られ、重量バランス的にもより優れています


つまりPHEVモデルは、「充電ができてより燃費が良い車」であると同時に、
「走りがより上質な車」でもあります。




iPerformanceBMW-2.png

3月1日に開幕したジュネーブ・モーターショーにて、BMWはPHEVモデルに iPerformance というサブブランドネームを導入することを発表しました。

PHEVを、「車種バリエーションの一つ」というポジションからさらに引き上げるようです。

iPerformanceは、M Performanceと同様・同格に、BMWの魅力をさらに多方向に広げるブランドとして展開されると思われます。

BMWのPHEVにかける取り組みは本気です!




Cap20160305_1.jpeg


今週末は、BMW ニュー・パワー・フェアを開催いたします。

最新モデルの真価を、ぜひショールームでお確かめください。


IMG_7079-3.jpg IMG_7102-2.jpg

PHEVの展示車と試乗車を用意して、お客様のお越しをお待ちしております!

ぜひご来場ください。 G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







 | Blog Top | 
   March 2016   
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31