IMG_6280-2.JPG

全てを刷新したフラッグシップ、ニューBMW 7シリーズがデビューいたします!

展示車は、ミネラル・ホワイトの740i M Sportです。

水平基調でスリーク(滑らか)なボディは気品に溢れていながら、その大きさも相まって存在感に満ちています。

ダブル・スポークの20インチホイールが良く似合い、「Driving Luxury」というコンセプトをデザインでも主張しています。




IMG_6287.JPG IMG_6288.JPG

内装は、質感が極めて高いことに加え、様々な新機能がスマートに盛り込まれています。

シートに入れられたダイヤモンド(菱型)ステッチやレザーの色は、今までのドイツ車のイメージを超えた華やかさも感じさせます。




IMG_6300-2.JPG

試乗車は、マゼラン・グレーの740i (デザイン・ピュア・エクセレンス)です。

クローム塗装が施されたホイールやボディ各部のモールが、フラッグシップにさらなる輝きを与えています。

スポーティーなM Sportと対照的に、こちらはラグジュアリーな魅力に溢れています。




G11-7-series-vs-f01-7-series-01-2.jpg

新型と従来型を比較した画像を見ると、全体的なフォルムは共通ながらさらに高級感と存在感が増し、随所に新しさも感じるディテールが盛り込まれています。




CapD20151030_2.jpeg

新機能の中で印象的なものの一つに、開閉式のキドニー・グリルがあります。

空力性能を高めるために、必要に応じてグリル内部のシャッターを開閉する構造になっているのです。

(左右のグリルの間をブラックアウトし、そこにフロントカメラを埋め込んだのも新しいデザイン処理です。)




CapD20151030.jpeg

この車に採用された新技術は、カーボンを用いた画期的なボディ構造から様々な電子制御技術まで、当ブログでは概要を説明することすら困難なほど多様かつ画期的です。

ぜひ、試乗車にてセールス・スタッフの説明と共にお確かめ下さい。




IMG_6314.JPG  IMG_6323-2.JPG

BMWが持つ最新技術が、走行性能・燃費・安全性・快適性等の全方位に惜しげもなく投入されています。



ですが、それらによって得た「新しい機能」は、いわば脇役に過ぎません。




IMG_6306-2.JPG

新型7シリーズの最も素晴らしい魅力は、何と言ってもその卓越した走りです!

従来型と比べ静粛性や乗り心地等の快適性を向上させながら、
運転する喜びはむしろ増していると感じます。

軽量化されたこともあり加速はさらに鋭くなり、回頭性の高さとクイックなステアリングはボディの大きさを感じさせず、歴代7シリーズ中で最もスポーティーな走りが可能です。

突き上げや揺すられは皆無ながら安定感と接地感は豊富で、
重厚でありながら軽快さもあるという異次元の走りを堪能させてくれます。

さすがは最新BMWのフラッグシップです!



IMG_6296-2.jpg

今週末の10月31日(土)・11月1日(日)は、

ニューBMW 7シリーズ デビュー・フェアを開催致します。

当ブログでは到底書ききれないその魅力を、ぜひ実車にてお確かめ下さい。

ご来場をお待ちしております。 G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_6242-2.JPG

新型X1が発表になり、試乗車と展示車が整いました!!



e84-bmw-x1-f48-bmw-x1-1-2.jpg

新型(各画像の上側)と従来型(同下側)を比較した画像です。

新型はアクティブツアラー・グランツアラーと共通するFFプラットフォームをベースとすることで、利便性が大きく向上し全体的なフォルムも変わりました。

ディテールは精悍さが増し、よりSUVらしいイメージになったと思います。




CapD20151023_6.jpeg


両車の側面図を、前輪の位置を合わせ重ねてみました。

全長は30mm短くなり、全高は35mm拡大しました。

Aピラーの位置が大きく変わり、車両全体に厚みが増しています。

従来型はロングノーズで後ろ寄りかつ低めのシート位置でしたが、新型は高めかつ前寄りに座るパッケージングです。

実はホイールベースは短くなっているにもかかわらず、飛躍的に広い室内空間&積載スペースを得ました。




IMG_6249.JPG

内装は、機能性も質感も大きく向上しました。

着座位置はフロントシートで36mm、リアシートで64mm高くなり、見晴らしと乗降性が良くなりました。


試乗車のxDrive20iが装備する4気筒2Lターボエンジンは192PS・280Nmを発揮し、軽快な走りを披露します。

微小な操作にも正確に反応するステアリングは、競合他車とは一線を画します。




IMG_6257.JPG

後席は左右分割してスライド&リクライニングが可能(オプション)で、前後にも上下にもはっきりと広くなりました。

アクティブツアラー譲り、すなわちファミリーカー/ミニバン並みの空間です。




IMG_6255.JPG

ラゲッジルーム容量は505Lと、従来型から85Lも拡大しました。
(さらにフロア下に100Lのスペースもあります)

電動テールゲートやワンタッチで後席シートバックを倒すリリースボタンも装備され、利便性も飛躍的に向上しています。




DSC_0039-2.JPG

ショールームには、チェスナット・ブロンズのxDrive20i xLineを展示しました。

今週末は、ニューX1デビューフェアを開催致します。

ご試乗記念品・ご来場記念品を用意して、お客様のお越しをお待ちしております。 

ぜひ、新世代プラットフォームのX1の魅力をお確かめ下さい! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







photo-15r6-sugo-056.jpg

SUPER GT第7戦が、9/19(土)・20(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

Team Studieは、前戦で「1位と僅差での2位入賞」を得た勢いを保ち、大量得点を狙いたいところです。

ですが、テクニカルサーキットであるここSUGOではZ4 GT3のBoPが変更され、+20kgの重量増とされました。

鈴鹿で獲得したポイントによる+36kgを合わせると、前戦と比べて+56kgも増加することになります。


BoPの変更は強者の証とも言えますが、容易でない戦いを予想させます。



WT2_9703.jpg

予選では、ウエイトハンデが少ないマザーシャシー勢や予選に強いJAF勢が上位タイムを刻みます。

同じZ4 GT3を駆るLMcorsaがQ1敗退を喫する状況の中、Team StudieはQ2進出を果たします。

トップから7番手までがコースレコードを記録するという稀に見る激戦でしたが、上位進出も狙える9位のポジションを得ます。



WT1_5319.jpg

迎えた本選は、スタート後は各チームとも膠着状態が続きます。

ヤマハのテストコースに端を発するSUGOはコースが狭いこともあり、追い抜きは容易ではありません。

ヨルグ選手が駆るStudie Z4はスタート時の9位のまま周回を重ねます。


そしてレースが半分を迎えようかという頃、GT500クラスのマシンのクラッシュによりセーフティーカーが導入されます。

SUPER GTではセーフティーカー導入中は全車が追い越し禁止になり、さらにピットレーンがクローズになります。

(偶発的な要素を除外する目的のレギュレーションだと思われます。)

そのため全車が数珠繋ぎになって走行します。


大破したマシンが撤去され、リスタート&ピットレーンがオープンになると、残り周回数を睨んでほとんどのチームがタイヤ交換とドライバーチェンジのためにピットインします。


そこで大アクシデントが発生しました。


CapD20151017_3.jpg

一斉にピットアウトしようとする車が我先にと車体を割り込ませるうちに、ピットロードを塞いでお互いに身動きが取れなくなってしまったのです!

コースに加え、ピットレーンも狭いSUGOならではの現象です。

なんとかその渋滞が解消されるまでに、いち早くピットアウトを済ませた車と足止めを食らった車とでは、1周以上の差が付いてしまいます。

Studie Z4もその不運な車の1台で、周回遅れの20位になってしまいます..。

交代した荒選手はその後16番手まで挽回するものの、「ヨルグ選手がピットインした際、ピットレーンのホワイトラインを カットした」ことからドライブ・スルーペナルティを受け、また順位を下げてしまいます。

結局19位で完走、ノーポイントという残念な結果でレースを終えました...。




余談ですが、「SUGOには魔物が棲んでいる」と言われることがあります。


mamono.jpg

コースの狭さや悪天候の影響からか、クラッシュやアクシデントや番狂わせが過去にも多く起きているためです。

今回の魔物はピットレーンに棲んでいたようですね..。




さらに余談ですが、先日海外のサーキットで

その魔物も驚くほどの珍しいアクシデントがあったようです。


PORSHEPORSHE-2.jpg

ポルシェのワンメイクレース中に、コーナーで1台がスピンして、

その上に1台が乗りあげて・・・



954503.jpg

なんと、2台の車が上下にぴったり重なってしまったのです!!

リアウイングの上にも乗ったのが安定して止まった秘訣でしょうね(汗)

ドライバーに怪我がなかったようなのは不幸中の幸いでしょうか...。




話題はBMWに戻りまして・・・



WT1_2627.jpg

全8戦で争われる今年のSUPER GTは、残り2戦です。

レギュレーションにより、次戦はウエイトハンデが半減され、最終戦は無くなります。

それによりZ4 GT3の高いポテンシャルが発揮されそうです。

魔物や不運に負けずに、Z4 GT3にとって最後のシーズンの有終の美を飾ってくれることを期待します! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







CapD20151010-2.jpg


Instagramは、世界中で人気のSNSです。

2010年にサービス開始と比較的後発ながら、今やTwitterに匹敵するほどのユーザー数にまで急成長しました。

(Twitterは文字がメインであるのに対し、Instagramは写真がメインなのが特徴です)



そんなInstagramに関連する、興味深いニュースを見かけました。

米国内で投稿された自動車の写真を、メーカー別に集計したレポートです。


pMhDw8a-2.png

米自動車保険センターが、2011年1月〜2015年1月の間に米国内でinstagramに掲載された460万枚の写真を分析したところ、投稿数は以下の通りとなりました。

第1位 71万 335枚 BMW
第2位 45万1177枚 Jeep
第3位 38万7967枚 フェラーリ
第4位 35万7915枚 ポルシェ
第5位 34万6399枚 日産自動車


BMWがダントツ1位でした!

ドイツの他のブランドではAUDIが10位、VWは13位、BENZは16位と、大きな差があります。



1413298478232591652-2.png

州ごとの1位を並べると、このような配置と合計になります。

比較的都市部はBMWが強く、田舎はJEEPが強いように見えますね。



それらの投稿のイメージをつかむために、GOOGLEで画像検索してみると・・・




CapD20151010_2-2.jpeg

"INSTAGRAM BMW" で検索すると、こんな画像が並びました。

スタイリッシュ&スポーティーなイメージですね。

Mモデルや、チューニングを施した車が多いようです。



CapD20151010_1.jpeg

"INSTAGRAM JEEP" で検索すると、こんな画像が並びました。

BMWとは対照的に、タフ&ワイルドなイメージですね。

車高を上げ、大きなタイヤを履かせた車が多いです。



ジャンルも地域も違えど、いずれも「人に見せたくなる車」だということでしょうか。




F0lkvUb-2.png

こんなグラフも公開されています。

縦軸は写真の投稿数、横軸がアメリカでの販売台数(今年の1月からの累計?)です。

BMWは、販売台数はメジャーブランドと比べると多くないものの、

「1台当たりの投稿数」が多いということが分かります。




CapD20151010_3-2.jpg

この表は、左から撮影枚数、今年の販売台数、そして「1台当たりの投稿数」です。

(今年の販売台数から「1台当たりの投稿数」を出すことには少々疑問もありますが、ブランド毎の傾向を比較するのには適していると思います)

それによると、ドイツブランドのうち
BMWは4.2、AUDIは2.8、VWは0.8、BENZは0.2と大きな差があります。

特にBMWとBENZは、共に販売台数首位を競い合うプレミアムブランドながら、20倍以上の圧倒的な差があります!



「人に見せたくなる車」は、

「積極的に選んだ車」(消去法的選択では無く)であり、

「所有していることに喜びを感じる車」であると思います。



そして、所変わって日本では・・・


20150106_18-thumb-471x382-70091-2.jpg


以前のブログでもご紹介しましたが、

BMWは今年の「新成人が欲しい車」の3位でした。

今回も輸入車の中で最上位であり、憧れの車の筆頭であり続けています。




CapD20151010_6-2.jpg


洋の東西を問わず、BMWには他のブランドには無い魅力があるようです。

これからも「人に見せたくなる車」の代表格であり続けてほしい、

そしてあり続けたいと思います! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_6207-2.JPG

9月29日(火)に、イオンモール木曽川(旧称キリオ)にて、アクティブツアラー&グランツアラーの出張展示会を催しました。



IMG_6205-3.jpg IMG_6219-5.jpg

初めての場所ということもあり、両車を初めてご覧頂くという方がほとんどでした。

平日ということもあって、ゆったりと車をご覧頂けて良かったと思います。



そして、そんな両車に勝るとも劣らない?注目を集める車が、とあるイベントのために隣に展示されていました。



IMG_6209-2●.JPG


その車は・・・!




IMG_6175-2●.JPG

映画バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに登場した、

タイムマシン仕様のデロリアンです!


しかもCoulombe Enterprisesが製作した車両、いわば「本物」だそうです!

(まれにある、第3者が作ったレプリカではありません!)




IMG_6193-2●.JPG IMG_6194-2●.JPG

助手席前には「ドク」役のクリストファー・ロイドのサインが書かれていました!

映画でおなじみの過去・現在・未来を表示する3連メーターを見ると、映画公開当時に脳内がタイムスリップします...!




IMG_6199-2●.JPG IMG_6201-2●.JPG

ドア開口部には、デロリアン・タイムマシンとして証明するプレートが貼られています。

Coulombe Enterprisesの画像にVin-5610と書かれて写っている車のようです。)




IMG_6191-7.jpg CapD20151003_1-4.jpg

特別のご配慮により座らせて頂き、内外装の動画も少し撮りました。

リモコン操作で内装・外装の各種装備が光り、効果音も発するようになっています。


そして、この車のさらにスゴイところは・・・!




IMG_6185-2●.JPG

なんと、ガソリンに加えバイオエタノールでも走行できるように改造されていて、
リサイクル活動のPRに使われているのです!!

日本各地のイオンモールで不要な衣料品を回収し、それをリサイクルして製造したバイオエタノールを燃料として、実際に走らせるというプロジェクトなんだそうです!

映画の1作目の最後(および2作目の最初)のシーンでは、デロリアンに取り付けられた「ミスター・フュージョン」により、ゴミを燃料にできるように改造されていましたので、まさにそのイメージ通りですね!




CapD20151003_5.jpeg

しかも走らせる日が、映画で旅をする「30年後の未来」である2015年10月21日というのも面白いです。

映画公開から30年の時を飛び越えて、新たな旅に出るというところでしょうか。




そしてその年月を上回るのが・・・!



CapD20151003_6-4.jpg


BMW3シリーズは今年、誕生40周年を迎えます!

デロリアンが時代を飛び越える車なら、
3シリーズは時代の先端を駆け続ける車です!


40周年を記念した限定モデル 34040th Anniversary editionも発売中です。




IMG_6233-2.JPG

今週末は、【ニュー BMW 3 シリーズ デビュー・フェア】を開催しております。


3シリーズと同じく、今年誕生40周年を迎えるキャンパスノートとコラボレーションしたオリジナルノートを、ご試乗記念品としてご用意致しました。


ぜひ、時代を超えて選ばれ続ける車の魅力を、お確かめ下さい。

ご来場をお待ちしております。 G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







 | Blog Top | 
   October 2015   
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31