bobukobui8.jpg
先日のブログ
で、お笑いタレントの平成ノブシコブシの吉村崇さんが、愛車のBMW i8を蹴飛ばしたり飛び乗ったりして「破天荒」ぶりを披露した、というニュースをお伝えしましたが..。



・・・またやってくれました・・・(^^;;



nobukobui8-2.jpg

今度は、フジテレビ系の「27時間テレビ」内で、破天荒ぶりを発揮してくれました。

相方の徳井さんと共に愛車の上に飛び乗ったり転がったりして、フロントガラスにひびが入ってしまったのです..。


この芸?に対してネット等ではかなり批判的な意見が多く、吉村さんは後に報道陣の前で謝罪することになってしまいました。

(しかも謝罪会場が「日本ベスト・カー・フレンド賞」の授賞式というのもつらいところです)



でも個人的には、
「ネタとしては面白く無いものの、不快に感じたり怒ったりする程でもないかな」、というのが正直な感想です。



なぜなら・・・



nobukobui8-5.jpg

(1) 今回もi8の耐衝撃性能の高さを証明してくれました!?

i8はCFRP(カーボン)の強固な骨格に、軽量なアウターパネルを被せた構造になっています。
そのパネルの大部分は熱可塑性プラスチックで、軽度の衝撃は耐えることができます。

今回はルーフやフロントフードの上にも飛び乗りましたが、やはり凹んだ後で元通りに復元しているように見えます。

(ちなみにフロントガラスにひびが入ったのは、体重が腰に付けたワイヤレスマイクの角に集中して加わったことによるもので、i8に限らず自動車全般でも起こる現象だと思います)



sanmarange.jpg

(2) お笑いタレントが愛車を壊すネタは、いわば伝統芸かも?

明石家さんまさんが愛車のレンジローバーをビートたけしさん&タモリさんに無謀な車庫入れで破壊される、なんてことも昔ありましたね..。




topgearchallenge.jpg

(3) 海外では、もっと過激な映像がいっぱいあります!

全世界的な人気を誇るTV番組TOP GEARでは、車に改造を施したり色々な挑戦をしたりと超過激な映像が盛りだくさんで、フロントガラスが割れたくらいでは驚いていられません!

(余談ですが、諸事情によりTOP GEARを離れたジェレミー、リチャード、ジェームスの3人は、Amazonと契約し新番組を制作することになったようで、何よりです。)



ぜひ、吉村さんには今後は「破天荒」かつもっと爽快な映像を期待したいところです♪

もう次は無いかもしれませんが・・・(^^;




そして、「BMWを使った過激な映像」つながりで・・・



CapD20150731_29.jpeg

日本公開が8月7日(金)に迫った「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のBMWによるスペシャルサイト(英語版)が公開になっています。



mispecial.jpg

最新版の予告編や、M3・X5 eDrive・3シリーズ・S1000RR(2輪車)をフィーチャーした映像集壁紙集もあり、BMWがこの映画にかける意気込みが表れています!



IMG_6043-2.JPG

ショールームでは今週末、映画鑑賞ペアチケットが当たるBMW3シリーズ試乗キャンペーン BMW "MISSION TO DRIVE" フェアを開催しております。

ぜひ、ミッションに挑戦してみてください。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







私はゴルフは年に数回する程度で、上手くも詳しくもないのですが..。

ゴルフ中にスマホをカラスに持って行かれる程のレベルでして..)


先日、ゴルフのメジャー選手権で最も権威のある全英オープンが開催され、その後こんな写真が出回りました。


11755645_10207016744967366_8457913392026905705_n-2.jpg

写真の右側が優勝したザック・ジョンソン選手です。

中央に映っているのは現在世界ランク2位のジョーダン・スピース選手です。

プライベートジェットで一緒にアメリカに帰国中に、スピース選手が優勝カップを借りてヤケ酒を飲んでいる?という光景のようです。


スピース選手は今年の「マスターズ」「全米オープン」を制しメジャー3連勝がかかっており、最終盤まで優勝を争っただけに悔しさも大きかったのでしょう。

ちなみにこの優勝カップは「クラレット・ジャグ」(赤ワイン・ジョッキ)と呼ばれる伝統のデザインらしいので、飲んでいるのも赤ワインかもしれませんね。



JordanSpiethClaretJug-2.png

ですが、やはり私が気になるのは、なんともいえない表情で立っているザック・ジョンソン選手が着ている///M のロゴが入ったBMW製のTシャツです。

快挙の直後に着ていることから考えても、BMWが相当にお好きなんでしょうか。


調べてみると・・・。



P90161246-2.jpg

ザック・ジョンソン選手は、米PGAツアーの1つであるBMW選手権で、2013年に優勝を果たしているようです。

ちなみにBMWはそれ以外にもBMW PGA選手権(英)、BMWインターナショナル・オープン(独)、BMWマスターズ(中国)にスポンサー契約しています。

この写真に写っているi8はホールインワン賞で(今までにZ8やi3などを含む計6台が贈られたようです)、優勝の副賞というわけでは無いようです。

優勝賞金は144万ドル!と、i8を7~8台買えるほどの金額なので、副賞にする必要が無いとも言えるかもしれませんが・・・。




Rory-McIlroy-bmw-i8-2-750x500.jpg

現在世界ランク1位のローリー・マキロイ選手も、過去にBMW選手権もBMW PGA選手権も制したことがあります。

そして、BMW i8がお気に入りの様で、アメリカで試乗したり、アイルランドの試合会場への移動手段に使ったりされたようです。




CapD20150725_2.jpeg


ザック・ジョンソン選手も、マキロイ選手も、プライベートでBMWを愛用されているかどうかは見つけられませんでしたが・・・。

///Mロゴが入ったTシャツや、試乗された時の表情から推測すると、きっと乗られていると思います!

BMW選手権に勝ち、BMWに触れて、自分の意のままに走ることやストレスなく目的地に着けることなどを気に入られたのではないでしょうか。(勝手な想像ですが・・・)


一流のスポーツマンには、一流のスポーツカーが良く似合いますね! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







SuperGT03_Header.jpg

SUPER GT唯一の海外ラウンドである第3戦:タイランドが、6月20日(土)21日(日)に開催されました。

BMW Sports Trophy Team Studie にとっては、ここは昨年にわずか0.9秒差で優勝を逃した悔しい場所であると同時に、BMW Z4が2-3-4位を占めた相性の良いサーキットでもあります。



04Z4FRONT.jpg

BoP(性能調整)が有利に定められているランキング上位チームや、実力が拮抗しているライバルチームをレースで打ち負かすために、チームは「タイヤ無交換作戦」の可能性を探ります。

SUPER GTはレギュレーションによって「給油とタイヤ交換を同時に行う事が出来ず、かつタイヤ交換は最大2人で行う」ため、無交換ならピットタイムを大幅に短縮できるのが利点です。



05tire.jpg

使える時間もタイヤも限られている中、チームはタイヤの耐久性の検証と共にセットアップ及び予選タイムアタックを緻密な計画でこなします。

そして荒選手は予選6番グリッドを見事に獲得し、「タイヤ無交換作戦」の実施を決定します。



20Z4REAR.jpg

決勝は、レース全体の展開を見据えタイヤを労わりながら走る必要があり、コーナリングが武器であるZ4にとっては厳しい戦いです。

荒選手は灼熱のタイで冷静なドライビングを続け、タイヤを最大限に温存しながら9番手でヨルグ選手に交代します..!



18z4sls.jpg

タイヤ無交換により稼ぎだした20秒のアドバンテージと、荒選手の秘めた熱い思いを受け取ったヨルグ選手は、怒涛の勢いでラップを重ねます。

同様にタイヤ無交換作戦を取り、かつ同じヨコハマタイヤを使うグッドスマイルSLSがタイヤバーストで後退したりする中、順調に順位を上げます。

終盤には決勝レースのベストラップを記録する圧巻の走りを見せ、見事3位でチェッカーフラッグを受けました!

昨年ROUND7以来、今季初の表彰台獲得です!!




24thai3rd.jpg

大胆かつ緻密なチーム戦略、荒選手の冷静な走り、ヨルグ選手の熱い走り、Z4 GT3の戦闘力、タイヤの性能と相性、全てが噛み合って得た3位表彰台です!

これにより、Studie BMWはドライバーランキング7位、チームランキング6位に上昇しました。

BoP等のハンデを跳ね返すチームプレイが、今後も期待できそうですね!




・・・そして、話は変わりまして・・・





11174991_854763561226990_4212300032713427429_n-3.jpg


BMW Sports Trophy Team Studie の 運営母体であり、BMWチューニングショップの最大手でもあるStudie AG(株式会社スタディ)さんが、ついに名古屋に出店されました。

グループ6店舗目となる Studie +NAGOYABAY- は初のSHOP in SHOP形式(スーパーオートバックスナゴヤベイ内2階フロア)で、過去最大の店舗とのことです。

フロアの中央にそびえる樹が、インパクトもセンスも抜群です。



STUDIENAGOYABAY.jpg

店内には、各種チューニングパーツ(車検対応です)に加え、SUPER GTで獲得したトロフィや、レーシングチームのパートナーでもあるC.P.COMPANYのメンズウェアなどが数多く展示・販売されています。

壁にはウイットに富んだドライバーのポスター(鈴木社長が制作されたそうです)も飾られていて、ハイセンスで居心地の良い空間になっています。



IMG_4157-2.jpg

お店の内覧会では、鈴木康昭 CEO兼チーム監督と、
なんと「ルマンウィナー」荒聖治選手!もいらっしゃったので、ご一緒に写真を撮って頂きました。

(有名人のお二人に挟まれて、ぎこちない感じになってしまいました...)

BMWワールドの発展のために、多方面で尽力されるStudieさんに、心から敬意を表します! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








※この記事は、7月17日に「新しい国立競技場についての計画が白紙に戻される」ことが発表される前に記述・掲載致しました。


150605zaha2.jpg


東京オリンピックに向けて建てられる「新国立競技場」が、最近話題になっています。

(個人的に色々と思うところはありますが、それは置いておいて・・・)

この話題を通じて、これをデザインしたザハ・ハディッドさんという建築家の名前も有名になりました。



CapD20150711.jpeg


極めて斬新なデザインを得意とする方で、「現代建築における脱構築主義を代表する建築家の一人」なんだそうです。

女性初かつ最年少で建築界のノーベル賞ことプリツカー賞を受賞されたという経歴もお持ちです。

(ちなみに安藤忠雄さんも20年前に同賞を受賞されています)


「国際的なコンペで優勝するものの、フォルムが斬新すぎて完成をみないまま立ち消えになってしまう」ことも度々あり、「アンビルトの女王(unbuilt:建たない)、なんて呼ばれたりもしているようです。




CapD20150711_1.jpeg

ちなみに実際に建設された過去の事例はこんな感じです。

景観の印象もガラリと変えてしまう程、斬新なデザインですね!




そんなザハさんは、実はBMWの施設を設計したことがあります。


CapD20150711_2.jpeg


ドイツのライプチヒ工場の一角の「セントラル・ビルディング」です。

旧東ドイツ地域で2番目の大都市であるライプチヒにあり、「電力を全て風力発電でまかなう」という画期的で新しい工場です。

外観はシャープではあるものの、ザハさんの設計にしてはおとなしいように見えますが、斬新なのは中身です。



110AC20050705D3321,Architecture,architects,Hadid,-Zaha,BMW-Plant-Leipzig,Central-Area-Interior,BMW-Plant-Leipzig,-Central-Area.jpg

なんと、オフィスの頭上をホワイトボディ(塗装前の車体)が流れて行く構造になっているのです!



CapD20150711_3.jpeg

それだけでなく、社員食堂の頭上も流れます!

音や匂いは食事の妨げにならないのかとも思いますが、問題ないのでしょうね...?




CapD20150711_10-2.jpeg



といっても、生産ラインをわざわざ遠回りさせたわけではないようです。

プレス工場と塗装工場が別棟になっており、その間にオフィス施設を作るにあたって、あえてこのような2層構造にしたということのようです。

斬新さと共に、人と車の親和性やサスティナビリティを表現することも狙っているのかもしれません...?



th_65d1300db123ce22f6e2569fb36764f8_1093__wh_4799-2.jpg


他にも、工場の一角にあるショールームもザハさんが手がけているようです。

「地表から滑らかに隆起し、2つの建物が組み合わさっている」とのことで、こちらもサスティナビリティや自然との調和を表現しているのかもしれません。

斬新な建築家と、企業の明確な趣旨の結び付きの好例?といったところでしょうか。

(ちょっとひいき目が過ぎるでしょうか・・・^^; )




最後に、冒頭の話題に戻りまして・・・


winner_work_img_1-710x434.jpg


新国立競技場の総工費は2520億円(以上?)にもなると報道されています。

莫大な金額なのでしょうが、どれほどすごい金額なのかピンと来ません。


そこで他の有名な建造物と比べてみると・・・

 603億円:日産スタジアム (1998年・日本最大のスタジアム)

 650億円:東京スカイツリー (2012年・日本で最も背が高い建築物)

1700億円:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (2001年)

等よりも大幅に大きな金額です!

(昨今は建設関連費用が高騰しているので、単純に比較はできませんが)


視点を変えると、
2100億円:ギリシャのIMFへの債務 よりも大きく、人口1千万人の国の運命を左右する金額だとも言えます。



この計画がこの先どうなっていくのかは分かりませんが...

費用は有効に、建物は有用に使えるように進めてほしいですね...!  G.Sekido



★★★★★★★ 追 伸 ★★★★★★★


このブログ掲載後の7月17日(金)に、「新しい国立競技場についての計画は白紙に戻される」ことが発表されました!





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_5961-22.jpg

いよいよ今週末は、新ショールームリニューアル・オープニング・フェアを開催致します!



IMG_5989-3.JPG

メジャー新聞2紙に全5段広告も出稿し、ラジオCMも放送しております♪




IMG_5959-2.JPG

最大6台展示可能な真新しいショールームには、最新ラインナップの展示車が揃いました。




IMG_5940-2.JPG

アクセサリーLifestyleも、最新ラインナップを取り揃えました♪




IMG_5975-3.jpg

サービス・レセプション・ベイには、420i Gran Coupe  Style Edge xDrive を展示いたしました。

3シリーズ40周年特別仕様車と同様の特別装備を施した、135台限定の特別仕様車です。




IMG_5968-3.jpg

サービス・レセプション・ベイでは、リフトアップして車両の下回り等もお気軽にご覧いただけます。

普段とは違う角度から、空気力学やボディ剛性を追求した車創りをお確かめ下さい。




IMG_5957-2.JPG

ご試乗記念品として、BMWオリジナル・オルタナティブ・フィールドキャップをご用意いたしました。

オルタナティブ」は、BMW同様にサスティナビリティと真摯に向き合う米国のファッション・ライフスタイルブランドです。

キャップの側面にはBMWのロゴが刺繍で施されています。




IMG_5890-2.JPG

ぜひ、新しいショールームと、新世代のBMWラインナップをご覧にお越しください!

ご来場を心よりお待ちしております。  G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







 | Blog Top | 
   July 2015   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31