IMG_5816-93.jpg

年初より行っておりました新車ショールームの改装工事がついに完了し、営業を開始致しました!




IMG_5790-5.JPG

整備工場が別棟に移ったこともあり、展示スペースが広くなりました。

車両を最大6台展示でき、より幅広いラインナップをご覧頂けます。




IMG_5806-6.JPG IMG_5804-2.jpg

商談スペース・サービス受付・アクセサリー展示スペースも広くなり、利便性も高めました。



IMG_5851-2.JPG IMG_5854-3.JPG

ハンドオーバー・エリア(納車室)では、プレミアムな納車体験をご提供致します。



IMG_5832-4.jpg

サービス・レセプション・ベイでは、サービスご入庫時にお客様と一緒にお車をご確認いただけます。

空調も装備しており、リフトアップして車両の下回り等もご覧頂くこともできます。



IMG_5861-3.JPG


グランド・オープンに先がけ、

6月26日(金)、27日(土)、28日(日)の10~18時は、

プレ・オープン特別披露会を開催致します。


ぜひご都合のよろしい時間にお立ち寄りいただき、最新のショールームで、最新のBMWをゆっくりとお確かめください。



CapD20150625_2-3.jpg

ご来場いただいた方には、BMWオリジナル折りたたみ傘をプレゼント致します。




IMG_5815-84.jpg


新しいショールームでは、お客様の歓びに満ちたBMWライフを、これまで以上に万全の体制でサポートしてまいります。

より一層のご愛顧を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。  G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_5720-7.jpg

TBS系火曜ドラマ「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」が、先日最終回を迎えました。

女優たちとBMWが華麗に共演する、話題の作品です。



mothergame1.jpg

mothergame4.jpg


最終回もBMWが随所に登場し、ストーリーに華を添えました。

中でも、名門幼稚園の卒業式にBMWが並ぶ光景は壮観でした。

正規ディーラーのショールーム並み?のラインナップです・・!




large_726199_2.jpg CapD20150620_2.jpeg

BMWと並ぶ見所が、セレブなママ達のファッションです。

特に壇れいさん演ずる、「小田寺グループ」社長夫人のファッションは、ハイセンスかつゴージャスで、圧巻でした・・・!

(しかも自然体で嫌味が全くない、良い人だったりします。)



mg4.jpg

その小田寺家では、仕事用に運転手付きの7シリーズ、送迎用に6シリーズX5
ご主人用にi8、奥様用にi3と複数所有していて、TPOに応じて使い分けているのもすごかったです。

i3の観音開きドアを、「これどうやって開けるの?」という台詞と共に際立たせるなどの、さりげない演出もありました。



CapD20150620_11.jpeg

ラストシーンでは、

「別荘にいたのになんで卒園式に間に合ったんだろう・・?」

「ヘリで来たんだって」 「ヘリって、ヘリコプター・・・!

という、自動車やファッションに収まらないゴージャスぶりを見せました。

(さしもの7シリーズも自家用ヘリには敵わない、という以外なオチでした)


映像とともにSuperflyによる主題歌も印象に残る、過激で面白いドラマでした。




もう一つ、BMWが登場した番組つながりで・・・。


wildstyles_nobukobuyoshimurai8081-3.jpg

お笑いタレントの平成ノブシコブシの吉村崇さんが、BMW i8を購入されたそうです。

なんとこれが免許取得後初めての愛車!で、ローンで購入されたようです。



そして「めちゃイケ キレ芸No.1オーディション」という番組に出演した際に、

その愛車i8を収録スタジオに運び込んで・・・


nobukobubmw-2.jpg

(他の出演者にあおられて) なんと自分でけっ飛ばしたり・・・!




nobukobubmw2-2.jpg

さらに上に飛び乗ったり!して、キレ芸?を見せつけたようです・・・!


そしてネット上では、そのキレ芸に対し、

さすがは自称 "破天荒" 」、とか

BMWがもったいない」とか賛否両論あるようですが...。



個人的には、とても興味深い映像だと思いました。


BMW-i8-Concept-LifeDrive-Architecture-720x509.jpg


BMW i8とi3は、CFRP(カーボン)の強固な骨格に、軽量なアウターパネルを被せた構造になっています。

そのパネルの大部分は熱可塑性プラスチックで、軽度の衝撃は耐えることができます。

(ただしフロントフードには歩行者保護性能を向上させるためにアルミを使用します)


この番組の動画を見ると、ノブコブ吉村さんが車の上でジャンプした直後に、フロントフードは元通りに戻っているように見え、その続きでチラッと写る角度でも、へこんでいるようには見えません。


なので、このキレ芸は「i8の高い衝撃吸収性と歩行者保護性能」を示しているように思います!



nobukobukire.jpg

ちなみに、その後の判定では、審査員全員からダメ出しされ、

キレ芸ではなくキレただけ」、「車は大切に乗りましょう」 と評価されました(^^;



以上、「BMWが出たTV番組の意外なオチ」についての話でした! G.Sekido





 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_5746-2.JPG

早くもグランツアラーの試乗車ができました!

プラチナ・シルバーの218d LUXURY(8AT)です。


ボディ・サイドの抑揚の効果もあり、凝縮感のあるスタイリングです。

7人乗りMPVというBMW初のカテゴリーながら、他モデルに通じる精悍さを感じます。




CapD20150612.jpeg

この試乗車には、オプションのヘッドアップディスプレイが搭載されています。

グランツアラー&アクティブツアラーに採用されたヘッドアップディスプレイは、BMW初のスクリーン式です。

スクリーンは視界を邪魔しない低い位置にあり、静かかつスムーズに電動で展開・格納します。

速度やナビ案内に加え、曲名等も表示され、安全性と利便性を高めます。


これ以外にも、ワンタッチ格納式の3列目シートや多彩な収納スペースなど、随所にBMW初の要素を備えています。

それらは使い勝手に加え品質感も高く、BMWがこのカテゴリーに進出するにあたって入念な開発が行われたことが伺えます。




IMG_5758-2.JPG

BMWが誇るディーゼルエンジンは、このプラットフォームでも光っています。

低回転から力強く、静粛性も高く、ミニバンにもうってつけのパワーユニットです。


5人乗りのアクティブツアラーと比べると、少し大柄になったこともあり、挙動はより穏やかです。

視点の高さや運転感覚は、ツーリング系とSUV系の中間といったところでしょうか。

過不足のないスポーティネス」を感じる走りです。


ぜひ、ご家族とご一緒にご試乗してみて下さい。

きっと、運転席も後席もご満足いただけると思います!



IMG_5763-3.jpg

ショールームには、5シリーズセダンの特別仕様車 Grace Line (グレースライン)が登場しました。

展示車はミネラル・ホワイトの523iです。


・限定モデル専用18 インチホイール
・限定モデル専用クローム仕上げキドニー・グリル
・アダプティブLED ヘッドライト
・LED フロント・フォグ・ランプ
・BMW Individual ハイグロス・シャドーライン・エクステリア

等の特別装備により、外観はよりエレガントかつスポーティーになっています。




IMG_5766-2.JPG

M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル付)やスポーツ・シートを特別装備しながら、「GRACE LINE」という名の通り、あくまでも上品で優雅です。

シフト・パドルは、スポーティーな走りだけでなく、高速道路でのエンジンブレーキを生かしたスムーズな減速など、優雅な走りにも役立ちます。

・ダコタレザーシート(オイスターカラー、専用ステッチ付)
・電動フロントシート(8ウェイ/運転席&助手席、運転席メモリー機能付)
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・レーンチェンジウォーニング
・マルチディスプレイ・メーターパネル(ブレーキエネルギー回生システムインジケーター付)
・リアウィンドウ・ローラーブラインド(電動)
・専用インテリアバッジ

等の特別装備は、完成の域にある523i/523dに、さらなる輝きを与えています。




IMG_5771-2.JPG


BMW 5 シリーズ セダン特別仕様車「Grace Line」は、全国合計160台限定です。

ぜひ、その特別な輝きをご覧にお越しください。  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_5698-3.jpg

【2シリーズ グランツアラー】が世界同時発売になり、ショールームに登場しました!

BMW初の7人乗りMPVです!

(以前よりX5にはオプションで7人乗り仕様の設定がありますが、7人乗りを標準仕様とするのはこの車が初めてです)


CapD20150605.jpeg


5人乗りの2シリーズ アクティブツアラーとサイドビューの画像を重ねてみました。
7人乗りのグランツアラー(画像奥)は全長・全高・ホイールベースが大きくなっています。


日本市場における、アクティブツアラーを表す言葉を「ファミリーカー」とするなら、
グランツアラーを表す言葉は「ミニバン」が最も適していると思います。


IMG_5704-2.JPG

全高とホイールベースが拡大されたこともあり、後席(2列目)はより広々としています。

床から座面までは適切な高さが確保されており、長距離ドライブも楽に過ごせそうです。



IMG_5705-2.jpg

3列目シートは子供はもちろん、2列目シートを前寄りにスライドすれば(短時間なら)大人でも乗れそうなスペースが確保されています。

シートの展開・格納は剛性感がありながら操作は軽く、質感の高さが感じられます。




CapD20150605_3-3.jpg

1シリーズ、2シリーズアクティブツアラー、2シリーズグランツアラー、3シリーズツーリングのサイドビューを、前端を揃え同縮尺で並べてみました。(数値は本国仕様で、日本仕様と一部異なります)

2シリーズグランツアラーは7人乗りながら、3シリーズツーリングよりも全長が短く、上下に厚いパッケージングです。


FF(フロントエンジン・前輪駆動)車が加わったことにより、BMWのラインナップにも厚みが増しました。

次期X1もこのFFプラットフォームを使用します)





img_43021a6c7b8001e77edadc10691b999c178825.jpg

webCGの試乗記によると、アクティブツアラーよりホイールベースが延長されたこともあり、乗り味はさらに上質になったとのことです。

「3列目シートも快適な乗り心地を備えている」という評価は、マルチリンク式リアサスペンションなど、この車が備えている基本的資質の高さがあればこそだと思います。

国産ミニバンとは一線を画した走行性能が期待できそうです。



IMG_5699.JPG

展示車は、プラチナ・シルバーの218d Gran Tourer Luxuryです。

(輸入車の)MPVで唯一のディーゼルエンジン搭載車です。

(ラインナップや価格等について詳しくは、ぜひ【CarWatch】の記事もご覧下さい)


今週末は、ぜひショールームにてその機能性の高さをお確かめ下さい。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







 | Blog Top | 
   June 2015   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30