sgt15-rd2-063-2.jpg

Super GTに参戦しているBMW Sports Trophy Team Studie の今シーズンのここまでの流れをお伝えします。


昨シーズンは、参戦初年度ながらドライバーズランキング3位と健闘しました。

BMWの「準ワークス」格チームとして、今シーズンは初優勝、さらには初タイトルを目指したいところです。


尚、昨シーズンのチャンピオンチームグッドスマイルレーシングは参戦車をZ4 GT3からSLS GT3に変えたこともあり、Studieは有力チームでは唯一、Z4 GT3を使うチームになりました。

そして日本のSUPER GTではFIA-GT3車両(Z4やSLSやR8やGT-Rなど)に加え、JAF-GT規格車両(プリウスやCR-Zのハイブリッドカー、BRZなどのSUPER GT専用車)や、今シーズンからはGT300マザーシャシー(汎用車体)が参戦可能になりました。


これらの個性に富む車両が同じ土俵で激しく戦えるように、FIAを始めとする機関によりBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)という性能調整項目(リストリクターの寸法)が定められています。

(今シーズンは、BLANCPAIN GTシリーズのプロモーターであるSROが、全ての車両のBoPを策定します。)


GT8_005.jpg

Z4は厳しい条件のBoPを課せられ、エンジン出力を制限されています。

「コーナリング性能に優れる分、直線スピードを制限されている」という感じです。


さらに、レース中の給油時間を左右する給油リストリクターについても、Z4はより厳しい条件に変更されました。

(一方、JAF-GT車両は大きく緩和され、ピット時間の短縮が図られ有利になりました)

Z4は昨年のGT300チャンピオンマシンだけあり、より厳しいハンデを負わされたという状態です。



11041682-2.jpg

そうして迎えた4月4日・5日の開幕戦・岡山は、予選は8位となりました。

一般的に予選はエンジンマップに「予選モード」があるターボ車やハイブリッド車が有利とされている中、自然吸気V8エンジンのZ4 GT3としてはまずまずのポジションと言えると思います。



10408548_621423028001764_7143881142389179200_n.jpg

雨に濡れた決勝は、Z4の優れた基本性能を生かしての追い上げが期待されます。

ドライバーの荒選手は8番グリッドから好スタートを決めたのですが・・・。



CapD20150530.jpeg


単独スピン&コースアウトで、まさかの1周目リタイアに終わりました・・・。

濡れたコーナーの立ち上がりで前車のテールがスライドし、その影響もあってスピンを誘発されたようです。

非常に残念な結果ではありますが、予選Q1はトップタイムで通過するなど速さを垣間見せていたので、第2戦以降での巻き返しを期待させました。





sgt15-rd2-015.jpg

5月2日・3日に行われた第2戦・富士は快晴に恵まれ、GW中という事もあって総入場者数は過去最高の9万1500人と大盛況になりました。



GT02_005.jpg

予選は、赤旗中断でのアタック失敗などで薄氷を踏む展開になるものの、なんとか9位を得ることができました。

ヨルグ・ミューラー選手は昨年の富士では自身のミスによるペナルティを課せられた悔しい思いもあり、決勝では何としても雪辱を果たしたいところです。



GT02_008.jpg

迎えた決勝は、ヨルグ・ミューラー選手は好スタートでポジションを上げ昨年の借りを返すものの、その後は我慢の展開になりました。

鼻先を押さえるSLSを、「コーナーでは猟犬のように追い回す」ものの、BoPにより削られたエンジンパワーによりストレートでは最高速が伸びず、どうしても抜くことができません。

ドライバーが荒選手に交代してからも、昨年までZ4を使う同僚チームであったグッドスマイルのSLSとのランデブー走行が続き、そのまま6位でフィニッシュしました。



GT02_009.jpg

これにより今シーズン初ポイントを獲得し、ドライバーランキング10位、チームランキング9位になりました。


今シーズンは、BoPや燃料リストリクターの差から、JAF-GT勢がかなり有利なようにも見えます。

(中でもプリウスは「これではGT300じゃなくてGT400だ」なんて声もあるようです)

ですが、SUPER GTは独自のウエイトハンデ制がありますので、やはり今年もシーズンが進むと混戦になってくるのではないでしょうか...?



887447.jpg

ちなみに、先日行われた伝統の耐久レース「ニュルブルクリンク24時間レース」では、
Z4 GT3が予選はポールポジション、決勝は僅差の2位と大活躍しました。

BMWのGT3車両は来シーズンからM6になる予定なのでZ4 GT3は今シーズンで見納めになりそうですが、依然として高い競争力を維持していることが表れています。



01Z4GT3.jpg

次戦ROUND3は唯一の海外戦で、タイのチャン・インターナショナル・サーキットにて6月20日・21日に開催されます。


「稀代のコーナリングマシーン」であるZ4 GT3のポテンシャルと、

BMWワークスドライバールマン・ウィナー である両ドライバーの腕で、

Studie BMWの巻き返し、そして悲願の初優勝を期待します!   G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







IMG_5660-4.jpg

デザインを一新するとともに、動力性能と標準装備レベルのさらなる向上を実現した「ニューBMW 1 シリーズ」が発売になりました。

展示車は118i M SPORT(バレンシア・オレンジ)です。

ヘッドライトはLED化されると共に形状が変更され、ぐっと精悍さを増しました。

キドニー・グリルのデザインはより立体的になり、彫の深いフロントフェイスになりました。




IMG_5667-2.JPG

リヤ・コンビネーション・ライトはL字型になり、ワイドなスタンスを強調しています。

角度によってはショート・ワゴン風にも見え、高級感も増したように思います。




Bild-Vergleich-BMW-1er-Facelift-2015-Urban-Line-F21-LCI-vs-Pre-Facelift-02-750x562-3.jpg

LCI(マイナーチェンジ)前のフェイスも、個性的で(特に見慣れてからは)魅力的に思えますが・・・。

LCI後は、よりBMWの他モデルとの共通性が高まり、普遍的で好き嫌いの分かれないスタイリングになったと思います。


スタイリング以外の進化・変更点としては、

・『衝突回避・被害軽減ブレーキ』や『LEDヘッドライト』など、安全かつ快適なドライブに貢献する数々の機能を新たに標準装備

・エントリー・モデルは300万円を切る戦略的な価格設定

といったところです。


詳しくは、ぜひ下記サイトも併せてご参照ください。

【「BMW 1シリーズ」がマイナーチェンジで顔つき一新】:webCG

【BMW、「1シリーズ」をフェイスリフト、120iとM135iの出力を向上】:CarWatch




CapD20150523-2.jpeg


現在放映されているTVCMでは、豪快なドリフト走行を披露し、1シリーズがこのクラス唯一の後輪駆動車であることを強くアピールしています。

(ちなみに途中で映るドライバーは、M4を駆って昨年のDTMダブルタイトルを獲得したマルコ・ウィットマンです!)




そして、もう少し補足しますと・・・・。

後輪駆動車、中でもFR(フロントエンジン・リアドライブ)車の魅力は、スポーティーな走りが得意ということもありますが、もちろんそれに留まりません。


ドリフトだとか、アンダーステア/オーバーステアだとか、そんな速度域や領域でなくても、どなたでも感じていただける魅力があります。




curve-fr-3.jpg



思いついたところを列記しますと、例えば・・・。




● 乗り心地の良い車を作るのに適している。

加速時は荷重が後輪寄りになるが、FFは駆動力確保の点から前輪荷重を高く維持する必要がある。そのため乗り心地(サスペンションのしなやかさ=姿勢変化の大きさ)と操縦安定性(駆動力確保)は強い相反関係になり、高いレベルで両立しにくい。
FRはそもそも加速時の駆動力確保に優れているためサスペンションをよりしなやかにでき、乗り心地と操縦安定性の両立がしやすい。



● エンジンの不快な揺れや振動が少ない、上質な走りに適している。

FFはエンジンが横置きで、回転数の変化に伴うエンジンの揺れ(スナッチ)が車両進行方向と一致するため、スナッチが加減速に影響し、微低速で不快な揺れが出る。スナッチ低減を狙ってエンジンマウントを硬くすると、アイドル振動が強く伝わる。両者が強い相反関係にあり、両立しにくい。
FRはエンジンが縦置きなので、スナッチが横方向になり加減速に影響しない。またそのためスナッチとアイドル振動を最適化したエンジンマウント設定がしやすい。



● より上質なステアリングフィールを得られる。

FRは操舵と駆動が分かれているため、アクセル操作がステアフィールに直接影響を及ぼさない。かつ路面感覚(インフォメーション)が相対的に豊かなので、雑味が少なく操舵力が軽い(パワーアシストを増加させた)ステアリングを構築しやすい。
FFは操舵系に駆動系がつながっていること(雑味の増加)、アクセル操作がステアフィールに影響する(トルクステア等)ことから、インフォメーションが相対的に乏しくなりがちであり、インフォメーションの確保と操舵力の低減が強い相反関係になり、両立しにくい。



・・・などの物理的・機械的特性があります。

(他にも動的な特性の違いもあると思いますが、これくらいにして・・・)



つまり、そもそもFR車は(速度を問わず)上質な走りに適しており、その上スポーツ走行も得意だということです。


もちろん、FF車にはスペース効率を高めやすい、コスト低減・重量低減を図りやすい等の重要なメリットがあります。

それらを踏まえた上で、BMWはこのクラスで唯一のFRを選択し続け、さらに進化させました!




IMG_3899-2.jpg

120i M SPORTの試乗車もご用意致しました。

各部の熟成が進んだこともあり、さらに上質かつスポーティーな走りになりました。

コンパクトな車体に、BMWの良さが凝縮されて詰まっています。

ぜひ、全方位的に魅力を高めたNEW 1シリーズをお確かめ下さい。

ご来場をお待ちしております。 G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







20871_7a31e9f356_m-2.jpg

今日・明日はリーフウォーク稲沢にて、弊社主催の出張展示会を開催しております。



IMG_1159-2.jpg

同会場で開催した前回の出張展示会は、お陰様で大盛況を博しました。

そこで今回は116i・218i アクティブツアラーに加え、MINI (COOPER 5ドア)も展示いたしました。

前回と比べると、今回は後ろのテナントがリニューアル中なので展示の印象が変わりましたが、それだけ車の存在感が際立ったと言えるかもしれません。



IMG_1160-2.JPG

ご年齢・ご性別を問わず幅広い方からご興味を頂いています。

アクティブツアラー、MINI 5ドアとも、初めて実車をご覧いただいた方と仰られる方も多く、出張展示の醍醐味を感じます。

間近に並んだBMWとMINIを見比べ・座り比べできるのも出張展示会ならではです。





IMG_1166-2.JPG

この2日間だけの特別プライスの116iの未使用車もご用意致しました!

5月16日(土)・17日(日)の10:00~21:00に
モール棟1Fサニーコートにて開催しております。


もちろん、ショールーム(仮営業所)も営業しております。

3シリーズ40周年特別仕様車を展示中です。


お客様のお越しをお待ちしております。 G.Sekido




 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







CapD20150509_4-5.jpg


BMW3シリーズは、1975年の初代モデルの導入から、何と40周年を迎えます。

その軌跡をまとめたスペシャルムービーも配信されています。




3SERIESHISTORY.jpg

BMW3シリーズは、コンパクト・スポーツ・セダンという市場を切り拓き、世代ごとに着実に進化しその地位を不動のものにしました。

歴代の3シリーズの特徴と進化につきましては、当ブログの過去記事
【頑固親父と3シリーズ!】もぜひ併せてご覧ください!




3er40th.jpg

そして、3シリーズが40周年を迎えることを記念して、
特別仕様車 3SERIES  M SPORT STYLE EDGE が発売になりました。




CapD20150509-2.jpg

数々の特別装備が施され、ラグジュアリーかつスポーティーに仕上げられています。

内外装の各部はブラックやグレーに塗られ、精悍でクールなイメージです。


320i、320d、320i xDriveの、それぞれセダンとツーリングがあり、計330台限定です。
(全てM SPORT、8ATです。)

ボディ・カラーはアルピンホワイト3とミネラル・グレーの設定があります。


約26万円相当の装備を施しながら、ベースモデルとの価格差は16万円ですので、リーズナブルな設定になっています。




IMG_5620-2.jpg

ショールームには、ミネラル・グレーの320dを展示いたしました。

渋く深みのある車体色と各部の特別装備によって、より強い存在感を放っています。

この車だけの特別装備である「専用グレー塗装」の18インチホイールと、
光沢仕上げのブラック・キドニー・グリルは、外観を精悍に引き締めます。




IMG_5626-2.JPG

ピアノ・フィニッシュ・ブラック・インテリアトリムにはパール・グロス・クローム・ハイライトが施され、室内をモノトーンの濃淡と輝きによって飾り、ステンレス・スチール・ペダルと共に精悍に演出します。

そして、フロント・シートヒーター付きの「Sensatec レザーシート(専用設定)」もこの車だけの特別装備です。


Sensatecとは、BMWが採用している合成皮革(Leatherette)の呼称です。

国によっては以前からオプション設定があったようですが、日本仕様でシート全面に採用されたのはこの特別仕様車が初めてだと思われます。

(ただしアームレスト部分やシートの背面部分等には、日本仕様にも従来から使われていました)



本革とSensatecの特徴は、某海外サイトの記述によると

【本革の特徴】
○より高級感がある  ○使いこむと柔らかくなる  △独特のにおいがある  
×より高価  ×傷みやすい(引っかき傷やひび割れ)  ×汚れやすい  ×冬に冷たい

【Sensatecの特徴】
○より安価  ○傷つきにくく、経年変化が少ない ○汚れにくく、ふき取りも楽
×本革とほとんど見分けがつかないものの、比べると質感に劣る

といったところのようです。




IMG_5632-2.JPG

個人的には、本革との質感の差は「言われなければ分からない程度」だと思います。

むしろSensatecの方が、濡れた衣服で乗っても色移りしないとか、メインテナンスに気を使わない等のメリットが大きいという考え方もあると思います。


ちなみに、3シリーズ M SPORTに「ダコタ・レザーシート+フロント・シート・ヒーター」を装備した場合のオプション価格は266,000円です。

この限定車は、26万円相当(そのうちSensatecシート+シートヒーターは10.5万円相当)の特別装備を施していますが、もし仮に本革シートだったとすると、26-10.5+26.6=42.1万円相当となります。


考えようによっては、「この特別仕様車はベースモデルとの価格差16万円で、42万円相当にも見える装備を備えている」とも言えるかもしれません...!?




IMG_5628-2.JPG

そんな見逃せない付加価値を備えた40周年特別仕様車は、330台限定です。

その内外装を、ぜひショールームでじっくりとお確かめ下さい。

ご来場をお待ちしております。 G.Sekido


 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







 | Blog Top | 
   May 2015   
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31