先日のブログでもご紹介しておりましたように、本社ショールームの東に別棟の新しいサービス工場を建築しておりましたが、先日ついに完成いたしました。

(新工場は来年1月6日から稼働致します。)

IMG_4933-4.jpg


そのサービス工場の完成に引き続き、ショールームを大幅にリニューアルいたします。

改装工事期間は、来年1月中旬から5月下旬程度を予定しています。

それに伴い、来年1月6日より、新車販売業務は仮営業所にて行います。


CapD20141227_1.jpeg
CapD20141227.jpeg

※新車販売は仮営業所(一宮市大和町)に引っ越しますが、
 サービス業務は現ショールーム(一宮市赤見)東隣の新工場にて行い、
 サービスフロント業務は新工場の西側に設置した仮設事務所にて行います。




仮営業所は、BMW Premium Selection 一宮(認定中古車センター)の北隣の、
MINI一宮 ワークショップ(サービス工場)が入る2階建ての建物の1階です。


CapD20141227_2-3.jpg


IMG_4983-2.JPGIMG_4988-2.JPG

< 仮営業所へ展示車を移動しました。現在も引っ越し作業を行っております >


サービス工場およびサービスフロントと新車ショールーム(仮営業所)が離れてしまうこともあり、お客様にはご不便をお掛けすることもあるかと思いますが、より良いサービスをご提供できるよう鋭意努力致しますので、何卒ご容赦のほど宜しくお願いします。


今後とも、サン・モトーレンのご愛顧を宜しくお願い致します。 G.Sekido

 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 







bmw-m4-snow-2.jpg

誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
12月28日(日)〜1月5日(月)を休業日とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。


本年のご愛顧に心より感謝致します。

来年の一層のご愛顧と当ブログのご愛読を、宜しくお願い致します。  G.Sekido

早いもので今年も残りわずかとなりました。

今年のBMWや弊社の活動を振り返るという意味も込めまして、
「今年の当ブログの人気記事ベスト5」を発表したいと思います!

※順位はアクセス数やフェイスブックの「いいね!」の数から決定しました。


ぜひこの機会にご再読ください! m(^^)m





まずは、第5位です!


CapD20140307_4-5-thumb-471x461-34727-2.jpg

【NEW 2シリーズの意外な成り立ち】

新発売と共に高い人気を博したM235iを始めとする2シリーズクーペの、意外な秘密?について書きました。
1シリーズや、3&4シリーズの違いと比較し、その成り立ちと狙いを探りました。





ほぼ同スコア?で、第5位はもう一つございます。


a1-2.jpg

【M135iの試乗車ができました!】

コンパクトな車体にM Performanceのパワフルなエンジンを搭載したM135iの試乗車についてです。
またそのライバルとされがちな某車との比較をしました。





第4位は・・・!


usmail5-2.jpg

【右ハンドルと左ハンドルの意外な歴史】

ハンドル位置の変遷を、馬車の時代にまで遡って調べました。
国による歴史の違いや、特殊な車における例外についても書きました。





第3位は・・・!

 

zanardichallenge.jpg

【不屈の人、ザナルディの挑戦】

レーシングドライバー、アレックス・ザナルディの壮絶な半生についてです。
その活躍は様々なモータースポーツやパラリンピックにまで及び、今も闘い続けます。





第2位は・・・!



CapD20140228-2-thumb-471x371-33968-2.jpg

【車の人気色の世界的な推移】

60年前からの人気色についての調査結果についてまとめました。
有彩色から無彩色へ、さらに銀から白へというのが全体的な流れですが、
地域や国や車種によっては独自の傾向も見られます。





そしていよいよ、第1位は・・・!



jitensyahidari.jpg

【自転車の交通ルールが変わりました】

1位は何と自転車に関する記事でした。幅広い方々からご関心を頂いたようです。

自転車が車道(外側線)を走る時は左側通行が義務付けられていますが、路側帯についても同様に法改正されました。
少々分かりにくいこのルールについて、さらに右側通行の危険性についてまとめました。

多くの「いいね!」を頂き、段違いに多いアクセス数を頂きました。誠にありがとうございました。




そしてベスト5ランク外ではありますが、個人的に思い入れが深い記事として・・・

idriveideal4.jpg

【iDriveに込められた理想】

ナビや各種情報の表示および操作系の配置について、考察しました。
他社の車も含めて分類し、BMW方式の利点についてまとめました。
続いてその2では、車体骨格の影響、将来的な展望についても書きました。



・・・といったところが、今年の人気記事でした。

(ぜひ【昨年の人気記事集も併せてご覧下さい)

ご愛読誠にありがとうございました。


やはり、Facebookの「いいね!」クリックを頂くと(記事をご紹介頂いた形になり)
より多くの方にお読み頂ける傾向にあるようです。



せっかく掲載するなら、
「 どこかで読めるようなありふれた内容でなく
 当社独自の情報や、ローカルネタ、マニアックネタなど
 他ではなかなか得られない情報 」 にしたいと心がけています。

数あるBMWディーラーブログの中で最も読みごたえのある内容
も目指しています。
(お客様に楽しんで頂けることはもちろん、弊社社員にとって新しい発見につながることも期待しています。)


現在の様なスタイルにご支持を頂けるようでしたら・・・

誠に勝手なお願いかとは思いますが、

ぜひ益々の「いいね!」クリックや、当ブログのお知り合いへのご紹介・拡散
なにとぞ宜しくお願いします。


ぜひ今後も引き続き当ブログのご愛読を宜しくお願いします! m(^^)m  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








恒例の【広告・宣伝】シリーズです。

最近国内外で公開された、面白い動画や広告をご紹介します!

まずはクリスマスにかけてのCMです。


CapD20141213_3.jpeg

【Rocket Ship
: BMW USA





(宇宙に興味津々のお子様にとって、嬉しいサプライズだったようです。)






CapD20141213_4.jpeg

【Wish】
: BMW USA





(エコロジー意識が高いお子様にとっても、納得の選択です)

 



同じくBMW USAからは、こんな楽しい動画も公開されていました。


CapD20141213_5.jpeg

【BMW M Initiation】
: BMW USA





名実ともに、歴史ある "///M" の文字に仲間入りします。





BMWメキシコからは、こんな一風変わった広告が出されました。


BMW-Park-Assist-Lift-1024x716.jpg

【BMW Park Assistant】 : BMW MEXICO

Park where you couldn't park before





エレベーターの中に、オオカミのお面をつけた男性に囲まれて、ただ一人ウサギのお面をつけた女性がいます。

そして、右下の BMW Park Assistant の文字の下に、

(以前なら駐められなかった場所に、駐車できます)

と書かれています。

自動運転で縦列駐車できる装備(日本でのオプション名:パーキング・アシスト)の利点を、比喩的に表現しているようです。

BMW-Park-Assist-Sauna-1024x716.jpg

他にも、サウナ編(猫&鳥)もあります。こちらも強烈なビジュアルですね。


縦列駐車は、不慣れな人にとっては「天敵に囲まれた閉鎖空間」だったようです。

直接的な表現よりも感性に訴えかけ、より印象に残りそうな広告です。





次のブラジルでの広告も、ひねりが効いています。

140619_32_braga_motors_-_bmvv_english_aotw_aotw-2.jpg






ぱっと見では
BMW  (ビーエムダブリュー) のようですが、よく見ると
BMVV  (ビーエムブイブイ)    と記されています。


そしてその下に、

近いです。しかし完全ではありません。
BMW純正部品のみをご使用ください。

と書かれています。


「安価な社外品は似て非なるものです」というメッセージを

写真やイラストを使わず文字の並びのみで伝えています。

(元々、「」はフランス語<ドゥブル・ヴェ>やイタリア語<ドッピョ・ヴ>では「2つのV」という読みなので、それも踏まえているかもしれません)




そして最後に、BMW JAPANの広告です。

CapD20141213_10-2.jpeg

【BMW Service コンセプト・ムービー アンチエイジング篇】
: BMW JAPAN


一見、穏やかな映像ですが、力強いメッセージが盛り込まれています。




アンチエイジング篇.jpg


愛車のメインテナンスは、ドライバーにも目覚ましいリフレッシュ効果があるようです!



ついでに、BMWではありませんが・・・



CapD20141213_12.jpeg


MINIの楽しい広告を集めたページ
がありましたので、ご紹介致します。



以上、最近の面白い広告でした!

(過去の作品はカテゴリ【広告・宣伝】からもご覧いただけます)

また楽しい広告が集まりましたらご紹介致します。  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








GT8_005-3.jpg

11月15日(土)・16(日)に、SUPER GTの第8戦MOTEGI が開催されました。

今シーズン最終戦であり、いよいよタイトルが決定します。


第7戦を終えた時点で、グッドスマイル ・ Studie ・ LM corsa のBMW勢は

ドライバー・ランキング1位  (同点)2位 ・6位

チーム・ランキングで   1位  (単独)2位  ・6位 という成績です。

BMWは3年ぶりのタイトルに王手をかけている状況です。


そして最終戦はレギュレーションによりウエイトハンデが課されませんので、各車の真の速さがそのまま表れます。


photo-030.jpg

但し、強力なライバルのGAINER SLS(ドライバーランキング同点2位、チームランキング3位)は、最終戦の舞台ツインリンクもてぎを大の得意にしています。

STOP&GOが多いコース特性に、ブレーキ性能に優れたマシン特性が合っており、昨年は2位以下を周回遅れにする程のぶっちぎりの優勝でした。


グッドスマイルは、ポイントで先行して有利ではあるものの、決して楽観視できる状況ではありません。
仮にGAINER SLSが優勝したとすると、3位以上にならないとタイトルは獲得できません。


Studieは、ぶっちぎりに速いSLSに勝ちかつグッドスマイルが崩れる展開になる必要があり、現在2位ではあるものの普通に戦ったのではタイトル獲得は困難な状況です。

そしてStudieは、無難に2位キープを狙うか、リスクを承知でタイトルを狙うかを考えた末、後者を選択しました。

気温が予想より低くなることに賭け、それに的を絞ったタイヤ選択をしたのです。


60074_47850391.jpg

> 山間部にあるサーキット ツインリンクもてぎは11月になると急激に冷え込みます。しかも、今年のSUPER GTは、タイで初開催された第7戦の日程の影響を受け、昨年よりも10日以上も開催が遅くなりました。チームは、ここに勝利の可能性を見出します。この レースに向けて、低い気温と路面温度で最大限にパフォーマンスを発揮するタイヤを調達したのです。厳しく底冷えするという気象条件さえ満たされれば、最終戦のポールトゥウィンも視野に入ってきます。

SUPER GTはレギュレーションによってタイヤの使用本数を制限しているため、作戦に替えは利きません。

もし気温が高くなれば予選・決勝共に惨敗してしまいますが、低くなれば大逆転のタイトル奪取もありえます。


そして運命のレース週末になり、その天候は・・・

GT8_001-2.jpg

透き通った秋晴れに恵まれました。路面温度は、作戦の成功に必要とされた温度を大きく上回る23℃になりました。

この時点で、Studieが描いた大逆転のシナリオは実現困難になってしまいました。


本数の限られたバックアップ用のタイヤを労わりながら戦いましたが、予選は健闘空しくQ1敗退の14位に沈みました。

決勝はタイヤ無交換作戦を敢行し追い上げを見せるものの、7位で最終戦のゴールラインを駆けぬけました。



その一方・・・

CapD20141206.jpeg

グッドスマイルは予選日朝の練習走行では8位に沈み、セットアップに苦しみました。

仮にGAINER SLSが優勝したとすると3位以上にならないとタイトルは獲得できませんが、このタイムではそれは望めません。

そこで、ほぼ全てのセッティング項目を大幅に変更するという「大ギャンブル」に出て、予選3番手を獲得しました!

(対するライバルGAINER SLSは、予想通りポールポジションを獲得します)


そして、運命の決勝を迎えます。

CapD20141206_2.jpeg

タイヤが温まりきらない1周目に、事前の狙い通りOGT PRIUSを抜き2位に順位を上げます。

ですがGAINER SLSには離される一方で、後ろからはRn-SPORSTS SLSやAUDI R8に追い立てられます。

ついに23周目はRn-SPORTS SLSに、26周目にはR8に抜かれてしまい4位にダウンし、王座奪還に赤信号が灯ります。タイヤの消耗も激しいです。

Z4と同じヨコハマタイヤタイヤを使う他のチームはタイヤ無交換またはリア2本のみ交換という作戦が多い中、グッドスマイルは交換時間が長くなるのを覚悟で4本交換作戦を選び、27周目にピットインします。

ドライバー交代(片岡選手から谷口選手へ)およびタイヤ交換を終えると8位まで後退しましたが、他車のタイヤ交換などに乗じ、4位にまで順位を上げます。

そして、タイヤ交換を2本に留めることで前に出たR8をタイヤが温まる前にオーバーテイクし、タイトル条件の3位に浮上します!(GAINER SLSはトップを快走しています)

残り15周ほどはZ4の背後にR8が迫り続け、3位争いがタイトルを左右する展開になります。

そして・・・!


CapD20141206_3-2.jpg

グッドスマイルが粘りの走りで3位を死守し、ゴールしました!!



01GSRZ4.jpg

Z4にとって、2011年以来3年ぶりの王座奪還です!!!



KV_20141120.jpg

SUPER GT 2014(GT300クラス)の最終ランキングは、以下の結果となりました。
 
【ドライバーランキング】

1位 グッドスマイル 初音ミク Z4 谷口 信輝、片岡 龍也
2位 GAINER SLS         平中 克幸、 ビヨン・ビルドハイム
3位 Studie BMW Z4       荒 聖治、    ヨルグ・ミューラー

7位 TWS LM corsa BMW Z4 吉本 大樹

 
【チームランキング】
1位 GAINER
2位 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
3位 BMW Sports Trophy Team Studie

5位 LM corsa


ドライバーランキングで、BMW勢は1-3-7位を占めました!

(スポット参戦ドライバーのポイントも加算されるチームランキングと比べ、
継続性が要求されるドライバーランキングの方が重要視され、メインタイトルとして扱われます。)


CapD20141206_5-2.jpeg

準ワークスチームともいえるStudieは、参戦初年度ながら3位と健闘しました。

第2戦での初歩的なミスによるペナルティや、第3戦での予選時のトラブルが無ければ、BMW勢で1位&2位を占められたかもしれませんが・・・。



そんな「たられば」を考えるよりも、グッドスマイル王座奪還を素直に喜ぶべきかも知れませんね!


01supergt.jpg

谷口 信輝選手、片岡 龍也選手、片山 右京監督、おめでとうございます!

さすがチャンピオン経験チーム&ドライバーは、戦い方の懐が深いですね!



photo-099.jpg

来シーズンのSUPER GTは、どんな展開になるのでしょうか?

BMW勢の更なる活躍を期待します! G.Sekido 



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








 | Blog Top | 
   December 2014   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31