こんにちは。BPS一宮のMinouraです。前回のブログの続きです。

(1日目は移動&ホテル宿泊、2日目はミュンヘン市内観光でした。

 3日目はまずBMW Weltに行き、BMWの最先端を体感しました。)

そしてその次はBMWミュージアムに行きました。

CapD20141030.jpeg

BMW ミュージアムは、1973年に開館した歴史ある博物館です。

ボウル状の形状や屋上に描かれたBMWマークが特徴的です。

その形状からフォーシリンダー(4気筒)ビルと呼ばれるBMW本社ビルと共に、ミュンヘンの観光名所の一つでもあります。

2008年にリニューアルされ、一気にそれまでの5倍の規模になりました。



BMW_Museum-1.jpg

歴代の4輪車および2輪車が展示してあり、BMWの歴史の全てを見られます。

F1(ブラバムBT52)は、ネルソン・ピケが乗り年間タイトルを獲得した名車です。

F1史上初めてターボエンジンを搭載して優勝したという、時代を先駆けた車です)

他にも3.0CSIや、BMWイセッタなどの希少な車も展示されています。



BMW_Museum-3.jpg

BMW507
は、生産台数わずか252台の「幻のロードスター」です。

市販車第1号はエルヴィス・プレスリーが購入したと逸話もあるほどなので、その美しさは当時でも随一だったと思われます。

3シリーズは歴代のモデルに加え、デザイン検討用のクレイ(粘度)モデルも展示されています。

歴代の各モデルのエンブレムが年代別に吊るされているなど、展示内容は幅広く、展示方法も芸術的でした。

画像でしか見たことがなかった数々の名車を実際に見られ、とても面白かったです。



3日目の午後からはBMW Niederlassung Munchen (ニーダーラッセン ミュンヘン)を見学しました。

Q0lNRzc0ODMtMlfo.jpg

(全体が収まった写真がなかったので、当ブログの一昨年の記事
 ドイツ&イギリス研修旅行のレポートです! の写真を引用しました。)

メーカーが直接運営する、規模も内容もケタ違いのメガ・ディーラー
です。


まずは認定中古車センターにお邪魔します。


ニーダーラッセン4.jpg

建物は4階建てでなんと1000台近くの中古車が展示されており、年間で万単位の台数を販売するという巨大な施設です。

(階段の脇の壁はボルダリングができるようになっており、遊び心があります。)

迷ってしまう程多くの車が展示されていますが、ドイツでも白と黒が人気色だそうです。

ドイツではBMWの新車はリースで購入し3年後に買い替えるケースが多いこともあり、並んでいる車はほとんどが新しいモデルです。

走行距離は3年で5~6万kmが多いとのことなので、日本の平均的なペースの倍といった感じでしょうか。

その下取車を徹底的に仕上げてから展示するのですが、点検・整備・磨きの作業エリアも広大です。



ニーダーラッセン5.jpg

フロア毎に展示車種および担当セールスコンサルタントが分かれています。

セールスは100人近くいて、平均で年間150台程、トップセールスの人で250台程販売されるとのことで、それも驚きです。

セールス1人1人に、広い商談スペースがあります。(この綺麗な女性のセールスの方も、販売成績がとても良いそうです)

BMWのフルラインナップが揃っている上に、MINIの展示コーナーもあります。

カフェコーナーもあり、じっくり腰を落ち着けて車選びができそうです。




次に訪れた新車ショールームも桁違いの規模です。

ニーダーラッセン新車.jpg

天井は高く、高級感があり、落ち着いた雰囲気です。

こちらもセールス毎に広い商談スペースがあり、大きなモニターも装備されています。

実車に加え、その大きなモニターも使って車の仕様を検討できます。

i やアルピナやアクセサリーの展示コーナーがあり、本格的なカフェもあります。

家族みんなで来ても飽きなさそうなショールームでした。


さすがBMWのおひざ元ミュンヘンだけあり、新車も中古車も圧倒的なスケールと内容の販売拠点でした。

(BMWが描く理想の販売形態というところでしょうか・・?)




ミュンヘン観光3.jpg

4日目は自由行動です。お土産を探しながら街を歩いて観光しました。

色々な大道芸人がいましたが、そのクオリティの高さには驚きました。

トイレを利用する際には、入口に座っている掃除の人にチップ(30~50セント)を払うのがマナーだそうです。(たまたま持ち合せが無かったので1ユーロ置いたらすごく喜んでくれました。)

ミュンヘンは駐車場が少ないためか、多くの道は駐車禁止ではなく、ほとんどの車は路上駐車していました。

帰る途中、地下鉄の方面を間違えて乗ってしまいましたが、英語で道を尋ねたら何とか帰ることが出来ました。
でも英語はあまり通じない印象でした。聞き手より話し手(私)側の問題かもしれませんが・・・(笑)



レンタカーX3.jpg

最終日5日目は、BMWのレンタカーでアウトバーンドライブです。

1台につき3人ずつ乗り、片道190kmほどを交代で運転し目的地に向かいます。

ラインナップは、X6・X3・630d・535d・523d・420dなどがありましたが、私はX3の20d に乗ることになりました。(幸か不幸か、現在の私の愛車とほぼ同じです。)

アウトバーン(ドイツの高速道路)はほぼ無料で走行ができ、場所によって時速80km規制・100km規制・120km規制・規制なしと分かれています。

折角のアウトバーン走行なので、規制なし区間では何キロまで速度が上がるか試してみました。

2LディーゼルエンジンのX3は、時速160km辺りまではスムーズに上がりましたがそこからの伸びが鈍り、時速200kmが最高でした。

一番流れが遅い右車線でも時速120kmほど出ていたので全体的に早く、速度差が大きくないのでそれほど怖さは無かったです。



左ハンドルかつ慣れない右側走行に初めは戸惑いましたが、あらかじめ設定されていたカーナビの誘導で、なんとか目的地ノイシュヴァンシュタイン城まで到着しました。

Neuschwanstein.jpg

第4代バイエルン国王ルートヴィヒ2世によって19世紀に建てられた、実は比較的新しいお城です。

(お城の内部は撮影禁止だったので写真はありませんが、とても豪華な内装でした。)

アメリカや香港のディズニーランドのシンデレラ城のモデルになっただけあって、まさにおとぎ話の世界を現実にしたという印象です。

世界の名城25選」の第1位に選ばれる程の、華やかな外観・豪華な内装・素晴らしい眺めに感動しました。



そしておとぎ話の世界を後にし、有意義な研修旅行の帰途につきました。


germanytrip.jpg

研修中に撮影した全ての写真を、WEBアルバムに掲載致しましたので、宜しければこちらもご覧下さい。



ヨーロッパへはなかなか行ける機会がなかったので、今回のドイツ研修旅行はとても貴重な体験になりました。


ドイツのディーラーへ行き実際に商談している光景を見て、日本よりもゆったりしている感じがしました。

日本はどちらかというと商売っ気が強いスタイルが多いですが、ドイツの商談スタイルはよりフレンドリーだと思います。


やはりドイツでも、BMWを所有するということは一つのステータスであり、若い人たちの夢でもあるようです。

その夢をもっと提供できるよう、歴史あるBMWを熟知して今後の販売活動に携わっていきたいと思いました。



以上、長文になりましたが、お付き合い頂き誠にありがとうございました!



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








Comment


   October 2014   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31