こんにちは。BPS一宮のMinouraです。前回のブログの続きです。

(1日目は移動&ホテル宿泊、2日目はミュンヘン市内観光でした。

 3日目はまずBMW Weltに行き、BMWの最先端を体感しました。)

そしてその次はBMWミュージアムに行きました。

CapD20141030.jpeg

BMW ミュージアムは、1973年に開館した歴史ある博物館です。

ボウル状の形状や屋上に描かれたBMWマークが特徴的です。

その形状からフォーシリンダー(4気筒)ビルと呼ばれるBMW本社ビルと共に、ミュンヘンの観光名所の一つでもあります。

2008年にリニューアルされ、一気にそれまでの5倍の規模になりました。



BMW_Museum-1.jpg

歴代の4輪車および2輪車が展示してあり、BMWの歴史の全てを見られます。

F1(ブラバムBT52)は、ネルソン・ピケが乗り年間タイトルを獲得した名車です。

F1史上初めてターボエンジンを搭載して優勝したという、時代を先駆けた車です)

他にも3.0CSIや、BMWイセッタなどの希少な車も展示されています。



BMW_Museum-3.jpg

BMW507
は、生産台数わずか252台の「幻のロードスター」です。

市販車第1号はエルヴィス・プレスリーが購入したと逸話もあるほどなので、その美しさは当時でも随一だったと思われます。

3シリーズは歴代のモデルに加え、デザイン検討用のクレイ(粘度)モデルも展示されています。

歴代の各モデルのエンブレムが年代別に吊るされているなど、展示内容は幅広く、展示方法も芸術的でした。

画像でしか見たことがなかった数々の名車を実際に見られ、とても面白かったです。



3日目の午後からはBMW Niederlassung Munchen (ニーダーラッセン ミュンヘン)を見学しました。

Q0lNRzc0ODMtMlfo.jpg

(全体が収まった写真がなかったので、当ブログの一昨年の記事
 ドイツ&イギリス研修旅行のレポートです! の写真を引用しました。)

メーカーが直接運営する、規模も内容もケタ違いのメガ・ディーラー
です。


まずは認定中古車センターにお邪魔します。


ニーダーラッセン4.jpg

建物は4階建てでなんと1000台近くの中古車が展示されており、年間で万単位の台数を販売するという巨大な施設です。

(階段の脇の壁はボルダリングができるようになっており、遊び心があります。)

迷ってしまう程多くの車が展示されていますが、ドイツでも白と黒が人気色だそうです。

ドイツではBMWの新車はリースで購入し3年後に買い替えるケースが多いこともあり、並んでいる車はほとんどが新しいモデルです。

走行距離は3年で5~6万kmが多いとのことなので、日本の平均的なペースの倍といった感じでしょうか。

その下取車を徹底的に仕上げてから展示するのですが、点検・整備・磨きの作業エリアも広大です。



ニーダーラッセン5.jpg

フロア毎に展示車種および担当セールスコンサルタントが分かれています。

セールスは100人近くいて、平均で年間150台程、トップセールスの人で250台程販売されるとのことで、それも驚きです。

セールス1人1人に、広い商談スペースがあります。(この綺麗な女性のセールスの方も、販売成績がとても良いそうです)

BMWのフルラインナップが揃っている上に、MINIの展示コーナーもあります。

カフェコーナーもあり、じっくり腰を落ち着けて車選びができそうです。




次に訪れた新車ショールームも桁違いの規模です。

ニーダーラッセン新車.jpg

天井は高く、高級感があり、落ち着いた雰囲気です。

こちらもセールス毎に広い商談スペースがあり、大きなモニターも装備されています。

実車に加え、その大きなモニターも使って車の仕様を検討できます。

i やアルピナやアクセサリーの展示コーナーがあり、本格的なカフェもあります。

家族みんなで来ても飽きなさそうなショールームでした。


さすがBMWのおひざ元ミュンヘンだけあり、新車も中古車も圧倒的なスケールと内容の販売拠点でした。

(BMWが描く理想の販売形態というところでしょうか・・?)




ミュンヘン観光3.jpg

4日目は自由行動です。お土産を探しながら街を歩いて観光しました。

色々な大道芸人がいましたが、そのクオリティの高さには驚きました。

トイレを利用する際には、入口に座っている掃除の人にチップ(30~50セント)を払うのがマナーだそうです。(たまたま持ち合せが無かったので1ユーロ置いたらすごく喜んでくれました。)

ミュンヘンは駐車場が少ないためか、多くの道は駐車禁止ではなく、ほとんどの車は路上駐車していました。

帰る途中、地下鉄の方面を間違えて乗ってしまいましたが、英語で道を尋ねたら何とか帰ることが出来ました。
でも英語はあまり通じない印象でした。聞き手より話し手(私)側の問題かもしれませんが・・・(笑)



レンタカーX3.jpg

最終日5日目は、BMWのレンタカーでアウトバーンドライブです。

1台につき3人ずつ乗り、片道190kmほどを交代で運転し目的地に向かいます。

ラインナップは、X6・X3・630d・535d・523d・420dなどがありましたが、私はX3の20d に乗ることになりました。(幸か不幸か、現在の私の愛車とほぼ同じです。)

アウトバーン(ドイツの高速道路)はほぼ無料で走行ができ、場所によって時速80km規制・100km規制・120km規制・規制なしと分かれています。

折角のアウトバーン走行なので、規制なし区間では何キロまで速度が上がるか試してみました。

2LディーゼルエンジンのX3は、時速160km辺りまではスムーズに上がりましたがそこからの伸びが鈍り、時速200kmが最高でした。

一番流れが遅い右車線でも時速120kmほど出ていたので全体的に早く、速度差が大きくないのでそれほど怖さは無かったです。



左ハンドルかつ慣れない右側走行に初めは戸惑いましたが、あらかじめ設定されていたカーナビの誘導で、なんとか目的地ノイシュヴァンシュタイン城まで到着しました。

Neuschwanstein.jpg

第4代バイエルン国王ルートヴィヒ2世によって19世紀に建てられた、実は比較的新しいお城です。

(お城の内部は撮影禁止だったので写真はありませんが、とても豪華な内装でした。)

アメリカや香港のディズニーランドのシンデレラ城のモデルになっただけあって、まさにおとぎ話の世界を現実にしたという印象です。

世界の名城25選」の第1位に選ばれる程の、華やかな外観・豪華な内装・素晴らしい眺めに感動しました。



そしておとぎ話の世界を後にし、有意義な研修旅行の帰途につきました。


germanytrip.jpg

研修中に撮影した全ての写真を、WEBアルバムに掲載致しましたので、宜しければこちらもご覧下さい。



ヨーロッパへはなかなか行ける機会がなかったので、今回のドイツ研修旅行はとても貴重な体験になりました。


ドイツのディーラーへ行き実際に商談している光景を見て、日本よりもゆったりしている感じがしました。

日本はどちらかというと商売っ気が強いスタイルが多いですが、ドイツの商談スタイルはよりフレンドリーだと思います。


やはりドイツでも、BMWを所有するということは一つのステータスであり、若い人たちの夢でもあるようです。

その夢をもっと提供できるよう、歴史あるBMWを熟知して今後の販売活動に携わっていきたいと思いました。



以上、長文になりましたが、お付き合い頂き誠にありがとうございました!



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








こんにちは。ブログ初登場の、BPS一宮のMinouraです。

多くのお客様にご愛顧頂きましたお陰をもちまして、
私の入社以来のBMW累計販売台数が、300台に到達いたしました。

誠にありがとうございます。深く御礼申し上げます。


そして先日、全国のBMWディーラーの累計販売300台達成者と一緒に、ドイツ研修旅行に行って参りました。

その7日間の研修旅行の報告をさせて頂きます。
(ちなみに私はヨーロッパ旅行はこれが初めてです)


1stday-2.jpg

羽田空港より12時間ほど飛行機に乗り、ドイツのミュンヘン空港へ到着しました。

そして空港から市内のホテルへ、アウトバーン経由でバスにて移動します。

当然かもしれませんが、道路を走る車はドイツ車ばかりです。

クリーム色のタクシーがたくさん走っており、その多くがベンツのEクラスでした。

もちろんBMWも多く走っており、セダンに加えツーリング(E30~E90系3シリーズ、F10系5シリーズ)やSAV(X5・X3)も多く見られました。
オープンカー(カブリオレ)も日本に比べて多かったです。

ちなみに、ドイツ国内でのBMW車のなんと90%はディーゼル車だそうです。

道路沿いに大きなBMWマークが付いた建物が見えてきましたが、BMWの関連施設という訳ではなく壁面広告とのことで、さすがBMWのお膝元です。



しばらく走ってホテル(ヒルトン・ミュンヘン・シティ)には夜に到着しました。

①ホテル-3.jpg

夕食はドイツ料理で、ドイツビール(レーベンブロイ)、前菜はサラダ・スモークサーモン、塩の付いたパン(プレッツェル)、メインはローストビーフとソーセージが出てきました。

料理はすごくおいしいかと聞かれると正直なところ微妙でしたが、本場ドイツならではの味だったのかもしれません。


街中は、意外なことに日本のように禁煙/喫煙場所の区別が無く、ほぼどこでも喫煙可能でした。

また、動物の立ち入り制限が無いのか、洋服店内や地下鉄の列車の中にまでペットも一緒に入ってきて驚きました。

清潔・不潔に関する基準や、個人の自由や責任に対する考え方が、日本人とかなり違うように感じました。



2日目は、ミュンヘン市内観光です。

午前中はニンフェンブルク宮殿へ行きました。

②ニンフェンブルグ宮殿.JPG

ミュンヘン西部に17世紀に造られ、バイエルン大公の夏の間の離宮として使われていたそうです。

とにかく庭園が広く、歩くのが大変な程でした。



②-1-2.jpg

大広間は豪華なフレスコ画で飾られているなど、室内は隅々まで美しい装飾が施されていました。



②-3-3.jpg

バイエルン国王ルードヴィヒ1世は美女を好み、この離宮にヨーロッパ中の36人もの美女を集めて過ごしていたとの伝説があるそうです。(しかもお気に入りの順位が決まっていたそうです。あくまでも伝説ですが。)

その36人の美女の肖像画を1部屋に集めてありました。



その次はミュンヘン・レジデンツ(宮殿)の観光です。

ミュンヘンレジデンツ.jpg

14世紀から500年も増改築を繰り返したとのことで、幅広い時代の内装や調度品を見られます。

写真左下の「ペルセウスの泉」の装飾は全て貝殻でできているとのことで、独得の雰囲気がありました。



午後はミュンヘン駅周辺の観光をしました。

ミュンヘン駅周辺.jpg

お膝元ミュンヘンだけあって、パトカーもBMWです。

そして昼食会場は、ミュンヘンの6大ブリュワリーの一つで世界中でもっとも有名なビアホールであるHofbräuhausホフブロイハウス) です。

ビールの本場かつ400年以上の歴史を誇るだけあり、格別な味がします。(そんな気がします)

マリエン広場から見えるミュンヘン新市庁舎の中央には仕掛け時計があり、時間になると動き出す人形が多くの観光客を沸かせていました。



3日目からは、いよいよBMWにどっぷり漬かります。

まずはBMW Welt (英語にするとBMW World)の見学です。

BMWの最先端を体感できる巨大な施設です。

UDEwMDA4OTMtMxf2.jpg

(全体が収まった写真がなかったので、当ブログの一昨年の記事
 ドイツ&イギリス研修旅行のレポートです! の写真を引用しました。)

大きさもすごいですが形状も凝っていて、圧倒されるほどの外観です。



BMW_WELT1.jpg

内部はとても多くの人で賑わっています。

最先端技術を解説する展示物やドライビングシミュレーターもあり、年齢を問わず楽しまれていました。



BMW_WELT2.jpg

最新モデルを含むフルラインナップが展示されていて、そのほとんどは座れるようになっています。

やはりi8やM4が人気がありましたが、購入を検討している車種を真剣に見ているドイツの方?も多い印象です。



BMW_WELT3.jpg

BMWグループであるMINIやロールス・ロイスやライフスタイルの展示もあり、まさに「BMWワールド」という展示内容です。

グッズ売り場では、ここでしか購入できないアクセサリー等がたくさんありました。

(キーホールダーの裏に名前を刻印できるサービスがあったので、お土産として製作してもらいました。)


全体的に、BMWが好きな人はもちろんそうでない人も、老若男女を問わず楽しめるように配慮されているのが印象的でした。

東京のお台場に来年秋に完成予定の「BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)」も、このような感じになるんでしょうか・・・?




研修旅行はまだまだ続きますが、文章が長くなりましたので今回はここまでにさせて頂きます。

BMW_Germany.jpg


次回をお楽しみにお待ちください。



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








CapD20141016.jpeg


BMW、BMW M、BMW i の最高峰を極めたモデルが夢の共演を果たす「BMW MASTERS」を、本日10月16日(木) 13:00~21:00に名古屋マリオットアソシアホテル16Fにて開催致しております。



IMG_4720-2.JPG

注目は、名古屋初登場となるi8(右ハンドル)です。(私も間近で見るのは初めてです)

低く構えた精悍なフォルムと斬新なディテールで、存在感が際立っています。



IMG_4718-3.jpg

BMWの量産車として初のシザードア(ガルウイング)を持つi8は、「翼を広げる準備はできている。」という台詞が印象的なTVCMで、知名度が高まりました。

(ちなみにそのTVCMシリーズ3作は、有名監督と有名俳優による作品のようです。)

既存の他社のスーパーカーとは異なるスマートさと未来性を全身から発しています。

街中では視線を独り占めすることは間違いないと思います。



i8-4-2.jpg

ボディ各部のディテールは斬新かつ品質感が高いです。

デザイン的な新しさと機能性を両立していると思われ、訴求力があります。



IMG_4711-2.JPG

内装は、機能的には普遍のBMW流を貫きながら、面構成と色使いが斬新です。

BMW i のテーマカラーである水色が、各部の差し色やシートベルトやステッチに加え、LEDによる線状の照明にも使われています。

既存の高級車とは異なる高級感と、既存のスーパーカーとは異なるスポーティネスがあります。



i8-4-in.jpg

後席は荷物置場または幼児用といった感じですが、それがあることで2シーター車では得られない利便性を確保しています。

ドアの開口部周りはカーボン・ファイバー素材(CFRP)が直に見え、視覚的にも軽さと新しさをアピールします。



IMG_4744-3.JPG

そして、今回の展示会の隠れた主役?が、ルイ・ヴィトンの特別展示です。

BMW i8とコラボレーションしたコレクションである、「ウイークエンダーGM i8」「ガーメントバッグi8」「ビジネスバッグi8」「ウイークエンダーPM i8」のフルラインナップが揃っています。



i8-4-lv.jpg

このコレクションは、i8とのコラボレーションだけあり、カーボンファイバー素材が用いられおり、i8の各部のラゲッジスペースにぴったり収まるように作られています。

i8のオーナー限定というわけではなく、どなたでもご購入いただけます。
(名古屋では、ルイ・ヴィトン名古屋栄店にて注文受付中とのことです)

4点合計で290万円強!(消費税込)と、i8の車格に相応しい?商品です。(1点からでもご購入いただけます)



ご紹介がi8に偏ってしまいましたが、他にも魅力的で特別な車が展示されています。

30jahre-2.jpg

M5の30周年を記念する特別限定車「30 Jahre M5」(世界限定300台、日本限定11台)や、750Li Individual は、MおよびBMWの最高峰を極めたモデルです。



I3-4-1.jpg

先進性が際立つi3にも、じっくりと触れてご覧いただけます。

他にも、M6 グランクーペActiveHybrid 7 Executive 等も展示しています。



IMG_4771-2.jpg

本日の21時まで開催しております。

ぜひ、BMWの各ジャンルの最高峰をご覧にお越しください。

ご来場をお待ちしております。 G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








photo-025.jpg

10月4日(土)・5(日)に、いよいよラスト2戦となったSUPER GTの第7戦タイランドが開催されました。

完成したばかりのブリーラム・サーキットにとっては「こけら落とし」レースであり、各チームともぶっつけ本番の戦いとなりました。

その暑い国での熱い戦いのGT300の結果は・・・。


gt300tailand.jpg

BMW勢が2-3-4位に入賞し、シーズン最終盤で貴重なポイントを獲得しました!

グッドスマイル 予選 6位・決勝3位ドライバー11・チーム 14ポイント

Studie      予選 3位・決勝2位 (ドライバー15・チーム18ポイント)

LM corsa   予選15位・決勝4位 (ドライバー8・チーム11ポイント)

という結果です!


supergttai234.jpg

特にStudieは凄まじい走りで、終盤は1位をタイム差1秒以内まで追い上げました。

あと数週あったら初優勝も狙える程の、僅差の2位でした。



CapD20141011.jpeg

グッドスマイルはラスト数周でLM corsaとのBMW対決を制し3位となり、久々に表彰台に上りました!



POINTRANKINGGT300-7.jpg


この結果により、グッドスマイル Studie LM corsa のBMW勢は

ドライバー・ランキング1位 → (同点)2位 ↑ ・6位 ↓

チーム・ランキングで  1位 → (単独)2位 ↑ ・6位 ↓ となりました。


タイトル獲得の可能性は、ドライバー/チームともに、グッドスマイルStudieと、GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)の3車に絞られました。

その中でもグッドスマイルが、頭一つリードしている状況です。




最終戦である第8戦MOTEGIは、11月15日(土)・16(日)にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催されます。

レギュレーションにより最終戦はウエイトハンデが課されませんので、各車の真の速さがそのまま表れます。


CapD20141011_1-2.jpg


今年はこれまでにZ4が3勝、他はCR-Z・ガヤルド・BRZ・GT-Rが各1勝しています。

Z4のポテンシャルの高さは明らかだと思われますので、Z4にとって3年ぶりのタイトルがいよいよ近づいてきました・・・!?




そして、サーキットのみならず、弊社でもZ4の情熱を体感して頂けます!!


IMG_4669-2.jpg


なんと、特別限定車 Z4 GT Spirit の試乗車 ができました!!


z4spiritdemo3.jpg

サーキットの情熱を感じさせる数々の特別装備の効果もあり、見た目も乗り味もとてもスポーティーです。

(ちなみに写真右下は、Mストライプ・ステッカーを剥がしたイメージです)


「Z4に乗って、SUPER GT最終戦をご観戦に」 なんていかがでしょうか・・・

ぜひZ4の情熱を、試乗車にてご体感下さい! G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








今週末は佳境に差し迫ったSUPER GTの第7戦タイランドが開催されますが、それに先立って嬉しいニュースです。


BMWはDTM(ドイツツーリングカー選手権)に2012年にカムバックし、
その初年度に3部門(ドライバー、チーム、マニュファクチュアラー)全ての年間タイトルを独占しました。

DTM2012-2.jpg

翌年2013年は惜しくもドライバー、チームタイトルは逃したものの、マニュファクチュアラーズタイトルは守りました。



そして今年2014年は、新型M4 DTMで開幕戦を制すると、その後も快進撃を続け・・・

M4DTMMARCO.png

9月13日・14日にドイツ ラウジッツリンクサーキットで開催されたDTM 第8戦にて、
M4 DTMを駆る若き24歳のマルコ・ウィットマンが2014年のドライバーチャンピオンになりました!

BMW Team RMGは、DTM参戦3年目と比較的新しいチームながら8戦中5勝を挙げる圧倒的な強さがあります!


BMWTEAMRMG.png

続く第9戦は9月27日・28日にオランダのザントフォールト サーキットで開催され、
BMW Team RMGは2014年のチームチャンピオンを獲得しました!

次の最終戦ホッケンハイムでの、3年連続のマニュファクチュアラーズタイトル獲得も期待します!



ところで、マルコがドライバーチャンピオンを獲得した痛快な動画を見ていて気付いたのですが・・・。(^^;ゞ



CapD20141003-2.jpeg


このピットクルーが腕に付けているのは、

この時計だと思います!

↓ ↓ ↓  

  
BMWICEWATCH.png

CapD20140517_8-2.jpeg


BMW Team RMGのビッグスポンサーであるICE-WATCH(ベルギーのカジュアル時計ブランド)が、BMW Motorsportとプレミアムパートナー契約を結び、コラボレーションした商品です。


シリコン製バンド・10気圧防水と、スポーツシーンでの使用も想定したカジュアルでスポーティーな腕時計です。(リーズナブルな価格も魅力です)


IMG_4654-2.JPG

弊社新車ショールームでも、展示&販売しています。

ぜひ、この腕時計他の BMW MOTORSPORT COLLECTION でサーキットの情熱を感じて下さい! G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








 | Blog Top | 
   October 2014   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31