IMG_4405-3.jpg

特別限定車「BMW Z4 sDrive 20i GT Spirit」 をショールームに展示しました。

数々のスポーティーな装備に身を包んだ、全国60台限定の希少な車です。

フロント・バンパーに貼付されているM ストライプ・ステッカーはSUPER GT参戦車を模していて、サーキットの情熱をストレートに感じさせます。



IMG_4409-4.jpg

ちなみに、写真を加工してステッカーが無いイメージを作成するとこんな感じです。

(お好みによって、ステッカーを剥がしてお乗り頂いても良いかと思います。)

キドニー・グリルは、縦バーに加え周囲の輪もブラックカラーに塗られ精悍です。

19インチM ライト・アロイ・ホイール&タイヤ(M Sportにオプション設定)は、ボディ側面とほぼ同一位置まで張り出し、とてもスポーティーです。


IMG_4416-2.JPG

内装もスポーティーで、かつ特別感に溢れています。

オレンジのステッチとハイライトは、サポートが深いスポーツシートを、視覚的にも躍動的に演出します。

銀色に光る「メタル・ウィーヴ・インテリア・トリム」は、起伏のある精緻な模様が加工されており、個性的かつ上質感があります。

(このトリム表面の形状は言葉で説明することが難しいので、ぜひ実車にてお確かめ下さい)



IMG_4411-2.JPG

リア・バンパー下端にはリア・ディフューザーも特別装備されており、サーキットの情熱が全身に込められています



ところで、サーキットといいますと・・・。



20140820-1740.png

8月9日・10日に行われたSUPER GT第5戦(富士スピードウェイ)は、台風の接近・通過の影響もあり、大荒れの展開になりました。

BMW勢の結果は、

グッドスマイル 初音ミク Z4 予選 7位・決勝 4位ドライバー8・チーム11ポイント

Studie BMW Z4        予選 8位・決勝 7位 (ドライバー4・チーム7ポイント)

TWS LM corsa BMW Z4  予選15位・決勝 5位 (ドライバー6・チーム9ポイント)

となりました。



CapD20140830-4.jpg

これにより、グッドスマイルStudieLM corsaのBMW勢は
ドライバー・ランキング2位↓4位↓・15位↑
チーム・ランキングで  2位↓5位↓・14位→になりました。


未勝利ながらも表彰台4回とコンスタントにポイントを重ねてきたGAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)に、とうとうランキングトップの座を奪われてしまいました・・・。


悪天候を理由にすることもできるかもしれませんが、シーズンも残り3戦となり、「たられば」を言っている状況では無くなってきました。

今日・明日と開催されるSUPER GT第6戦、インターナショナル鈴鹿1000kmでの、挽回を期待します。

夏の暑さ、1000kmというSUPER GT最長の距離と相まって極めて過酷なレースですが、長距離戦ゆえのボーナスポイントもありますので、今シーズンの天王山となるかもしれません。



10620652-2.jpg

このレースのみ認められている第3ドライバーには、エース格のBMWワークス・ドライバーであるアウグスト・ファルフスがスポット参戦していますので、
何としても表彰台に上ってほしいです!


と、いうことで・・・



IMG_4403-3.jpg

ぜひ弊社ショールームにて、そんなサーキットの情熱が込められた
特別限定車「BMW Z4 sDrive 20i GT Spirit」をご覧ください。


ご来場をお待ちしております。 G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








先日BMWから、こんな楽しい動画が発表になりました。

CapD20140809.jpeg

街中で、5台の赤いBMWが連携して超絶的なドリフトを繰り広げる、という内容です。

フラッシュモブ をもじって「ドリフトモブ」という題名がつけられています。

M235iがしびれるほどカッコいい動画です。 ぜひご覧ください!



driftmob1.jpg

超人的な運転技術&走行性能に驚く一方で、個人的には少々疑問を感じました。

これって実写映像に加え、CG(コンピューターグラフィック)も含んでいるのでは...?


と、申しますのも・・・。



CapD20140822.jpeg


これより少し前に、M4の航空母艦上でのドリフト動画 が公開されていたのですが

さすがにこれはCGでしょう・・・ と思っていました。

(CM撮影のために、軍の空母をサーキット場に改造できるとは思えませんし・・。)


さらに過去の動画(1シリーズMクーペ その1その2 )も、「CGであることを暗黙の了解としている」ように思えました。

※ちなみに、これらの一連のCG動画は BMW Canada の独自製作?のようです。


そんなこともあり、今回のM235iの動画もひょっとしたらCGかも?と思ったのですが...。



CapD20140822_3.jpeg

ですが今回の作品は、併せてメイキングの動画も公開されていて、

それを見ると全て実写のようです!!('∀')


南アフリカのケープタウンの街中で、Formula D(アメリカ版D1グランプリ)等で活躍するプロのドリフト ドライバー(リース・ミレン、サム・ヒュービネット、吉原大二郎、リッチ・ラザフォード、コンラッド・グルンワルド)が、実際に驚異的なテクニックを披露した
とのことで、かなりの力作のよ うです。



余談ですが...。

CapD20140823_3.jpeg


その昔 いすゞジェミニのCMでも、街中で華麗な走行を繰り広げる、というシリーズがあったのを思い出しました。
(GEMINI=双子座だけあってその多くは2台が連携し、ドリフト走行というよりは曲芸走行という感じでした。)

CGの技術が今ほど高くない時代ですので、このシリーズは基本的に全て実写だったと思われます。(車両に特殊加工が施されていると思われる作品もありますが)



個人的には、走行性能をPRする動画作品は、ぜひBMWにも
CGではなく実写でシリーズ化してほしいと思います!(^^;ゞ



そして、驚きの実写(実車)つながりで・・・


225at5.png

2シリーズ アクティブツアラー (BMW初のFF車です)のメディア向けの国際試乗会が、オーストリアの標高2000mのリゾート地・ゼルデンを中心に開催されたようなのですが...。


225at3-2.jpg

主役である新型車は、ロープウェイで運ばれてプレゼンテーション会場のステージに登場したとのことです!

固定はされておらず、パレットに乗っているだけ?のようにも見えます(汗)



225iatcondora.jpg

この度肝を抜く演出にも、BMWがこの車にかける意気込みが表れています。

BMW初のFF車ということもあり走りが気になるところですが、各メディアの試乗記は絶賛に近い内容です。

日本への登場はこの秋を予定しています。

現実世界でBMWが魅せてくれる走りを、ぜひ楽しみにお待ちください。 G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








m4convsume50-2-2.jpg

[ 画像は、新型M4コンバーチブル(日本未発売)です ]

日頃のご愛顧・ご愛読、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、新車ショールーム・サービス工場・認定中古車センター共に
8月10日(日)から18日(月)を夏季休業日とさせて頂きます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。


なお、お車の不具合など緊急の場合は
BMWカスタマー・サポート [ フリーダイヤル:0120-55-3578 ]
をご利用いただきますようお願い申し上げます。

宜しくお願いいたします。


P4P4959_R.JPG

全8戦で行われる今年のSUPER GTの第4戦が、7月19日・20日にSUGO(宮城県)で開催されました。

19日の予選は濃霧のため翌日に延期となり、20日の予選&本選は雨模様に翻弄され、大波乱のレースとなりました。



z4slssupergtr4-4.png

BMW勢の結果は、

グッドスマイル 初音ミク Z4 予選10位・決勝15位 (ノーポイント)

Studie BMW Z4        予選 5位・決勝 8位 (ドライバー3・チーム4ポイント)

TWS LM corsa BMW Z4  予選12位・決勝10位 (ドライバー1・チーム2ポイント)

となりました。


数字的には少々厳しい結果のようにも見えますが・・・。



z4slssupergtr4-3.png

その中でも、ペナルティやタイヤ交換で20位まで後退したにも関わらず、情熱的な走りで8位まで挽回したStudie BMW Z4 の荒選手・ヨルグ選手の走りは見事でした。

さすがはルマン・ウィナーBMWワークスドライバーです。



CapD20140802_1-3.jpg

これにより、グッドスマイルStudieLM corsaのBMW勢は
ドライバー・ランキング1位3位・18位
チーム・ランキングで  1位4位・14位で前半戦を折り返しました。


幸運にもライバルの上位ドライバーが入賞圏外に終わったこともあり、
グッドスマイルは引き続き首位を守りStudieは順位を上げました。

なので、今回は考え様によっては まずまずの結果 だと思います。
(欲を言えばキリがありませんので・・・。)


シーズン後半での更なる躍進を期待します。

まずは真夏の3連戦の残り2戦(第5戦:8/10富士、第6戦:8/31鈴鹿)で勢いに乗りたいところです。


AugustoFarfusBMW.png

そして先日、楽しみな発表がありました。

BMW ワークス・ドライバーのアウグスト・ファルフスが、
Studie BMW Z4の第3ドライバーとして第6戦鈴鹿にスポット参戦するとの事です。

アウグスト・ファルフスは昨年のDTM年間ランキング2位の、いわばエース格のBMWワークス・ドライバーです。

チーム・ランキングへの貢献に加え、セットアップ等へのフィードバックも期待できます。


この決定にも、BMW(ジャパン及び本社モータースポーツ部門)の、SUPER GTへの情熱が表れていると思います。



さらにその情熱は、この限定車にも込められています。

BMW Z4 sDrive20i GT Spirit.png
CapD20140802_2-2.jpg

特別限定車「BMW Z4 sDrive 20i GT Spirit」 が発表になりました。

(全国60台限定で、発売およびショールーム・イベントの開催は8 /30 [土]・31[日]を予定しています)

数々のスポーティーな装備に身を包みサーキットの情熱を全身に宿した限定車です。



そして弊社BPS一宮にも、情熱を宿したZ4が入荷致しました。

CapD20140802_4.jpeg


Z4 sDrive35i デザインピュアホワイト です。

外装色は、現行Z4のイメージ・カラーであるディープ・シー・ブルーです。



IMG_8732.JPG

デザイン・ピュア・ホワイト の内装は、「アイボリー・ホワイトのエクスクルーシブ・ナッパ・レザー」と「ブラックのオレゴン・レザー」のコントラストが鮮やかで、スポーティーでありながら洗練されたエレガンスがあります。

sDrive35iの3Lツイン・パワー・ターボエンジンと7速DCTにより、情熱的な走りを存分に楽しめます。

そもそも現行Z4の認定中古車が希少ですが、さらに35i、その上この内装となると、極めて希少な1台と言って良いと思います。

お早目のお問い合わせをお待ちしております。



z4slssupergtr4-5.png

Z4に宿る情熱は、SUPER GTはもちろん、新車&認定中古車でもお確かめ頂けます。

ぜひ、その熱さをご体感下さい。  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








 | Blog Top | 
   August 2014   
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ




"