CapD20140530-3.jpg

「アレッサンドロ・ザナルディがBMWブランド大使に任命されました」
というニュースが、先日BMW本社から出されました。

(個人的には、とても感慨深いニュースでした。)

今後は世界の様々なイベントに出席したり、BMWグループ内のイベントにも参加するとのことです。



でも、ザナルディってどんな人だっけ?という方も多いかと思いますので、
この方の波乱に満ちた経歴をご紹介したいと思います。


CapD20140530_1-2.jpeg

アレッサンドロ・ザナルディ(アレックス・ザナルディ)は1966年生まれ・イタリア出身のレーシングドライバーです。

イタリアF3、国際F3000を経て、1993年にF1へステップアップしました。

F1ではジョーダン・ミナルディ・ロータスを1年毎に渡り歩くものの、6位入賞が1回のみと目立った成績は残せませんでした。

当時これらのチームは中位~下位を低迷しており、マシンは速さも信頼性も乏しいのが実情でした。

マシンの限界をさらに引き出そうとする様なアグレッシブな走りはクラッシュと紙一重で、結果として「壊し屋」の異名も持っていました。



cartzanardi.png

そこで1996年にアメリカに渡りCARTに挑戦すると、才能が開花しました。

参戦初年度にポールポジション6回・優勝3回を記録し、ランキング3位を獲得しました。


特に最終戦ラグナセカのファイナル・ラップで見せた、前代未聞のオーバーテイクは注目を浴びました。

thepass.png

このコースの名物でもある高低差15mの坂を下るS字シケイン「コークスクリュー」を、直線的にショートカットするという荒技です。

"THE PASS" という名前が付けられるほど印象的な技でしたが、危険すぎるという理由で後にこのオーバーテイクは禁止になりました)

その後1997年には5勝、1998年には7勝を挙げ、圧倒的な強さで2年連続チャンピオンを獲得しました。

アクシデントで大きく出遅れても、特殊なピット戦略を使うこともなく、コース上で挽回しあっさり優勝してしまう強さは専門誌をして「意味不明」と評されたそうです。



F1ZANARDI.png

その栄冠を引っさげ、1999年にF1にカムバックします。

しかも今度はウイリアムズという名門チームです。

ですが同僚のラルフ・シューマッハが11度入賞したのと対照的に、1年間1度も入賞することができず契約を解除されてしまいます。

急激にハイテク化が進んだF1に馴染めなかった、という側面もあるようです。

※ちなみにこの年のウイリアムズはルノーのカスタマー・エンジン(参戦名:スーパーテック)を使用していました。その翌年からBMWエンジンに替え、ラルフ&バトン(2000年)、モントーヤ(2001~2004年)と共に表彰台の常連になります。



1年間の休養の後、2001年に34歳でCARTに復帰しますが、悲劇が訪れます。


CapD20140530_1-3.jpeg

久々の優勝が目前に迫ったレースで、ピットアウトの際にバランスを崩してスピンし、後続の車に側面から衝突されます。

動画の1分40秒程から事故のシーンが映っていますが、衝撃的な映像を含みますのでご注意願います)

2台のマシンは大破し、ザナルディは全身の血液の9割を失う程の大怪我を負い、生死の境をさまよいます。

幸い一命は取り留めるものの、両足の損傷は激しく膝上から切断されました..。



CapD20140530_1-4.jpg

それでもレースに対する情熱は捨てきれませんでした。

両足に義足を装着して、フォーミュラカーでの走行を試みます。

なんと事故から20ヵ月後には、特別仕様のマシンに乗り込み事故のあったラウジッツリンクでレースの残り13周を走り、3年越しのレースの完走を果たします。



WTCCZANARDI.png

2005年からは、WTCCにBMWからフル参戦を果たし、8月には早くも初優勝を果たします。

(2006年には、BMWザウバー F1 を試運転する機会も与えられます。)

WTCCでは合計4勝を挙げる活躍の後、2009年限りで引退します。
この時42歳です。


ここまででも十二分に波乱万丈な人生ですが、ザナルディの情熱は衰えません。



e9d45c69-s.png

数年前から取り組んでいたハンドサイクル競技を本格的に始め、パラリンピックでのメダル獲得を目指します。

いくつかの国際的なマラソンで優勝するなど、ここでも頭角を現します。



ZANARDIWIN.jpg

そして、2012年ロンドンパラリンピックにイタリア代表として選ばれると、圧倒的な速さを発揮します。

16kmのH4ハンドサイクル・タイムトライアルで金メダル
ハンドサイクル・ロードレースで金メダル
ハンドサイクル・チームリレーで銀メダルと、45歳にして3つのメダルを獲得しました

(ちなみにこの競技が行われたブランズ・ハッチは、ザナルディがF3000時代にコースレコードを記録したサーキットでもあります)



金メダリストになっても、ザナルディのモータースポーツに対する情熱は、消え去ることはありません。


ZANARDIGOLD3.png

同年秋、BMWのモータースポーツ部門の40周年記念行事の一環として、ザナルディにBMW M3 DTMをドライブする機会が与えられました。(そのM3は、金メダル獲得を祝い金色に塗られ、ハンドサイクルとメダルが描かれています。)

ザナルディは世界最長サーキットであるニュルブルクリンクを32周し、見事な走りを披露しました。


そしてこの「お祝い」によって、モータースポーツへの情熱は再び激しくなりました



CapD20140530_9.jpeg

47歳のザナルディは、今シーズンの「ブランパン・スプリント・シリーズ」にフル参戦します。

BMW・Z4 GT3を駆って、イタリアのロアル・モータースポーツからの出場です。

通常は2名ドライバー制でタイヤ交換等の際に交代しますが、ザナルディ車は特別仕様であるため1人で全レース距離を走るという、体力的にも厳しいチャレンジです。

開幕戦は13位で完走し、先日行われた第2戦では5位入賞を果たしました。

ぜひまた表彰台に上ってほしいですね・・!



BMWはそんな前人未到の挑戦を続けるザナルディを応援し、
ザナルディはBMWブランド大使としてイベント等に参加し、
果敢なチャレンジを内外にアピールしていくと思われます。


P90149943.jpg

トップアスリートが持つ最大の資質は、その肉体や技能では無く、
あきらめること無く挑戦し続ける心にこそあるのかもしれませんね。

アレックス・ザナルディの今後の活躍を期待しています!  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








CapD20140523_2.jpeg


BPS一宮では、6/22(日)までの期間、【START BMW 認定中古車フェア】を開催しております。



CapD20140523_5.jpeg


最新のクリーンディーゼル車を含む特選車をご用意致しました。


上記PDFのうち、一部の車両につきましては
サン・モトーレン BMW Premium Selection一宮:Goo-net 在庫情報
でも、内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。



また、諸般の事情により上記PDFや上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在約30台の在庫がございます。


14052301.jpg

ぜひ、魅力的なラインナップをお確かめにBPS一宮にお越しください




CapD20140523_3.jpeg

フェア期間中限定で、特別低金利ローンもご利用頂けます。

通常金利と比べ、数万円~十数万円(ローン元金・支払回数により変動します)もお得になる場合がありますので、見逃せません。



CapD20140523_4.jpeg


フェア期間中のご成約プレゼントとして、アクセサリー・クーポンまたは旅行券3万円分をご用意しております。



dry-fh32gs.png

また、弊社オリジナルご成約プレゼントとして、ドライブレコーダーもご用意しました。
フルハイビジョン録画が可能な高性能機です。(取付工賃もサービス致します)

上記クーポンといずれかをお選び頂けます。



IMG_3851-2.JPG

ぜひ、この機会にBPS一宮へお越しください。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








先月のブログ【SUPER GTでのBMWの活躍】でもご紹介しましたが、
大盛況を誇るSUPER GTの開幕戦では、BMW Z4が1-2フィニッシュを果たしました。


そして、それに続く第2戦が5月3日・4日に富士スピードウェイにて行われ、約9万人ものファンが詰めかけました。



そのレースの結果は・・・。


gupergt2ndround.png

グッドスマイル 初音ミク Z4が優勝しました!


gupergt2ndround2.png

グッドスマイル 初音ミク Z4は、開幕2連勝です!

予選9位から、荒れたレースを制して「奇蹟の大逆転勝利!」を果たしました。



SUPERGTROUND2.png

一方、準ワークスチームともいえるStudie BMW Z4は、4位入賞を果たしました。

予選は6位(海外FIA-GT3車両中で最高位)と好位置につけ一時は3位を走行しましたが、セーフティーカー退去後の再スタートにおいてレギュレーション違反と判断され、ドライブスルーペナルティを課されてしまいます。

それにより21位までポジションを下げたものの、怒涛の追い上げにより4位にまで挽回しました!



SUPETGTRESTART2.jpg

欧州のレースとSUPER GTの再スタートのレギュレーションに違いがあることが、ヨルグ・ミューラー選手のミスの元になったようです。

このミスが無ければ十分に優勝も狙える速さがあったので、次戦以降も期待できそうです!



CapD20140517_7.jpg


ポイントランキングでは、連勝のグッドスマイル 初音ミク Z4はもちろん1位で、
Studie BMW Z4は3位につけています。

ウエイトハンデ制などの効果もあるので楽観視はできませんが、
今後6戦でのBMW勢の活躍も期待できそうです!




一方、海の向こうでも・・・。

DTM2014M4-2.png

ツーリングカーレースの大御所DTMの開幕戦が5月4日に行われ、

Ice-Watch BMW M4 DTMが優勝しました!



CapD20140517_7.jpeg

BMW勢は昨シーズンまでのM3 DTMに替え、今期からM4 DTMを導入しました。
その初戦での快挙です!


ちなみに優勝したチームのメインスポンサーである【ICE-WATCH】は、
ベルギーのカジュアル時計ブランドです。

昨年BMW Motorsportとプレミアムパートナー契約を結び、
コラボレーションした腕時計をBMW正規ディーラー各社にて販売しています。


BMWICEWATCH.png

CapD20140517_8-2.jpeg

シリコン製バンド・10気圧防水と、スポーツシーンでの使用も想定した
カジュアルでスポーティーな腕時計です。(リーズナブルな価格も魅力です)
これからのシーズンに、いかがでしょうか?



余談ですが・・・
ICE-WATCHやSteiff(シュタイフ)という新しいスポンサーと提携すると、
時を置かずして相乗効果に結び付けるBMWの手腕はさすがだと思います。

今後は、シュタイフとのコラボ商品も増えるのではないでしょうか・・?



bmwsteiff.png

新しいスポンサーとも手を結びながら進化する

BMWのモータースポーツ界での活躍を期待します!  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








少々前の話題ですが・・。

先月下旬にオバマ大統領が来日された際に、大統領専用リムジンで移動したことがニュースになりました。

CapD20140509.jpeg

ちなみに、「ザ・ビースト」とか「キャデラック・ワン」とか呼ばれるのは通称で、
正式名称は「2009年モデル キャデラック・プレジデンシャル リムジン」というようです。



thebeast.png

●燃料タンク:装甲板と、直撃されても爆発を防ぐ特殊な発泡体で覆われている
●トランク:酸素供給システムおよび消火システムを装備
●後席:大統領を含む最大4人分の座席があり、昇降するガラス板で仕切られている
 オバマ大統領の座席には最新鋭の衛星電話があり、副大統領やペンタゴン (国防総省)に直通で通じる
●ドア:厚さ20cmの装甲板仕様で、ボーイング757の客室扉ほどの重さがある
●防衛装備:暗視カメラと連射式ショットガン、さらに催涙ガス砲も装備している
 大統領への緊急輸血に備えて自己血液の入ったボトルも用意している
●シャシー:車体下部は爆弾や手榴弾の爆発にも耐える強化鋼鉄板を張っている
●運転手用窓:破裂弾や44マグナム弾にも耐えられる。唯一、開くことが出来る窓(8cmだけ開く)
●車体:厚さ13cm以上の装甲板で出来ている
 二枚重ねの鋼鉄、アルミニウム、チタン、 セラミックを組み合わせている
●タイヤ:スティール縁に防弾、防パンク補強したランフラットタイヤ
 タイヤが爆破されたとしても、その場から脱出できる
 
※スペック
・価格:100万ポンド(1億4千万円)以上
・全長:5.5メートル ・全高:1.8メートル  重量:8トン
・エンジン:V8 6.5リットル・ディーゼル
・最高速度:60マイル/時(96km/h)  ・加速:15秒でトップスピード
・燃費:8マイル/ガロン (2.8km/L)
・座席:最大7席。最後部座席は大統領+1人が座る2つの座席でリクライニング可。



CapD20140509_1.jpeg

ガラスの防弾性能の解説動画も公開されています。

他にも爆発力拡散機能核ボタン等の軍事技術も搭載されています。

まさに、世界一の防御装備が施されています。

車両を空輸したことや、車列が40台以上!にもなることも驚きましたが。)



ただし、そんな最強のリムジンでも、弱点はあるようで・・・。


CapD20140509_2.jpeg

・・・「亀の子」状態になると動けません・・。

アイルランドのダブリンにある米国大使館の出入口での出来事です。

普通の車なら問題にならないなだらかな起伏が、ホイールベースが非常に長いため床下にひっかかってしまい、車重は8トン!と非常に大きいこともあり動かせなくなってしまいました。

(ただ、大統領専用車は必ず予備の車も同行していますので、大統領夫妻はそちらに乗り替えて事なきを得た?ようです。)



そして・・・。


bs7.png

実はBMWは、装甲車両・防弾車両も得意としているメーカーです。



bs1-4.png

本国サイトには、【 BMW Security Vehicles 】 というページがあり、
・BMW 7 Series High Security
・BMW X5 Security Plus
・BMW X5 Security
という3車種がカタログモデル?として載っている程、力を入れています。



CapD20140509_24.jpeg

歴代の7シリーズを始めとする車種に装甲車両の設定があり、その歴史は30年以上にもなるようです。



BEKKAMX5.png

かつてデビッド・ベッカムさんも、X5の装甲車を所有していました。
(ビクトリア夫人に対する誘拐未遂事件が起きたのを受けて、約4800万円を投じて特注したそうです)

ですが、ベッカムさんの使用人がこの車を借りている間に、盗難に遭ってしまいました!

GPSの探知機が作動していれば、盗難後の追跡も可能でしたが、その使用人がスイッチを入れ忘れていたたそうです。

(その後、この車は流れ流れてマケドニアの大臣の公用車として活躍していた程ですので、基本性能は確かです。)



米国大統領専用リムジンにしても、
メーカー特製装甲車にしても、
その性能を十二分に発揮できるかは使う人次第
、というところでしょうか。



ですが、BMWがさらにすごいところは・・・。



CapD20140509_25.jpeg

驚くことに、BMWは警護プロフェッショナル向けのトレーニングも行っています。

集中トレーニング熟練トレーニングの2コースがあるようです。)

まるで映画のワンシーンの様ですが、実際のトレーニングの映像のようです。




昨年のブログ【X1の教習車を導入します!でもご紹介しましたが、BMWは教習所用の車両にも力を入れてます。

サーキット等を使用したドライバー・トレーニングは日本で25年・ドイツで37年もの歴史があります。

CapD20140510.jpeg

免許取得者から警備のプロフェッショナルまで、車の性能を十二分に体感・発揮できるように、メーカーとしての努力を惜しみません。


BMWは、自動車やハードウェアの開発で道を切り開くのはもちろん、ドライバーやソフトウェアの点でも、世界の先端を走り続けていると思います!  G.Sekido



 Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね」クリックにご協力をお願いします! 








 | Blog Top | 
   May 2014   
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31