13_l.jpg

( 画像は、発売が予定されております3シリーズGTです )


誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
4月29日(月)・30日(火)および
5月3日(金)〜6日(月)を休業日とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。

ご容赦のほど、宜しくお願いいたします。


5月1日(水)・2日(木)は
ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに営業致しております。

ぜひご来店の程宜しくお願いします。

IMG_0002-3.JPG

5シリーズに特別装備を施した限定車
【BMW 5シリーズ Exclusive Sport】を展示いたしました。

M Sportに準じた外観は、ダイナミズムと優雅さを兼ね備えています。



IMG_0003-2.JPG

シナモン・ブラウンの落ち着いたカラーが、さらなる気品を感じさせます。
美しい質感のピアノ・フィニッシュ・ブラック・トリムは、よりラグジュアリーな空間を演出します。



CapD20130419.jpeg

快適さと安全性を高めた特別装備は、乗る人すべてにエクスクルーシブなひとときを提供します。




Marge13041901.jpg

中でも、マルチ・ディスプレイ・メーター・パネルはこの限定車だけの特別装備です。
メーター盤面まで含めた大きな液晶画面は、走行モードに応じて大きく印象を変え、様々な情報も映し出します。



IMG_0019-2.JPG

展示車は、523d (ディーゼル)の Exclusive Sport です。
Exclusive Sportは、523i&523dのセダン&ツーリングの合計で、全国300台限定です。




IMG_0038-2.jpg

そして、新しい7シリーズのデモカーができました。
740i M Sport のカーボン・ブラックです。

このサイズ・このフォルム・この色ならではの存在感に満ちています。



Marge13041903.jpg

M Sportのフロントバンパーは精悍で、車体色のカーボン・ブラックは角度によって青みが入って見え、表情を変えます。



Marge13041904.jpg

7シリーズもM Sportにはシフトパドルが装備されるようになりました。
5シリーズ Exclusive Sport と同様のマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルは、
時にスポーツ・サルーンに、時にラグジュアリー・サルーンに変化するこの車の個性を、更に際立たせます。

プラス・パッケージに含まれる「リヤ・サイド・ウインドー・ローラー・ブラインド(電動)」は、スイッチ操作で後席を日差しから守り、快適なドライブや睡眠?をお約束します。



main0419.jpg

今週末は、【BMW 5シリーズ Exclusive Sport デビュー・フェア】を開催致します。
ぜひ希少な限定車をご覧に、また7シリーズの新しいデモカーをご試乗にお越し下さい。

ご来場をお待ちしております。 G.Sekido




  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 







61uUH0NaEKL__SS500_.jpg

【グラゼニ】という野球マンガをご存知でしょうか?

週刊モーニング(毎週木曜日発売)にて連載中で、単行本も9巻まで出ています。

「このマンガがすごい! 2012」オトコ編第2位、
「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」8位、という賞も獲った人気作品です。


> プロ野球のスパイダースに所属する凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。
「グラウンドには銭が埋まっている」略して「グラゼニ」を胸に夏之介は今日も奮闘する。



野球マンガながら、話のうち半分以上?は試合以外のエピソードが占めるという異色作です。
2軍での練習、引退後の生活や人生設計、ラジオ解説者、スカウト、高校野球時代からのステップアップ等、普通の野球マンガではあまり出てこないネタが多く、個人的にも毎週楽しみにしている作品です。

そんなグラゼニの、今週(4月11日)発売の週刊モーニングに掲載されたお話では、なんとBMWに関する話題がメインでした。



IMG_5411-3.jpg

主人公の凡田 夏之介が所属する「神宮スパイダース」は、ヤクルトスワローズがモデルっぽいです。

シーズン中は浮き沈みがありながら、日本シリーズではMVP候補にもなる活躍をして年棒が倍増した凡田は、シーズンオフに初のマイカーを購入したようです。



IMG_5412-3.jpg

凡田選手がお買い上げになったのはBMWの116iでした。プロ野球選手にしては堅実な選択です。

そして116i、120i、135iについての説明が並びます。すごい「野球マンガ」ですね..。

セリフで出てくる「246の交差点のところのビーエム」とは、
神宮球場すぐ近くの、【BMW 青山スクエア】(BMW Tokyo)だと思われます。



IMG_5413-3.jpg

このマンガでこれだけ車が詳しく語られたのは、今回の話が初めてです。
以前に車がちらっと出た話では、BMWではない車(某ドイツ車とイギリス車)でした。
なので以前から全面的な「BMW推し」というわけではないと思います。



IMG_5414-3.jpg

なんと次は640i グランクーペも登場します!!

この車を買った「丸金 千太郎」は、昨シーズンは一軍半で年棒500万だったのが、今シーズンは大ブレークし正捕手になり日本シリーズではMVPを獲る活躍で、年棒がなんと10倍強!になりました。

早速、都内高級賃貸マンションに引っ越し、高級車をお買い上げです。



IMG_5415-3.jpg

ただし丸金は父親に代わって母親や妹を同居して養う苦労人でもあり、クーペでは無く4ドアにしたようです。

しかし 『 6シリーズには「ドア2枚」と「ドア4枚」の両方あるのだ。 』 と解説が入るマンガって、すごいですね・・!



IMG_5416-3.jpg

そしてそれらの車の解説は、プロ野球選手の金銭感覚や生き様の表現について必要だった?と分かります。
(もちろん作者の方がBMWがお好き?なのもあるかもしれませんが・・)


ちなみに、今回の話は景気の良いエピソードが多いですが、まれなケースです。
いつもはどちらかというとシビアでリアルな話が多いです。
(シビアな話も前向きで明るいタッチで描かれていて、面白いですよ!)


・・・あまり誌面を載せすぎると怒られるかもしれませんので、中略しまして・・・
(すでに十分載せすぎかもしれませんが、話の流れ的に省きにくかったもので・・・)



IMG_5421-3.jpg

話の終わり付近では、こんなエピソードも出てきます。
車の運転フィーリングについてここまで描き込んである「野球マンガ」ってすごいです。
やはり作者の方はBMWをお気に入りなのかもしれませんね。


ですが、決してBMWとの「タイアップ作品」で無いのは、次のページで分かります!


・・・この続きは、ぜひ週刊モーニング単行本
   お買い上げの上お読みください。m(__)m


コンビニは週刊モーニングを置いていない店も多いですが、駅の売店ならまず置いてあると思います。
(ちなみに週刊モーニングは宮本武蔵を描いた人気漫画「バカボンド」も不定期連載されています。)



ところで、実際のプロ野球選手や有名人・芸能人はどんな車に乗っているんでしょうか?

そのデータを集めているサイトがありました。

【プロ野球選手の超高価な愛車】:価格順にランキングされています。

【有名人&芸能人の愛車データベース】
:1925人 / 4005台 ものデータが掲載されています。


皆さんいいお車に乗ってらっしゃいますね!
特にプロスポーツ選手は、やはり「速い車」が多いように思います。



近年は、(特に若い方は)車によって自己主張しないというか、
「背伸びしてまでいい車に乗りたく無い」というような言葉を目にする事もありますが
今回の「グラゼニ」は、溜飲が下がるお話でした。


「いい車に乗りたい」という前向きなパワーが、このところの
「前向きな日本」によって後押しされることを期待します! (^^) G.Sekido




  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 







IMG_5105-2.jpg

640i グランクーペの試乗車ができました。(昨年6月以来の2台目の試乗車です。)

前回はアルピン・ホワイト3でしたが、今度はサファイヤブラックのM Sportです。

ブラックも精悍でいいですね!

ホワイトとどちらが好みかと聞かれれば、「白黒つけられない」とお答えします。(^^;



IMG_5116-2.JPG

シートは今度はダコタ・レザー(ブラック)です。

スポーティーなアルカンタラと比べると、シックで高級感があります。



IMG_5115-2.JPG

後席は、5シリーズ並とは行きませんが、3シリーズセダンと同等の広さがあります。

驚くことに乗車定員は5人なのですが、事実上は後席中央は厳しいです。
ですが4人であれば、問題無く長距離もこなせる後席だと思います。



その他のグランクーペの特徴・考察については過去のブログ記事

【ニューフェイスの登場です!】 : BENZやAUDIとの比較もあります

【グランクーペの特別内覧会を行います!】 : ゴルフバッグが4つ載りました

【本日はグランクーペの特別内覧会です!】 : 後席に隠された配慮

【グランクーペの試乗車ができました!】 : 5シリーズセダンとの比較

もぜひご覧ください!





話は変わりまして・・・

本日、このようなサイトがオープンしました。


CapD20130405.jpeg

"BMW M HEAT" 比類なきMの魂。
4月5日(金) Mの全てを伝えるスペシャルサイト発信。

モータースポーツを愛する全ての人へ。

BMW Mモデルの魅力とともに、BMWモータースポーツの最新情報を発信するサイト、
"BMW M HEAT"が4月5日(金)、ついにオープンしました。
http://bmw-m-heat.jp


・・・というサイトです。



日本のSUPER GTに参戦する初音ミクBMWの戦績など、日本独自の情報も掲載されるようです。
(初音ミクの"痛車"レーシングカーが、本国BMWのお墨付きになったことの表れでもあると思います。)

このサイトで、新発売になったM6 グランクーペの印象的な動画が紹介されてます。

Marge13040503.jpg

この動画を見て少々驚いたのが・・・。

途中で、剣道の防具を身につけた2人が、真剣?を使って戦うシーンが出てきます。

恐らくこの動画を作成するドイツの方が、竹刀では迫力が出ないので真剣で、という発想をされたのではと思いますが..。



日本人としては少々違和感を感じますが、そこをグッとこらえて、

BMWのMモデルなら、
真剣(プロのモータースポーツ)のフィーリングを、
剣道という競技(街乗りやサーキット)でも体感できる
という象徴的な演出だと解釈することにします。



Marge13040501.jpg

そんな切れ味鋭いM6 グランクーペの走り・イメージにも直結した
640i グランクーペ M Sport に、ぜひご試乗にお越しください!  G.Sekido





  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 







 | Blog Top | 
   April 2013   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30