新型3シリーズに、クリーン・ディーゼルエンジン搭載
320d BluePerformanceが発売になりました。


詳しくは、下記ページをご参照ください。

【320d BluePerformance】:スペシャルページ
【クリーンディーゼル版「BMW 3シリーズ」受注始まる】:webCG



標準車に加え、3つのデザインライン(スポーツ・モダン・ラグジュアリー)およびMスポーツと、幅広くラインナップされているところにBMWの本気が伺えます

価格は、ガソリンモデル(320i)のそれぞれのモデルの20万円アップです。


「6気筒ガソリンエンジンに匹敵する力強い走りと、4気筒ガソリンエンジンモデルをはるかにしのぐ低燃費を両立する」とうたわれています。

3シリーズに新たに加わった魅力的な選択肢です。

競合他社(べ○ツ Cクラス、ア○ディ A4)にはディーゼルが存在せず
同クラスで唯一の存在です。

かなりの人気モデルになるのでは?と予想します!




そして、新型3シリーズには4輪駆動モデルの320i xDrive も追加になりました。


詳しくは、下記ページをご参照ください。

【ニュー BMW 320i xDrive登場】:BMW JAPAN最新情報
【フルタイム4WDの「BMW 3シリーズ」受注開始】:webCG

こちらも、標準車に加え3つのデザインライン(スポーツ・モダン・ラグジュアリー)およびMスポーツと、幅広くラインナップされています。

価格は、ガソリンモデル(320i)のそれぞれのモデルの30万円アップです。


実は「BMWのセダン・モデルにおいて初となる右ハンドル仕様の4輪駆動モデル」です。
もちろんSAV(X1,X3,X5)には右ハンドルがありましたが、諸般の事情からセダン(330xi等)には左ハンドルしかありませんでした。


中核モデルの4WDは、ウインタースポーツがご趣味の方や降雪地帯にお住まいの方にとって、魅力的なモデルとなるのではないでしょうか。





過去の3シリーズは、ほぼ全てがガソリンエンジンの後輪駆動で
排気量(出力)と装備の差によってグレードラインナップを形作ってきました。




それが新型3シリーズは、ガソリン(直噴ターボ)ハイブリッドディーゼル
そしてガソリン4WDと、一気にパワートレイン・駆動方式のラインナップが広がりました。
1つのモデルに新世代の3つのパワーがラインアップされているのは日本初の快挙です。




そしてそのそれぞれについて、3つのデザインライン(スポーツ・モダン・ラグジュアリー)およびMスポーツもラインナップされています。


今まで縦方向だったラインナップが、横方向にも大きく広がったといった感じでしょうか。

ご購入頂く方にとって、選択肢が広がって、とてもいいことだと思います。

(私共ディーラーにとっては、商品知識や在庫の確保など、嬉しい悲鳴といった感じですが..^^;)



・・・と、いうことで!




今週末は、【Discover BMWフェア】を開催致します!

ぜひ、より一層幅広くなったBMWのラインナップをご確認に、
ショールームへお越しください! m(^^)m  G.Sekido



  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 





日頃のご愛顧・ご愛読、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、新車ショールーム・サービス工場・認定中古車センター共に
8月11日(土)から16日(木)を夏季休業日とさせて頂きます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。


なお、お車の不具合など緊急の場合は
BMWカスタマー・サポート [ フリーダイヤル:0120-55-3578 ]
をご利用いただきますようお願い申し上げます。

宜しくお願いいたします。




尚、上の画像は先日発表になった【ニュー BMW M135i 】です。
(上の画像は3ドアですが、日本仕様は5ドアとなります)

以前ご紹介した【BMW M Performance Automobiles】の、日本導入第一弾です。
実用性や価格も重視した、「身近なM」です。

M135iの価格は、なんと135iクーペより安価なのは驚きました



公式動画も公開されています。ぜひご覧ください! (^▽^) G.Sekido
スポーツの夏がやってきました!
ロンドンは燃えてます!


ですが諸般の事情(権利関係の問題)により、例の「夏のビッグイベント」については
BMW/MINIのディーラーブログでは一切触れることができません..。

「オ」や「O」から始まる例の単語すら使用禁止とのことです..。(-_-;)


かの地では、BMW/MINIともにオフィシャル・パートナーを務め、
色々と楽しくて斬新なプロモーションも展開されていますが、紹介できません。
残念ですが...。




ですが、繰り返しますが総合優勝を果たしました!

思わせぶりですが、何のことかと申しますと..。




日本の自動車メディアで最も権威があると思われる
【CAR GRAPHIC】誌では、まれに「ジャイアント・テスト」という名前で
同カテゴリー・クラスのライバル車を集め、多方面のテストを徹底的に行い
優劣の評価をしています。


そして8月1日発売の9月号において、5年ぶりに行われた
ミドル級セダンのジャイアント・テストの結果が掲載されています。


日本(トヨタ・スバル)、ドイツ(BMW・AUDI・VW)、フランス(プジョー)、スウェーデン(VOLVO)生まれの選手が一堂に会し、4日間に渡り徹底的に競ったようです。


駆動方式も変速機も排気量もまちまちですが、ほぼ全車がターボエンジン(1車のみハイブリッド)となっているのが時代を感じさせます。


これらの車のパッケージング、加速性能、操縦安定性、ブレーキング、快適性、燃費の各部門についてランキング評価をされています。

その結果で興味深かったのが・・・。


BMWが加速性能、操縦安定性、ブレーキングの走行性能でとても高い評価を得たのは予想通りでしたが、快適性と燃費でもトップクラスの評価を得たことです。




本来は不利なはずのランフラット・タイヤを(参加車の中で唯一)装備しながら、最も快適性に優れていると評価されたのは、素晴らしいことだと思います。

最新BMWの方向性とその進化に対する客観的な証明でもあります。





T社のカム○(ハイブリッド車)に僅差で続く燃費も快挙です。
エンジンやATはもちろん、それ以外の要素も含んだ、車全体としての高性能・高品質の成せる業です。


まさに【EfficientDynamics】を体現してくれました!




そして、各部門の結果を総合的に評価した結果、優勝は・・・!


ぜひCAR GRAPHIC誌をお買い求めの上、ご確認ください!

バレバレかもしれませんが..。m(^^;)m



実はCG誌では5年ほど前にも、ミドル級セダンのジャイアント・テストを行われたのですが、その時も並み居る強豪を押さえて、先代BMW3シリーズ(E90型 325i)が総合優勝しました。


群雄割拠するこのクラスで、王座に君臨し続けることはすごいことだと思います。

秀でた才能(技術力)はもちろん、たゆまぬ練習(企業としての努力)も不可欠です。


ですが3シリーズは、BMWの中核として
この先もチャンピオンであり続けてくれると思います




・・・と、いうことで・・・。




今週末は、【BMW 3シリーズ・デザイン・ライン・フェア】を開催しております。


ぜひ、総合優勝を果たした万能選手の実力をお確かめに
ショールームにお越しください!  m(^▽^)m  G.Sekido



  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 




 | Blog Top | 
   August 2012   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31