金環日食」が5月21日(月)の朝に観測されました。

当地方では932年ぶり!となるこの天体ショーをご覧になられましたでしょうか?


一宮市は雲も少なく、観測しやすかったです。 デジカメのレンズに日食観測グラスを被せたところ、こんな写真を撮影できました!




それではこれは何の写真か、お分かりになりますでしょうか?




・・・って簡単すぎますよね(^^;ゞ


BMWの特徴的な要素である、ヘッドライトを囲む円形のポジションライトです。

正式名称は"ANGEL EYE"というようですが、
"CORONA RING"とか、日本では「イカリング」と呼ばれたりしています。

金環日食を見た後では、"CORONA RING"が最もふさわしいようにも思えますね!


BMWに初めて採用されたのは先々代5シリーズ(E39型)の後期モデル(2000年〜)からです。
「21世紀のBMW」の象徴とも言えるかもしれません。


最初はシンプルな円形だったコロナリングも、次第に変化してきました。


上に「まゆ毛」のようなラインが加わったり、円の下端が平らになったりしました。




次世代BMWのi8や、最新のレーシングカーであるM3 DTMの場合は、
円形というよりはの字に近い形をしています。
睨みが効いてますね!



金環日食が時と共に形を変えるように
コロナリングも次第に変化していくようです



リングといえば、MINIのリングにも変化がありました!



以前のブログ【「ブラックライン」でイメージチェンジ!】でもご紹介した、
新しいオプションパーツの「ヘッドライト リング“ジェット ブラック”」です。

ヘッドライト周りのリングが通常はクローム(写真左)ですが、
「ジェット・ブラック」(写真右)に交換すると、ぐっと精悍な表情になります。

"逆"金環日食といった感じでしょうか?
手軽にイメージチェンジできるお勧めアイテムです。
(価格は片側¥2,625です。取付には別途工賃が必要になります。)





ところで、話は天体に戻りまして...。

何となく身近に感じる月と太陽ですが、その大きさと距離についてはどんなイメージをお持ちでしょうか?


「地球の大きさをピンポン球(直径約4cm)に例えると
 月はピンポン球から113cm離れたところにある約1cmのビー玉くらい」
なんだそうです。

月ってすごく遠いんですね!( ̄□ ̄;)!! 


画像の下が大きさと距離のイメージです。

人工衛星や宇宙ステーション等の地球の周回軌道と、月への往復距離ではスケールが違いますね。
1969〜72年のアポロ計画(月面着陸)は、
その距離や時代を考え合わせると、すごい偉業だったんだなあと改めて思います。



そして太陽ともなると、
同じく地球の大きさをピンポン球(直径約4cm)に例えると
「太陽はピンポン球から450m離れたところにある直径4mの巨大ボールくらい」
なんだそうです! ( ̄□ ̄;)!!


「450m離れたところにあるピンポン玉」って、
太陽からはもう認識不可能なレベルですね!


その遠く離れた3つが順番に一列に並んだときに、地球のどこかで日食が起き
さらに条件が整ったときに金環日食が起こります。

そして日食が起こる時には、地球にこんな感じに「月の影」ができるようです。


壮大な光景ですね! なんだか少し畏怖すら感じる写真です。

私の一生のうちに、こんな光景を宇宙から観光で見られる時代が来てほしいです。

そんな時代のBMWやMINIの「リング」はどうなってるのでしょうか?


・・・以上、金環日食と変化するリングの話でした。m(^^)m  G.Sekido





  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 




本日、ついに新型320iが到着いたしました!

3シリーズはBMWの中核であり、320iは3シリーズの中核です!
つまり320iはBMWの中核そのものです!



そして早速320iの試乗車ができました!
ミネラル・グレーのSPORT(8AT)です。


装備や価格などの詳細につきましては
過去記事【320iが追加になりました!】をぜひご参照ください。

試乗した感想は・・。

やはり、旧型320iを大きく凌ぎ、"323i"と呼んでもよい程の力強さです!
あらゆるシチュエーションで不足の無いパワーがあると思います。

先代320iと比べると、静かで滑らかで、快適性も飛躍的に向上しました。

ステアリングは軽目の味付けで、軽快感もアップしています。



何しろエンジンはエンジンルームの後ろ半分に収まってしまう程の位置にあり、
この鼻先の軽さも軽快感の向上・回頭性の高さに役立っています。


アイドリング・ストップの採用もあり、燃費は飛躍的に向上しています。


先代320iからの全方位的な進化には驚くばかりです!





過去記事【新型3シリーズの展示車と試乗車ができました!】でも書きましたが
「無いと不便」な装備は全部ついています。
「あった方が便利」な装備もほぼ全てついています。


この性能・装備がこの価格帯で実現できてしまうと
3シリーズはこの先、これ以上どう進化したらいいのか
いらない心配をしてしまう程です。(^^;ゞ




進化というか変化したといえば..。

この写真には、弊社に関連する変化が2つ写っています。
お分かりになりますでしょうか?



・・・難しすぎますよね。(^^;



一つは、弊社の東隣の飲食店さんが残念ながら閉店されたことです。
更地になって見晴らしが良くなりました。
現在は新しい建物を建築中です。(住宅展示場になるとのことです)



もう一つは、弊社 [ Sun Motoren ] のステッカーが新しくなりました
会社設立以来初めての変更です。
デザイン(輪郭)が少し変わり、少々小ぶりになりました。


商品が進化すると同時に、私たちも時代に応じて変化するという思いを込めて?
新しく致しました、ってそんな大げさな変化でも無いですが。(^^ゞ



と、いうことで!


今週末は、【BMW 320i デビューフェア】を開催致します。
ぜひ新型320iをご覧&ご試乗にお越しください! m(^^)m  G.Sekido





  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 





【DTM】(旧ドイツツーリングカー選手権)とは、ドイツ国内で開催され絶大な人気を博した「市販車ベースの車両を用いたレース」です。

1980年代後期から1990年代初頭にかけて、
BMW M3(初代)とメルセデス・ベンツ190E 2.3-16が激闘を繰り広げた舞台です。

市販車がベースのレースのため、レースでの競争力向上を狙い市販車の性能も年々磨かれました。
M3の歴史の始まりはDTMにある、と言ってもよい程です。


M3はシリーズチャンピオンにもなりましたが、
諸般の事情からBMWは1994年(ワークス活動は1992年)に撤退し、
選手権自体も1996年を最後に休止されていました。


そして3年の休止期間を経て2000年に、
【DTM】(ドイツツーリングカー選手権)として復活しました。

(同じDTMでも、実は
 前者は " Deutsche Tourenwagen Meisterschaft "
 後者は " Deutsche Tourenwagen Masters "
 と正式名称が微妙に異なります)


新しいDTMは、4L・V8エンジンで後輪駆動の4ドアセダンとレギュレーションで定められ、メルセデス・アウディ・オペル(後に撤退)を中心に戦われてきました。

そしてDTMの元王者たるBMWは、
モータースポーツの主戦場をF1およびWTCCからシフトし、
ついに満を持して2012年からDTMに参戦することになりました。



2012年からの車両は2ドアに統一と変更になり、
BMW M3クーペ、AUDI A5、M-B Cクラスクーペが参戦しています。

休止前のDTMより幅広になったボディが迫力ですね!
外観は市販車をベースにしているようにも見えますが、実際はパイプフレーム製シャシーの純粋なレース専用車です。



BMW320i(E46)320si(E90)を駆り、かつてWTCCを3連覇した【アンディ・プリオール】他の猛者が今期からDTMに参戦することからも、BMWの本気が伺えます。


そして先日(5月5〜6日)の第2戦で、
早くも【BMWが復帰後初PPを獲得】し、
さらに【BMW復帰後初優勝】を遂げました!!


なんと約20年ぶり!の優勝です!  ゚+。(*^∇^)。+゚

MINI一宮ブログ記事【MINIは頂点を目指します!】でもご紹介した
「MINIのモンテカルロラリー表彰台へのカムバック」にも通じるような、
時代を超越した快挙ですね!




優勝を記念して、オフィシャル動画も公開されています!




この動画の中で面白い思ったのが、インタビュアーのマイクに
" I ///M BACK "とさりげなく?書かれている所です。

「私共 "BMW M" はついに戻ってきましたよ!」といったところでしょうか。

まさに「王の帰還」を体現してみせました!




YouTubeの【THE OFFICIAL BMW CHANNEL】では、
モータースポーツに参戦する歴代3シリーズの動画集
【BMW 3 Series. 25 years of racing history 】も公開されています。
ぜひこちらもご覧ください。






BMWのお膝元ドイツで、3メーカーが威信をかけて戦う
【DTM】(公式ページ)の今後の展開が楽しみですね! (^▽^)  G.Sekido





  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 




ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか?

GW中ということで、今回はそれにふさわしい?地域ネタをご紹介したいと思います。(^^ゞ



★地域ネタその1★

サン・モトーレンの昨年のブログ【稲沢での新しいイベント】でもご紹介しましたが、
JR稲沢駅の少し北側に、線路を跨ぐ陸橋を建設していました。

その陸橋が、3月末にについに完成・開通しました!



名前は「稲沢夢逢橋」(いなざわゆめあいばし)に決定したそうです。

片側2車線の緩やかで大きな橋で、リーフウォーク稲沢のすぐ南側を東西に架かっています。



画像の緑色が新しい陸橋です。

稲沢駅の南側には昔からの陸橋(赤色)があるですが、 交通が集中するためいつも渋滞していました。

新しい陸橋ができて、交通が分散しさっそく渋滞も緩和されているようです。


西尾張中央道〜(稲沢自動車学校)〜リーフウォーク稲沢(アピタ稲沢東店)〜旧22号線とまっすぐにつながり、とても便利になりました。

(ちなみに稲沢自動車学校は、弊社のグループ会社です。)

さらにそこから東へ続き、名岐バイパス(国道22号線)へと抜ける道路も整備されています。 この道路も工事は終了し、あとは開通を待つばかりといった状況のようです。



またその道は、以前のブログでもご紹介したこの交差点へとつながります。

西尾張中央道〜旧22号〜名岐バイパスが1本で繋がると、さらに便利になりますね!



★地域ネタ?その2★

先日(4月中旬)、弊社MINI一宮近くの交差点で信号待ちしていたら、
突然こんな車がやってきてビックリしました!(^^;ゞ



なんと富士サファリパークの「ジャングルバス」です!

「新東名高速の開通でますます野生が近づいた!」と側面に書いてあるので、
宣伝のためにわざわざ一宮市まで来て走っていたようです!?


GWというと東名高速の大渋滞はつきものでしたが、
新東名の開通によって静岡県内の渋滞は激減しているようです。

静岡県内の行楽施設に快適に行けそうですね!




昨年には、
新東名の本来の設計最高速度は時速140kmなので、
静岡県は現在の最高速度(時速100km)の引き上げを政府に求めていくとのニュースもありました。

さらに便利になるので、ぜひ実現してほしいと個人的にも思います!
(関係当局の見解ではなかなか困難なようですが..。)


以上、新しい橋と道に関する地域ネタ?でした!(^▽^)/  G.Sekido





  下に、Facebookと連動した「いいね!」ボタンを加えました。 
  Facebookをご利用の方は、ぜひクリックをお願いいたします! 




 | Blog Top | 
   May 2012   
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31