先日、なでしこジャパンの澤穂希選手に、新型1シリーズがプレゼント(無償貸与)されたそうです!


ワールドカップでMVP&得点王の澤選手に、
「コンパクトカーで世界一走りが良い」と各種メディアで絶賛の新型1シリーズ、
まさにピッタリですね! o(^∇^o)



・・・ですが、なでしこジャパンといえば、
メンバー全員にAUDI A1が無償リースされた」、というニュースをご記憶の方もいらっしゃると思います。




実は、なでしこジャパン全員にはアウディジャパンからA1を、
なでしこリーグのINAC神戸所属の澤選手には、同チームのスポンサーでもあるKobe BMW(モトーレン神戸)さんから新型1シリーズをプレゼントということのようです。



詳しくは

【澤穂希選手めぐり三角関係?】:Response

【☆★澤選手★☆】:Kobe BMWさんのブログ

をご覧ください!

[ 上の写真はKobe BMWさんのブログからお借りいたしました。m(__)m ]




> サッカー日本女子代表としての活動はアウディで、 
 なでしこリーグの活動時はBMWといった活用になるとみられるが、 
 A1と1シリーズ、澤選手のお気に入りとなるのは、 
 どちらのモデルになるのであろうか? 


とのことです。
日本代表としてよりも国内リーグの方が試合数が多いので
ほぼBMWに乗られるということでしょうか。


もしそういった制約?が無かったとしても・・・


澤選手は元々BMWファンだったそうですし、
5ドアでFRの1シリーズが、走行性能も利便性もA1を上回ることは明らかなので、
この三角関係の結果は見えているように思えます。
(誠に失礼かと思いますが..)



それにしても、攻撃的というか、大胆な広告宣伝活動ですね!

それだけ商品力に自信があるからこそできることだと思います。




実は他にも・・・


BMWとAUDIは世界各地で広告宣伝活動で露骨にやりあってるというか
しのぎを削っているようです。

見つけたものをいくつかご紹介させて頂きますと..。



香港での実際の写真のようです。
なんとAUDIのショールームの上に、デカデカと新型5シリーズの看板を出しています!
(それを許すビルのオーナーもユーモアがあるというか、大胆な方ですね。 ^^;)

「燃費が良くて、かつこれだけ美しくなれるなんて、だれが想像できたでしょうか?」

と自信満々の文章付きです。




こんな雑誌広告?もあったようです。


「アウディ様、2006年 南アフリカ・カー・オブ・ザ・イヤー受賞おめでとう。」


   「2006年 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞者より」



・・・皮肉のきつさもワールドクラスかも・・・(^^;





ディーラー同士?でもやりあってます。


「 あなたの番だ、BMW 」 と挑発するAUDI A4の看板に対して、

「 チェックメイト(詰み)。」 と書き加えたM3の看板をデカデカと出してみたり..!

(上記画像をクリックすると、看板製作の動画!も見られます)





最近でも、こんな動画(広告)がBMWから公開されていたようです。


(内容は、上記画像をクリックして動画でご確認ください。^^ )




逆に、AUDIがBMWを挑発する広告もいっぱいあるのですが、
諸般の事情により?割愛させて頂きます。(^皿^)ゞ


どちらかというと、
BMWをライバル視して各種メディアで挑発広告を仕掛けてくるAUDIに対して、
BMWもユーモアを持ってしっぺがえしをしているという感じでしょうか?


一見、おとなげない?ように思えるかもしれませんが、
(個人的には)BMWの方が性能・商品力において上回るだけに、
より説得力があるように思います。




過去のブログ
【カラフルなBMWマークが発売になりました!!】 
【ひねりの効いた海外での広告】 
【海外での広告(大人編)】 
【☆ Merry X'mas! ☆】 
に続く、ひねりの効いた広告・宣伝ネタでした。




と、いうことで・・・



国民栄誉賞を受賞した澤選手もご愛用の

国民栄誉賞級に走りが良い新型1シリーズの走りをまだ未体験の方は、

ぜひご試乗でお確かめ下さい! m(^^)m  G.S

新型X3のデモカーができました! 

サファイヤ・ブラックの xDrive28i M Sport です!
とても精悍ですね!


新型X3のショールームデビューから約半年、たいへんお待たせいたしました。

お陰様で新型X3は大好評で、
お客様からの需要に対して供給が追い付かない状態が著しかったのですが、
何とかデモカーをご用意することができました。



試乗した印象は..。


先代と比べ、全てが上質になりました。
静粛性や室内の質感は上級サルーン並と言って良い程です。
ステアリングはサーボトロニック(車速感応式)になり低速時は快適に軽くなりました。
それでいてインフォメーションは豊かです。


自然吸気の直列6気筒は高回転で快音を奏で、
程良く引きしまった足回りは巷のSUVとは一線を画したコーナーリングを堪能させてくれます。


X1より大きくX5より小さいボディ・サイズは
適度な視界の高さと広い室内スペースを確保しながら
取り回しの良さや軽快感も持ち合わせています。

BMWのSAVラインナップの、まさに中核です。



リアビューカメラ(予想進路表示機能付)とPDC(前後のソナー)が標準装備されていますので、駐車や狭い場所での取り回しも容易です。

これでぶつけたりこする方が難しい?と思えるほどです。(^^;



試乗車にはオプションの電動パノラマ・ガラス・サンルーフが装備されています。
後席からの見晴らし、解放感は抜群です!

既存車種より少し色が濃い?サンルーフガラスは、日差しの強さを和らげてくれて、
シェードを開いて外の景色を楽しむ時間を増やしてくれそうです。




ところで・・・

新型5シリーズやX3や1シリーズなどの最近のBMWは、
駆け抜ける歓びを確保しつつ、とても乗り心地が良くなっています。
(ランフラット・タイヤであることを忘れさせられるほど、突き上げがマイルドになりました。)



ちょっとマニアックに掘り下げますと・・(^^ゞ

フロントサスペンションのストラットマウント部分には
かつて見たことがないような凝った形状の部品が使われています。



写真は新型X3の右フロントのストラットマウント(アッパーマウント)です。
細かい壁や穴がある、独特な部品が使われています。
タワーバーが、ボディ側では無くマウントに直に固定されているのも新しいと思います。




写真は新型1シリーズです。
ゴムカバーで覆われていて目に付きにくいですが、
実は同様の形状・構造をしています。




ちなみに現行3シリーズ(E90)はこんな感じです。
他社の車に比べれば剛性感を感じる作りですが、
BMW最新車種と比較すると、シンプルに見えますね。




さらに新型5シリーズだとこういう形状です。

新型1シリーズやX3と少し似ていますが、アッパーマウントではなくそれを取りつけるボディ側に放射線状の壁があります。

しかも単純な放射線状ではなく、ねじりを加えたような偏った形状です。
高い配慮(&コスト?)がかけられているように見えます。



最新BMWで採用されたこれらの独特の形状と構造に、
剛性を上げるだけでなく、衝撃や振動を減衰する?高度な効果があるのではないかと睨んでいます。(^^;ゞ


物理的な作用は良く分かりませんが、
このような新しい凝った部品の一つ一つが
高い快適性と運動性能の両立に寄与しているのではないでしょうか..?




と、マニアックな話はこれくらいにして・・・




今週末は、【ニュー BMW 1 シリーズ デビュー・アンコール・フェア】を開催致します!


円熟の3シリーズには、魅力的なキャンペーンをご用意しております!



輸入車業界でもその乗り心地に話題騒然!の新型1シリーズと
待望の新型X3を、ぜひご試乗&ご覧にお越しください! m(^^)m  G.S
ついに、新型1シリーズが到着いたしました!


展示車はクリムゾン・レッドの116i Sportです。
オプションとして、Mスポーツサスペンションとナビパッケージが装備されています。



アグレッシブなフロントフェイスは、特に斜め横から見るとシャープさが際立ち、とても精悍です!



内装は先代よりも、機能性もデザイン性も質感も飛躍的に向上いたしました!
正直に申しまして現行3シリーズ以上と言って過言でないと思います。



後席もとても広くなりました!
特に前後方向と頭上が広がり、よほど大柄な人でない限り十二分なスペースです。
大人の男性が前後に4人乗って遠出しても、不満は出ないと思います。



試乗車は、アルピン・ホワイト3の116iです。
上辺にアイラインが加わった新世代のヘッドランプも精悍ですね!



先日のブログ【新型1シリーズが発売になりました!】でもご紹介しましたが、各種メディアではその乗り心地が絶賛されています。

「5シリーズ並み」とまで評される乗り心地を、早速確かめてみたところ・・・。



驚きました。

これは本当にすごい車です!




「5シリーズ並み」という評価は決してオーバーではないと思います。
全く角が無く、フラットで、それでいて程良く締まった乗り味は絶品です。
さらに進化したと思われるランフラット・タイヤは、もうその特性を感知することが不可能と言ってもよいほどです。



エンジンは、静かでスムーズでいて十二分以上の力強さがあります。
136ps・22.4kgmの1.6Lターボエンジンと8ATの組み合わせは、
現行320i以上の力強さを感じると言っても良い程だと思います。



さらに、ドライビング・パフォーマンス・コントロールで、
スポーティーな走りも、燃費を重視した走りもお選びいただけます。


アイドリング・ストップ機能は、停止も再始動もとても迅速です。
信号待ちの間にエンジンが止まっていると最初は違和感がありますが、
慣れてくると今度は逆に通常のアイドリングに違和感と言うか疑問を感じるようになります。

停止時の振動が無いことは、燃費だけでなく快適性も向上します
音楽だけでなく、時には鳥や虫などの自然の音に耳を傾けることもできます。



ステアリングはさらに軽くなりましたが、インフォメーションは豊かで、路面の感覚を饒舌に伝えてくれます。スッキリと澄んで雑味がありません。



足回りもパワートレインもステアフィールも、高級であり高品質です。 
荒々しさや不快感が全くなく、求められるもののみを存分に味あわせてくれます。


ドライバーも、同乗者も、
運転好きな方も、そうでない方も、
ご満足いただける素質を持った車だと思います。


爽快な走りを毎日存分に楽しむためにも、
社会的に求められる低燃費を実現する技術が
惜しげもなく詰め込まれている車でもあります。




先日のブログ【新型1シリーズが発売になりました!】では
「良い意味で大人になり、八方美人になったのではないかと思われます!」と書きましたが、訂正させて頂きます。


八方美人どころか、「八方美人」でした
「万能の絶世の美人」だと思います!!



もう少し話を続けますと・・・



走行性能と快適性をこれほど高い次元で両立できるのは、やはりFR(後輪駆動)ならではだと思います。
スッキリと軽くてインフォメーション豊かなステアリングフィールも、FRならではです。

さらに言えば、前後重量配分が50:50に近いBMWならではだと思います。



前輪が駆動も操舵も担うFFでは、トラクションや重量配分などの理由から
走行性能と快適性がトレードオフの関係、つまり
走りを求めればガチガチの足回りに、
快適性を求めればダルなコーナリングやハンドリングになりがちです。


FFベースの4WDでも、前後重量配分の違いや車重の増加から、FRのような高い資質は得ることができません。


コンパクト・ハッチバックは国産・輸入車を問わずライバルがひしめくカテゴリーですが、
1シリーズがクラス唯一のFR車である限り、これに匹敵するプレミアムな車は現れないだろうと思います。


↑ 【webCG】の試乗記もぜひご覧ください!



今週末は、【ニュー BMW 1 シリーズ デビュー・フェア】を開催致します。

ぜひ展示車および試乗車で、
新型1シリーズと、BMWという会社が持つ底力をご堪能下さい。

お客様のお越しをお待ちしております! m(^^)m  G.S
先日のブログ【30周年にちなんで!】でもお伝えしましたが、
BMW Japanは30周年を迎えました。


そこで特別な限定車
【528i 30th Anniversary Edition】が発売されております。





ディープ・シー・ブルーメタリックに彩られたM Sportsのフォルムが魅力的です。

通常はM Sportsでは選択できないカラーですので、
実はありそうでない「エレガントとスポーティーの両立」です。




インテリアもとても魅力的です。
スポーツシート・パドルシフト等を装備しながら、ベージュのレザーシートが上質感を際立たせています。

こちらもまさに「エレガントとスポーティーの両立」です。




さらにインテリアトリムは、BMW Individualによる「ファイン・ウッド・サテン・ウォールナット・ハニーブラウン」という明るく伸びやかな木目の特別なウッドパネルが装備されています。


専用ドア・シル・プレートは、乗り降りする度に
この車が特別な1台であるという満足感をもたらしてくれると思います。


ヘッドアップ・ディスプレイ、
HiFiシステム・プロフェッショナル、
USBオーディオ・インターフェース、
BMW Individual サンプロテクション・ガラス(プライバシーガラス)は
この上なく快適かつ便利な室内空間をもたらします。


合計45.5万円の追加装備・専用装備を施しながら、528i M Sportsの標準車に比べ35万円の価格アップですので、お得なプライスとなっております。




・・・考えてみますと・・・


低燃費を狙ったダウンサイジングターボ化によって、
自然吸気6気筒は4気筒ターボエンジンに置き換えられつつあり、
BMWに限らず全メーカーともエンジン・ラインナップが変化しています。




BMWの歴史を支えてきた3・5・7シリーズの中央に位置し、

エレガントとスポーティーを両立し、

BMWの代名詞でもある(自然吸気)直列6気筒を搭載するこの車は、

BMWの世界と歴史そのものを体現する、王道の1台と言えるかもしれません。




男性にも、女性にも、またご年齢を問わずどなたにも
お勧めできる1台だと思います。





明日10月8日(土)からはショールームに展示いたします

ぜひこの特別で希少な5シリーズをご覧にお越しください! m(^^)m G.S




★★★★★ 追 伸 ★★★★★


ショールームに展示完了いたしました。




非の打ちどころが無いと言って良い程、魅力的な車だと思います。


本当にお勧めの1台です。
ぜひショールームにてこの魅力をお確かめ下さい!

先日BMW Japanは、30周年を迎えました




本国メーカーが全額出資するインポーターとしては、日本で最も長い歴史があります。

輸入車業界のパイオニアとして、他社に先駆けて様々な画期的な取り組みをしてきました。





【30周年を記念したサイト】も開設されています。




> 今まで皆様とともに歩んだ30年を振り返えるとともに、
節目となる年を迎えて、未来へ向かって力強く駆け出そうとしている決意を込めて、
期間限定のスペシャルサイトをオープンいたしました。


とのことです。
年表に沿って、懐かしい歴代モデルなど掲載されています。
ぜひご覧ください。




ちなみに・・・
弊社 株式会社サン・モトーレンの設立は1987年(昭和62年)です。
BMWの取り扱いを始めてから23年程になります。
多くのお客様にご愛顧頂き、深く御礼申し上げます。



株式会社サン・モトーレンのグループ会社である
サン・オート株式会社の設立は1961年(昭和36年)なので
実は今年はサン・オートグループ設立50周年という節目の年でもあります。


そこで折角なので、この機会に
サン・オートグループの沿革をご紹介させていただきたく思います。




サン・オートグループは、
1961年(昭和36年)に自動車教習所(苅安賀自動車学校)を始めたのが発端になります。
当地方では初めての指定自動車教習所でした。
(開業当初は、タクシー上がりの中古車を教習車に改造し、使用していました。)



次いで、
1963年(昭和38年)に岐阜南自動車学校(笠松町)を開校しました。


東京オリンピックが1964年に開催され、日本はその後モータリゼーションの時代を迎えますが、その少し前の時期でした。


1967年(昭和42年)にシェル石油のガソリンスタンド事業も始めました。




自動車販売・整備事業も始め、
1970年(昭和45年)に日産チェリー店、
1974年(昭和49年)にいすゞオート店、
1977年(昭和52年)に三菱カープラザ店を始めました。




下記は1977年(昭和52年)ごろのグループの概略です。
当時はガソリンスタンドが7つあり、レストラン(ドライブイン)事業も行っておりました。





その後
1988年(昭和63年)にBMW、
1997年(平成 9年)にROVER(LAND ROVER)、
2001年(平成13年)にJAGUAR、
2002年(平成14年)にMINIの取り扱いを始めました。

2008年(平成20年)には稲沢自動車学校が新しくグループに加わりました。



50年のうちには、拡大するだけではなく
誠に残念なことに諸般の事情から継続できない事業もありました。


日産チェリー店・いすゞオート店、ガソリンスタンド事業などは、
メーカーや販売チャンネルの動向、業績などの原因から
取扱車を変更したり、他業種に転換したり致しました。




例えば、
上の写真の名岐バイパス(R22)沿いにあったドライブイン&ガソリンスタンドは
現在では、
マクドナルド 丹陽店および
ファミリーマート 名神一宮インター店になっています。



実は現在でも、当時からの3本柱の広告塔が残っています。

とても便利な場所にありますので、お近くをお通りの際にはぜひご利用をお願い致します。)



そして現在は、グループには6つの法人があり、
5ブランドの正規ディーラー、3つの自動車学校を運営しております。




BMW Japanさんに負けないよう?時代を切り拓くようなチャレンジをしつつ、
さらに50年後もお客様にご愛顧頂けるグループでありたいと思っています。

今後とも、弊社及びサン・オートグループを宜しくお願いいたします! m(^^)m  G.S

 | Blog Top | 
   October 2011   
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ




"