ついに、新型1シリーズが発売になりました!


全車1.6Lターボエンジン・8ATを採用し、走行性能と燃費が共に大きく向上しました。
なんと全車がエコカー減税(75%)対象です!


先代の同グレードと比べた価格の上昇は3〜9万円と小幅なのに対して、装備・性能は大きく向上しています。
エコカー減税効果も合わせると、実質値下げと言っても良いほどだと思います。



詳しくは、ぜひ下記サイトをご参照ください!

【歓びへ、一直線。ニューBMW1シリーズ登場。】:BMW Japan

【BMW1シリーズがフルモデルチェンジ】:webCG

【BMW、新世代エンジン搭載の新型1シリーズ】:CAR WATCH




標準モデルに加え、スポーティーな"Sport"とエレガントな"Style"という仕様も設定されるなど、新機軸のオプション・演出も登場しました。


ボディサイズの拡大は小さめですが、ホイールベースは30mm延長され、後席の居住性は向上しているようです。



こんな後席用のオプションが用意されていることからも、後席にも重点が置かれていることが分かります。
(このオプションは、機能性も高そうですがデザインがスポーティーでいいですね!)




実車がディーラーにやってくるまでにはまだ少々時間がありそうですが、
海外での試乗記もいくつか掲載されています。


【BMW118iスポーツライン(FR/6MT)海外試乗記】:webCG

【インプレッション・リポート BMW1シリーズ 】:CAR WATCH




これらによると、乗り心地の良さはそうとう期待できそうです


> とにかく、極上の乗り心地に、しばし言葉も出ず、〜(中略)〜、高速道路に乗ってしまえば、1シリーズをドライブしている最中だなんて、とても信じられない。現行3シリーズよりも、間違いなく上をいくライドフィールだ。

> 新しい1シリーズでは、オーバーに言えば5シリーズのようにフラットな乗り心地だったのだ。


と、絶賛を超えて驚愕と言って良いほどのコメントが並びます!

エンジンはターボ化により低回転からのトルクが増し、思い通りの加速をしてくれそうです。





思い起こせば・・・
7年前に登場した先代(初代)1シリーズは、BMW初のコンパクト・ハッチバックであり、クラス唯一のFR車でした。

その特異性・優位性をアピールするためか、特にモデル初期はステアリングの重さや乗り心地などはかなりスポーティーに振った味付けがされていました。



新型1シリーズは、その走行性能にさらに磨きをかけた上で、
乗り心地や居住性や利便性にも最大限の配慮をし、飛躍的に大きく向上したようです。

良い意味で大人になり、八方美人になったのではないかと思われます!





・・そんな八方美人的な新型1シリーズの中で唯一、
フロントフェイスはアグレッシブで好みが分かれるかも知れませんが..。



当ブログの過去記事【新型1シリーズ!!】でも先代と新型のスタイリングの違いについてはご紹介しました。( ぜひご一読下さい!m(__)m )



実車にはまだお目にかかっていませんが、
新型はFRらしさをさらに追求したと思われるスタイリングで、これはこれで魅力的だろうと想像します。




以前のブログにも書きましたが、
個人的には前方に突き出したノーズと鋭い目つきから、
次第にサメを連想するようになってきました。(^^ゞ


コンパクトカー市場という大海で、サメの様に自在に俊敏に泳ぎ回ってくれるのではと期待しています!



実車が到着致しましたら、またご報告させて頂きます。
ぜひ楽しみにお待ちください! m(^▽^)m  G.S

現行M3クーペには、軽量化や重心高の低下のために、カーボンファイバー製ルーフが採用されています。

過去には、E46型M3 CSLや、E63型M6クーペにも採用されていました。
この黒い屋根は、走りを追求した特別なモデルである証です。

今のところ、Mモデルの一部にしか設定がありません。
また、M3クーペには採用されているものの、M3セダンには設定がありません。


ですが・・・




なぜかこの3シリーズセダンは、屋根が黒くなっています!



近くで見ると、カーボンファイバー調の緻密な格子模様も入っています。


といっても、カーボンファイバー製のルーフに交換したわけではなく・・・



実は、これはカーボン調のフィルムが貼ってあるんです!

弊社で新しく始めた【3M カーラッピング】というサービスを施工致しました!



もちろん軽量化等の物理的効果はありませんが、
スポーティー感の演出には超効果的です!




ルーフだけでなく、ボンネットなどにも施工できます。




フィルムは高品質に定評のある3M社製です。


ブラック/ホワイト/ガンメタの3色のカーボン調と、
ブラックのレザー調!なんていうものもあります。



触るとカーボン調の模様に沿った微妙な凹凸があり、質感はとても高いです。
末端部分のフィッティングも良く、浮きや剥がれとは無縁な感じです。

剥がす際にも糊残りがしにくいフィルムなので、一度フィルムを施工した後でも、また元のボディに戻すことができます。気分やイベント等に合わせて一時的にドレスアップをする、といった楽しみ方もできます。」とのことです。


価格は、施工工賃込みで52,500円〜(部位・面積によって変わります)となっております。

(尚、上の画像の3シリーズセダンは、GPSアンテナとルーフ両サイドのモールをブラックに塗装してあります。)


注意事項等、詳細につきましては、【3M カーラッピング】をご覧ください。




様々な車種・色が選べる【仕上がりシミュレーター】という楽しいページもあります!





MINI一宮の代車(レンタカー)にも施工いたしました。




実車をご覧いただくことも可能ですので、ご要望の方はお申し付けください。



施工等について詳しくは、弊社サービススタッフまでお問い合わせください。
もちろんBMW / MINI以外のお車でもOKです。

お待ちしております! m(^^)m  G.S
2年に一度の世界最大級のモーターショーである
ドイツの【フランクフルトモーターショー】が、いよいよ9月15日から開催されます。





BMWおよびMINIからは、こんな車が初登場 / 正式発表になるようです。




【新型1シリーズ パフォーマンス コンセプト】 : 初登場です!




【MINI COUPE】 : いよいよ正式発表になります!



BMW i (i3、i8)についてもさらに詳細が発表になると思われます。




ちなみに・・・
前回2009年のフランクフルトモーターショーの時は、当ブログにて


X1のワールドプレミア と、




MINI COUPE & ROADSTERのコンセプトカーの発表

ご紹介させて頂きました。


(あれからもう2年経つことを思うと、時の流れの速さを感じます・・。)



前回は、オープンモデルであるMINI ROADSTER (コンセプトカー)に関しては事前情報が全くなく、会場でのサプライズ発表でした。


今回も、ひょっとしたらサプライズな発表もあるかもしれませんね・・・??





ところで、

話は大きく脱線しまして・・・(^^;ゞ






日本では、フランクフルトと言うと
棒を刺した太いソーセージを表すことが多いと思います。




個人的に昔から漠然とした疑問を持っていました。

ドイツのフランクフルトのソーセージは本当にこんな感じなんだろうか?と。

この機会に調べてみました。



検索してみたところ、
フランクフルト産ソーセージ(Frankfurter Wurst)は特に太いわけでは無いようです!


棒を刺すほど太くはない感じですね。



もう少し調べたところ・・・



本来、フランクフルトとかウインナーとかのソーセージの名前は、
太さや大きさではなく肉を詰める腸の種類によって分かれるそうです!


フランクフルト ソーセージ」はの腸
ウインナー ソーセージ」はの腸
ボロニア ソーセージ」はの腸と
使われる腸の種類によって呼び名が違う、ということのようです。


長年のもやもやが、少しスッキリました。(^^;ゞ



でも忘れていた疑問が新たに呼び起されてきました。



ウインナーソーセージについては分かったとして、
ウインナーコーヒーと日本で呼ばれるものは 
オーストリアのウイーンに本当にあるのでしょうか? 


コーヒーの上にホイップクリームが盛りつけられたアレです。
これも何となく日本独自の文化のような予感がしますが・・・。



【ウィンナ・コーヒー】@Wikipediaによりますと・・・。

> ウィーンには「ウィンナー・コーヒー」という名称のコーヒーは存在しない。
ウィーンの人々が日常的に多く飲んでいるのはエスプレッソと温かいミルクを加えた上にミルクの泡を載せたメランジェという種類で、カプチーノとほぼ同じものである。 


とのことでした!


私が想像するに・・・
日本にエスプレッソ・マシーンが無かった時代に、
ウイーン旅行帰りの喫茶店マスターが「泡で覆われたコーヒー」を再現したくて、コーヒーの上にホイップクリームを乗せて売り出したのが発端、という感じではないでしょうか?




ここまできたら、さらに昔からの疑問も調べないわけにいきません。
スパゲッティ・ナポリタンは本当にナポリ風なのか?という疑問です。(^皿^ゞ



あらかじめ茹でた太い麺を、ケチャップで炒めるアレです。




同じくwikipediaによりますと・・・

> ナポリタンは、トマトケチャップで味付けした日本独自のパスタ料理である。 
なおイタリアではナポリタンと呼ばれるパスタ料理はない。
とのことです・・。



ですがナポリタンの発端には
マッカーサーやGHQが滞在していたころのホテルニューグランド(横浜市山下町)を舞台とした、長く深い由緒があるようです。



詳しくは、【ナポリタン】@Wikipedia をご参照ください。




・・・ということで、久々に過去のブログ
【チリのホットな?お話】
【アフタヌーン・ティー】に続く、日本と海外の食に関するお話でした。(^^;ゞ




大きく脱線いたしましたが、
今回のフランクフルトモーターショーでも、新しい発表・発見がありましたら
またご紹介させていただきたいと思います! m(^^)m  G.S




★★★★★ 追 伸 ★★★★★★



食べ物の名前と地名のつながりネタでもう一つ・・・・

「ハンバーグ」の語源は、ドイツの港町「ハンブルク」なんだそうです!

詳しくは【ハンバーグの歴史】@日本ハンバーグ・ハンバーガー協会さん
をご覧ください!(^▽^)

X1 M Sports (sDrive18i) のデモカーができました!

エアロパーツ&大径ホイールがとても精悍ですね!
スポーツシート&ステアリング他の装備も魅力的です。



乗ってみた印象は・・・

まさにオン・ザ・レールといった感じで、非常に安定しています。
重心の高さを全く感じさせないコーナリングは驚きです。

巷のSUVとは一線を画するのはもちろん、
1シリーズや3シリーズツーリングに遜色ないと思うほどです。

その上、高いアイ・ポイントによる視界の良さはドライブに解放感と安心感をもたらします。
SUVとスポーティーカーの良いとこ取りです。


フロント225/45・リア255/40という太いタイヤと18インチの大径ホイールを履きながら、荒々しさは全く感じられません
ボディ剛性の高さが成せる業だと思います。


ステアリングフィールはがっしりとしていて、並みのスポーティーカー以上に豊富に情報を伝えてくれます。





現在弊社には、M SportsではないノーマルのX1 (sDrive18i)のデモカーもございます。

重厚で安定感に溢れるM Sportの乗り味に対し、こちらは自然なロール感があり、より軽快感があります。

どちらが好みかと聞かれると、非常に悩ましいところです..。(^^ゞ




さらに!



X3 M Sportsも入庫いたしました!

内外装がよりスポーティーに仕立てられ、とても精悍です。
大きな塊からナイフでえぐりだした様なスタイリングが、さらに主張を強めています。
海や山でも、街中やハイウェイでも存在感がありそうです。


まだショールーム内には展示しておりませんが、車両をご覧いただくことは可能ですので、ご要望の方はスタッフにお申し付け下さい。




そして・・・



【試乗車・展示車一覧】画面がリニューアルされました!





車の画像やオプション情報など、より詳しい情報がご覧いただけるようになりました。
最新情報を(極力)更新してまいりますので、ぜひこちらもご覧ください。




今週末は、【BMW 30th Anniversary フェア】を開催いたします。




30周年を記念して、ドイツ・ミュンヘンへの旅行が当たる抽選会を実施いたします。
ぜひショールームへご来場の上、ご応募ください。

X1 & X3のM Sportsも、ぜひご試乗&ご覧下さい!

お待ちしております! m(^^)m  G.S
 | Blog Top | 
   September 2011   
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ




"