誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
4月29日(金・祝)〜5月5日(水)を休業日とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。

ご容赦のほど、宜しくお願いいたします。
明後日の4月29日に、イギリス王室のウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんがご結婚されます。


↑ 招待状は1900人!に送られたそうです。


それをお祝いして、BMW UKから【BMW M3 Royal Edition】が発売になりました!



一見普通のM3のようですが、サイドやリアの "M" のエンブレムが "Will" (ウィリアムの略)になっています!!


通常の "" はこのようになっていますので、ちょうど上下を逆にした形ですね。
BMW UKも、ずいぶん粋な特別仕様車を考えたものです!?





・・・気付かれた方やご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、実はこの特別仕様車は買うことができません。

実は今年の【エイプリルフールのジョーク広告】でした..。m(^^;)m




過去のブログ【カラフルなBMWマークが発売になりました!!】でもご紹介しましたが、海外では毎年エイプリルフールにBMW&MINIからとてもウイットに富んだ広告や発表が出されます。

(日本でも、毎年MINI JAPANからは楽しいネタが発表されていましたが、今年は震災後の配慮からか何も発表がありませんでした。)




さらに今年、BMW本社が手掛けたと思われるネタが..


【M3にピックアップ・トラックが追加!】というニュースです(^^;


> BMWはクーペ、コンバーチブル、セダンに続く4つ目のM3として、M3ピックアップを発表した。
開発はM社で、エンジンは420ps、最大積載量は450kgのレース志向なドライビングプレージャーを持っている。
他のMモデルと同様にM3ピックアップもニュルブルックリンクの北コースでダイナミックな可能性を発揮し、最高速度は300km/hに及んだ。
クルマのラッゲージスペースを評価するのに度々使われる、ゴルフバッグの積載数では、20個の46インチゴルフバッグが積載可能。正式な発表は2011年4月1日



事前にカモフラージュされた試作車?がたびたびニュルブルクリンク・サーキットを走り、わざとスクープ写真を撮られる、という念の入りようです。




試作車が保管された地下駐車場に、ドイツの自動車誌が侵入スクープ?なんていう盛り上げ動画も公開されたりもしています。




もしも発売されれば世界最速のトラックの座は堅いと思われますが、残念ながら?エイプリルフールネタで間違いないようです。(^^ゞ



と、いうことで..。



ぜひ、来年のエイプリルフールにはBMW JAPANにも面白い広告を出してほしいですね!(^○^)  G.S

新車ショールームおよびBPS一宮(認定中古車センター)に、ついに【iPad】が導入されました。

iPad導入のプレスリリースは昨年に出され、MINI一宮でも導入済みだったのですが、諸般の事情によりそれに遅れての導入となりました。


BMW各車種のカタログや動画等をご覧いただくことができます。




また、3シリーズ&5シリーズ各車種の、外装・内装色やホイール等を組み合わせて表示できるアプリケーションが入っています。

(ネット上のBMWのHPにも、【3Dショールーム】という同様の機能がありますが、こちらはなぜかM Sportsが無いなど、選択肢が少ないのです..。)


他にも、BMWやMINIに関するゲーム等のアプリも入れてあります。



お客様にご自由にお使いいただけますので、ご要望の方はスタッフまでリクエスト下さい!




また、新車ショールームおよびBPS一宮に、【ソフトバンクWi-Fiスポット】(fon)を導入いたしました。

iPhone等をお持ちの方は、どうぞご利用ください。




先週到着した640iカブリオレも、ショールームに展示いたしました!


ぜひ今週末は、iPad
New6シリーズカブリオレNew X3
【認定中古車】をご覧に、
新車ショールーム&BPS一宮にお越しください! m(^^)m  G.S
ついに【新型6シリーズ カブリオレ】の展示車がやってきました!


ブラック・サファイヤの640iカブリオレです!

写真でもとても魅力的ですが、実車はやはりそれ以上にグッときます!


低く構えたスタイリングは大型オープンカーの普遍的な魅力に溢れています。
それに加えグリルやヘッドライトやキャラクターラインなど随所に新しいディテールが盛り込まれています。


内装はゴージャスかつスポーティーで、適度な包まれ感がありベースとなる5シリーズとも違う魅力があります。
ナビ画面の周りのシルバーの縁取りは、今までにない演出です。



オープンカーの幌は「黒子に徹する」ことが多いですが、NEW6の幌は雄弁です


幌の生地は「アンソラジット(シルバー光沢仕上げ)」というカラーです。
(他にオーソドックスなブラックやベージュが選べます。)
糊の付いたノンウォッシュジーンズのような、上品で質感の高い光沢があります。


先代6シリーズカブリオレに引き続き、リアガラスは垂直に昇降します。
幌の開閉状態を問わず、リアガラスのみをスイッチで昇降させることができます。
(恐らく、他メーカーには無いBMWだけの構造・機能だと思います。)


幌が開いているときにリアガラスを上げると、風の巻き込みを防ぐデフレクターの機能を果たしてくれます。
幌が閉じているときにサイド&リアガラスを開けると、前方から後方に気持ち良く風が抜けていきます
幌を開いても閉じても気持ちよく風を感じることができます。


また、リアガラス左右のCピラー部分がフィン状に後方に伸び、BMW6シリーズカブリオレならではの個性を与えています。
往年のミッドシップスポーツカーも彷彿とさせる形状で、個人的にも好きな部分です。

利便性とスタイリングを両立した機構ですね。




今週末ショールームでは、【BMW X モデル・ニュー・ラインアップ・フェア】を開催致します!


新型X3のデビューイベントです!


その関係で、この新型6シリーズカブリオレは現在ショールームには置いてありません..。
ご覧になりたい方は、ぜひその旨をセールス・スタッフまでお申し付けください
ご案内させて頂きます。


ぜひ、今週末は新型X3 & 新型6シリーズ カブリオレをご覧にショールームにお越しください!どちらも最高に魅力的ですよ! m(^▽^)m  G.S
【新型X3】の展示車がショールームに登場しました!

ブラック・サファイヤのxDrive28iです。


均整のとれたプロポーションで、端正なスタイリングです。

一見オーソドックス?ながら、良く見ると
【なだらかに下がるJ字状のキャラクターライン】がボディ各部にあります。
スタイリングに、張りと新型X3ならではの個性を与えています。




最新車種だけあり、内装は3シリーズよりもむしろ新型5シリーズに近い装備・質感です。
(展示車はHi-Lineパッケージなのでレザーシートが装備されています。)

センターコンソールの両端まで広がった幅の広いウッドパネルは、新型X3ならではの特徴です。




後席も、高級サルーンに匹敵する居住性と快適性があります。 
ドアグリップ&アームレストにまでレザーが張られていて、高級感があります。




ラゲッジルームは十二分に広い上、シートバックは40:20:40の比率で可倒式です。
センターに長尺物を積んで4名乗車することもできます。




床面のアルミのレールには、荷物固定用の可動式のフックを取り付けることができます。
質感の高い精緻な作りで、使うことがためらわれる?ほどです..。




ただ今ショールームでは、X1もあわせて展示しています。
ぜひ、それぞれの個性をご比較下さい。


新型X3は世界中でたいへん好調で、需要に供給が追い付かない状態のようです。
ぜひお早めにショールームでその魅力をお確かめ下さい!m(^^)m G.S




★★★ 追伸 ★★★


【BMW 3 シリーズ&1 シリーズに、特別低金利0.99%ローン実施中】です!





【ローン・シミュレーター】にて特別低金利での支払い例も計算いただけます!

ぜひご覧ください!m(^^)m  G.S


以前のブログ【新型X3が本国で発表になりました!】でもご紹介した新型X3が、日本でも発売になりました!


【New BMW X3 スペシャル・サイト】では、様々な角度・方法にてX3の詳細・魅力をPRしております。





特に、【ムービー】では、数々の新技術を感覚的に理解できる、とても楽しい動画が見られますのでぜひご覧ください。



ラインナップは下記の2グレードとなります。


xDrive28i (3L自然吸気)
最大出力258ps、最大トルク31.6kgm
燃費は10.6km/L(10・15モード)の低燃費で
車両本体価格は598万円です。


xDrive35i (3Lツインスクロールターボ)
最大出力306ps、最大トルク40.8kgm
燃費は12.0km/L(10・15モード)と驚きの低燃費で
車両本体価格は694万円です。
自動車取得税および重量税が約75%減税されるエコカー減税対象モデルです!


なんと、自然吸気グレードよりもターボエンジングレードの方が燃費が良いのには驚きです!
BMWのAT車で初採用のアイドリング・ストップ機能を始めとする新技術が集約された成果です。


通常であれば燃費や経済性を重視される方は低出力モデル、
より走りを重視される方は高出力モデルがお勧めですが、
New X3の場合は、燃費も減税もターボ車の方が有利ですので悩ましいところです!


展示車や試乗車が整いましたらまたお知らせ致します。
私も実車を見られる日が今から楽しみです!(^^)  G.S
 | Blog Top | 
   April 2011   
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30