自動車は、大地震や津波にはかないません。

燃料が手に入らなければ走れません。



「災害には弱い乗り物」 かもしれません。




でも、




街中が停電していても、自動車があれば

暖房や冷房が効いた空間を作り出し、

暗闇の中でもライトを光らせて進むことができます。



ラジオやテレビで情報を得られます。

危険なものや、有害なものから守ってくれることもあります。





電車が止まっていても、人や物をのせて

自分の意思で、目的地まで行くことができます。

カーナビに道案内してもらうこともできます。

色々な音楽で、リラックスしたり癒されたりもできます。



なので、

「災害には弱い」 と同時に、「災害に強い」 ところもあると思います。





考えてみれば、
長い歴史の中で、人がこれだけ自在に移動できる手段を手にしたのは
ここ数十年のことです。


普段は、快適に自動車に乗れることは当たり前だと考えてしまいがちですが、実はすごいことかもしれないと思いました。





ずっと自動車に関わる仕事をしてきましたが、改めて考え直しました。





これからも、これまで以上に前向きに

自動車に関わっていきたいと思います。

(これまでも全力で前向きでしたが) (^^;





愛知県知事は、

「愛知の経済を回していくことが(震災による日本経済への)ダメージを和らげ、

被災者の雇用の場をつくることにもなる」


と仰られました。



私も同様に考えます。
(異論がある方もいらっしゃるかもしれませんが..。)



次回のブログからは、従来のような感じで行ってみたいと思います。


なにとぞご容赦&ご愛読のほど、お願いいたします。m(__)m

G.S (文) & S.S (絵)


東日本大震災の影響(施設の一部破損と電力制限)により、新車整備センターとパーツ・ディストリビューション・センター(千葉県山武市)は業務に支障をきたしておりました。
(地震直後は変則的な稼働状態で、その後稼働停止となっておりました。)


これらの施設の点検と復旧が完了し、本日3月24日より稼働が再開されたと発表されました。


プレスリリース:
【新車整備センターとパーツ・ディストリビューション・センターが稼働】


車両・部品の流通は順次正常な状態になっていくと思われます。
(一部の車両・部品に関しては、引き続きお時間を頂く場合がございます。)

お客様にご不便・ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び致します。
何卒ご了承をお願い致します。

株式会社サン・モトーレン

「prayforjapan.jp」(日本への祈り)というページを知人から教えてもらいました。

> 「prayforjapan.jp」は、今もなお避難生活を余儀なくされている方、
> 不安に押しつぶされそうな方に、
> すこしでも勇気をもってもらえたらと思い、
> このメッセージを受け取ってもらうために、つくりました。
> 国内で投稿された心に残るつぶやきや、
> 海外から寄せられた応援メッセージをまとめています。


被災地での体験を含む、力強く暖かいメッセージが集められています。

津波の被害は言葉で表せないほど甚大かつ深刻で、原発も予断を許さない状況ですが、これらのメッセージを読むと勇気づけられます。

【 prayforjapan.jp 】 ←クリックすると開きます。


ご参考までにご紹介させて頂きました。 
G.S


BMWグループからの義援金の拠出が決定致しました。




【BMWグループ、被災地救済を目的に100万ユーロを拠出】
:プレスリリース

「 3月16日ミュンヘン発。東北地方太平洋沖大地震の地震や津波により生じた甚大な被害に対して、BMW グループは被災した地域への支援として総額100万ユーロ(約1億1千万円)の寄付を行う事を決めた。

同社の取締役会は日本で発生した重大な災害に対して大きな衝撃を受け、犠牲者に対して哀悼の意を表している。「被災地の置かれている窮状を考えますと心が痛みます。この困難を乗り越えるまで、私共の心は日本国民の皆様と共にあります。」と同社会長のノルベルト・ライトホーファーが語った。

義援金は国際的NPOであるSave the Children (セーブ・ザ・チルドレン)と日本赤十字社にそれぞれ同額(50万ユーロ)が寄付される。義援金は心に傷を負った子供たちの救済、緊急支援、地域の再建などに活用される予定である。

また、被災地域に対する支援を希望するBMW グループの従業員もこれら団体に対する寄付を通じ地域復興に貢献する。 」



弊社といたしましてもこれに同調し、社員および一般の方々から義援金を募る活動等を通じ、被災地の復興に貢献したいと考えております。

株式会社サン・モトーレン

震災の影響により停止されておりましたBMW JAPANのパーツセンターからの部品の出荷が、再開されました。

但しパーツセンターは地震により損害を受け、かつ計画停電の対象地域になっています。
また運送会社の業務が、燃料不足等の原因により支障が出ています。

そのため配送は通常より時間がかかり、かつ不安定です。
また一部の部品に関しては、出荷ができない状態とのことです。


安全及び走行に関わる部品は最優先で入手できるよう最善の努力を致しますが、お客様にご不便をおかけすることがございますことを深くお詫び致します。

何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

株式会社サン・モトーレン
昨日の東北地方太平洋沖地震の犠牲者の方々に、謹んでお悔やみ申し上げます。
また安否の確認が取れていない方々の無事をお祈りし、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

現在、BMW JAPANのパーツセンターからの部品の供給が停止されております。
また車両の陸送に関しても、支障が生じることが予想されます。

(車両および部品が陸揚げされる千葉港は房総半島の内側の東京湾にあり、冠水・浸水等の津波による直接的な被害は無いのではないかと思われますが、停電および交通機関の混乱が原因のようです。)

さらに情報が入りましたら、追ってお知らせ致します。

お客様にはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご容赦の程宜しくお願いいたします。

株式会社サン・モトーレン 一同


今週末の3/12(土)・13(日)は、新車ショールームにて
【BMW WHITE DAYS】を開催致します。


“アルプスの白”という名の特別な色。時を超えて愛される輝き。 
雪と氷に覆われたヨーロッパ・アルプスの崇高な山々をイメージした 
BMW独自の白、それがアルピン・ホワイトです。 
世代を重ねるごとに磨かれたその輝きは、高貴さ、無垢さ、洗練、 
そしてスポーティさの象徴。 
アルピン・ホワイトをまとうと、その洗練された美しさはいちだんと際立ちます。 

これからのドライビング・シーズンをより魅力的に彩るその価値を、
 
ぜひ今週末のフェアでお確かめください。 


試乗、査定・商談記念品:ホワイトデー・プレミアム・スイーツ 

フェア期間中ショールームにご来場の上、ご試乗または査定・商談された方に、 
BMWが厳選したスイーツ・コレクションの中から、 
お好きな一点をプレゼントいたします。 
春らしいプレミアムな美味しさをお愉しみください。 




さらに、ホワイトデー&アルピン・ホワイトにちなんで、車のボディ色に関する余談を..。



以前のブログ【車の世界的な人気色は?】でもご紹介しましたが、塗料・化学製品メーカーの【Du Pont】(デュポン)では、なんと56年の長きに渡って自動車の人気色の世界的な調査を行っているそうです。

その最新の調査結果が発表になっています。


【世界で最も人気の高い自動車色・2010年】


それによりますと、
「世界の自動車色人気ナンバーワンの座をめぐって、シルバーとブラックがしのぎを削っている」とのことですが、
「北米・メキシコ(同率1位)・日本・インドではホワイトがNO.1」だったそうです。



BMWでも、ここ数年は「アルピン・ホワイト」が一番人気だと思います。
私も2台続けて乗っています。(^^ゞ
(ちなみにアルピン・ホワイトはソリッド色です。)



さらにBMWでは、最近になり「ミネラル・ホワイト」という名のいわゆるパール・ホワイトもモデルによって設定されるようになりました。




昨年には、「パール・シルバー」という名前の、白に近い程明るいシルバーの特別色(BMW Individual ボディ・カラー)をまとったX6の限定車も発売されました。




またMINIでも、「ホワイト・シルバー・メタリック」という、とても明るいシルバーが限定車に設定されるようになりました。



個人的には、「ホワイトの明るさ」に「シルバー系の艶」を兼ね備えた、これらのパール・ホワイトやメタリック・ホワイトの設定車種が増え、人気がさらに高まるのではないかと予想します!



と、余談はこれくらいにして..。



3/12(土)〜21(月・祝)の期間、BPS一宮(認定中古車センター)では
【プレミアム・ドライビング・デイズ】フェアも開催致します!





ぜひ、(ホワイトに限らず) お好みのボディ・カラーを見つけに
新車ショールーム&BPS一宮にお越しください! m(^^)m  G.S
先週末の【ニューBMW 5シリーズフェア】には、多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。m(__)m



上の画像は、先週末のフェアの告知サイトに使われていたものですが、この画像やフェアDMについての余談を少し・・。(^^ゞ



動画投稿サイトYouTubeに、 【 BMW Japan TV 】というチャンネルがあり、BMWに関するいろいろな公式動画を見ることができます。

そこに上記DM&フェアにからんだ【 TVCM 】が追加されていました。


↑ 上記CM内では、「PCはガレージの中で開発された。」とあります。


DM内でも「世の中を変えた革新、例えばパソコンもガレージで生まれた。今日もまたガレージから革新が始まる。」という文章がありました。



この「ガレージで生まれた」とは、恐らくAPPLE社やHP(ヒューレットパッカード)社のことを差していると思われます。



ちなみに両社の創業の地は、こんなガレージだったそうです。


< APPLE社 > (BMWの今回のCMとよく似ていますね!)




< HP社 > (車一台がやっと、といった大きさでしょうか。)


どちらも現在の企業規模を考えると、絵に描いた以上?のサクセス・ストーリーですね!


おそらくアメリカで製作されたTVCMかと思われますが、アメリカ人の「ガレージ」という言葉に込められた創造性&成功のイメージが感じられるようで面白いです。


毎朝ガレージから新型5シリーズに乗って職場に向かうと、より創造的な思考で仕事に向かえるかもしれませんね! (^^) G.S

新しく【523i Touring M Sports】の試乗車ができました!


Touringならではの高い利便性と、M Sportsならではのスポーティーな走りの両立を試乗車にてお確かめいただけます。



スタイリングは非常に伸びやかでスマートです。
現行5シリーズツーリングから、「ルーフに密着した薄いルーフレール」になったことの効果もあると思います。

歴代5シリーズの中で、アグレッシブさでは先代がNO.1だと思いますが、流麗さでは新型5シリーズがNO.1だと思います。



運転した印象は・・
245/45R18という大径ホイール&タイヤを履き、無駄なロールを排除した引き締まった足回りながら、粗さが全く感じられず、とても快適かつスポーティーです!
ランフラット・タイヤであることを全く忘れさせられる程の乗り味です!!



2.5Lの直列6気筒エンジンは、自然吸気らしく爽快に吹け上がります
8速AT採用の効果もあり、トルクや馬力不足はまず感じられません。
むしろ、触感も節度感も非常に高いパドルシフトの「操り甲斐」があると思います。



内装は、【2つの新しいM Sports!】でもご紹介した523iならではの演出がされています。

アルカンタラ&グレーのステッチが、【BMW Performance】にも通じる、「よりスポーティーなM Sports」の内装を造り上げています。



ちなみに、M Sportsではない523iセダンの試乗車と並べるとこんな感じです。


どちらも完成されたスタイリングだと思います。悩ましいですね..。

ボディ・カラーは、向かって左がカーボン・ブラック(M Sports専用色)、右がブラック・サファイヤです。
カーボン・ブラックは反射する光が角度によって青みがかって見えるのが特徴です。



今週末は、【ニューBMW 5シリーズフェア】を開催致します!



今なら、5シリーズに期間限定の1.99%特別低金利ローンもご利用いただけます!

ぜひ、TouringとM Sportsのラインナップが揃った5シリーズをご覧&ご試乗にお越しください!m(^▽^)m G.S
 | Blog Top | 
   March 2011   
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31