BMWは、2013年に欧州で発売予定の電気自動車、
「メガシティ・ビークル」の技術の一部を公開
しました!!


まずはイメージイラストです!

タイヤを四隅に配し、キャビンが大きく、居住性を重視したと思われるフォルムですね。
良く見ると、4枚ドアらしき線が描かれています。



三菱のi(アイ)およびその電気自動車版であるi-MiEVや、



NEW MINI(R50)が開発される以前に、ROVERによって考案されたコンセプトカー
【MINI Spiritual】 にも似ています。

影響を受けたというよりは、居住性や空力特性を重視した上で先進性をアピールしようとすると、どうしても同じようなフォルムになってしまうと言ったところでしょうか?



しかし何といっても、BMWのメガシティ・ビークルの最も驚く点は・・・!
車体の骨格にカーボン(炭素繊維強化プラスチック:CFRP)を採用する点です!



【BMWの市販EV、カーボン採用で電動化の重量増を相殺】
↑ 詳細は上記ページをご覧ください。


カーボンの利点は極めて軽量で強固なことです。

ルーフやスポイラー等の部分的な採用であれば、BMWを始め例は数多いですが、車体骨格を製造するには相当のコストや技術や専用の生産設備が必要ということもあり、たいへん困難が伴います。


過去に市販車で骨格をカーボンで造った事例と言えば、
 マクラーレン : F1・M-B SLR
 ブガッティ : EB110・ヴェイロン
 フェラーリ : F50・エンツォ
 ポルシェ : カレラGT
 アストンマーティン : ONE-77
くらいしかありません。いずれも5000万円以上級!のスーパーカーで、いずれも限定生産です。
(しかもこのうちいくつかは、高コストゆえに高価格になり、それが響いてか販売台数が計画を下回り、結果として商業的に失敗したと聞きます)

BMWが市販すれば、小型車はもちろん量産車としても世界初!の画期的な商品となります


軽量化を目的として骨格にアルミを用いることはまれにありますが、それでも小型乗用車となるとAUDIの【A2】くらいしか例がありません。


↑ A2は商業的に苦しかったようで短命に終わり、日本へは導入されませんでした。


フェラーリですら、通常の量産モデルには、アルミは採用したとしてもカーボン骨格は採用しない、とコメントしているようです。


小型車には商業的に成立困難なアルミ骨格より、さらに困難?とも思われるカーボン骨格を、本当にBMWは採用するのでしょうか...?


【BMW、市販EV本格生産へ…カーボンの生産能力を増強】

上記記事ではカーボン骨格を生産するにあたっての工場やサプライヤーの計画まで発表されていますので、本気のようです..!
(Mモデル等でのカーボンの部分採用による技術向上が生きてきたということでしょうか。)



【BMW、メガシティ・ビークルにカーボン製パッセンジャーセルを採用】


上記記事では、
> BMWの電気自動車は、エミッション・フリーで低騒音の移動手段、という限られた枠にとどまらず、俊敏性に優れた、まったく新しい走りの歓びを提供するモデルとなることを最終的な目標として掲げている。
とありますので、この大胆な計画の目的の1つは、「駆け抜ける歓び」にあるようです!

すごすぎますBMW!( ̄□ ̄;)!! 




・・・ところで・・・

上記記事中では
> ライフ・ドライブ・コンセプトとは、「ドライブ」と「ライフ」という2つの独立したモジュールから構成されている。「Drive」モジュールは、シャシー内にバッテリー、駆動システム、構造部およびクラッシュ機能をひとつの構造にまとめて集約する。一方「Life」モジュールは、高強度かつ超軽量の CFRP製パッセンジャー・セルで構成される。
と書かれています。

この文だけを読むと、駆動モジュールはクラッシュ構造とひとつになっている、ということは、車体前方に「ドライブ」、後方に「ライフ」の2分割構造、つまり前輪駆動になりそうに思えます。

先日に【BMW、初のFFモデル投入へ】という発表もありましたし、関連性があるようにも思えます・・・。


しかし!


別の写真を見ると、後席の後部の荷室の床が随分と高くなっているのが分かります。
バッテリーやモーターを前方に配するなら、荷室の床はもっと低くできると思われます。


ちなみに、TVCMでもおなじみのコンセプトカー【Vision EfficientDynamics】はリアにエンジン(さらにフロントとリアにモーター)を搭載し、後輪駆動を主体としています。




これらから考えると、個人的には!
「メガシティ・ビークル」は、電気モーターを後部に配した後輪駆動と予想します


ちなみに最初に紹介した三菱i(アイ)やMINI Spiritualは、動力源(エンジン/電気モーター)を後部に配した後輪駆動です。シルエットが似ているのもうなづけるような..。
(AUDI A2はFFですが。)


さらに!

EVだけではなく、電気モーターに替わり内燃機関を積んだ車、
つまりガソリン/ディーゼルエンジン車バージョンもあると予想します


走行中にCO2を排出しないEVを、カーボン骨格採用による軽量化で航続距離を延ばしても、CAFE(企業平均燃費)には影響しないと思われます。
(仮に発電所が発生するCO2を計算に組み入れられるようになったとしても、元々の値が低いので、カーボン骨格採用による改善のCAFEへの寄与度はごく限定的だと思われます)

ですがガソリン/ディーゼルエンジン版も出し、それが軽量化効果で目覚ましい燃費を記録すれば、CAFEへの効果も大きく、制裁金課金回避へ役立つと思われます。

一見不可解にも思える高コストなカーボン骨格の採用も、それならまだ理解できる気がします。量産効果によって、コスト低減もより進むかもしれません。


しかしスゴイ選択です。
ある意味、動力源がどうとかいうよりも、骨格が最大のトピックの車です..!
カーボン骨格の生産コスト低減の秘策を、BMWは考え出したということだと思われます。


と、例によって長くなってしまいましたが、m(^^;)m


駆け抜ける歓びと環境性能の両立、
つまり【EfficientDynamics】のために
新たな領域へ踏み出すBMWの成功を、
期待したいと思います! (^▽^)  G.S
久々のローカルネタです。

7/22(木)〜25(日)の期間、【一宮七夕まつり】が開催されます!




一宮の祭りと言えば七夕、七夕と言えば一宮です!
なにしろ一宮は仙台・平塚とともに日本三大七夕とPRされていますので..。

ちなみに同じ愛知県の安城七夕まつりも、仙台・平塚と並んで日本三大七夕、とPRされています。
ちょっとかぶっちゃっていますが、まあどちらも仲良く準決勝進出レベルというか、3位決定戦進出クラスということで..(^^;ゞ
(一宮も安城も50年以上もの歴史があるようです。)



一昨年からはオリジナルキャラクターも登場し、公募によりいっちゃん・みやちゃんと名づけられました。

( 「織姫ちゃんと彦星くん」 としたのではありきたりで独自色に欠けるので、芸名を名乗るようになったというところでしょうか。)



ちなみに!多くの方が誤解されているようですが、
織姫と彦星は、恋人同士ではないんですよ!

【織姫と彦星の関係や職業…意外と知らない“七夕”エピソード】 
↑ 正解はこちら! 他にも意外な事実が..。



そんな一宮七夕祭りでは、毎年ちょっと渋めの有名アーティストがライブをやるのが目玉イベントの一つになっています。

今年は!

【小比類巻かほる】すなわちKohhy(コッヒー)です!



懐かしい、と言っては怒られるでしょうか(^^ゞ
高い歌唱力に定評がありました。今や芸歴25年だそうです。



25(日)の19:30から、駅西ステージです!

当たり前かもしれませんが・・
どんなジャンルでも、上手い人のライブは聴きごたえがあってイイですよね!



そんな意外な?見どころもある、一宮七夕まつりに出かけれてはいかがでしょうか? (^▽^) G.S

新型X3が、【本国で発表】になりました!





詳細は以下のページをご覧ください!


【BMW X3 新型、待望のデビュー】
@Response

【[動画]BMW X3 新型…進化した2代目の走りと機能】 @Response


デザインは正常進化&端正な感じですね!
いい意味で好みが分かれないデザインだと思います。



一見オーソドックスに見えるデザインですが、良く見ると今までのBMWに無かった要素も織り込まれています。
ドアノブの高さに、前方に向けてなだらかに下がるキャラクターラインがありますが、同様のラインが前後のフェンダー上部や、フロントバンパーにあります。これは新型X3だけの演出と言えるかもしれません。
リアランプ内の白線にも同様のカーブがあり、その演出を主張しているように思えます。



ヘッドライトの下端や、ボンネット上のキャラクターラインも弓なりに反っていて、スタイリングに張りを与えているように感じます。


【本国サイト】では、早くもM-SPORTSの画像までも公開されています!




大径ホイール&スポーツサスペンションが精悍ですね!
車体下部やフェンダーがボディ同色になっていますが、良く見るとフロント&リアバンパーの形状もノーマルと違うようです。


新型を現行モデルと比べると、少々全幅が増し(+28mm)、全高が低くなった(-13mm)こともあり、安定感が増しているように見えます。


新型X3は、3Lターボエンジン、パドルシフトに加え、8速AT、ダイナミック・ダンピング・コントロール(可変ダンパー)等のBMWの最新技術が惜しみなく投入されているようです。走行性能もそうとう期待できそうです


国内販売が待ち遠しいです! (o^∇^)o G.S

新しいM POWER!

このところ、M5&M6Z4 Mクーペと、Mの話題が続く当ブログですが、今回もMのネタで..(^^ゞ


M社が手掛けた市販車としては、最近&現在では下記の車があります。

Z4 Mクーペ     (直6)
Z4 Mロードスター  (直6)
M3          (V8)
M5          (V10)
M6          (V10)
X5 M         (V8ターボ)
X6 M         (V8ターボ)

M3、M5、M6はシンプルで明快なネーミングですが、それ以外は、最初にベースとなったモデル名が来て、その後にMを示す名称が付きます。
(頭にMがついた方がMモデルだと分かりやすい?気もしますが、MZ4とかMX5とかではピンと来なかったり、他社の製品と紛らわしかったりするからでしょうか?)

そして、そんな「モデル名の後にM」な新型車が、もうすぐ発表になるようです

その名も【BMW 1 Series M Coupe】です!



【M-POWER.COM】にて公式のティーザー動画が公開されています!

昨年6月のブログでもご紹介いたしました【BMW.TV】でも見ることができます。


3L直6ターボエンジン搭載の135iクーペをベースに、シャーシ(&エンジン?)をM社が強化したモデルとの噂です。画像で見ても、リアフェンダーが大幅に広げられているのが分かります。偽装テープが邪魔ですが、それでも迫力&凄味が伝わってきます!

(発売時には、ひょっとしたら「1シリーズ Mクーペ」ではなく「135i Mクーペ」になるんじゃないかな?と個人的には予想しますが..。)


1シリーズがベースのMなら、どうして「M1」じゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが..。
30年程前に【BMW M1】というスーパーカーが存在しましたので、それと名前がかぶらないようにしたのだと思われます。


リアエンドに2つのBMWマークを持つ唯一の車だそうです。


諸事情により紆余曲折を経た車でしたが、ワンメイクレースも行われたりしました。




一昨年には、M1のデビュー30周年を記念して【BMW M1 オマージュ】というデザインスタディが発表されました。



M1」と、文字にするとたった2文字ですが、BMW自身にとっても忘れがたい車のようですね!


そして、最近のM社のすごいところは..。

某社のような「レーシングカーの作り込みをそのまま市販車に持ち込んだサーキット・スペシャル」ではなく、(ダウンサイジング)ターボエンジンや回生ブレーキなどの省燃費技術も取り入れ、X5・X6といったSUVにも展開し、いずれもサーキットはもちろん街乗りでも楽しめるモデルとして出してくれるところだと思います。


ということで..。


1シリーズMクーペの詳細の発表が楽しみです!(o^∇^)o G.S
また思わせぶりなタイトルで恐縮ですが..(^^;

先日のブログ【最強のツートップ!】でご紹介したM Powerな2台ですが、メンバーチェンジがございまして..。

決定力十分な最強のツートップには早々に移籍のオファーを頂きまして、2台ともに売約済みとなりました!
誠にありがとうございます!m(__)m


そこで、うれし涙のメンバーチェンジを致しました。
急遽ワントップの重責を担うことになったのが、これまた決定力十分なこの一台です!



【BMW Z4 Mクーペ 399万円】



新車時の約半額という魅力的なプライスです!

現行ラインナップからは無くなってしまった、Mが手掛ける直列6気筒自然吸気エンジンを搭載しています!

豪快な加速爽快なサウンド軽快なハンドリングが楽しめるこのZ4 Mクーペを、ぜひご覧にお越しください! (^^)/ G.S

【SAMURAI BLUE】、惜しかったですね..(T○T)

PK戦での決着、というのはやりきれないものがあります。
特に外した選手は気の毒に思います..。

4年に一度の世界一を決める大会ですから、PK戦以外の方法はないものでしょうかね?
決着がつくまでサドンデスで延長とか。
延々と続くと、会場や警備や交通に問題があって難しいのかもしれませんが..。
(ワールドカップでは、昔はPK戦でなくコイントスで決定していた時期もあるようです!)



ところでワールドカップでPK戦、というと
【1994年アメリカ大会】
【2006年ドイツ大会】は、
なんと決勝戦がPK戦による決着となりました。


1994年大会決勝は、イタリアの至宝 【ロベルト・バッジョ】が最後にPKを外して敗れ、うなだれる姿が思い出されます..。



ちなみにこのPK戦では、何とイタリアは5人中3人が失敗しています。
それだけワールドカップの舞台がもたらすプレッシャーが大きい、ということでしょうか。
(今回残念だった駒野選手も、実はPKの達人のようです)


そのバッジョは、「PKを決めても誰も覚えていないが、外したら誰もが覚えている」と言い、4年後のフランス大会準々決勝のPK戦では成功させました。
駒野選手も、ぜひ今回の経験をバネに、次回のW杯に向かって臨んでほしいですね!



2006年大会決勝といえば、PK戦による結末も劇的でしたが
【ジダンの頭突き問題】が衝撃的でした!



決勝はジダンが一発レッドカードで退場、そしてPK戦の結果フランスは敗れましたが、この大会の最優秀選手にそのジダンが選ばれたのが泣かせました。



・・ところで・・


日本も今回は惜しかった&たいへん残念でしたが、
もし勝ってたとすると次戦は世界ランク2位!のスペインと対戦するわけで、かなり厳しい戦いになると思われます..。

「スペインに大量失点で敗れる」結末より、
「時の運のPK戦で惜敗」の方が絵になったかも、
と書いたら怒られるでしょうか..?(^^;ゞ


今回は、日本固有の強みを生かした戦い方、というのが見えたような気がします。
4年後も楽しみですね! ゚+。(*^∇^)。+゚ G.S
 | Blog Top | 
   July 2010   
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31