やりましたね SAMURAI BLUE!! ゚+。(*^∇^)。+゚


決勝トーナメント進出です!

巷の草食系男子な若者には、ぜひ参考にしてほしい肉食系な戦いでした!!
今までの日本代表に必ずついて回った「決定力不足」という言葉は
もう不要になったと思わせてくれましたね!



そして、タイトルの

「最強のツートップ」とは!





弊社の認定中古車のM5&M6です!!
・・・思わせぶりなタイトルですみません(^^;ゞ

共にBMWのNAエンジンで最強の507馬力!を誇る5L・V10エンジンを搭載するM5&M6が揃うだけでも極めて珍しいですが、さらに!

M5はセパン・ブロンズという希少色です!
詳細は → 【M5 599万円】



M6はインディビジュアルの特別色、ルビー・ブラックです!
詳細は → 【M6 735万円】



共に新車時の半額以下のプライスです!
最強&決定力十分なツートップではないでしょうか!?

高出力エンジンはターボ付きに変わりつつあるご時世ですが、
M社の技術の粋を結集した自然吸気・高回転エンジンは
やはりターボエンジンとは違う魅力があります
緻密にして獰猛な息吹が感じられます
まさに肉食系です!!

しかも、2台とも4人・2人に十分な居住性と積載性と快適性を確保しておりますので、攻撃だけでなく守備にも貢献してくれます

ぜひこの最強のツートップをご覧にお越しください! (^▽^)/ G.S



< 追伸 >

MINI一宮ブログのワールドカップに絡んだネタ、
【マカラパなMINI!】も宜しくお願いします!

【先日のブログ】でお伝えした特別な試乗車、
335i セダン M-Sports (306馬力!)



X6 xDrive50i (407馬力!)がやってきました!



どちらも、
思いのままに加速する太いトルクと、
爽快に吹けあがるレスポンス&サウンドと、
引きしまっているものの快適な乗り味を楽しませてくれます!

ちなみにX6の写真の奥に写っている黒い車は、
弊社の【X5 xDrive35i】の試乗車です!

ぜひ X5 or X6 の、また 直6 or V8 の比較もしてみてください!
どちらもイイところがありますよ!

ちなみにX6にはオプションの【ヘッドアップディスプレイ】が装備されています。



↑ちょっと写真では見えにくいですが、中央にナビの交差点案内のオレンジの矢印と現在時速(停まっているので0kmですが)が写っています。

実際は鮮明に表示されますので、とても読みやすいです。
ですが必要最小限の情報に絞ってあるので、わずらわしさは感じません。
ほとんどメーター・画面に視線を落とさずに運転できますので、危険&ストレスが軽減されるように思います。


そんな見どころ満載のX6 & 335iを、ぜひご試乗にお越しください!

ご試乗いただける期間は
6月25日(金)の16時までです! 

・6月21日(月)は休業日です 。
・確実にご試乗頂けますように、セールス・スタッフまでご連絡・ご予約をお願い致します。

お待ちしております! m(^^)m  G.S
普段なかなか乗る機会のない、特別な試乗車がやってきます! 

【X6】の、しかも【xDrive50i】(右ハンドル・AT)と、



【335i セダン】【M Sports】(右ハンドル・AT)です!



X6は  407馬力 & 61.2kgm!
335iは 306馬力 & 40.8kgm!
合せて 700馬力 & 100kgm以上!! の怒涛のパワー&トルクです!!


ご試乗いただける期間は
6月18日(金)の11時から、 
6月25日(金)の16時までです! 
< 6月21日(月)は休業日です >

確実にご試乗頂けますように、セールス・スタッフまでご連絡・ご予約をお願いします。


ぜひ、あわせて【新型1シリーズ・3シリーズ】
【新型5シリーズ】もご試乗下さい!


私も本当に楽しみです!(^▽^)ゞ  G.S
【昨日のブログ】にも書きましたが、BMWはキドニー・グリルのデザインには相当のこだわりを持っているようです。

そんなBMWのグリルも、歴代のデザインを並べてみると、
時代と共に大きく変わってきているのが分かります。







画像は残念ながら休刊してしまった某誌から拝借したものです。なぜか90年代が抜けているのと、最近のモデルは載っていないのが残念ですが、グリル&フェイスの変化の歴史が分かりますね。

四角く縦長だったグリルは、次第に丸く、横に広がってきました
上に横バーがついたり、角がとんがったりの変遷を経て、
最近のモデルでは、新型7シリーズのようにさらに縦に長いものも出てきました。

AUDIやベンツがグリル&表情のインパクトを強めるのに並行し?
BMWのグリルもだんだん大きく、主張が強くなってきたように思えます。


ちなみに電気自動車は、ラジエーターもエンジンの吸気も必要ありませんので、グリルそのものが不要です。
世の中の車の動力源の変化と共に、車のグリルのデザインの流行も変わっていくかもしれませんね!?


と、いうことで・・・


そんなBMWグリルデザインの最先端
【特別な7シリーズ】を、ぜひご覧にお越しください! (^▽^)/ G.S
現在、弊社の新車ショールームでは全国20台限定!の
【BMW 7 シリーズ Anniversary Edition】を展示しています。



人気の「ミネラル・ホワイト」(いわゆるパールホワイト)の740iに、
大迫力の21インチタイヤ&ホイール
サンプロテクション・ガラス(後席まわりのプライバシーガラス)、
プラス・パッケージ他約130万円相当!の特別装備を、
88万円アップにてご提供致します。


この車には、見慣れない特別装備として、
クローム仕上げキドニー・グリル・フレーム(760Li専用デザイン)
と書かれているものがあります。どんな物かと申しますと..。



上の写真が「760Li専用デザイン」のグリル、
下が通常の740iのグリルです。

縁取りが太く、フラット気味になっていると共に、奥まっていた縦のフィン?も、縁取りと同じ面までせり出しています。

こうやって見比べてようやく分かる位の微妙な差ですが...。(^^;ゞ


BMWのトレードマークであるキドニーグリルは、
単体で見るとシンプルなデザインですが、BMW自身は相当のこだわりを持っていることが伺えます。

(先々代のE36型3シリーズ以降のほとんどのモデルでも、マイナーチェンジ時にグリルのデザインをちょっとだけ変えてます。いずれも並べてみてようやく分かるほど?の微妙な変化ですけど..。)


そんなBMWこだわりのグリルも装備された
特別な7シリーズを、ぜひご覧にお越しください
! m(^^)m G.S

待望の528iのデモカーができました!
白は4月からございます【新型535iのデモカー】
黒が新型528iのデモカーです。

528iは【エコカー減税&エコカー補助金】の対象ですので、最大43万円!の優遇が受けられます!


BMWのエコカー戦略の最前線を走る新型528iですが・・・。
もちろん「駆け抜ける歓び」も標準装備されています!


実は、新型528iの最高出力258psは【先代5シリーズの530i】と全く同じで、
最大トルク31.6kgmは先代530iの30.6kgmを上回っているのです!


・・そうなるとちょっと疑問が。

排気量は3Lですし、出力から言っても「530i」を名乗っても良いように思えますが、
なぜ「528i」なのでしょうか・・?

実は新型Z4でも、2.5Lなのに「23i」だったりと、各シリーズ中の小排気量モデルで、こんなサバ読み?(逆サバ?)なネーミングがされることがあります。

おそらく、先代530iより約16%も燃費を改善しているので、そのメッセージが込められているのではないかと。
優れたパワーよりも、向上した燃費・環境性能をアピールしたい、ということではないでしょうか・・?



実際に乗ってみますと、ATが6速から8速に進化したこともあり、先代530i以上の力強さです!
しかも、先代530iに比べなんと約110万円相当もの装備を追加しながら、価格は3万円しか上がっていません
(レザーシート&シートヒーター、PDC&リアビューカメラ、地デジTVチューナー、その他もろもろが標準装備で、足りない物はまず無い程です)


そんな文武両道?鬼に金棒?な528iの試乗車もできて、
今週末は、いよいよ【ニューBMW5シリーズ デビュー・フェア】です!

4月から535iの内覧会等をやってきていますので、ようやく全国デビューフェア?という感じがしないでもないですが、528iの登場を待っていたということでしょう!
それだけ528iに対しての期待が大きいということだと思います!

ぜひ、528i&535iをご覧&ご試乗にお越しください! m(^^)m  G.S
【昨日のブログ】でもお伝えしましたが、新型エンジン他の新技術を搭載した新型320iのデモカーができました。


この新型3シリーズについて、もう少しマニアックな解説を..(^^ゞ


3シリーズはサスペンションのセッティングが変更になり、全車が従来のM-Sportsと同じ車高になりました。(非M-Sports車が15mm低くなりました)


新型320iのデモカーは、M-Sportsではないノーマル車ですが、
確かに車高が下がり、フェンダーとタイヤの隙間が小さくなっているように見えます。
少しスポーティーに、かっこ良くなったように思えます。


試しに320iツーリングM-Sportsの隣に、この新型320iを並べてみますと・・・。



こんな感じです。分かりにくいので近くに寄りますと・・・。



ちょっとカメラが傾いていたかもしれませんが(汗)、こんな感じです。
ほぼ同じ車高ですね!

といってもM-Sports用のスポーツサスペンションが全車に採用になった、というわけではないそうです。
(乗り心地が悪化しない範囲で、サスペンションのジオメトリーかスプリングを変更したのではないかと思います。)
実際の乗り味も、適度なストローク感があり、とても快適です!


ではなぜBMWはノーマル車の車高を低くしたのでしょうか?
最低地上高が減ると、段差や雪道等で下をこすったり、チェーンの装着性が悪くなったりすることもあるかもしれませんが..。

見た目がスポーティーでかっこよく見えるから?
それもあるかもしれませんが..。

私は、これも燃費向上を目的としているのではないかな?と思います。


以前のブログ【燃費の新記録ラッシュ!】で書きましたが、欧州で昨年の8月から販売されている【BMW 320d EfficientDynamics Edition】という究極の低燃費モデルは、ほぼノーマル車と同様の外観ですが、「ローダウンサスペンションが導入された」とあります。

本国サイトでも【lowered suspension】という表記になっており、走行性能向上を狙った「スポーツサスペンション」というわけではなさそうな感じです。



前面投影面積の変化は微々たるものでしょうが、空力特性は(ほんのわずかでも)向上するのではないでしょうか..?
車体の下側に流入する空気を減らすことで、高速での安定性が増し、一定速度で走りやすくなり燃費向上につながる、ということもあるかもしれません。

これによってカタログ燃費が良くなる、ということはおそらく無いと思いますが、実際のユーザーの燃費を向上させる為なら、こういった細かい変更の積み重ねも惜しまない、という企業姿勢が感じられるような気がします。


・・・という海外での事例がありますので、今回の日本のノーマル3シリーズの車高の変更も燃費改善が目的ではないかと・・・。

(雪道や悪路は新しいX1に任せて、セダンは燃費向上を追求します、という感じでしょうか?)



いつにも増してマニアックな話題で恐縮でしたが・・・

そんな細かな改良も積み重ねた3シリーズを、
ぜひご試乗してみて下さい! (^▽^)ノ G.S
新型の直噴エンジン他の新技術を採用した【新型1シリーズ&3シリーズ】のデモカーができました!

116iと、320iのセダンです!



どちらも、燃費が20%以上!も良くなっている上に出力もトルクも向上しているという、素晴らしいエンジンが載っています。
(直噴化することによって燃焼を緻密にコントロールでき、燃焼効率が上がるので燃費も出力も向上しているのだと思われます。)

特に320iは、最高出力170psと、【かつての323i(2.5L)】と同じ馬力!です。
最大トルクは、1995ccながら21.4kgmもあり、【かつての2.2L時代の320i】と同じ!です。

乗ってみますと、低回転から高回転まで力強さが増した印象です。
それでいてアイドル振動も小さく、スムーズに吹けあがり、文句のつけようがありません!



エンジンの改良と共に大きな変化が、1シリーズと3シリーズに新採用された電動パワーステアリングです。(アクティブ・ステアリング装備車は従来通りの油圧パワーステアリングです)

BMWは従来からZ4等にも電動パワステは導入していましたが、なぜか電動は操舵力が軽め、油圧は重めのセッティングがされてきました。

それが今回1&3シリーズに採用されるにあたり、この味付けがどうなるのか個人的に興味があったのですが...。

やはり、例にもれず適度に軽めのセッティングとなっています!(^^)
と言ってもちゃんとインフォメーションは伝わってきますし、直進安定性等にも問題はありません。(ドイツのアウトバーンを時速200kmで走る車ですので!)

320iは、エンジンの力強さが増したこともあり、より俊敏になったように感じます。
116iは、良い意味でハッチバックらしい軽快さが感じられ、高い回頭性を存分に楽しめます。
個人的には、それぞれの車格というか、車の性格にふさわしい重さになったと思います!


また、エンジンやステアリングだけでなく乗り心地も含めて、車全体として熟成度が増した感じがします。(ラン・フラット・タイヤもさらに進化しているように思います。)

気に障る部分が無く、まさに自分の手足の延長となって心地良く走ってくれる、という印象です。(個人的にはE46後期の318iの心地良さを思い出しました)


一見小さいようで、実は大きな変化を遂げた新型1シリーズ&3シリーズを、ぜひご試乗してみて下さい! (^▽^)ノ G.S
 | Blog Top | 
   June 2010   
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30