【BMW 1 シリーズ、3 シリーズに燃費を大幅に改善した新エンジン搭載。 】

【MINIがエンジンを変更。従来モデルよりも燃費を最大約33%も向上。】

と、このところBMWグループからは続々と燃費を向上させたモデルが発表されています!(*^▽^)ノ

ハイブリッドでないガソリンエンジン車でも、これだけ燃費を向上させられるのは本当に素晴らしい技術だと思います!


ですが、今日はその話題から少々脱線しまして..(^^ゞ



法令に定める基準を満たした低燃費・低排出ガス車は、リアガラスにそれを示すステッカーが貼られます。

BMW5シリーズの場合


MINIの場合


こんなステッカーです。

国産車ではそれほど珍しくありませんが、
輸入車に貼られていると、見慣れていないこともあり、個人的には少々違和感を感じます。

※ちなみにこのステッカーには、貼らないといけない義務も
 貼ることによって得られる権利もありませんので、
 お好みでなければ剥がしてもらっても構いません。

漢字がいっぱい書いてありますし、デザイン的にも色彩的にも、
個人的にはあまり好んで貼りたい感じではありません。
(もちろんこのステッカーが示す環境性能は素晴らしいことですが)

いかにもお役所仕事、といった感じでしょうか..? (^ロ^;ゞ


同じような?例が海外でもありまして..。


アメリカで売られる車やバイクのサイドミラーには、
【Objects in mirror are closer than they appear】っていう文字の印字が義務付けられています。



ドアミラーの多くは広い視界を得るために曲面鏡になっているので、対象物が平面鏡より小さく映ります。
そこで、「鏡に映っている物体は、鏡像の印象より実際は近くにいますよ」という注意書きをして、急な車線変更や過剰なブレーキは気をつけましょう、という意図なのでしょうが..。

この文字自体が視界を邪魔する上、後方物に焦点を合わせれば読めないような..。



・・・非常にアメリカ的な発想のように思えます。(^^;

かつて【自動シートベルト】をなんとエアバッグと選択で義務付けした国らしい独創性です。「偏った心配性」とでも申しますか..。

(そういえば、それをもじって
【Objects in the Rear View Mirror May Appear Closer than They Are】という長〜い曲名のバラードのヒット曲もありました。)



ところ変わって、日本と同じ右ハンドル&左側走行の国オーストラリアでは
左ハンドルの車には【Caution Left Hand Drive Vehicle】というような、左ハンドルであることを警告!する文を後方に表示する義務があります。


こんなステッカーを貼ることが多いようです。派手ですね!



どうも競技専用のラリー車であろうと、左ハンドル車が公道を走る場合は表示しないといけないようです。誰に対する注意なのかよく分かりませんね..。



・・・と、非常にマニアックな話で恐縮でしたが・・・。



これらに比べれば、日本の低燃費ステッカーのデザインの良し悪しなんて
かわいい問題かもしれませんね! (^▽^;)  G.S


いよいよ日本デビューを果たしたX1は、おかげさまで大反響!を頂いております!(^^)

ただ残念なことに、生産車の日本への割り当てに限りがありますので、全国での注文が殺到しますと、ご注文をいただいても納車までかなり時間がかかってしまうケースが予想されます...。
なので、X1って気になるなとお考えのお客様は、ぜひお早めのご検討をお勧めいたします。

弊社では18iの展示車・25iの試乗車をご用意しております!
(土・日はご試乗が混みあうこともございます。平日にもご試乗頂けますのでご予約をお待ちしております。)

ご来店を心よりお待ちしております!m(^^)m G.S


先日、気になるニュースが発表になりました!

【BMW 3シリーズ 次期型にハイブリッド設定へ】

> BMWグループは18日、ドイツ・ミュンヘンで第90回年次株主総会を開催し、ノルベルト・ライトホーファー会長は、「2011年、5シリーズに市販版ハイブリッドを投入。これに続いて、3シリーズにハイブリッドを設定します」と宣言した。

とのことです!

ついに、3シリーズにもハイブリッド化の波がやってきました!

1シリーズは電気自動車版のコンセプトカーが、
5シリーズと7シリーズはハイブリッド化が発表されていますので、
これでBMWの次世代エコカー(ハイブリッド&電気自動車)計画の全体像が見えてきた感じです。

先日のブログ【エコカーになってほしい車ランキング】でもご紹介しましたが、BMWは次世代エコカー化を大きく期待されているメーカーですので、これで鬼に金棒?といったところでしょうか?(^^ゞ

BMWはハイブリッド化計画に関して、ドイツのライバルメーカー(ベンツ・VW等)より先を行っている印象ですね!



・・・ちょっと話はそれますが・・・

それに対して、
ゴルフの2Lエンジンを1.4Lターボに、とか
Cクラスの2.5Lエンジンを1.8Lターボに、等の
「既存の自然吸気(NA)エンジンを直噴+過給化することによって、
より排気量の小さいエンジンに置き換える」動きは、BMWはVW・ベンツより慎重に進めている感じでしょうか...。

ですがもともとこのコンセプトはBMWが世界に先駆けて導入した技術ですし、恐らく今後3L以下のエンジンにも展開していくように思います。
(次期1&3シリーズには、3気筒!ターボエンジンが載る、なんていう記事も某自動車誌に出ていました)
かつては12気筒が当たり前だったF1ですら、
【1.5リットル4気筒のターボ付エンジンを検討】する時代ですので...。


エンジン開発&生産には莫大な費用がかかるので、かつてはフルモデルチェンジしてもエンジンは流用、というケースがどの自動車メーカーでも珍しくありませんでした。ですがここ数年はエンジン/パワープラントの変化のサイクルが短くなりました。3年ひと昔といった印象です。
それだけ低燃費に対する要求が強い時代になったということでしょうか...。


BMWは今後も低燃費化は図りつつも
アイデンティティである「駆け抜ける歓び」はおろそかにしないと思いますので、今後の展開を期待したいと思います! (^^) G.S

ついに、【X1】が弊社に到着いたしました!

sDrive18iの展示車および
xDrive25iの試乗車をご用意致しました!
共に、一番人気予想?のアルピン・ホワイト3です!


存在感のあるスタイリングですが、サイズ的には威圧感が無く好印象です。

1&3シリーズから10cm程高いシートが、乗車時に腰をかがめたり伸びあがる必要がない高さで、乗降性に非常に優れています。

頭上のサングラス・ホルダーや
ドアポケット&ラゲッジルームに配された小物固定用のゴムバンドなど、
気配りのきいたユーティリティーも嬉しいです。

展示車を見るだけでもかなりグッときます!


そしてさらに、試乗してみると!
不安定なロールは全く感じられず、セダンやツーリングに全く遜色がないと言ってもよい程で、巷のSUVとは一線を画するコーナリング感覚です。

それでいて1&3シリーズより少し高い視点による見晴らしの良さが感じられ、
まさに万能選手といった感じです!(^^)


ちなみに、1シリーズの隣に並べてみますと・・・



車高・視点の違いはこんなイメージです。
SUVを所有したことがある方にもそうでない方にも
お勧めできるサイズです!

非常に優れたコストパフォーマンスで、商品力の高さは折り紙つきです!

今週末は、【ニューBMW X1 デビュー・フェア】を開催いたします!
多くのお客様のご来場をお待ちしております!(=^▽^=)ノ G.S
某損保会社が、【エコドライバーに関する調査】
というアンケート調査をネット上で1000人に実施し、
【エコカーになって欲しい車ランキング】が発表されています。

(このアンケートでの「エコカー」とは、ハイブリッドや電気自動車を差すとのことです)


その結果は...

BMWが3位になりました!!






> ハイブリッドや電気自動車など、次世代エコカーになって欲しい車種を聞いたところ、
上位5車種のうち3車種がミニバンという結果だった。


> 一方、年代別では10代・20代はBMW、30代・40代はステップワゴン、50代では「マーチ」の人気が高かった。







ミニバンや軽自動車など、積載性や経済性を重視した車が占める中、
BMWが上位にランクインしています!

運転して楽しい車、走行性能を追求した車の代表選手としてまず1番に連想されている、ということでしょうか...?(^^)


しかも10代・20代では何と1位!です!
「若者の車離れ」について報道されたりしているのに、意外な気もしますが...。

実は、以前のブログ【新成人に一番人気です!!】でもお伝えしましたが、
新成人の男性が欲しい車のトップは「BMW」なんです!(^▽^) 

BMWにはぜひ乗りたい、それがエコカーならなおさら乗りたい!って感じでしょうか...?



BMWは既に
7シリーズハイブリッドは発売中
5シリーズはハイブリッドコンセプトカーを発表
また、
1シリーズの電気自動車のコンセプトカーを発表し、
2013年の新型電気自動車の発売予定も発表と、
このアンケートでいうところの「次世代エコカー」化を着々と進めています!

(今のところ、小型車は電気自動車を追加、中〜大型車はハイブリッド化、という方針でしょうか...?)



もちろん、ガソリンエンジン車についても、
【BMWグループは、2年連続で燃費性能向上の欧州のトップ・メーカー】ですので、燃費性能はますます向上していますし、
新型528iは日本での【エコカー減税・エコカー補助金の対象】になっています!



BMWといえば、走行性能が高くて、かつ燃費もすごくいい車
というイメージが定着する日も近いかもしれませんね! (^^) G.S
【誰が電気自動車を殺したか?】という過激なタイトルのドキュメンタリー映画(2006年・アメリカ)をご存じでしょうか...?(^^)



どんな内容かといいますと・・・

大気汚染の激しいカリフォルニア州では、1990年代初頭にZEV法というものが定められました。
主要自動車会社7社に対して、カリフォルニア州で販売される自動車の1998年に2%、2003年には10%をZEV=電気自動車等のゼロ・エミッション車とする事を義務付ける、たいへん厳しい内容の法律です。

その普及により自らの利益が損なわれると危機感を持った大手自動車メーカーと石油メジャーは、電気自動車が現実的には実用に堪えないこと、電気自動車に対するユーザーの要望が存在しないこと、などのシナリオを捏造し、【EV1】等の電気自動車を少数に限りリース販売した後、意図的にフェードアウトさせ、最終的にはZEV法を骨抜きに変更させた、という内容なのですが...。


↑ 元EV1ユーザーによるEV1の存続を求めた運動

一方的な見方のドキュメンタリーなので、多少の表現の偏りは感じなくもないですが、非常に興味深い内容でした。
(当時の電気自動車は鉛電池で、現在のリチウムイオン電池等より性能が数段劣るので、仮にメーカーが本腰を入れていたとしても普及は限定的だったとは思いますが...)


数年前くらいでしたか、ハイブリッドや電気自動車は過渡的な技術で、将来的なエコカーの本命は【燃料電池車】だ、という意見が自動車業界で一般的だった時期があります。(最近は変わってきているようですが...)

燃料電池車には技術的にもインフラ整備的にもまだまだ困難が大きく、個人的にはその普及に疑問を感じていたのですが、この映画ではそのシナリオに至った背景?にも触れられています。

この映画は、自動車に興味がある方だけでなく、マイケル・ムーア監督等のドキュメンタリー物がお好きな方にもお勧めです!
(メル・ギブソンやトム・ハンクスもちらっと出てきます)

【amazon.co.jp】では1,197円!で販売、
【TSUTAYA】でレンタルもされているようです!

ゴールデンウイークにいかがでしょうか?(^▽^)ノ  G.S
 | Blog Top | 
   May 2010   
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31