明日2月26日に、一宮市のお隣の稲沢市の
【国府宮】【はだか祭】が行われます!


【はだか祭りに関するQ&A】 ← 勉強になりました。(^^ゞ

毎年十数万人の人出で、地元の方や企業の盛り上がりは素晴らしいものがあります。

当日は周辺道路は封鎖・渋滞しますので、
当社のグループ会社の【稲沢自動車学校】は休校になります。
なにしろ国府宮神社とは数百メートルしか離れていませんので...。

祭りにちなんで配布/販売される【儺追布(なおいぎれ)】を、交通安全のお守りとしてステアリング周りやルームミラーに結ばれる方もよく見かけます。

↑神男が「ありとあらゆる難をおう」ので「なおい」のようです。


ちなみに、当地方で「はだか祭」といえば稲沢の国府宮ですが、それ以外にも全国的に行われているようです!
【全国の裸祭り】

「天下の奇祭」
とか呼ばれたりしていますが、裸になって盛り上がるという行為は、古今東西を問わず伝統行事として行われているようですね!(^^)


伝統行事、と書いて思い出したのは、先日ニュースにもなりました
【上げ馬神事は動物虐待?】という指摘です...。



これについての個人的な意見はあえて書きませんが・・・
はだか祭りは短パン&Tシャツを着て下さいとか、
モータースポーツは静かにおとなしくやってくださいとか、
そういった規制?ができないことを望みます...(^^;ゞ   G.S

【先日のブログ】でもお伝えしました【5シリーズGT(グランツーリスモ)】の試乗記が、続々とNETに掲載されつつあります。


【BMW グランツーリスモ 試乗】まさに夢見心地

【BMW グランツーリスモ 試乗】5でも7でもない

【BMW 5シリーズグランツーリスモ 試乗レポート】

【海外試乗】 BMW 5シリーズGT


どの試乗記を読んでも非常に高い評価です!
ぜひご覧ください!(=^▽^=)ノ
特に走行性能や快適性については、満点に近いような絶賛が寄せられています!



【BMW グランツーリスモ 発表】何にも似てない特別感  によると、
> BMW関係者は「1000台、2000台と売れるタイプの車ではない」としながらも
> 「ディーラーに供給したデモカーまですぐに売れてしまう」と好調ぶりを語る。

とありますが、実は先日まで展示してあった弊社のショールームカーも売約済みとなってしまい、現在ショールームには展示できておりません...。 m(__)m

ですが、在庫車は1台確保しておりますので、実車をご覧いただくことは可能です!



正直なところ写真だけでは魅力が十分に伝わりにくいかもしれませんが、実車に触れて頂くと、この個性的なフォルム・パッケージングは理論・感性に裏付けられたものだと実感していただけると思います!

ショールームにお越しの際には、ぜひお気軽にグランツーリスモをご覧になりたい旨をお申し付けください! m(^▽^)m G.S
今日2月13日(土)と明日14日(日)は、ショールームにて
【BMW Valentine's Day】を開催いたします。

フェア期間中ショールームへご来場いただき、
ご試乗いただいた方には「BMW オリジナルBE@RBRICK」
プレゼントさせていただきます。


BE@RBRICK(ベアブリック)とは・・・

【BE@RBRICK マニア】 によると、

ベアブリックとは、「デジタルなイメージのテディベアを作る」というコンセプトの元、2001年にMedicomToy社から誕生したクマ型ブロックタイプフィギュアです。
「本体を構成する基本となる9つのパーツ以外には何も付け加えず、プリントという技法だけで展開する」というルールで商品化され、様々な企業・アーティスト・テレビや映画とタイアップし、発売・配布されています。
全長約7cmのベアブリック100%を基に1000%〜50%のラインナップがあり、今までの総数はおおよそ1000種類以上発売されているとも言われています。

・・・というものだそうです。(^○^)ゞ


上記サイトや、
【BE@RBRICK 公式ページ】では、
数々のベアブリックを見ることができますよ!




それのBMWオリジナルバージョンを、ご試乗プレゼントとしてご用意しました!



  フェア当日ご試乗いただいたお客様に先着でBMWオリジナルの
  BE@RBRICKをプレゼント。
  BMWのコンセプトであるEfficientDynamics をイメージした空柄に、
  胸にはBMWエンブレムをプリント。おなじみの愛らしいルックスに、
  伸びやかな印象が加わりました。
  
  BMW BE@RBRICK 100%
  体長: 約70mm / 廃プラスティック製
  ※数に限りがございます。万一品切れの際は、ご容赦ください。




また、ブログを見たよ!とおっしゃっていただいた方には、
【チョコレートカンパニー製 ホットチョコスプーン】を差し上げます!



  オランダのショコラティエ「チョコレートカンパニー」製、
  DEAN & DELUCAの人気商品。
  スプーンのついたチョコレートを、温めたミルクに入れて混ぜるだけで
  ホットチョコレートがお楽しみいただけます。




こちらも、数に限りがござますので
ぜひお早めにお越しください! (^▽^) G.S

故郷の気質?

ドイツの各自動車メーカーは、それぞれが特色・個性をもった車づくりをしています。

例えばBMWは「駆け抜ける歓び」、ベンツは安全性や高品質、フォルクスワーゲンは質実剛健といったところでしょうか?

(最近はBMW以外のメーカーも、スポーティーな走りや運転する楽しさも強調するようになってきましたが...。)

その特徴が、それぞれの本社がある発祥の地の気質と関連性があるように思えます。




BMWの本社は【ミュンヘン】にあります。

ミュンヘンはドイツでも南に位置し、比較的温暖な気候やバイエルン民族の生い立ちなどに起因してか、豊かな産業と、音楽などの芸術が盛んな歴史があります。

「ドイツ屈指の文化都市・ビールの聖地・欧州屈指のクラシック音楽都市」であり、

「ミュンヘンの人達の意識はベルリンよりもむしろウィーンに向いている」
という話もあるほどのようです。

自動車にも、リズミカルで楽しい走りや、心地よいエンジンの音を求める理由が分かるような気がします。(^^)♪




ベンツの本社は【シュトゥットガルト】にあります。
工業・農業共に盛んで豊かな地域ですが、住民は「倹約家で有名」なんだそうです。

「ドイツの大阪といわれ、ケチで有名。」
「裏庭にはもう一度使うためにトイレットペーパーが干してある、と揶揄される」(NAVI誌)
「下宿のおばさんは紅茶のティーバッグ1個を2回使っていた」(東洋経済誌)
という逸話?もあるようです。(シュトゥットガルト&大阪の方、ゴメンナサイ...。)

車にも楽しさよりも、安定した走りや長く使うための高品質を求めるということでしょうか...?




フォルクスワーゲンの本社は【ヴォルフスブルク】にあります。
比較的北部にあり、第二次世界大戦前に「フォルクスワーゲンの生産のために建てられた自動車産業の計画都市」で、今でも企業城下町といった感じのようです。
「自動車産業だけの街で見るべきものはない場所だとされていた」なんて書かれてますね...(・・;

「効率的に生産できる質実剛健な車」を造る背景があるようにも思えます。


ちなみに3都市の位置はこんな感じです。



ちょっと手前味噌だったかもしれませんが...。

BMWの魅力的な楽しい製品を創るDNAは、
故郷の気質によって刻まれたような気がします!
(^▽^) G.S
 | Blog Top | 
   February 2010   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28