こんにちは、T.Sekidoです。

今回は、いつもと趣向を変えてカーケア商品のご紹介を致します。


インセクトリムーバー.jpg

その名も、BMW純正「インセクト・リムーバー」(Insect Remover)です!

すなわち、ボディにこびりついた虫を効果的に除去するクリーナーです。



春から秋の季節に、高速道路を走った後に愛車を見たら、

虫がびっしり・・・という経験がある方も多いのではないでしょうか。


例えばこんな感じに・・・↓

IMG_2327-2 (2).jpg

※ 実際に虫に悩まれているお客様に、撮影にご協力いただきました。


そこで、このインセクトリムーバーの登場です。


スプレー状のクリーナーを吹きかけて、

2分経ったらスポンジでかるくこするだけで・・・「!!」


Cap20190614 (2).jpeg

その効果は、動画をご覧ください!

こびりついて取れにくい虫の死骸が、楽に落ちます。

動画の女性スタッフ同様に、女性のお客様にも簡単にご利用頂けると思います。

バンパーやボンネット等の塗装面はもちろん、ガラスやプラスチックやクローム仕上げ面にも使用可能なので、車体の虫汚れはこの商品1本で効率的に除去できます!

価格は2,268円(消費税込)です。

ウインドー面は、専用スポンジ(518円・税込)も併せてお使いいただけると、より効果的ですハート(トランプ)




Cap20190614_2 (2)-3.jpg

他にも、BMWのために開発された、様々なカー・ケア製品をご用意しております。

お客様のBMWに、ぜひ「スパのようなトリートメント」を八分音符


ご興味がある方は、サービスフロントまたはセールススタッフまでお問い合わせください。

T.Sekidoでした!




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



IMG_1334 (3)-2.jpg

新型3シリーズに、待望のディーゼルモデルが追加になりました。

そして早くも、試乗車(320d xDrive M Sport)ができました!


車体色は、M Sportに多いアルピン・ホワイトではなくミネラル・ホワイトです。

いわゆるパールホワイトのような輝きがあり、上品な雰囲気です。




IMG_1320 (3).JPG

新型ディーゼルエンジンは「低回転域と高回転域で切り替わる2ステージ・ターボ・システム」を初採用しています。

ツインスクロールターボから、シーケンシャルツインターボに変わりました。)

それによって「低回転域での加速性を向上」しています。




Cap20190607 (2).jpeg

新型ディーゼルのエンジン音は、静粛性も音質も飛躍的に向上し、滑らかさを増しています!

ガソリンエンジンの動画と比べても、高回転での伸びは異なるものの、低~中回転での音質は甲乙つけがたいと思います。




IMG_1324 (2).JPG

なお新型320dは、日本ではxDrive(4WD)モデルのみの設定となっています。

新型8シリーズに設定されたディーゼルモデル(840d)もxDriveのみの設定となっているので、「ディーゼルは4WD」という方針になったと推測します。

ディーゼルエンジンの大トルクを確実に路面に伝え、高燃費ゆえの長い航続距離を安定して走り抜けるには4WDが必要だという考えかもしれません。

(安定走行時には後輪にほぼ100%のエンジントルクを配分し、燃費効率を高めます)


実際に運転してみてもxDriveゆえのネガは全く感じず、素晴らしいハンドリングです。

ディーゼルならではの低回転トルクを生かし、爽快なドライブを楽しむことができます。



IMG_1336 (2).JPG  IMG_0933 (2).JPG

ちなみにこの試乗車のタイヤ&ホイールは標準装備の18インチなので、19インチをオプション装着する弊社の320iの試乗車とは乗り味に違いがあります。

穏やかでしなやかな18インチか、見た目も走りも際立ってスポーティーな19インチか、悩ましいところだと思います!




IMG_1310 (3)-2.jpg

ぜひ、新型ディーゼルエンジンと、選択肢を増やした3シリーズの魅力をお確かめ下さい!



そしてさらに!

そして、BPS一宮(認定中古車センター)では、6/8(土)~16(日)の期間

BMW認定中古車 夏のドライブ・フェアを開催いたします!


Cap20190607_2 (2).jpeg

フェア限定の特別価格も設定し、多彩なラインナップを取り揃えました。

さらにフェア期間中は純正ドライブレコーダー1.99%特別低金利ローン等の特典もご利用頂けます。



弊社の認定中古車のラインナップは、

Goo-net 在庫情報 および【 カーセンサー 在庫情報 にて、

内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。


諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在60台程の在庫がございます。

ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。



BLOG見たよキャンペーン」も開催中の、新車ショールームおよび認定中古車センターにてお客様のお越しをお待ちしております!
  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



IMG_1300 (3)-2.jpg

なんと、8シリーズクーペの試乗車ができました!

M850i xDrive(カーボンブラック)です!

「アスリートの気質と紳士の気品」を兼ね備えたスタイリングは、存在感に溢れています。




IMG_1198 (2)-2.jpg

流麗なルーフラインは、トランクにかけて逆反りの弧を描き、印象的です。

ランプ形状等の精緻なディテールはワイド感を強調し、後ろ姿にも強烈な迫力があります。




6ervs8er.jpg

6シリーズと比べると、8シリーズの特徴がより際立ちます。

シリーズ名が6から8に大きくなったことから大型化されたような印象を受けますが、実は全長・全高・ホイールベースはわずかに縮小されています。

ルーフライン後部の絞り込みやフェンダーの膨らみもより大胆で、格段にスポーティーです。




IMG_1179 (2).JPG

洗練されたデザインのコクピットは、フィオナ・レッドに彩られたレザーや、スワロフスキー製クリスタル・ガラス等の贅沢な素材で仕上げられ華やかです。

世界最高水準の革新的な技術により、運転支援システムにおいても安全性能においても最先端の機能を備えます。




Cap20190531 (2).jpeg

エンジンサウンドはモードによって印象を大きく変えます。

SPORT INDIVIDUALモードでは心地よいスポーティーな音を、SPORT PLUSモードでは過激なバブリング(バリバリ音)も奏でます。

(各動画は始めはガラスを閉じ、次にガラスを開いて録画しました。)


フル液晶表示メーター同様に、技術の進化によって「楽しみの幅」が広がったと感じます。




IMG_1184 (2).JPG

走りも、ラグジュアリーな乗り味を基本としながらモードによって印象を変え、リアルスポーツカー並みの楽しみも持ち合わせています。

街乗りも、ワインディングも、高速での長距離移動も、思いのスタイルで走らせることができます。

安価な車ではありませんが、「むしろそれ以上の価値がある」と思わされる魅力があります!




IMG_1286 (2)-2.jpg

オプション装備されたM・カーボンルーフが、迫力に磨きをかけています。


ご試乗は、誠に恐縮ながらご予約いただいた方を優先とさせていただきます。

(担当セールスまでご一報いただけると幸いです。)

ぜひこの「純粋なパワーと完璧な精度」をお確かめください!



そして、もう一つお知らせがございます。


Cap20190529_2 (3).jpeg
Cap20190529_3 (3)-3.jpg

6/1(土) ~ 16(日) の期間は【BMW認定中古車  夏のドライブフェア】を開催いたします。

純正ドライブレコーダー・2.99%特別低金利ローン・延長保証半額サポート等の特典をご用意いたしました。


弊社の認定中古車のラインナップは、

Goo-net 在庫情報 および【 カーセンサー 在庫情報 にて、

内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。


諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在60台程の在庫がございます。

ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。


BLOG見たよキャンペーン」も開催中の、新車ショールームおよび認定中古車センターにて、お客様のお越しをお待ちしております!
  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



皆様こんにちは、T.Sekidoです。


弊社は、2018年度の顧客満足度評価において、

グループ4(全国の弊社と同規模の16ディーラー)の中での

1位として表彰されました!



IMG_1205 (3)-4.jpg

この顧客満足度評価は、ディーラーとお客様とのコンタクトの頻度や、購入/入庫されたお客様に対して「お知り合いの方にもこのディーラーをお勧めできますか」とBMWJapanが調査した結果などに基づき、総合的に判断されます。

つまり、商品・サービスについての説明や、お車のトラブル時の対応等についての多角的な評価です。


いつも弊社社員一同を温かく見守って頂いているお客様のおかげで、この表彰を受けることができました。

弊社をご愛顧いただいているお客様に、心よりお礼申し上げます。

誠にありがとうございます。


お客様から頂いたコメントには、「車もサービスも素晴らしい」というご意見や、「担当者の対応が良かった」というご意見など、色々なお言葉がございます。

また、弊社にて改善が必要な点をご指摘いただくこともございました。

お客様の忌憚のないご意見・ご感想を頂戴して、弊社もより成長できた1年だと思っています。




IMG_1224 (3)-2.jpg

さらに、弊社はBMW部門に加え、MINI部門(MINI一宮)も同規模ディーラー15社の内の1位として表彰されました!

弊社の全てのお客様に深くお礼申し上げます。誠にありがとうございます。


今後もより一層、お客様にご満足いただけるよう努めてまいります。




IMG_1208 (3)-3.jpg

ちなみにこの表彰プレートに大きく記された "Urkunde"(ウルクンデ)というドイツ語は、「証書・証明書」という意味です。

日本ではあまり見かけない言葉ですが、BMW業界では「ヨロコンデ」いただく象徴のような存在です。


さて、お客様の皆様にご愛顧いただいて得られたこの喜びを、ぜひお客様とも分かち合いたいと思い、ある企画をスタート致します。

題して!「BLOG見たよキャンペーン」です!

5月25日(土)~6月30日(日)の期間に、弊社新車ショールーム・認定中古車センターにお越し頂き「BLOG見たよ」と仰っていただいた弊社のお客様に、BMWオリジナルグッズ(非売品)をプレゼント致します。

(グッズには限りがありますので、期間中おひとり様につき1つとさせて頂きます。予めご了承下さい。)



IMG_1197 (2).JPG

近日中にお伝えしますが、スワロフスキー製シフトノブを装備した試乗もご用意できそうです!

(詳しくは担当セールスまでお問い合わせください)

ご来店をお待ちしております。

以上、T.Sekidoでした!




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



一宮輸入車フェア201905-2.jpg

今週末の5/18(土)・19(日)に138タワーパークにて開催される 一宮輸入車フェアに、弊社も参加致します。

昨年春に同会場で催したイベントを、今年も開催いたします。)




IMG_0528-2.jpg   IMG_0550-2.jpg
※画像は過去のイベントの写真です。

弊社グループMINI一宮SUN CARS
を含む5ブランドが、広大な敷地に新車・中古車を多数展示いたします。




DSC01211 (2).JPG

19(日)の11:00と13:30からは、当地の有志の方々が結成されたザ尾州ジャズオーケストラ」さんの演奏が屋外ステージにて催されます

ぜひ、ビッグバンドジャズならではの「楽しくて迫力のあるステージ」も併せてお楽しみください。


キッズダンスショーやキッズビンゴ大会などの催しもございます!

ご来場をお待ちしております!
  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



BGTAR3.jpg

BMW Team Studieが参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア のRound 3&4が、5/11(土)・12(日)にタイのブリーラムで開催されました。

前戦のマレーシアラウンドで2戦連続のポール・トゥ・ウィンを決めたチームは、昨シーズンは思わぬ高温に苦しめられたチャーン・インターナショナル・サーキットに乗り込みます。



Cap20190517_1 (2).jpeg

ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアでは、レースウイークの金曜日までは練習走行、土曜日に練習走行と予選Q1 / Q2と決勝(第1レース)、日曜日に決勝(第2レース)が行われます。

※予選のQ1では第1レースの、Q2では第2レースのスタートポジションを決定します。

タイ・ラウンドのGT4クラスはPORCHE CAYMANが新たに参戦しAMG GT勢とBMW M4と併せて3メーカーの争いになりました。




59910276_1676557129155010_847910059869470720_n.jpg

【 予選 】

Q1の木下選手はタイヤを温存しながらも、危なげなくポールポジションを獲得します!

Q2の砂子選手もそれに続く展開になったものの、最終コーナーの4輪脱輪でトップタイムが抹消され、その後は思うようにタイムが伸びず僅差の2番手となります。



60018610_1676828345794555_6975929939937722368_n.jpg

【 Round 3 決勝 】

ポールからスタートした木下選手は快調に飛ばし、後続を徐々に引き離します。

前戦の優勝によるサクセス・ペナルティ15秒を消化して3番手でピットアウトした砂子選手は、徐々にギャップを詰めるものの、左フロントタイヤが限界に近づきます。

ファイナルラップまでTOPを狙うものの抜くまでには至らず、2位でレースを終えました。



003bgta.jpg

優勝した77号車(AMG)は前戦2位によるサクスペナルティ10秒を背負っていたので実質的には5秒の不利でしたが、タイヤの消耗により惜しくも逆転は果たせませんでした。

チームはその対策を練り、翌日のレースに臨みます。




59937029_1677630089047714_4147158951445659648_n.jpg

【 Round 4 決勝 】

2番グリッドからスタートした砂子選手は、直後の激しいバトルを制し早くもトップに立ちます!

その後はタイヤマネージメントに注力しながらも後続を引き離し、ピットインします。

後退した木下選手はピットアウト後もトップを守り、追い上げる後続車をテール・トゥ・ノーズで抑えて1位でフィニッシュしました!




005BGTA.jpg

タイヤマネージメントに徹し、AMGが得意なサーキットで見事な勝利を収めました!

これで今シーズンはなんと4戦中3勝です!



60396722_695904850879493 (2).jpg

ドライバーズランキングもちろんトップを独走中で、加えてチームランキングも、2台体制で参戦するライバルチームを抑えてトップです!


次戦からは舞台を日本に移し、鈴鹿ラウンド・富士ラウンドと争われます。

ぜひM4 GT4の雄姿をご覧ください!  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



IMG_1710.jpeg

先日、新幹線に乗って東京駅近くの某社に行きました。

車窓越しに、令和に入って初めて富士山を見られました。

清々しい空を背景にして、とても美しい姿です。



bmwgt1.jpg  bmwgt2.jpg

打ち合わせが終わった後は、同ビルの1階にあるBMW GROUP TERRACEに行くのがお決まりのコースです。

「食」のセレクトショップ DEAN & DELUCAとBMWがコラボレーションした、カフェ兼ショールームです。




DSC01155 (2).JPG

展示スペースでは、8シリーズ カブリオレ(M850i xDrive Cabriolet)が強烈な魅力を放っていました。

BMW Individual メタリック・ペイントのドラバイト・グレーは、公式画像等ではdravit(ブラウン トルマリン)という名前から連想される鉱石っぽい
色にも見えますが、実車は角度によっては薄紫にも青灰色にも見え、奥深いです。



DSC01145 (2).JPG

8シリーズ カブリオレの伸びやかなフォルムは、8シリーズ クーペの流麗なルーフラインとも趣を異にする美しさがあります。



DSC01159 (2).JPG  DSC01186 (2).JPG

アイボリー・ホワイトに彩られたBMW Individual エクステンデッド・レザー・メリノ内装、世界最高水準のクリスタル・ガラスがあしらわれたセレクトレバーは、芸術的ともいえる室内空間を創り出しています。


その一方で、確かな実用性も確保されています。


DSC01177 (2).JPG  DSC01195 (2).JPG

側面がえぐられて幅広いトランクルームは、幌を閉じているときには上部の仕切りを倒すことで容量を増やせます。



DSC01181 (2)-2.jpg 
DSC01178 (2).JPG 

後席は大人が長時間乗るのは厳しいかもしれませんが、トランクスルー機能も備えており、実用的なラゲッジスペースとしても活躍します。

大人2人でのゴルフや旅行なら、余裕をもってお使いいただけると思います。


DSC01188 (2).JPG  DSC01192 (2).JPG

幌を閉じた姿も美しく伸びやかで、RHT(格納式ハードトップ)車とは異なる趣があります。

幌の素材感とクローム仕上げのベルトラインは、雨天の下でも「オープンカーであること」をさりげなくアピールします。



DSC01167 (3).JPG  DSC01170 (2).JPG

せっかくなので、"BMW SPECIAL LATTE"のターメリックチャイラテを頼んでみました。

甘さを抑えた奥深い大人の味わいは、BMWの世界観とよくマッチしていると思いました♪



そしてその次は、これもお決まりのコースで・・・


image_hontenISEHIRO (2).png

大正10年創業の焼き鳥屋さん、京橋 伊勢廣(いせひろ)本店に向かいます..!

ちなみにお店は「約100年の歴史を誇る」というよりは「年季が入っている」という感じで、堅苦しくなくフランクな雰囲気です。



DSC01165 (2).JPG

10分ほど行列待ちした後に案内されたのは、幸運にもカウンター席でした♪

「特別に契約した畜産業者から特別価格で仕入れている」という「化学飼料を使わず育てた」鶏肉の美しい桃色が印象的です。

立錐の余地もない店内での、お店の方の連携プレーの素晴らしさも堪能できました。

昼食時ということで、ランチのやきとり5本丼を頂きました。

素材はもちろん焼き具合も素晴らしく、その洗練された深い味わいは何度来ても感動します..!


今回も大満足で、帰途につきました。



DSC01173 (3).JPG

BMW GROUP TERRACE も、京橋 伊勢廣 本店 さんも、共に東京駅の八重洲中央口から歩いて数分の距離にあります。

お近くに行かれた際には、はしごしてみてはいかがでしょうか..?

どちらもお勧めです!
  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



52637339_2137520096302307_7165129313820344320_n.jpg

(画像は2002tiをベースにした超希少車・2002 GT4 Coupeです)


誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
4月27日(土)〜5月6日(月)を休業日とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。

何卒ご容赦のほど、宜しくお願いいたします。

こんにちは、T.Sekidoです。

月1投稿が基本の私にとっては平成最後のブログ更新だと思われます。

そんな平成最後を飾るのにふさわしい話題です!


なんと、M5の試乗車ができました!

IMG_1141 (3).JPG

M5が醸し出す迫力は、車体色アルピン・ホワイト3にも凄味を与えます!




IMG_1145 (2).JPG

アラゴン・ブラウンのシートと、プラム・ブラウンのウッドトリムは、上品でいて躍動感もあります。

・・・ここで「ん?」と違和感を感じた方もいらっしゃると思いますが・・・

そうです!このM5の試乗車は、全国的にも珍しい左ハンドルなんです!

(恐らく日本で1台ではないでしょうか?)


現在日本で販売されているBMWのほとんどが右ハンドルですが、左ハンドルを乗り継いで頂いているお客様や、スポーツモデルは左に限るというお客様もいらっしゃいます。

そんなお客様にもご満足いただける試乗車です!


ちなみに最近私とよくBlogを一緒に書いているHarada君は、「左ハンドルは慣れないので怖さもあります」と言っていました。

はい、私も同意見です(笑)

お客様からお預かりするお車も左ハンドルはぐっと減っており、ディーラー社員が乗る機会もまれになりました。

運転に多少の緊張感があっても当然ですよね・・・?(笑)



さて、実際の車の説明に入りたいと思います。

といっても、私は600馬力!ものハイパワーモデルに乗った経験が豊富ではないので、レビューは初心者視点になってしまいますが...。


2019041807.JPG

まず、M5特有のカーボン・ファイバー製ルーフが目を引きます。

軽量化・低重心化に少なからぬ効果があり、加減速・コーナーリング性能の向上と、見た目の特別感の演出にも一役買っています。



2019041809.JPG

室内では独特の形状のMセレクター・レバーが目を引きます。

頂点にドライブロジック選択スイッチも装備されていて、シフト特性を3段階から選択し、状況に応じた最適なギヤ設定とレスポンスを得られます。

根元にはエンジン、サスペンション、ステアリングのそれぞれのモードを切り替えるセットアップスイッチも配置されています。

iDriveコントローラーは光沢仕上げが施されていますが、写真に上手く写りません(汗)



2019041805.JPG

ステアリングのM1/M2ボタンやスタート・ストップボタンには赤色が採用されています。

BMW Mがこだわるモータースポーツの遺伝子が垣間見え、巷のセダンの運転席とは一線を画しています。


エンジンに火を入れた瞬間にも感じられる違いがあります。始動音です。

響き渡る音には、「行くぞっ!」という強い意志すら感じます。

見た目ではM5とは気づかなくても、エンジンをかけた瞬間に周りにも知れ渡る、そんな音量と音質です。



Cap20190419.jpeg

エンジン音を動画に撮るとこんな感じです。

最初はガラスを閉じ、次にガラスを開き、最後にサウンド コントロールをONにして録画しました。

最後はアクセルを閉じた時に「雷が落ちたか」と思うほどの強烈なバリバリ音がして、度肝を抜かれました。



そして個人的には「急加速時の姿勢変化の少なさ」にも驚きました。

今回のM5からM xDriveを採用(つまり4輪駆動です!)している関係で、加速時に今までのFRの「後ろから押し出す感じ」に「前に引っ張られる感じ」が加わり、結果として姿勢変化が少なく安定して加速できます。

そしてその4WD化によって600ps・750Nmものハイパワーを効率的に路面に伝えられ、0-100km/h加速:3.4秒というスーパースポーツカー並のロケットスタートが可能になりました。



IMG_1161 (2).JPG

ちなみにこの試乗車には、オプションの「M カーボン・セラミック・ブレーキ」が装備されており、ゴールドに輝くブレーキキャリパーがそれを主張しています。


公道では(一般道はもちろん高速道路でも)、そのパワーと足回りの性能をフルに発揮するにはほど遠く、その特性を語ることは難しいですが・・・。

常識的な速度域では荒々しさや扱いにくさは無く、ある意味乗りやすいです。

その反面、右足に力を入れさえすれば異次元の走りもできる凄味も常に感じます。


走る・曲がる・止まるに対する安定感に満ち溢れていて、日本の法定速度内では「想定外の危険が目の前で起きてもきっと対応できそう」という安心感をもたらしてくれます。

結果的にストレスの少ない運転につながり、疲れ知らずで長距離を移動することができます。

「飛ばす」方でなくても、どなたでもこの優れた走行性能のメリットを感じて頂けると思います。



IMG_1137 (2)-2.jpg

ご試乗をご要望の際は、事前にセールス・スタッフまでご連絡頂けると幸いです。

ぜひ「M5+左ハンドル」という希少な車をお試しください!


今回はこの辺で。また令和にお会いしましょう! T.Sekidoでした。




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



machine2019-1024x658.jpg

BMW Japanが2012年からサポートしているBMW Team Studieは、ブランパンGTワールド チャレンジ アジア に昨シーズンに引き続き今シーズンも参戦いたします。

(シリーズタイトル名がブランパンGTシリーズ・アジアから変更されました)

マシンは昨シーズンのチームチャンピオンマシンでもあるM4 GT4を引き続き使用します。




0hdRR8GJa2O31vQRG_GuREKiAcPRIWIiF1BTksRxoXMVMaLSx9Bzs2Xg4UPRkRLy83Cy8zEjkDETECdztqFEEibSxGMh0VITxgNHEJfkg5JjhecXgvViVxEklHYE1KI3QsVC50XktJMU1KJigo.jpg

この斬新極まりないカラーリングは、ファッションブランドWhite Mountaineeringを率いるデザイナー、相澤 陽介氏による作品です。

「BMWの紺青赤だけで全てを構成し、ケルト文様から戦いをイメージ。静脈と動脈の様な交わりで永遠に続くサーキットを彷彿させる柄」として考えられたとのことです。

血管にも電子配線のようにも見え、ドライバーとマシンの戦闘服として今シーズンを彩ります。

レーシングカーの常識に縛られないこのカラーリングは、レース関係者のみならずBMW本社でも大きな話題になり、大好評を博しているようです。



Cap20190415.jpeg

ドライバーは、81号車昨シーズンに引き続き自動車伝道師木下 隆之選手と 砂子「塾長」智彦選手が乗り、ドライバーズタイトルを目指します。

82号車は、ドライバーの選定が最後まで調整がつかなかったことから、開幕戦は不参加となりました。)


そして4/6(土)・7(日)にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットでRound 1 & 2が開催されました。



CKH16697.jpg

【 予選 】

ブランパンGTワールド チャレンジ アジアでは、レースウイークの金曜日までは練習走行、土曜日に練習走行と予選Q1 / Q2と決勝(第1レース)、日曜日に決勝(第2レース)が行われます。

※予選Q1では第1レースの、予選Q2では第2レースのスタートポジションを決定します。


開幕戦のGT4クラスはTeam StudieのM4以外は全てAMG GTが占めています。

その四面楚歌の中で、Q1の砂子選手・Q2の木下選手ともタイヤを温存しながらトップタイムを刻み、共にポールポジションを得ます!




CKH18084-1024x682.jpg

【 Round1 決勝 】

時折雨脚が強まるハーフウエットという路面に、度々セーフティーカーが入るという難しい状況の中、スタートドライバーの砂子選手・交代した木下選手共に巧みなドライビングを披露します。

タイヤマネージメントに細心の注意を払ったドライブをしながらも、後続をいっさい寄せ付けずチェッカーを迎えます!



56848059_1647332438744146_133699295382601728_n.jpg


2019年の開幕戦をポールトゥウィンで飾りました!

パーフェクトな勝利です!




5D3_8516-1024x682.jpg

【 Round2 決勝 】

前日の優勝による15秒の「サクセスペナルティ」を背負っての戦いです。

ポールポジションからスタートした木下選手は、ペナルティタイムを打ち消すべく着実に後続を引き離します。

砂子選手に交代し、タイヤ2本交換・ペナルティタイムを消化している間にライバル77号車に1番手を譲るものの、すぐにオーバーテイクしトップを奪い返します!

その後はタイヤマネージメントを行いつつ、ライバルとの距離感も計り、安全なレース運びに徹します。



Cap20190413_1.jpeg

Round2も、完璧な勝利でした!!

しかも2戦連続のポールトゥウィンです!!



56806555_2240858005953348_3126057019719548928_n (2).jpg


鈴木康昭 チーム代表兼監督は「このまま全戦勝利出来るほど甘いレースではない事は重々承知しておりますが、全て勝つ気持ちで次のタイ戦も挑んでいきたいと思います。」とシーズンの展望を語ります。

昨シーズンに獲得したチームタイトルに加え、今シーズンはドライバーズタイトルも期待できそうですね!



そして、1位、1位、に続いて「1つながり」で・・・



56764607_10157054117659754_4526050894600470528_n-2.jpg

新生活を、BMWで始めませんか。

春から始まる新しいスタートをぜひ応援したい。
そんな思いから、よりスマートにBMWをお買い求めいただける0.1%の特別低金利をご用意いたしました。


なんと、0.1%特別低金利を実施中です!

(36回支払までのバリューローンまたはオープンエンドリース、当社指定モデルのご契約に限ります)




01loan-1.jpg

01loan-2.jpg


0.1%というぶっちぎりの低金利は、他社を周回遅れにするほどのメリットがあると思います。

このまたとない機会に、ぜひあなたにとっての「ナンバー1」をお選び下さい。

お問い合わせをお待ちしております。
  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



 | Blog Top | 
   June 2019
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ




"