早いもので今年も残りわずかとなりました。

今年のBMWや弊社の活動を振り返るという意味も込めまして、
「今年の当ブログを象徴する記事」を独断で選びました。

ぜひこの機会にご覧ください!



ずは、
【弊社に関する記事部門です!


IMG_1208 (3)-3.jpg


顧客満足度1位として表彰されました!


弊社は、BMW・MINI共に、2018年度の顧客満足度評価において、

グループ4(全国の弊社と同規模の15ディーラー)の中での

1位として表彰されました!


弊社の全てのお客様に深くお礼申し上げます。誠にありがとうございます。

今後もより一層、お客様にご満足いただけるよう努めてまいります。



Cap20190614 (2)-thumb-471x349-271358.jpeg  Cap20190830_1 (2)-thumb-471x353-275970.jpeg

【 弊社に関する記事 】としては、様々なアクセサリーについて動画も交えてご紹介したり、キャンペーンを開催したり致しました。




次は、【新型車紹介部門です!


G20F30SIDE-2-thumb-471x226-263292-3.jpg

新型3シリーズが日本でも発表になりました!


BMWの中核車種が、7年ぶりにフルモデルチェンジし、7代目になりました!

デザイン・走行性能・利便性能の、着実な進化をご紹介しました。




そして今年は、この車種も大胆な進歩を遂げました。

F40F20compare.jpg

新旧1シリーズを比較しました!


駆動方式・パッケージングを刷新し、デザインや機能も大きく変化を遂げた1シリーズを、恒例の側面図比較も交えながらご紹介しました。




続いては、【モータースポーツ部門です!


rd10_2-2-thumb-471x313-275539.jpg

ブランパンGTアジア Rd.9-10:韓国での戴冠!!


BMW Team Studie
が参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア にて、念願のドライバーズ・タイトルを獲得しました!!

昨シーズンの雪辱を果たす栄冠です!



12_2studie.jpg

その後の最終ラウンドでは、鉄壁のコンビが雌雄を決するという過激にエンターテイメントな展開になりました。

そしてFINAL PARTYでは、今シーズンの祝福と来シーズンに向けての動向が発表されました!




そして、当ブログ名物?の【マニアックネタ部門です!


nagashimadesign3.jpg

3シリーズのデザインに込められた日本人の心


新型3シリーズのデザインは、「BMWドイツ本社唯一の日本人デザイナー」である永島 譲二氏が手掛けています。

水彩画も用いた永島氏のデザインの歴史に加え、当地方での催しや自動車関連スポットについてもご紹介しました。




kurumamaMeister-thumb-471x354-262677.jpg

「新成人が欲しい車」と「くるまマイスター検定」の結果! も、マニアックなネタだったと思います...。




そして、【最もいいね!を頂いた記事部門です!


blog10year-2.jpg


ブログ10周年のお礼と、今後に向けたご挨拶


※ 諸般の事情から、今年後半からはブログの各記事の下に「いいね」ボタンを設置しておりませんので、SUN MOTORENのFBページにおけるブログ投稿のお知らせに頂いた「いいね」の数で決定しました。



当ブログは、2009年6月の開始以来10周年を迎え、累計でのべ約100万人の方(訪問数)にご覧いただきました。

(全国のディーラーの中でもトップクラスのようです)

その10年間の振り返りと、今後の運営体制についてお知らせいたしました。




以上、今年を紹介する記事でした!

2013年14年15年16年17年18年の紹介記事もぜひご覧下さい。)


当社独自の情報や、他ではなかなか得られない情報 」を盛り込み
「 数あるBMWディーラーブログの中で最も読みごたえのある内容 」
も引き続き目指して行こうと思っています。


今後も、弊社の ブログ FBページ を宜しくお願いします! G.Sekido





皆様こんにちは、T.Sekidoです。

段々寒くなってきましたが、もうすぐクリスマスですね!

Cap20191207_6 (3).jpeg

ミュンヘンにあるBMW Welt & BMW Museumでは、

サンタクロースがこっそりIsettaに乗ってプレゼントを届けているようです♪



「今年のプレゼントは何にしよう」と、迷っていらっしゃる方もいらっしゃるのではと思いますが...。

BMW LIFESTYLE COLLECTIONにも、ぴったりなアイテムがございます!

blc.JPG


その中でも私T.Sekidoと、弊社の女性スタッフ2名の計3人で選んだ

「BMW クリスマス・プレゼント特集」をお届けします!

(お勧めアイテムが数多くありますので、前・後編に分けてご案内しますおやゆびサイン




前編は「キッズ特集」です!

クリスマス当日にプレゼントが絶対欲しいであろう、キッズに向けてのお勧めアイテムです!

 

1つ目は・・・

BMWキッズ・スクーター」(20,790円)です!

 ※ 価格は消費税込みで、以下も同様です。

61gf32vjv0L._SL15002.jpg

白&ピンク、黒&オレンジの2色があります。

幼児がまたがって遊ぶ乗り物ですが・・・実は!



80932450902.0058.6.A0252482 (2).jpg

内部に小物を入れて運ぶことができます!



80932450902.0058.5.A0252481 (2).jpg

さらに、胴体を取り外してキックボードとしても使えるんです!
 

お子様の成長に合わせて12歳ごろまで遊べるので、「子供が大きくなってすぐ使えなくなっちゃった下矢印1」ということがありません!




続いては・・・

テディ・ベア」(5,192円)と「テディ・キー・リング」(3,124円)

firsteuropartsstore_80452461141-2.jpg

可愛いテディベアのぬいぐるみと、キーホルダーにもなるマスコットです。

お子様のお供として後部座席に置くのも良し、お子様がなくしそうな家の鍵につけてあげるのも良し、という一品です!

 
キーリングをミニカーと一緒に並べてみると・・・

 

テディベア.JPG

こんな感じです!(テディベアも喜んでいるように見えますね星2




次は・・・

BMW KIDS COLLECTION Tシャツ(キッズ)(5,610円)です!

Cap20191207_8 (2).jpg


この商品のすごいところは、

なんと!自分だけのデザインのTシャツを作れるんです!

 
自分の好きな色に塗り絵をすることもできるし、自由に絵も描けます。

(普段は服に落書きすると怒られちゃう子達も、今回は大丈夫ですよ!)




次は、女性スタッフFお勧めの、「スポーツ・バッグ」(1,210円)と「ショルダー・バッグ」(10,252円)です。


ed3235754fbe8ef8a344a910d59b-2.jpg


スポーツバッグは体育館シューズや体操着を入れる袋に、

ショルダー・バッグは部活の用意などを入れるのにもかっこよく使うことができます!


特にスポーツバッグは驚きの1,210円!!

万が一破れたりしてもすぐ買いなおすことができます顔1(うれしいカオ)




最後に、T.Sekidoのお勧め商品は・・・

王道の「ミニカー」です!

ミニカー1.JPG

ミニカー2.JPG

ミニカー3.JPG



これはお子様へのプレゼントとしても良いですが、大人の方が今までに乗ってきた車やこれから乗りたい車を順番に並べることによって「自分だけのBMWヒストリー」を表現することもできます!


是非この機会にコレクションを始めてみてはいかがでしょうか。


もちろん、「増税後も駆け抜けるキャンペーン」開催中ですので、

12月中にご購入いただいた場合、全て15%オフにてお求めいただけます!



cq5dam.resized.img.1680.large.time1572246194457 (2).jpg

今回は5種類のアイテムを紹介いたしましたが、

次回は大人向けアイテムをご紹介いたします。

是非この機会にご購入をご検討ください!  T.Sekidoでした。

IMG_1983 (2).JPG

早くも、8シリーズ グラン クーペ(GC)の試乗車ができました!

840i Gran Coupe  M Sport(ブラック・サファイヤ)です。




IMG_1957 (2).JPG  IMG_5105-2.jpg

IMG_1300 (3)-2.jpg  IMG_1583 (2)-2.jpg

8シリーズGCは、6シリーズ GCと比べるとぐっと抑揚に富んで力感が増しました。

8シリーズ クーペ8シリーズ カブリオレと比べても、斜め前方からではほぼ見分けがつかない程、ロー&ワイドでスポーティーです!




Cap20191130_2.jpeg

8c&8gc.jpg


クーペとGCの側面図を重ねると、フォルムや特性の違いがより明らかになります。

後席空間はやはりGCの方が格段に広いですが、それをスタイリッシュにまとめたGCのルーフラインは、非常に巧みです。



それでは、7シリーズと比べるとどうでしょうか・・?



Cap20191130_5.jpeg

フォーマルで、オーソドックスなセダン流ともいえる7シリーズに対し、8シリーズGCは低く滑らかです。




7s&8gc-2.jpg

前輪の位置を揃えて側面図を比べると、8シリーズGCは着座位置が低く後ろ寄りになっているものの、意外なことに後席の前後空間はほとんど同じのように見えます。


さらに、前席の位置を重ねて比べてみると・・・


7s&8gc-1.jpg

なんと、室内空間は前後方向に加えて上下方向も、大きな差が無いことが分かります!

言い換えると、8シリーズGCは「前後のガラスを少し寝かせ、サスペンションを少し低くセットした7シリーズ」のような豊かな居住性を持っています!




2015-bmw-6-series-gran-coupe-images-26-3.jpg
8gc&6gc.jpg

さらに、6シリーズGCとも比べてみました。

これも意外なことに、側面図では後席の前後方向の余裕は両車で大きな違いは無いようです。

ですがルーフの絞り込みが強い6シリーズGCは、頭上のスペース確保のために後席の座面を傾斜させて低く座る設計になっています。


8シリーズGCは、それらの経験も活かして、デザインと居住性をより高いレベルで両立していると思います。




IMG_1971 (2).JPG

実際に後席の足元スペースは、広く余裕があります。

センターコンソールにはUSBポートやエアコン操作パネルが手の届きやすい配置で備わり、くつろげる空間を創出しています。




IMG_1964 (2).JPG

もちろん運転席は、華やかかつスポーティーで魅力的です。

多種多様な情報を得ながら、あらゆる状況に応じて好みのスタイルで走ることができます。

7シリーズのようにジェントルな用途にも、8シリーズならではのスポーティーなドライブにも、活躍すると思います。



IMG_1972 (2).JPG

ぜひ、BMW最大のナンバーである「8」がもたらす、最上級かつオールマイティーな魅力をお確かめください!

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido



こんにちは。T.Sekidoです。

珍しいジャンルのアクセサリが2つ新発売になりましたので、ご紹介いたします。

共に、キャンプ・アウトドア・車中泊・災害時等に、幅広くご利用いただけるアイテムです!

そのアイテムの1つ目は・・・


BMWポータブル電源2.JPG

「BMW ポータブル電源」です!


車のシガーライターや家庭の100V電源等に接続して充電しておけば、
屋外やエンジンを止めた車内でも、複数の家電製品やIT機器を使うことができます。


・コンパクトなのに大容量。アウトドアレジャー用だけでなく、いざという時に役立ちます。

・サイズ:30.3cm x 13.4cm x 18.4cm、重量:約5kg

・持ち手にBMWワードロゴ入り


もう少し詳しく説明すると・・・


BMW電源詳細 (2).PNG


100VのAC出力×3と、5VのUSB出力×3を使うことができます。

バッテリー容量は120,000mAhもあって、一般的なスマホの3000mAhなら40回充電できる程です!


・内蔵の充電池は安全性が非常に高い「三元系リチウムポリマー電池」を使用。自然放電しにくく、熱コントロール性が高く、非常に安定性があります。

・付属品:ACアダプター(12/24 V車対応カーチャージャー、最大出力90W)

・日本製

※ 防水および、防滴対応ではありません。

※ 現在殆どの電化製品は50Hz と60Hz 両方の周波数に対応しておりますが50Hz 専用の電化製品へはご使用いただけませんので予めご了承ください。


価格は95,300円(税別)です。

性能と信頼性を考慮すると、十二分にリーズナブルだと思います!



そして、2つめのアイテムは・・・


ソーラーチャージャー2.PNG



「BMW ソーラーチャージャー充電器」です!


折りたたむとA4サイズのバッグ形状ですが、広げると大面積・大出力の太陽光発電充電器として働きます!


・利便性と耐久性を兼ね備えたソーラーパネルは、A4サイズの折り畳み式なので片手でラクラク運べます。

・リュックにも簡単に収納できるほどコンパクトでありながら、81Wのハイパワー発電が可能です。

・夏場の晴天時には、上記ポータブル電源の充電にも対応できます。

・USB端子に市販のUSBケーブルを接続してご利用いただく事も可能です。

・アウトドアメーカーでも採用している素材で、強度と撥水性に優れています。

・サイズ:(収納時)35cm x 22.5cm x 7.5cm、(展開時)35cm x 231cm x 2.5cm

<注意>ソーラーパネルは充電しやすいように太陽に向けて設置してください。尚、充電時間はご利用環境によって変動します。




ソーラーチャージャー.PNG


・付属のカラビナ、ペグで固定する事も可能です。

・付属品:ハンマー、カラピナ(4個)、ペグ(2個)、DCケーブル(3.5m)

・収納時のフロントにBMWワードロゴ入り

・日本製


価格は37,100円(税別)です。

車に載せておいても違和感のないデザインです。

アウトドア/アクティビティ用だけでなく、災害時用としても有効だと思います。


※この2種類の商品は予約注文制(第一弾の予約は11月29日まで)で、事前に実物を見ていただくことができません。

詳しくは担当アドバイザーやセールスまでご質問ください。



そして!


77013928.jpg

今週末の11/23(土・祝)・24(日)は【BMW BLACK FRIDAY】を開催致します!

今月は、ニューX1、X2、X3や5シリーズに特別購入サポートを実施中です。

さらに、Black Friday期間中に来場された方にもれなくプレゼントが当たる、スクラッチ抽選会も催します!

ぜひご来店ください♪
 T.Sekidoでした。




DSC03538 (2).JPG

少し前の話題で恐縮ですが...。

東京モーターショー2019の期間に合わせて、お台場のBMW GROUP Tokyo Bayでは、BMWの最先端テクノロジーとヘリテージの数々を体験できるイベント「#NEXTJOY」が開催されました。



DSC03581 (2).JPG

発売されたばかりの8シリーズ グラン クーペと合わせて、貴重なヘリテージモデルも展示されていました。



DSC03577 (2).JPG  DSC03568 (2).JPG

DSC03575 (2).JPG  DSC03572 (2).JPG

3.0 CSL / M1 / M3 CSL / Z8 という珠玉の名車揃いです。

コンディションも素晴らしく、「助手席で良いのでぜひ乗せて欲しい」と思わずにはいられません..!



DSC03549 (2).JPG  DSC03541 (3).JPG

ドイツ連邦道路(Bundesstrasse 3)縦断の写真を背にした2002tiiと、IsettaStudieのBob社長の車)も展示されていました。

どちらも、時の流れで色褪せるどころか、より魅力を増して輝いていました。



DSC03602 (2).JPG

広大なショールームの一番奥では、2シリーズ グラン クーペの「日本初展示」 が行われていました!

(残念ながら車両は撮影禁止でした)

流麗かつマッシブなフォルムに精悍なフロントフェイスが組み合わさり、とても魅力的でした!




DSC03814 (2).JPG

そして昨晩は、渋谷の某所にて「FINAL PARTY」が開催されました。

当ブログでもお伝えしてきた、BMW Team Studieが参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア の、2年間の参戦プロジェクトを締めるイベントです!



DSC03822 (2).JPG

シーズン最終戦をドラマチックに映像化したショートムービー「The FINAL」の上映後、この2年で得た多数のトロフィを前に、鈴木監督・木下選手・砂子選手による笑いあり涙あり(?)のトークが炸裂しました。



DSC03837 (2).JPG  DSC03839 (2).JPG

サプライズで用意されたケーキへの入刀式(?)があったり・・・



DSC03849 (2).JPG  DSC03858 (2).JPG

「アンリミテッドQ&A」では、容赦の無い質問に全て答えてくれました♪

そこでの驚きの発表は「ネット掲載禁止」とのことなので、残念ながら書けませんが・・・




newlogogt3.jpg

画像はイメージ(?)です


来年も、BMWが日本のサーキットで戦うようです!!

その雄姿を見られる日が、今から楽しみです!  G.Sekido





こんにちは。T.Sekidoです。

今週末の11/9(土)・10(日)は、いよいよ

ニューBMW 1シリーズ デビュー・フェア】を開催致します!


Cap20191108_4-2.jpeg

そしてそのCMキャラクターは、なんと

アメコミ&ハリウッド映画風の「天才バカボン」です!!

従来のBMWのイメージを吹き飛ばす、強烈なインパクトです!




Cap20191108_1.jpeg Cap20191108_2.jpeg 
Cap20191108_3.jpeg Cap20191109_4.jpeg

4つの動画では、新型1シリーズの「天才」的なセールスポイントを楽しく解説しています。

一度見たら忘れられない程のアピール力があります。ぜひご覧ください!

 


IMG_3378 (2)-2.jpg

そして実車は、そんな「天才」的なCM以上のアピール力を持っています!

すでに多くのお客様にショールームでご覧頂き、ご好評を頂戴しております。

年内納車に間に合う車両も多くございますので、是非ご検討ください。



年内に間に合う、と言えば・・・


以前に当ブログでご紹介した、年内限定のお得なキャンペーンを覚えてらっしゃるでしょうか?

そうです、増税後も駆け抜けるキャンペーンです!


キャンペーン内容は4つございます。

※ いずれも割引は部品代のみに適用され、取付工賃は割引の対象外です。



 
① アクセサリー全種類15%オフ!(12月末まで)

bmw_accessories-2.jpg


アクセサリーカタログに載っている商品全てを、15%オフでご提供致します!!


ホイール&タイヤ、インテリア、キャリア、ライフスタイル等、多種多様で魅力的な商品が揃っています!

M Performance Partsも同様に15%オフの対象です!




② バッテリー15%オフ!(12月末まで)

bmw_battery2.jpg


「ずっと交換してないな~」というお客様は、突然のバッテリー上がりを未然に防ぐためにも、高品質・高性能な純正バッテリーを、ぜひこの機会にお買い求めください!




③ドライブレコーダー15%オフ & 2年以内の付替え工賃無料サービス!!(12月末まで)

Cap20191109_2-2.jpg

高性能・多機能なBMW純正ドライブレコーダーAdvanced Car Eye 2.0を、

15%オフの特別価格80,000円(消費税10%・取付工賃込み)で販売&取付けいたします!


さらに、今回のキャンペーンでドラレコをお買い上げいただいたお客様が

2年以内に弊社でお車をお買い換え頂いた際は、工賃無料で付替え致します!!

(恐らく「全国初のサービス」だと思います)




④純正ホイール&スタッドレスタイヤセット15%オフ!!(11月29日まで)


Cap20191011_4.jpeg

高品質なBMW純正ホイールに、BMW Japan推奨のスタッドレスタイヤを組み合わせました。

※ 記載の価格は、車両1台分(ホイール・タイヤ・センターキャップ・エアバルブ各4個、バランスウェイト必要量)の、消費税10%込みの価格です。

本年11月29日(金)までにご注文いただけると、

上記の特別価格から、さらに15%オフ!でお買い求め頂けます!

商品によっては9万円以上お得になる場合も...!

スタッドレスタイヤは、毎年年末になると品薄になりますので、ぜひお早目にご検討ください。


※「増税後も駆け抜けるキャンペーン」の開催期間は本年末までですが、

 当商品のみ期間が異なりますのでご了承ください。



Cap20191109_5 (2).jpeg


フルモデル・チェンジを遂げたばかりのニューBMW 1シリーズは、0.99%特別低金利ローンもご利用いただけます!


ぜひ年の瀬に向けて、「天才」的に賢いお買い物をお楽しみください!

T.Sekidoでした。




Cap20191102 (2).jpeg

1シリーズの新型と従来型を詳細に比較した公式動画が公開されています。

メルボルン・レッドのF20(従来型)M140iと、
ミサノ・ブルーのF40型(新型)M135i xDriveという、
トップグレード同士の比較です!



F40-and-F20-BMW-1-Series-comparison-5 (2)-2.jpg

公式映像だけあって、動画ながら両車のデザインをサイズ感も含めて厳密に比較しています。

キドニー・グリルは、大きさもディテールもかなり変化していることがよく分かります。




F40-and-F20-BMW-1-Series-comparison-8 (4)-2.jpg

サイドビューは、従来型はエンジン縦置きで直列6気筒にも対応していたのでロングノーズで水平基調でしたが、新型は前傾姿勢が強く躍動感があります。

ホフマイスター・キンクの一部をドアから車体側に移すことによって、Cピラーを細く軽快に見せる手法は、新型3シリーズとも共通しています。



Cap20191102_1.jpeg

当ブログで恒例の側面図の比較をしてみると、パッケージングの違いも透けて見えてきます。

プラットフォームの基本である前輪の位置を揃えると、運転席は前寄りかつ高めで、全体的に上下に厚い造りになりました。

新型はFF車にしてはフロントオーバーハングが短い方ですが、それでも従来型と比べると違いがあります。




Cap20191102_2.jpeg

運転席の位置を揃えると、明らかに後席が広くなっていることが分かります。

後席の膝前スペースは33mm、頭上クリアランスは19mm広くなっています。

着座位置が高くなって見晴らしや広さ感も向上しています。

そのため、ベルトラインは後方に向けてかなり上がっているにもかかわらず、後席での閉塞感がありません。




F40-and-F20-BMW-1-Series-comparison-10 (2).jpg

リアビューの印象もかなり異なります。

ハッチバックらしさが感じられる従来型に比べ、新型は高級感とワイド感があり、最新世代BMWらしさに溢れています。

ナンバープレートと共にリアビューカメラとゲートの取っ手が高い位置につき、実用性も向上しています。




F40-and-F20-BMW-1-Series-comparison-15 (5)-2.jpg

内装も、デザイン性・機能ともに飛躍的な進化を遂げています。

フル液晶メーターによる豊富な情報表示や独走的な透過式の内部照明が採用され、上級モデルに遜色のない装備が施されています。


センターディスプレイの位置は少し低く、ドライバーの手元に近くなり、格段にタッチパネル操作がしやすくなりました。

(先代1シリーズは途中からタッチパネル操作が可能になりましたが、手が届きにくい位置にありました)

スマホ連携操作も前提とした、最新世代の造りです。



3SERIES_INTERIOR3-5.png

5年前の当ブログでの予想が現実になった、とも言えるかもしれません...?




f20vsf40-2.jpg

人気色・ホワイトの新旧比較画像を掲載したサイトもあります。

新型は、存在感と品質感も高く、素晴らしいデザインだと思います!




IMG_1872 (2)-2.jpg  IMG_1901 (3)-2.jpg

ぜひ、弊社の展示車と試乗車で、その新たな魅力をお確かめください!

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido




こんにちは、T.Sekidoです。

ついに、新型1シリーズの展示車と試乗車が到着しました!


IMG_1846 (3).JPG

展示車は、M135i xDrive(ミサノ・ブルー)です。

ワイド感に溢れたフォルムは、とてもスポーティーです。



IMG_3364.JPG

大型化されたキドニーグリルと六角形デザインのLEDヘッドライトからなる精悍なフェイスは、個人的にもお気に入りです。

M135iのグリルはZ4と同様のメッシュ状になっていて、新世代のスポーツグレードの象徴的なディテールになりそうです。



IMG_1858 (2).JPG

前傾姿勢が強く、躍動感に富んだサイドビューです。

新型はFF(前輪駆動)が基本になりましたが、フロントオーバーハング(前輪より前の長さ)が短かめで回頭性が良さそうなところにも、BMWらしさを感じます。




IMG_1852 (2).JPG

内装も、機能・質感ともに大きく進化しました。

フル液晶メーターは様々な情報を、見やすく色鮮やかに表示します。

標準装備のワイヤレス充電機能は、ソフトパッドでスマホを優しく固定するようになっています。

(その構造を説明するのは難しいので、ぜひ実車でお確かめください)




M135si-to.JPG

M135iのシートはヘッドレストが一体になった構造で、見た目もサポート感もスポーティーです。

後席からの眺めや、様々な体格への適応性は少し限定されますが、リアルスポーツカー並みの雰囲気はとても魅力的です。




IMG_1856 (2).JPG

FF化に伴い、後席も広くなりました。

ひざ前スペースは先代と比べて33mm広がり、頭上の余裕も増しました。

大柄な大人2人がくつろいで長距離ドライブできる広さがあります。



IMG_1862 (2).JPG

リアランプが描くL字がサイドまで回り込み、ワイド感を強調するのは3シリーズ等にも共通するディテールです。

リアビューだけでも「最新世代のBMW」であることが分かる、魅力的なデザインだと思います!




IMG_1887 (2)-2.jpg

そして試乗車は、118i M Sport(アルピン・ホワイト)です。

縦スリットのキドニー・グリルは、展示車のメッシュグリルよりオーソドックスな雰囲気です。




IMG_1881.JPG

試乗した印象は・・・

FF化に伴うネガは、まったくと言ってよいほど感じられません。

ステアフィールもハンドリングも乗り心地も、FF車だとかFR車だとかという微細な違いよりも、紛れもない「高性能車」であり「高級車」だという印象を強く感じます。

透過式の内部照明や豊富な通信機能からも、新時代の高級車としての創造性を感じます。




IMG_1899 (2)-2.jpg

実際にお乗り頂ければ、「BMWのFFはこんなに凄いのか!!!」と驚いて頂けること請け合いです。

ぜひご試乗ください。




IMG_1918 (2).JPG

今週末は、新型7シリーズの試乗車やX7の展示車もご用意して、お客様のお越しをお待ちしております!

ぜひご来店ください。 T.Sekidoでした。




IMG_1774 (3)-4.jpg

X1のLCI(マイナーチェンジ)モデルが発売になり、試乗車ができました!

sDrive18i xLine(7DCT)のミネラル・ホワイトです。




IMG_1761 (4)-5.jpg

向かって左が前期モデル、右がLCIモデルです。

キドニー・グリルは左右が一体化され、大きくなりました。

「黒目が大きくなった」ようにも見えるヘキサゴン(六角形)デザインのヘッドライトと、左右が尖ったグリルの形状に統一感も出たように思います。

フォグランプはLEDになり、大きくなったバンパー開口部に組み込まれました。


精悍さと質感が一段と向上したと思います!




IMG_1769 (3).JPG  IMG_1772 (2)-2.jpg

内装も、着実に進化しています。(左が前期モデル、右がLCIモデルです)

ディスプレイは8.8インチから10.25インチに大型化した上に、ドライバーに近づけられてタッチ操作がしやすくなりました。

携帯機器用のワイヤレスチャージング機能も標準装備になりました。

6ATを採用していた初期モデルと比較すると、シフトレバーのデザインや操作感も洗練されています。

コンソールの水平方向にステッチが新たに施され、見た目の質感も向上しています。




IMG_1779 (3)-2.jpg

リアビューは、ランプ内部の配色が変わり、安定感が増しました。

とても完成度の高いスタイリングだと思います。




IMG_1787 (2).JPG

走りもさらに完成度を高め、円熟味すら感じさせます。

ステアフィールも上質で、トルクステアや不快なキックバックは皆無です。

予備知識が無ければ、駆動方式を言い当てるのはもはや困難だと思います..!




IMG_1737 (3)-2.jpg

ショールームには展示車が登場しました。

試乗車と同じくsDrive18i xLine(7DCT)のミネラル・ホワイトですが、こちらは19インチホイール&タイヤを装備しており、さらに精悍です。(試乗車は18インチです)




IMG_1748 (2).JPG

X1は2018年は28万7000台の世界販売台数を記録し、BMWにとっての中核車種の1つになりました。

(BMW全体での総販売台数212万5000台の約14%です)

その座を不動のものとする、着実な進化を遂げていると感じます!


今週末は「ニューBMW X1 デビュー・フェア」を開催いたします。

ぜひ試乗車&展示車で、その魅力をお確かめください。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido




皆様こんにちは、T.Sekidoです。

先々週のブログで、「増税後も駆け抜けるキャンペーン」、すなわち

アクセサリー類の15%オフキャンペーンをご紹介致しました。


そのキャンペーンに、弊社オリジナルの

純正ホイール&スタッドレスタイヤセットを追加いたします!



Cap20191011_4.jpeg
1シリーズ~3シリーズ


高品質なBMW純正ホイールに、BMW Japan推奨のスタッドレスタイヤを組み合わせました。

「せっかくBMWに乗っているから、カッコいい純正のホイールで冬場もビシっとキメたい!」

「スタッドレスタイヤっていっぱい種類があって、どれを選べば良いかよく分からない...。」

そんなお客様にもぴったりの商品です!

※ 記載の価格は、車両1台分(ホイール・タイヤ・センターキャップ・エアバルブ各4個、バランスウェイト必要量)の、消費税10%込みの特別価格です。




Cap20191011_5.jpeg
新型3シリーズ~8シリーズ


各モデルに、ホイールのデザインやタイヤの銘柄を複数ご用意いたしました。

※ タイヤは大部分がランフラットタイヤ(RFT)ですが、その表示がないものは非RFTです。

※ 非RFTを装着する際には、BMWモビリティ・セット等のパンク修理キットの搭載を推奨致します。




Cap20191011_6.jpeg
Xシリーズ


本年11月29日(金)までにご注文いただけると、

上記の特別価格から、さらに15%オフ!でお買い求め頂けます!

商品によっては9万円以上お得になる場合も...!

スタッドレスタイヤは、毎年年末になると品薄になりますので、ぜひお早目にご検討ください。


※「増税後も駆け抜けるキャンペーン」の開催期間は本年末までですが、

 当商品のみ期間が異なりますのでご了承ください。




Cap20191011_8.jpeg


BMW推奨スタッドレス・タイヤは、日本やドイツでの厳しいテスト項目の全てに合格しています。

BMW純正ホイールは、デザインが車両にマッチしているのはもちろん、軽量化による燃費向上効果もあります。




Cap20191011_19 (2).jpeg

BMWによる動画【BMW Explained. Summer vs. Winter tires.】では、

ドライ路面におけるサマータイヤ(ノーマル)、ウインタータイヤ(スタッドレス)、セミスリックタイヤの比較や、

雪上におけるスパイクタイヤ、スタッドレスタイヤ、ノーマルタイヤの比較も見られます。




Cap20191011_16 (2).jpeg

スパイクタイヤは粉じん公害の原因となるため日本では基本的に禁止されていますが、雪上における性能は非常に優れています。

最新のスタッドレスタイヤは、そのスパイクタイヤに遜色ないほどの雪上性能を持っているようです!

ノーマルタイヤとは、比較になりません!!




30776372102_936b2f53f2_b.jpg

当地方(愛知県)では、雪が積もる日は限られていますが・・・

それでも「どうしても雪上を走らなければならない」という必要に迫られるかもしれません。

そんな時に スタッドレスタイヤによって得られる安全は、プライスレスです!

ぜひこの機会にご検討ください!  T.Sekidoでした。


 | Blog Top | 
   December 2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ




"