Set-up Yeongam 2019.jpg

BMW Team Studieが参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア のRound 9&10が、7/6(土)・7(日)に韓国インターナショナル・サーキットで開催されました。

この韓国ラウンドの結果によっては、今シーズンのドライバーズタイトル獲得が決定します。

チーム&ドライバーにとって未経験のサーキットながら、シミュレーターで習熟を重ね万全の準備を整えてコースに向かいます。

82号車前戦での破損の修復中なので、81号車1台での参戦です)



studie2019round9.jpg

【 予選 】

高い気温と路面温度に悩まされながらも、Q1(Round9の予選)では砂子選手はポールポジションを得ます。

Q2(Round10の予選)では木下選手が1周目・2周目共にトップタイムを刻み、タイヤを温存するために早めにピットに帰還します。

ところがライバルAMG111号車がラストアタックでベストタイムを更新したので、惜しくも予選2番手となります。



Cap20190823_3-2 (2).jpg

【 Round 9 決勝 】

ポールからスタートした砂子選手は、ポジションをキープして周回を重ねます。

ですが、スタート時に隊列を乱したとの理由で81号車にドライブスルーペナルティの裁定が下されてしまいます。

(スタート時のストレートで前のGT3から車幅1/4分横にずれていたのですが、その前のGT3が更に1/4分グリッド枠からずれていた為、結果的に81号車は1/2グリッドの枠からずれていると判断されたようです)

それにより最後尾まで順位を下げ、そこから追い上げる展開になります。




rd9-2.jpg


交代した木下選手は怒涛の追い上げを見せ、ポジションアップします。

そして3番手に1秒差まで迫りますが抜くには至らず、4位でレースを終えました。

タイトル獲得は、翌日以降に持ち越しとなります。





68515850-2.jpg

【 Round 10 決勝 】

2番手からスタートした木下選手は1周目にオーバーテイクを果たし、トップで周回を重ねます。

ピットイン&ドライバー交代で2位にポジションを落とすものの、砂子選手は前車との4秒のタイム差をわずか3周で縮め、再びトップに立ちます!




Cap20190823_4 (2).jpeg

厳しいBoP(性能調整)をものともせず、その後も着実な走りを見せ、

トップでチェッカーを受けました!




rd10-01.jpg


10戦中6勝!で、2019年シーズンのドライバーズタイトルを獲得しました!




rd10_2-2.jpg

昨年はチームタイトルは制したものの、本命ともいうべきドライバーズタイトルは惜しくも取り逃しました。

その雪辱を果たす戴冠です!

木下隆之選手・砂子塾長選手にとっても、久々の栄冠です!!



0hE5zyT19pGhpHADE7NUxlTQhdHHU-YwASLXgNIDJWEDQybA0aL3oXOSZVHH45bg5QGgYIAQR6D2JibD0XJQAAeWZrAlAjMS1EOTlUGxoHLS92MFlLfm5UfGIFQipiYgpEeG9TOWNQTSk6N1wf (2).jpg

今シーズンは、残すは9月27日・28日に中国で開催されるROUND11&12のみになりました。

チームタイトルの獲得に向けて、チームは大胆な秘策も考慮に入れているようです。

大逆転でのダブルタイトル獲得が見られるかもしれません!!  G.Sekido



DSC01394 (4).JPG

今週末の8/17(土)・18(日)は、特別内覧会「Story of Luxury」を開催しております。



DSC01387 (2).JPG

ショールームには、LCI(マイナーチェンジ)によってより精悍さを増した、新型7シリーズ(740i M Sport・ミネラルホワイト)を展示しております。




IMG_1527 (2)-2.jpg

SAVの新たなフラッグシップ、X7も(xDrive35d M Sport)もショールームに初登場致しました!




IMG_1533 (2)-2.jpg

どの方向から見ても風格に溢れたスタイリングです。




IMG_1540 (2)-2.jpg

そして、X3 M Competitionの試乗車も登場しました!




IMG_1554 (2).JPG  IMG_1565 (2).JPG

「流石は"M"と名付けられたモデルだ」と感動する程の走行性能に、高級車としての質感も持ち合わせています。




IMG_1549 (2)-2.jpg

4本出しのマフラーが、非凡な走りを後ろ姿でも主張します。




cq5dam.resized.img.1680.large.time1539008827309 (3).jpg

そして、M850i xDrive カブリオレの試乗車もご用意いたしました!



ここ数日、「ドイツ製高級SUVによるあおり運転」事件が、報道されていますが・・・

本来は、高級車が持つ卓越した走行性能は、余裕のある運転や楽しいドライブに繋がるはずです。



ぜひ「新しいラグジュアリークラスが紡ぎ出す、美しい物語」をお確かめください。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido



  


こんにちは、T.Sekidoです。

68708274_2399641116756869_1769360602775420928_n.jpg

(画像は、10周年を迎えた「The Arlberg Classic Car Rally」での写真です。絵画のように美しいオーストリアの山々を背景に、BMWの数々の名車が駆け抜けたようです♪ )


誠に勝手ながら、新車ショールーム・サービス工場・認定中古車センター共に

8月10日(土)〜16日(金)を夏季休業日とさせて頂きます。
ご不便をおかけ致しますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。


なお、お車の不具合など緊急の場合は
BMWカスタマー・サポート [ フリーダイヤル:0120-55-3578 ]
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)をご利用頂きますようお願い申し上げます。



また、連休明けの8月17日(土)・18日(日)には

弊社本社ショールームにて、特別内覧会「Story of Luxury」を開催致します。


cq5dam.resized.img.1680.large.time1562841827695 (2).jpg

cq5dam.resized.img.1680.large.time1544526748115 (2).jpg

新型X7および7シリーズを、弊社ショールームにていち早くご覧頂けます!



cq5dam.resized.img.1680.large.time1539008827309 (2).jpg

cq5dam.resized.img.1680.large.time1545128156016 (2).jpg

さらに、以前から配備されているM5の試乗車に加え、

M850i xDrive カブリオレと、X3 Mの試乗車も新たにご用意致します!!


この貴重な機会にぜひご来店頂き、「BMWの新しいラグジュアリー」をご堪能下さい。  T.Sekidoでした。



IMG_2041-2.png

先々月に掲載した10周年のお礼記事でもご紹介いたしましたが、

2年前に開設した弊社のFaceBook (FB) ページでは、

月に10件以上の投稿をすることを目安としております。


その投稿には、当ブログでは掲載していないネタも多いのですが、

最近のその一部をご紹介いたします。

(比較的軽い内容が多いです)




6月6日

Cap20190802_3.jpeg

月刊誌CAR GRAPHICの最新号に、名物企画「ダイナミックテスト」が久々に掲載されています!

新型3シリーズを含む同クラスのセダン8車種を、多方向から厳しく評価した結果、総合1位に選ばれたのは...♪♪♪

詳しくは書籍をお買い求めの上、ご覧ください♪ ⇒ http://www.cargraphic.co.jp/publication/





6月11日

Cap20190802_4.jpeg

今秋発売予定の次期1シリーズは、FF化されることによって居住性や利便性を高めることが予想されますが...。

現行1シリーズの「FRならではの走り」には、感性に訴えかける魅力があると思います!

ぜひ今こそ、世界で唯一のFRコンパクト・ハッチバックの魅力を、弊社の試乗車&展示車でお確かめください♪




6月17日

Cap20190802_9 (2).jpeg

実は、初代8シリーズ(E31型・1990~99年)にも、「M8」が企画・試作されたことがあります。

専用チューンされたエンジンやボディの多くをアルミ/カーボン化するなど意欲的な造りでしたが、諸事情により発売には至りませんでした..。

なので新型「M8」の発売は、BMWにとって20年越しの悲願とも言えます!




7月6日

Cap20190802_5.jpeg

新型X6が本国で発表になりました!

迫力のあるフェイスには"illuminated BMW kidney grille(optional)"という説明もあり、グリル内部を光らせることもできるようです!

他社には真似できない、新しいBMWのアイデンティティになりそうです♪




7月25日

Cap20190802_6.jpeg

先日、The Histo-Cup(ヒストリックレーシングカーのイベント)がオーストリアのザルツブルクリンクにて開催され、BMWの歴史的な名車が勢揃いしました!

そして、ルマンで優勝したV12 LMRのステアリングを握るのは(ヘルメットから判断して)日本のSUPER GTでもBMWを走らせた、ヨルグ・ミューラー選手ですね!





8月1日

Cap20190802_7 (2).jpeg

LCI(マイナーチェンジ)により、グリルを大きくした7シリーズには賛否両論があるようですが...。

競合他車と見比べてみると、まだ控えめにも感じる程です。

世界のあらゆる道で最上級セダンとしての存在感を示すには、必要な条件なのかもしれません..!




8月2日

Cap20190802_8.jpeg

Z4の新しい試乗車ができました!

アルピンホワイトの20i M Sportです♪

先日まであったブラックの試乗車とは、やはり雰囲気が異なります。

皆様はどちらがお好みでしょうか..?




・・・といった感じの記事をFBページでは投稿しています。
 
 
FBページは、FBに登録されていない方でもご覧いただくことができます。

(端末環境によって見られる内容が限定される場合もあります)

ぜひ「お気に入り」や「ブックマーク」にご登録の上、ご覧ください!

 
 

ちなみに、当ブログは「東日本リージョンの中での1位の訪問数」ですが、

当社のFBページをフォローしていただいている方の数は

全ディーラーの中で平均的、といった感じです。

(販売拠点数の違いを考えれば、多めだとも言えますが)




Cap20190802_11-3.jpg

FBに登録されている方は、

ぜひFBページへの「いいね!」または「フォローする」を

宜しくお願い致します!  G.Sekido
 
 
 

皆さんこんにちは、T.Sekidoです。

梅雨明けして、夏本番がやってきますね!

炎天下に駐車した車内も、暑く感じるようになりました。


真夏の車内は70℃以上になることもありますが、意外な物に

車両火災の危険が潜んでいる」ってご存知でしょうか?


代表的なところでは、まずは・・・

1312787210 (3).jpg  trouble_10_01.gif

ペットボトル(特に水が入っている場合)や、ガラスに貼った吸盤です!

虫メガネと同様の収れん現象を起こし、シートや内装を溶かしたり燃やしたりします。



そして、最近増えているのが・・・

BBQyUwC.img (3).jpg  ritiumuiondentikasai (3).png

リチウムイオン電池を使った、モバイルバッテリーや電子機器です!

「夏の車中など、気温の高くなる場所にモバイルバッテリーを放置しておくと、バッテリーに熱がこもり異常発熱を助長し、発煙・発火の原因となるおそれがあります。」と製造元から警告もされています。

左の写真のような「PSEマーク」 (安全基準の合格表示) がついていればかなり安心ですが、中〇製等の安価な製品はより注意が必要なようです。


他にも、炭酸飲料の缶が破裂したり、ライターが爆発したりということもあります。



そういった危険なものは真夏の車内に放置しないとして・・・


あまりに暑いと、人間にも危険だと思うことがあります。

暑いままで出発すると、運転の集中の妨げになったりします。



そこで、このアイテムをご紹介いたします!

先月のブログに続く、「女性スタッフFのおすすめ商品」第2弾、

BMW純正の「フロント・ウィンドー・サンシェード」です!

サンシェード1.jpg

畳んでカバーに収納してあると、大皿くらいの大きさですが、2つのワイヤースプリングの輪を広げると・・・




サンシェード2.jpg

このように大きく四角くなります!

BMWマークと"Sheer Driving Pleasure"(本当の駆け抜ける歓び)という文字が控えめに描かれ、見た目にも高品質感があります。




サンシェード3.jpg

実際に車両にセットすると、こんな感じです。

さすがは純正品だけあってサイズはぴったりで、ほぼ隙間がありません!




サンシェード4.jpg

車内から見ても、日差しをほとんどカットしてくれていることが分かります。

紫外線を90%以上カットするので、内装部品の日焼け(変色や劣化)を防ぐ効果もあります。



サンシェード5.jpg

このようにルームミラー部分を挟んでからマジックテープで閉じられるので、ミラー周辺からも光が漏れません。


Sサイズ(対象モデル:1、2クーペ&カブリオレ、3、4、6、8、X4)と、

Mサイズ(対象モデル:2アクティブツアラー、5、7、X1、X2、X3、i8)の2種類が一般的です。

※ その他のモデルについてもサイズ設定がございますので、お問い合わせください。


気になる価格は、6,200円(消費税抜き)です!

カー用品店等で売られている廉価な日除けは、薄手なので光が透過したり、使っているうちにステッチがほつれてきたりしがちです。

それらとは一線を画す作りと機能なので、納得の価格だと思います!



Cap20190726 (2)-2.jpg

実際の使用法が分かりやすいように、動画を撮影しました。

こんな感じで、弊社の女性スタッフFにも簡単に使うことができました!きらきらきらきら

畳むときにすこしコツが要りますが、きっと女性スタッフFが優しく教えてくれると思います。きらきら




img_wip_bmw-i8_bonneville_33.jpg

炎天下に駐車する際、サンシェードをさっとセットしておくだけで、

「ステアリングが熱くないので、すぐ運転できる!」

「シートが熱くないので、背中や尻下に汗をかかない!」(特に革シート)

と、効果を実感していただけると思います。


これからの酷暑に向けて、おひとついかがでしょうか。 T.Sekidoでした。
 
 
 

studie-blpn-20190705-001-1 (2).jpg

BMW Team Studieが参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア のRound 7&8が、7/6(土)・7(日)に富士スピードウェイで開催されました。

チームランキングも考慮に入れて、81号車に加えて今シーズンは出走していなかった82号車もエントリーし、2台体制で挑みます。


前戦での「全車を周回遅れにする」という圧勝が影響したのか、M4 GT4は性能調整で大幅なパワーダウンを強いられ、練習走行では大苦戦します。




studie-blpn-20190705-039.jpg

【 予選 】

性能調整によりトップスピードが伸びない2台は、互いにスリップストリームを使いストレートスピードを伸ばし、マシンの能力を限界まで引き出します!

Q1(Round7の予選)では81号車の木下選手がポールポジション!
82号車梅田選手6番手となります。

Q2(Round8の予選)でも81号車の砂子選手がポールポジション!
82号車井田選手7番手となります。
 
 

 
studie-blpn-20190706-1st-rpt002 (2).jpg

【 Round 7 決勝 】

ポールからスタートした81号車の木下選手は後続との差を広げます。

ですが厳しい性能調整により、前戦のサクセスペナルティを覆すまでのタイムは稼げません。




Cap20190719_1 (2).jpeg

交代して2番手となった砂子選手は、ライバルAMG77号車を猛追しますが抜くには至らず、僅差の2位でレースを終えました。

82号車は梅田選手及び交代した井田選手の懸命の走りによって6位入賞し、貴重なポイントを獲得しました。




studie-blpn-20190707-014.jpg

【 Round 8 決勝 】

ポールからスタートした81号車の砂子選手は
ライバルAMG77号車の先行を許すものの、テールトゥノーズで追い回した後、トップに返り咲きます。

7番手からスタートした82号車の井田選手はオープニングラップで2台を抜き、5位に順位を上げます。




Cap20190719 (2).jpeg

81号車はサクセスペナルティ分以上のギャップを稼ぎ、交代した木下選手はトップで周回を重ねます。

ライバルAMG77号車の自滅もあって、レースをコントロールします。

82号車は交代した梅田選手がスピンし、後続車両との接触もあって残念ながらリタイアとなります。





studie-blpn-20190707-1st-rep002.jpg

81号車は厳しい性能調整(BoP)を跳ね返し、見事優勝を果たしました!

8戦中5勝で、ドライバーズランキングはもちろんトップを独走です!




studie-blpn-20190707-001.jpg

熱烈なファンの応援を追い風にして、ドライバーとチームとマシンの総力で勝利を掴みました!

シーズン全12ラウンドも残すところ4ラウンド、きっとタイトルを獲得してくれると思います!  G.Sekido

こんにちは。T.Sekidoです。

今週末の7/13(土)・14(日)は、"M"と"M Performance"を取り揃えた、

特別な試乗会を開催いたします!

Cap20190709_1 (3)-2.jpg


Mの鼓動と共鳴せよ」M2 Competition (7DCT) 「!!」

UNFOLLOW.」X2 M35i スパーク

夢中を、解放しよう。」X3 M40d 力こぶ

極限まで、研ぎ澄まされた走り。」M5 「!!」「!!」

アスリートの気質、紳士の気品」M850i xDrive クーペ きらきら

という、錚々たるラインナップを取り揃えました!!!




 IMG_1421 (2)-2.jpg

中でも、X2 M35i はこの試乗会のために特別にご用意いたしました!



IMG_1424 (2).JPG  IMG_1428 (2).JPG
IMG_1426 (2).JPG  IMG_1431 (2)-2.jpg

かなり引き締まった足回りに、迫力のある排気音が加わり、予想以上に硬派な仕立てです!

4気筒ターボ+4WDということもあり、WRCマシンを彷彿とさせるキャラクターだと思います!




IMG_1439 (2)-2.jpg  IMG_1449 (2)-2.jpg

M2 COMPETITION (7DCT) と X3 M40dも、この試乗会のために特別にご用意いたしました!



IMG_1141 (3).JPG  IMG_1300 (3)-2.jpg

M5(左ハンドル)や、M850i xDrive クーペ など、常備している試乗車にもお乗りいただけます!

希少な試乗車をお試し頂けるチャンスですので、ぜひご来店下さい。

(もちろん、その他の通常モデルのご試乗も可能ですOK!


※ 7/15(月・祝)もショールームは営業しておりますが、試乗車およびスタッフ人数の関係からご試乗いただけない場合もございますので、ご理解の程宜しくお願い致します。



Cap20190712_11-3 (2).jpg

7/13(土)・14(日)は、特別な記念品もご用意いたしました。

成約記念品は、なんと純正ドライブレコーダーです!



IMG_1454 (2)-2.jpg

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

T.Sekidoでした。



51studie.jpg

BMW Team Studieが参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア はいよいよ舞台を日本に移し、Round 5&6が6/22(土)・23(日)に鈴鹿サーキットで開催されました。

今シーズン4戦中3勝と波に乗りまくっているチームは、オフィシャルパートナーにPanasonic LUMIXを迎え、より輝きを増しています。



bdff854ec727c707cc5dc42665306447.jpg

【 予選 】

ウエットからドライへと変わるコンディションの元、木下選手・砂子選手共にコースレコードを更新するタイムを刻み、Q1・Q2共に圧巻のポールポジションを獲得します





52studie.jpg

【 Round 5 決勝 】

ポールから飛び出した木下選手はタイヤも温存しつつ後続を引き離し、ピットインします。


交代した砂子選手は1位でコースに復帰しましたが、残り15分でアクシデントに見舞われてしまいます・・!


Cap20190704_2 (2).jpeg

ヘアピンの侵入時に、AMG77号車に無謀とも思えるブレーキングでインに飛び込まれ、激しく接触されます!

これにより左後部が破損し、タイヤ交換を強いられてしまいます。

(その後、AMG77号車にはドライブスルーペナルティの判定が下されます)




53studie.jpg

素早いタイヤ交換作業をしてコースに復帰するものの、順位を回復するには至らず、6位完走でレースを終えました..。

レース後の出来事によってチームの闘志はさらに増し、翌日のレースに臨みます。




Rd.6-002.jpg

【 Round 6 決勝 】

昨日の怒りも冷めやらぬ砂子選手は、
ポールポジションから怒涛の走りを見せ、後続に対し毎週1秒のギャップを築きます!

タイヤ交換を終えても1位でコースに復帰した木下選手は、セーフティーカーの導入もあって全車を周回遅れにするという展開になります!



6-22studie.jpg

圧倒的な走りを見せつけ、今期4勝目を挙げました!




Cap20190706_1 (2).jpeg

シーズン12ラウンドのうち半分を終えて、ドライバーズランキングもちろんトップを独走です!

チームランキングも、2台体制で参戦するライバルチームにトップを譲ったものの、今週末に行われている富士ラウンドでは2台体制で臨んでいます!




Cap20190706_2.jpeg

Team Studieのサイトを通じて、ライブ動画やSNSによる実況も見られます。

ぜひM4 GT4の活躍をご覧ください!  G.Sekido
 
 
 

IMG_1343 (2)-2.jpg

こんにちは。T.Sekidoです。

今回は、ショールームに展示中の M850i xDrive Cabriolet についてご紹介します!

色々な装備や特徴について、順番に見ていきたいと思います。


まずはこのカーボンブラックに彩られた外観から。

余裕のあるサイズを活かした抑揚に富むボディラインは、力感と優雅さに溢れています。

世界中で最も魅力的なオープンカーの1台だと思います。




IMG_1376 (3).JPG

青色のアクセントが施されたヘッドライトには、トップモデルならではの装備・BMW レーザー・ライトが組み込まれています。

目尻の位置に記されたBMW Laserの文字によって、その装備を主張します。




Cap20190629_1 (2).jpeg

ハイビームで走行時に車速が約70km/hを超えると、既に点灯しているLEDハイビーム・ヘッドライトに加え、レーザー・ライトが自動的に点灯、LEDライトの約2倍に相当する最大600mまで照らします。

ハロゲンランプがHIDを経てLEDへと進化して標準化されたように、いずれはレーザーライトが標準的になっていくのでしょうか・・・?




IMG_1351 (2).JPG

タイヤ&ホイールは20インチが標準で、この車は同サイズのオプションのデザインのホイールを装着しています。

標準/オプションのどちらを選んでも価格差がない、というところも好印象です。




IMG_3359 (2).jpg

次はドアミラー。

M140i、M240i、X3 M30d、X4 M40i、M760Liといった、"M+2桁/3桁数字"のM Performance Automobilesは、ドアミラーカバーがフェリック・グレーまたはセリウム・グレーという名前のいわゆるガンメタリック調やブロンズ調に塗られ、独自性を創出していました。

ですが、最新世代のZ4 M40iおよびM850i Cabrioletは、ドアミラーがボディ同色に塗られ、よりジェントルになりました。

そして8シリーズのカブリオレは、ベルトライン(ガラス下端)と共にミラー下部がクローム仕上げとなっています。

高級感と共に、クーペとの違いを演出しています。




IMG_1355 (2).JPG

内装はラグジュアリーかつスポーティーで、8シリーズならではの魅力に溢れています。

フィオナ・レッドに彩られたBMW Individual エクステンド・レザー・メリノ内装は、精緻で華やかです。




IMG_1356 (2)-2.jpg


新型Z4や新型3シリーズにも採用されているBMW ライブ コクピット プロフェッショナルは、フルデジタル化されたメーターとコントロールディスプレイによって、お好みに応じた様々な情報を提供してくれます。

日本の道路標識を読み取って制限速度も表示&警告もできるので、知らないうちに速度オーバー!という事態も予防します。




IMG_3357 (2).jpg

オーディオは、Bowers&Wilkins ダイヤモンド・サウンド・サラウンド・システムを標準装備。

カブリオレ専用の12スピーカーシステムで、1400ワットもの出力があります。

素晴らしい音色であることはもちろん、スピーカーカバーの造形や内部照明も繊細で美しいです。

シチュエーションによって、時に素晴らしい音楽に包まれて、時にエンジンサウンドを楽しみながらドライブを楽しめます。


尚、後席の広さはこんなイメージです。

IMG_3350.jpg   IMG_3348-2.jpg

助手席を私(かなり大柄です)が座れる位置に合わせて、後席に座ってみました。

私もなんとか座ることができ、弊社女性スタッフだと無理なく座れました。

助手席を前寄りにセットすれば、大人3人でのドライブも不可能ではないと思います。




IMG_1378 (2).JPG

リアに輝くM850iの文字が非凡な走りを、xDriveの文字が万能性を保証します。

ぜひショールームにお越し頂き、「路上で空を駆ける唯一無二の存在」をご覧下さい。

宝くじが当たったらM850iに乗りたい、T.Sekidoでした!
 
 
 

Cap20190620_2 (2)-2.jpg


こんにちは。G.Sekidoです。

当ブログは、2009年6月の開始以来、10周年を迎えました!


「週に1度、凝ったネタを掲載する」というコラムのようなスタイルで、540記事ほどを掲載してきました。

累計で、のべ約100万人の方(訪問数)にご覧いただきました。


日本のBMWディーラーを、「首都圏」、弊社が含まれる「東日本」、「西日本」の3つのリージョン(地域)に区分すると、その「東日本リージョン」の中で1位の訪問数だったようです。


多くの方にご覧いただき、誠にありがとうございます。

心からお礼申し上げます。


「十年一昔」とも言いますが、その間に色々な記事を書いてきました。

反響の大きかった記事や、自分自身で印象に残っている記事を振り返りますと・・・


IMG_1300 (3)-2-thumb-471x313-270475.jpg  IMG_1141 (3)-thumb-471x314-268201.jpg

IMG_8806-3-thumb-471x353-234298 (2).jpg  IMG_7467-4-thumb-471x302-179974 (2).jpg

まず、色々な試乗車 (68) をご紹介してきました。(カッコ内の値は記事数で、以下同様です)

特に昨年に弊社がBMW M認定ディーラーになってからは、全国的にも珍しい試乗車を度々ご用意し、大きな反響をいただきました。




BMWFACESCHANGE5-X-2.jpg    BMWRARECAR-thumb-471x353-260461-2.jpg

X1COMPARITION-thumb-471x353-105204-2.jpg    S63B44-2-thumb-471x353-105267-2.jpg

idriveideal4-thumb-471x369-64949-2.jpg    TB1-4-thumb-471x349-28596-2.jpg

新型車 (139) については、時に技術 (47) や デザイン (26) について、マニアックな解説独自の推察も交えながらご紹介しました。




2019年の新成人がいつかは購入したいと思う車-thumb-471x447-262580 (3)-2.jpg    import2017.jpeg

Google most searched car brands - Europe-thumb-471x278-164617 (2).jpg    CapD20140228-2-thumb-471x371-33968 (2).jpeg

雑談 (42) というカテゴリーでは、各種の発表を集計・比較し、自動車の人気の傾向や推移を分析しました。




studiemembers50-thumb-471x353-241011.jpg   WT1_5519-2-thumb-471x353-190004 (2).jpg

CapD20141206_5-2-thumb-471x414-63940 (2).jpg   AZANARDI.jpg

モータースポーツ (65) についても、国内外のBMW関係のドライバーとマシンの活躍をご紹介しました。




IMG_7517-2-thumb-471x353-194799.jpg IMG_7407-2-thumb-471x353-181482 (2).jpg IMG_7524-thumb-471x353-201117 (3).jpg

IMG_7402-y3-thumb-471x353-176152 (3).jpg IMG_7389-4-thumb-424x424-171437 (2).jpg IMG_0485-53 (3).jpg

スタッフ紹介
(19) シリーズでは、T.Sekidoによるインタビュー形式で、弊社スタッフのBMWへの思いをご紹介しました。




そして、BMWから少し離れた内容ながら、大きな反響を頂いた記事もありました。


histricbmw-thumb-471x353-155867.jpg   winner_work_img_1-710x434-thumb-471x287-85459-3.jpg

lhrhhis.jpg   cycle-l-3.jpg

日本と欧州でのヒストリック・カーに関する取り組み

ザハさんとBMWの意外な関係

右ハンドルと左ハンドルの意外な歴史

自転車の交通ルールが変わりました

等の記事は、BMWにご興味のある方以外にもお読みいただけたようです。




aW1hZ2VzQ0E5R1BUMFiq7g (2).jpg   MjAxMTAzMjQyMzUzMDAwMDJPzw (2).jpg

東日本大震災の直後や、体調不良など、ブログを書くのに苦心した時もありましたが、それでも毎週の更新(長期休業日以外)を1度も欠かさず続けてきました。

「BMWおよび弊社の情報」や「クルマの楽しさ」をお伝えしたいという思いと、多くの方に読んで頂いていることへの感謝の気持ちによって続けて来れられました。




fbsmtoren (2)-3.jpg

当ブログの運営と並行して、2年前には弊社のFaceBook (FB) ページを開設いたしました。

FBページでは、月に10件以上の投稿をすることを目安としております。

(当ブログの更新情報に加え、FBのみに掲載する情報もございます)


FBに登録されていない方でも、FBページをご覧いただくことができます。

ぜひ「お気に入り」や「ブックマーク」にご登録の上、ご覧ください!


FBに登録されている方は、ぜひFBページへの「いいね!」または「フォローする」をお願い致します!




Cap20190622_3 (2)-2.jpg


そして当ブログは10周年を機に、私から

T.Sekidoを中心としたスタッフに運営をシフトしていこうと思っています。




IMG_1350 (2)-2.jpg

(写真はショールームに展示中の M850i xDrive Cabriolet です。)


より親しみやすい内容や、ショールームの生の声もお届けできればと考えています。

これからの展開にご期待ください!




IMG_1365 (2).JPG

(ショールームには、8シリーズ Z4 の2台のオープンカーが並びました)


今後とも、弊社Sun Motorenの ブログ FBページ を宜しくお願い致します!


G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



 | Blog Top | 
   August 2019
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ




"