Cap20180223.jpeg


今週末の2月24日(土)・25日(日)の10:00am~8:00pmは、

リーフウォーク稲沢にて出張展示会を開催いたします!




Cap20180222_1-3.jpg


今回は、以前の出張展示会で利用したサニーコートではなく、メインステージ?ともいえるリーフコートに、X1、X3、1シリーズを展示致します。




IMG_8540.JPG

アンケートにご記入頂いた方にはBMWオリジナル フォールディング ボストンバッグをプレゼント致します。

お子様にはBMWオリジナルバルーンもご用意しております。

※バッグ及びバルーンは数に限りがございますので予めご了承下さい。




Cap20180223_1.jpeg

そして、BPS一宮(認定中古車センター)では、2月24日(土)~3月4日(日)の期間、BMW認定中古車 スプリングフェアを開催いたします。

フェア限定の特別価格も設定し、多彩なラインナップを取り揃えました。

さらにフェア期間中は2.99%特別低金利ローンをご利用頂けます。

査定・商談記念品としてBMWオリジナル フォールディング ボストンバッグもご用意いたしました。


弊社の認定中古車のラインナップは、
【Goo-net 在庫情報 および 【カーセンサー 在庫情報】 にて、
内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。



諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在50台程の在庫がございます。

ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。




Cap20180223_3.jpeg

さらに今週末は、新車ショールームでは4シリーズ グラン クーペの限定モデル In Style Sport のデビューフェアも開催いたします。

エレガンスをより引き立たせるエクステリアやインテリアに加え、駆けぬける歓びをいっそう高みへと導く多彩な特別装備を採用した、存在感溢れる1台です。



ぜひ各イベントにて、金メダル級に魅力的なBMWと出逢ってください。

ご来場をお待ちしております。
 G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



こんにちは。今週のブログ担当のT.Sekidoです。

突然ですが、皆様はハイビームって使ってますか...?


Cap20180217.jpeg Cap20180217_2.jpeg

ヘッドライト(前照灯)には、ハイビーム(走行用前照灯)ロービーム(すれ違い用前照灯)とがあります。

その法令上の名称にも表れている様に、夜間走行時はすれ違い時以外は基本的にハイビームを使うことが、道路交通法で定められています。

でも現実には「普段はほどんどロービームで、山道や街灯が無い暗い道のみハイビーム」という方もいらっしゃると思います。


そんな状況を踏まえ、2016年3月に警察庁が定める交通教則が改正されました。

交通の方法に関する教則 (一部抜粋)

● 第6章 危険な場所などでの運転

 前照灯は、交通量の多い市街地などを通行しているときを除き、上向きにして、歩行者などを少しでも早く発見するようにしましょう。ただし、対向車と行き違うときや、ほかの車の直後を通行しているときは、前照灯を減光するか、下向きに切り替えなければなりません。

 交通量の多い市街地などでは、前照灯を下向きに切り替えて運転しましょう。また、対向車のライトがまぶしいときは、視点をやや左前方に移して、目がくらまないようにしましょう。

● 第7章 高速道路での走行 

 夜間は、対向車と行き違うときやほかの車の直後を通行しているときを除き、前照灯を上向きにして、落下物や交通事故などにより停止した車を少しでも早く発見するようにしましょう。

というように「夜間走行および高速道路では市街地を除き基本ハイビームにしましょう」というルールが明確化されたのです。


このルールが明確化された背景には、最近の事故に関する統計が関わっています。

Cap20180217_6.jpeg



概略をご説明すると、日没近くの時間や夜間に事故が多発しており、その事故のうち56%が「ハイビームにしていれば回避できた可能性が高い」という内容です。

(ヘッドライトの照射距離は、ロービームは40m、ハイビームは100mですが、60km/hで走っている自動車がフルブレーキで止まろうとしても40m以上進んでしまいます。)

 

そうは言っても、

「走行中に何度もハイ・ローを切り替えるのは面倒」

「切り替えを忘れて対向車に眩しい思いをさせるのは申し訳ない」

と思われる方も多いかと思います。



そこでBMWが開発した機能が「ハイビームアシスタント」です!

(最近のアダプティブLEDヘッドライトに備わっています)

IMG_8234-2.jpg

(写真は新型X3です)

スイッチを「A」(AUTO)に合わせると、各種自動機能(オートライト、コーナリング・ライト等)と共に、ハイビームアシスタント機能が作動します。


Cap20180217_3-2.jpeg


Cap20180217_1-2.jpeg

自動ブレーキとも連動したカメラ情報(水色の三角形)により対向車等を認識し、光軸を動かして照射範囲(白い部分)を変化させています
動画だとより分かりやすいです

現在の車種だと、5シリーズは523i Standard以外に標準装備、X3および7シリーズは全車に標準装備されています。



さらにi8に標準装備、7シリーズにオプション装備できる「レーザーライト」は、照射距離が600m(LEDの倍!)になる上に、ハイビームアシスタントもさらに高度な働きをします。

Cap20180217_4.jpeg

Cap20180217_5.jpeg

なんと光軸は下げずに、照射範囲の一部をマスクして対向車が眩しく無いようにコントロールしてくれるのです!

照射距離は保たれたままなので、より安全な運転を可能にします。




IMG_6878-2l.jpg

レーザーライト装備車には、ヘッドライトの中央に青いラインが入り、目尻に「BMW Laserlight」という文字が記され、特別感を演出します。




IMG_8417-3.jpg

ぜひ夕方~夜のご試乗で、最新BMWならではの先進性をお確かめ下さい! T.Sekidoでした。




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



Cap20180209_8-2.jpeg

BMWが、「最長ドリフト」のギネス世界記録を記録しました。

新型M5で、小さな円形のサーキットで8時間に及ぶドリフト走行に挑み、232.5マイル(約374.17km)もの連続ドリフト走行に成功したのです!


実は連続ドリフト走行は、過去に何度も記録を更新されており、

2011年 AMG C63         2.3km
2011年 (中国、車種不明)   5.8km
2013年 シボレー カマロ  11.1km
2013年 BMW M5 (先代)     82.5km
2014年 トヨタ 86               144km (2時間25分)
2018年 BMW M5 (新型)      374km(8時間)

という経緯になっています。

BMWはM5を用いて、2度に渡りそれまでの記録を大幅に塗り替えたようです!


そして今回は、記録更新を狙うにあたり、ある大胆な試みも盛り込みました。


Cap20180209_9.jpeg

なんと「ドリフト中に車から車に給油する」という離れ業をやってのけたのです!

ギネスのルール上では「給油のための停止か大型タンクの搭載が認められる」にも関わらず、BMWはそれでは当たり前すぎるからと、軍用機の給油方法を参考にこの方法を選択したようです...!



m5drift.jpg

ドリフト中の車は斜めを向いているので、給油する方の車も近寄るためには息を合わせてドリフトする必要があります。

給油される車が新型M5、給油する車が旧型M5というのも、上記のドリフト記録更新の歴史を踏まえているようで面白いです。

長時間ドリフトし続けるテクニックと持久力もすごいですが、この連係プレーの難易度もすごく高いと思われます。(ツインドリフトの世界最長記録も同時に達成したようです)




そして偶然にも、ほぼ同時期にこんな動画も公開されました。


Cap20180209-2.jpg

英BBCの自動車番組TOP GEARの旧司会者3人組による、AMAZON Prime配信番組「グランド・ツアー シーズン2」のエピソード7でも、走行中に給油するというネタをやっていました。




grandtour2-7-3.jpg

やはり無事には終わるはずは無く、いつものように大惨事になるのですが...。

「走行中の給油」が一般化する事はなさそうですね。




話をBMWに戻しまして...。

今回の「世界最長ドリフト記録」の更新には、あるメッセージが込められているように思います。


big_main10000801_20170822172259000000.jpg

新型M5はその600馬力!ものパワーを効率的に使うために、インテリジェント4輪駆動システム M xDriveを初採用しました。

そのM xDriveは「高性能Eセグメントの中でも感情的に響く魅力的な全輪駆動システム」であり、「DSCをオフにすると、純粋な後輪駆動(2WD)を含めた3つのモードから選択でき、ドライバーが望むドリフトアングルまで実現」します。

BMWは、最先端の自動運転技術や4WDシステムを搭載しながらも「駆け抜ける歓び」をおろそかにすることはない、という意思が今回の記録更新からも感じられます。

ぜひBMWの最新ラインナップで、そのメッセージをご確認下さい。 G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



IMG_8469-2.jpg

M2のLCI(マイナーチェンジ)モデルの試乗車ができました!



IMG_7467-5.jpg  IMG_7719-5.jpg

昨年のロング・ビーチ・ブルーの7DCT車ブラック・サファイヤの6MT車に替わる、3台目の試乗車です。




IMG_8477.JPG

LCIにより、内装は品質感をさらに高めると共に、タッチパネル操作が可能になるなど機能性も向上しました。

その成り立ちを生かした、視界と居住性に優れたレイアウトも健在です。




Cap20180202.jpeg  Cap20180202_1.jpeg

メーターは「ブラック・パネル」(半透過式のカバー)が装備され、電源ON/OFF時の表情が大きく変わるようになりました。




IMG_8485.JPG  IMG_8488-2.jpg

高い性能に裏付けられたディテールは、凄みに加え美しさも感じさせます。

高速域はもちろん、街中で流すようなスピードでも、走りの質感の高さは歓びにつながります




IMG_8492.JPG  IMG_8494.JPG

その一方で、後席は大人が座るのに十二分なスペースがあり、さらに後席からも前席の電動スライド操作ができるなど昇降性も優れており、フル4シーターとしても使えます

M2が競合他車に勝る点の1つです。




IMG_8473-2.jpg

「コンパクトなボディを過激にワイド化し、強力なエンジンを載せたFRクーペ」という特徴的な成り立ちは、BMWとしてM2が最後になるかもしれません。

ぜひその最新モデルをご試乗下さい。ご来店をお待ちしております。 G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



先日、BMW Japanから、このような輝かしい発表がありました。


Cap20180126-3.jpg

■2017 年の BMW グループの販売台数は9 年連続で増加し、過去最高となる77,954 台に。

■BMW ブランド(乗用車)は 3 年連続で伸長し、過去最高となる 52,527 台に。

■MINIブランドは8年連続で伸長し、2016年に引き続き、2017年も過去最高を更新し 25,427 台に。

■MINI は車名別販売台数でトップに。さらに車名別販売台数トップ 10 内に、BMW グループの 6 モデルがランクイン

■BMW Motorrad(二輪車)は、過去最高となる 5,230 台に。

という概要の、昨年は「過去最高」が目白押しの素晴らしい業績だった、という発表です。


そこで昨年に引き続き、この業績を他ブランドと比べてグラフにしてみました。



import2017.jpeg


日本におけるメジャーな輸入車ブランドの2000年以降の年間登録台数のグラフです。


「BMW+MINI」は9年連続で増加し、5年連続で最高記録を更新しています。

BMWは、リーマンショック(2008年)が収まってからはほぼ毎年増え続け、2年連続で過去最高を更新しました。

MINIも2010年以降は順調に増え、7年連続で過去最高を更新しました。


競合他社の動向としては、Benzは2008年以降は順調に伸びてきたものの昨年は鈍化しました。

2015年にディーゼル不正問題のあったVWは下げ止まりましたが、Audiは3年連続で減少しました。


ちなみにVWとAudiは本国メーカーは同じグループですが、インポーターは別会社です。また、日本でのディーラーネットワーク(運営会社や店舗)も完全に分離しています。

それに対して「BMWとMINI」はインポーターが同一(BMW Japan)で、ディーラーネットワークの共有も多く、より密接に結びついています。

なので、この「インポーター毎の集計」には意義があると思います。


同様に、「Benz と smart」も、インポーターが同じ(メルセデス・ベンツ日本)で、同じディーラーネットワークで売られています。

smartは価格(201万円~)も排気量(900cc)もMINIとはバッティングしませんが、「Benz + smart」も一応グラフに加えてみました。

日本自動車輸入組合:JAIAのHPには2005年以降のデータしか載っていなかったので、smartのグラフはそれ以前はありません)


それによると「Benz + smart」との差を広げた「BMW + MINI」が、3年連続でNO.1インポーターであることが分ります。

※ 尚、BMW Japanの発表では「2017年のBMWグループの販売台数は、9年連続で過去最高を記録し、77,954台に。」、「BMW グループの乗用車販売台数が外国メーカー輸入車において 9 年連続でトップとなる 77,954 台となったことを発表した。」とありますが、JAIAのデータを見る限り、この文章は正しくないと思われます。

恐らく、「9年連続で増加し、昨年は最高記録を更新した」、「3年連続で、9回目のトップとなった」という内容が、誤った記述になったのではないでしょうか...?




さらに、別のグラフも作成してみました。



import2017-2.jpeg


日本における輸入車全体の台数を100%とした場合の割合です。
(ただし、日本メーカーの「逆輸入車」は除きます)

すなわち「輸入車販売のマーケットシェア」です。

リーマンショック等の景気動向を除外した、「輸入車の中での人気度」が表れています。

「BMW+MINI」とBMWは、2015・16・17年とシェアを増加させました。
(過去最高だった2007年にはわずかに及びませんが、ほぼ同等になりました)

MINIは2002年のスタート以来、比較的順調にシェアを伸ばしています。

他社では、ここ3年のVWの苦戦と、ここ2年のBenzの上げ止まりが目立ちます。



JAIAHP.jpeg

日本自動車輸入組合:JAIAのHPには、【外国メーカー車モデル別トップ20の推移:暦年】という資料が載っており、車名別の販売台数のランキング(上位20位)が公開されています。


今回のプレスリリース

■MINI は車名別販売台数でトップに。さらに車名別販売台数トップ 10 内に、BMW グループの 6 モデルがランクイン。

という快挙が分かりやすいように、その資料のBMWとMINIに色付けをしてみました。



modelrank2017.jpeg


調査開始以来28年連続でゴルフが1位でしたが、一昨年にMINIが初のNO.1になり、さらに昨年も栄冠に輝きました。

VWのディーゼル不正問題の影響もあると思われますが、MINIがCLUBMANやCROSSOVERなど積極的にラインナップを増やし、ディーゼルとPHEVという動力源を追加した成果でもあると思います。


3シリーズは2009年までは2位が定位置でしたが、BMWがX1・4シリーズ・2シリーズとバリエーションを広げるにつれ、立ち位置が変化してきました。


価値観の多様化に伴い、戦いが個人プレーからチームプレーに変化した、ともいえるかもしれません。

モデルラインナップや動力源の積極的な展開によって、BMW・MINI共に過去最高の販売を達成しました!




2018-bmw-new-models-9.jpg

今年も魅力的な車が続々と登場する予定です。

BMWの今後の展開にご期待下さい! G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



ソニー損保さんは、毎年 新成人のカーライフ意識調査 という調査をされており、今年も調査結果が公開されました。

201314151617年に引き続き、その調査結果の中で気になった項目をピックアップしてまとめてみました。


まずは恒例のこの項目からご紹介します。

BMWは今年の 「新成人が欲しい車」 の3位でした。


17_20180104-2.jpg


2014年は2位でしたが、2015年に3位になり、それ以降は同順位です。

今回も、輸入車の中での最上位をキープしています。


ベスト15の昨年からの変化としては、

・マイナーチェンジしたアクアが、プリウスを抜いて1位に返り咲きました。

・国産コンパクトカー(ノート、フィット、ヴィッツ)が順位を上げました。

・VW、AUDI、レクサスが順位を下げました。



傾向としては、憧れよりも現実性がより強く感じられるようになりました。

(ちなみにアンケートは約100車種からの選択制とのことです)



18_20180104-3.jpg


次は、これも恒例の男女別の「新成人が欲しい車」のランキングです。

「BMWは男性の2位、女性の8位」になりました!

男性は昨年の3位から2位に返り咲き、女性は久々にベスト10入りです。

国産コンパクトカーが順位を上げる傾向の中で、唯一BMWは健闘しています。



05_20180104-2.jpg



「マイカー所有率」は、前回の調査で大きく伸び、今回もそれと同水準でした。

「地方」では約20%と、新成人の5人に1人が「自分の車を所有」しているという結果です。


> 次にマイカー所有者167名に、マイカーを所有するようになって起きた変化について聞いたところ、気持ちの面でも変化があったという新成人もみられ、≪自信が持てるようになった≫では 「あった」が49.7%(男性63.1%、女性36.1%)となりました。

> そして、≪恋人ができた≫についてみると、「あった」は27.5%(男性31%、女性24.1%)となりました。マイカーを持ったことで、恋人ができたという新成人もいるようです。

という結果も発表されています。


お子様のいわゆる「草食化」に不安を感じていらっしゃる親御様は、お子様用のお車をご用意されると、何か変化が起こるかもしれませんね...?



sub1-20160517153454-500x407-3.jpg

ちなみに「肉食系」男子が乗っていそうな車 を平成生まれの女性に聞いたところ

1位はスポーツカー、2位は高級輸入車、3位はSUV、4位はオープンカーとのことです。

BMWなら、複数の項目を同時に満たしてくれそうですね♪



sub8-20160517151914-2.jpg


平成生まれの女性に聞いた「彼氏にふだん乗って欲しい車」ランキング(調査数が少なめですが)では、BMWが1位に選ばれました!

5位にMINIも選ばれています♪)

若い人にとって、BMWは「憧れの車であり、現実性のある車でもある」と映っているのではないでしょうか。

またその認識が、新成人からの人気の高さにもつながっているように想像します。



そして話題はがらっと変わりますが、ちょっと意外なランキングでBMWが1位に選ばれました。


modelo-Series-armadora-germana-Yiwu_MILIMA20170601_0023_11-2.jpg

【 中国人が「働きたい企業」 1位BMW、2位にテンセント

オンライン求人サイト「Zhaopin(招聘)」が発表する、中国人が「働きたい企業ランキング」で、BMWの現地法人がトップに選ばれた。昨年の1位はテンセントだった。

今回のオンライン投票には2400万件以上の投票が集まり、約1万7000社の中から優良企業が選ばれた。
10位までの順位は下記の通り。


 1位. BMW中国(BMWの現地法人)
 2. テンセント:インターネットサービス
 3. 招商銀行:銀行
 4. 万科企業(Vanke):住宅ディベロッパー
 5. 網易(Netease):インターネットポータル
 6. 中国人民保険集団(PICC):保険事業
 7. 百度(バイドゥ):インターネット関連
 8. 順豊エクスプレス(SF Express):物流
 9. 第一汽車(FAW Group):自動車メーカー
10. 北汽集団(BAIC Group):自動車メーカー

ちなみにメルセデスベンツは14位とのことで、BMWは他の自動車メーカーに大差をつけました!

投票する際に重視する指標には、「待遇や企業カルチャー、従業員に敬意を持って接する企業であるかといった点が含まれている」とのことなので、漠然とした企業イメージだけでなく、実際の企業風土等も反映されていそうです。


日本の新成人にも、中国の人にも、BMWは競合他社を上回る魅力が感じられるようですね!




と、いうことで、・・・。



Cap20180118-3.jpg


新成人の方も、その親御様も、もちろん新成人以外の方も、

弊社の認定中古車はいかがでしょうか..?


ご進学・ご就職の季節も近づいてきました。

ぜひ「駆け抜ける」準備をご計画下さい! G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



今年初登場のT.Sekidoです。本年もよろしくお願いいたします。

さて弊社サン・モトーレンには、新年を迎え新しい試乗車が複数登場しています。

その中でも一番の注目株をご紹介いたします!


IMG_8417-3.jpg

新型X3です! 20dのM SPORT(ブラック・サファイヤ)です。

7年ぶりのフルモデルチェンジとあって、実車に触れ・運転すると、技術の進歩具合をひしひしと感じます。



IMG_8422-2.jpg

メーターは全面が液晶ディスプレイになるなど機能と質感を高め、最新鋭の運転支援・事故防止機能が装備されています。

X3は名前に「3」という数字がつくものの、もはや「5」シリーズクラスの機能を備えていると思えるほど進歩しています。(後席にもシートヒーターが装備できるようになりました)


今回は、数々の新機能の中でも、私が特に気になった部分をご紹介したいと思います。




IMG_3248.jpg

まずは1つ目。「Qi規格のワイヤレス充電機能」です。

今までは自動車の電源で携帯電話を充電するには、USBポートかシガーライターソケットにコードを差して充電する必要がありました。

そこに新たな充電方法が登場しました。

Qi規格に対応した携帯電話であれば、カップホルダーの奥のトレイの上に置いておくだけで、充電が出来てしまうのです!

ちなみにそのトレイの脇にはUSBポートも装備されているので、Qi規格に対応していない携帯電話を充電するのにも便利です。(もちろん財布や小物等を置くのにも便利な位置とサイズです)


さらに、Apple CarPlay Preparation(Bluetooth接続によるiPhone連携機能)もご利用頂けます。

つまりiPhone X/8等の対応機器なら、トレイに置いておくだけで充電したり、車両側の画面からタッチパネル操作/音声操作したりできるのです!



IMG_3237.jpg

2つ目は、「M Sportの内装トリムの模様の変化」です。

以前と比べて、より繊細な模様が採用されています。

個人的には、温かみが感じられるようで好みです。

この模様は、コンセプトカーBMW VISION NEXT 100のイメージに加え、「X」という文字も表現しているのかもしれませんね。




IMG_3245.jpg

3つ目は、「カメラ関係の更なる進化」です。

以前と比べて、かなり高解像度かつ広範囲が、状況に応じて自動表示されます。

後退するときはもちろん、前進するときにもフロントカメラとPDCが自動で起動し、SUVならではの死角を無くしてくれるので、運転に不慣れな方でも安心です。

また「ドアを開いたときに動く範囲」も表示されるなど、至れり尽くせりです。




cq5dam.resized.img_.585.low_.time1497429476704.jpg

他にも数多くの装備が採用されており、「ドライビング・アシスト・プラス」が全グレードに標準装備されています。

主な機能としては

・先行車の速度に合わせて速度調整、停止、再始動を自動で行い、渋滞時の疲労を軽減。

・車線の中央を走行するようにステアリング操作をサポートし、逸脱時には警告などを表示。

・死角から接近してくる車両がある場合、ドライバーや後続車に対し注意喚起。

・前方を常に警戒し、警告音、自動ブレーキ、ステアリング介入により衝突を防止、もしくは被害を軽減。


つまり、高速道路や幹線道路でのいわば「半自動運転」に加え、前後左右の危険に対し警告や回避操作もしてくれます!



IMG_8427-3.jpg

新しいプラットフォーム(CLAR)の導入により、もちろん走行性能も飛躍的に向上しています。

装備だけでなく乗り味も、「5」シリーズクラスと思えるほど滑らかで素晴らしいです。

新型X3は日本に入ってきている車両がまだ少ないこともあり、試乗車は全国的にも珍しいと思います。

ぜひ(ご成約済みとなってしまう前に)ご試乗の上、その進化をお確かめ下さい! T.Sekidoでした。




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



Cap20180105.jpeg

↑ 画像をクリックすると、運試し?ができます。


(少々遅い挨拶ではございますが・・・)

明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

今年も弊社並びに【サン・オート グループ】のご愛顧を、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

 
  
今週末の1月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)は、
BMW ニュー・イヤー・フェア2018
を開催いたします。




kvanyo.jpg

kv_txtbth-2.gif
 
 
 
 

cont02_img2bh2018-2.jpg

cont02_imagekgh-2.jpg

cont02_txtBMWHB2018-2.jpg
 

cont03_imgboc2018-2.jpg


 

恒例の福袋や、オリジナル・チャーム(お守り)を、今年も販売いたします。

ぜひ今年初のBMWの「福」を見つけにお越し下さい。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



DRk0HCoWAAANdEfarge-2.jpg


誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
12月29日(金)〜1月5日(金)を休業日とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。


本年のご愛顧に心より感謝致します。 来年の一層のご愛顧と当ブログのご愛読を、宜しくお願い致します。  G.Sekido

クリスマスに向けて、BMW Mから楽しい動画が公開されました。


Cap20171220_2-2.jpeg

Too Powerful : "Christmas Tree Tragedy"
パワフル過ぎる :「クリスマスツリーの悲劇」




BMWの走りのあまりの楽しさに、予想外の事態を招いたようです。


※ ちなみに動画に登場する「E30型M3のピックアップ(トラック)」は、以前にエイプリルフールのジョーク広告に登場した「E92型M3のピックアップ」と同様に、実際には販売されていない特殊製作車両だと思われます。


そして、この動画の続編も公開されました。



Cap20171221_1-2.jpeg

Too Ho ho ho: "Santas Special Secret"
(サンタが)笑いすぎる :「サンタの特別な秘密」

ho-ho-hoとは、サンタクロースの笑い声のようです。



サンタも本来の仕事を忘れて?夢中になる程、雪上でのX5 Mの走りは楽しいようです。



これらの動画は、BMW Mによる動画シリーズ

Where Too Much Is Just Right. の新作です。

意訳するなら、
「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」ならぬ、
過ぎたるは、全く正しい」といったところでしょうか。



Cap20171221_2-2.jpg

このページでは「・・・過ぎる」動画が、続々と公開になっています。



Cap20171221_4.jpeg Cap20171221_5.jpeg

Too Low: "Crosswalk Crisis"(低すぎる:横断歩道の危機)

Too Loud: "Crashed Wedding" (うるさすぎる:ぶちこわされた結婚式)



Cap20171221_6.jpeg Cap20171221_8.jpeg

Too Uncomfortable: "Mothers in Misery"
(不快すぎる:母親の苦痛)


Too Sensitive: "Dribble Forbidden"
(繊細すぎる:禁じられたしたたり)





Cap20171221_9.jpeg Cap20171221_3.jpeg

Too Low: "Beach View"(低すぎる:ビーチの眺め)

といったところです。


そしてダイジェスト予告編?ともとれる
Where Too Much Is Just Right(過ぎたるは、全く正しい)では、
鋭すぎる、邪悪すぎる、未熟すぎる、ややこしすぎる、幅広すぎる、傾きすぎる、大胆すぎる、という言葉も出てくるので、これ以降も動画が追加されるのかもしれません。




そして先日BMWから、ある意味もっと「・・・過ぎる」動画が発表されました。


Cap20171221_10-2.jpeg

BMW X7 (2019) PRE-PRODUCTION


なんと、まだコンセプトカーしか発表されていない最高級SUV、X7の量産試作車の生産ラインの動画です!!!

生産開始は来年末ごろが予定されているようですが、それを1年近く先んじての「早すぎる」動画の公開は、極めて異例だと思います!

(生産ラインを使った試作を、量産の1年も前から行っている事にも驚きました)

※ なぜかBMW公式youtubeチャンネルではなく、自動車ニュース系のチャンネルで公開されています。




P90289198_highRes_production-of-the-fi.jpg P90289199_highRes_production-of-the-fi.jpg

P90289197_highRes_production-of-the-fi.jpg P90289209_highRes_production-of-the-fi.jpg

BMW PressClub Global
では、詳細な写真も公開されています。

(アメリカのスパータンバーグ工場の生産ラインのようです)


巨大なボディ、左右が連続した縦長のグリルとその中央下に配されたカメラ、スワロフスキー製?のシフトレバーなども写っており、期待をかきたててくれます。

この「早すぎる」動画&写真の公開の狙いは、年々拡大する「超高級SUV」市場への派手な予告状、といったところでしょうか...?


(当ブログのカテゴリ【広告・宣伝】では、ウイットに富んだ広告の数々をご紹介していますので、ぜひ併せてご覧下さい。)


以上、「・・・過ぎる、冬の広告」でした!  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



 | Blog Top | 
   February 2018
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

月別 アーカイブ




"