IMG_1774 (3)-4.jpg

X1のLCI(マイナーチェンジ)モデルが発売になり、試乗車ができました!

sDrive18i xLine(7DCT)のミネラル・ホワイトです。




IMG_1761 (4)-5.jpg

向かって左が前期モデル、右がLCIモデルです。

キドニー・グリルは左右が一体化され、大きくなりました。

「黒目が大きくなった」ようにも見えるヘキサゴン(六角形)デザインのヘッドライトと、左右が尖ったグリルの形状に統一感も出たように思います。

フォグランプはLEDになり、大きくなったバンパー開口部に組み込まれました。


精悍さと質感が一段と向上したと思います!




IMG_1769 (3).JPG  IMG_1772 (2)-2.jpg

内装も、着実に進化しています。(左が前期モデル、右がLCIモデルです)

ディスプレイは8.8インチから10.25インチに大型化した上に、ドライバーに近づけられてタッチ操作がしやすくなりました。

携帯機器用のワイヤレスチャージング機能も標準装備になりました。

6ATを採用していた初期モデルと比較すると、シフトレバーのデザインや操作感も洗練されています。

コンソールの水平方向にステッチが新たに施され、見た目の質感も向上しています。




IMG_1779 (3)-2.jpg

リアビューは、ランプ内部の配色が変わり、安定感が増しました。

とても完成度の高いスタイリングだと思います。




IMG_1787 (2).JPG

走りもさらに完成度を高め、円熟味すら感じさせます。

ステアフィールも上質で、トルクステアや不快なキックバックは皆無です。

予備知識が無ければ、駆動方式を言い当てるのはもはや困難だと思います..!




IMG_1737 (3)-2.jpg

ショールームには展示車が登場しました。

試乗車と同じくsDrive18i xLine(7DCT)のミネラル・ホワイトですが、こちらは19インチホイール&タイヤを装備しており、さらに精悍です。(試乗車は18インチです)




IMG_1748 (2).JPG

X1は2018年は28万7000台の世界販売台数を記録し、BMWにとっての中核車種の1つになりました。

(BMW全体での総販売台数212万5000台の約14%です)

その座を不動のものとする、着実な進化を遂げていると感じます!


今週末は「ニューBMW X1 デビュー・フェア」を開催いたします。

ぜひ試乗車&展示車で、その魅力をお確かめください。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido




皆様こんにちは、T.Sekidoです。

先々週のブログで、「増税後も駆け抜けるキャンペーン」、すなわち

アクセサリー類の15%オフキャンペーンをご紹介致しました。


そのキャンペーンに、弊社オリジナルの

純正ホイール&スタッドレスタイヤセットを追加いたします!



Cap20191011_4.jpeg
1シリーズ~3シリーズ


高品質なBMW純正ホイールに、BMW Japan推奨のスタッドレスタイヤを組み合わせました。

「せっかくBMWに乗っているから、カッコいい純正のホイールで冬場もビシっとキメたい!」

「スタッドレスタイヤっていっぱい種類があって、どれを選べば良いかよく分からない...。」

そんなお客様にもぴったりの商品です!

※ 記載の価格は、車両1台分(ホイール・タイヤ・センターキャップ・エアバルブ各4個、バランスウェイト必要量)の、消費税10%込みの特別価格です。




Cap20191011_5.jpeg
新型3シリーズ~8シリーズ


各モデルに、ホイールのデザインやタイヤの銘柄を複数ご用意いたしました。

※ タイヤは大部分がランフラットタイヤ(RFT)ですが、その表示がないものは非RFTです。

※ 非RFTを装着する際には、BMWモビリティ・セット等のパンク修理キットの搭載を推奨致します。




Cap20191011_6.jpeg
Xシリーズ


本年11月29日(金)までにご注文いただけると、

上記の特別価格から、さらに15%オフ!でお買い求め頂けます!

商品によっては9万円以上お得になる場合も...!

スタッドレスタイヤは、毎年年末になると品薄になりますので、ぜひお早目にご検討ください。


※「増税後も駆け抜けるキャンペーン」の開催期間は本年末までですが、

 当商品のみ期間が異なりますのでご了承ください。




Cap20191011_8.jpeg


BMW推奨スタッドレス・タイヤは、日本やドイツでの厳しいテスト項目の全てに合格しています。

BMW純正ホイールは、デザインが車両にマッチしているのはもちろん、軽量化による燃費向上効果もあります。




Cap20191011_19 (2).jpeg

BMWによる動画【BMW Explained. Summer vs. Winter tires.】では、

ドライ路面におけるサマータイヤ(ノーマル)、ウインタータイヤ(スタッドレス)、セミスリックタイヤの比較や、

雪上におけるスパイクタイヤ、スタッドレスタイヤ、ノーマルタイヤの比較も見られます。




Cap20191011_16 (2).jpeg

スパイクタイヤは粉じん公害の原因となるため日本では基本的に禁止されていますが、雪上における性能は非常に優れています。

最新のスタッドレスタイヤは、そのスパイクタイヤに遜色ないほどの雪上性能を持っているようです!

ノーマルタイヤとは、比較になりません!!




30776372102_936b2f53f2_b.jpg

当地方(愛知県)では、雪が積もる日は限られていますが・・・

それでも「どうしても雪上を走らなければならない」という必要に迫られるかもしれません。

そんな時に スタッドレスタイヤによって得られる安全は、プライスレスです!

ぜひこの機会にご検討ください!  T.Sekidoでした。


Entertainment Shanghai 2019-2.jpg

BMW Team Studieが参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア のRound 10&11が、9/27(金)・28(土)に中国の上海インターナショナル・サーキットで開催されました。


前戦の韓国ラウンドで今シーズンのドライバーズタイトルを確定したチームは、驚きの作戦でこの最終ラウンドに挑みます。

この2年間、鉄壁のコンビを組んで81号車で戦った木下隆之選手・砂子塾長選手が、81号車82号車に別々に乗って戦うことにしたのです!!

(今シーズンは、82号車は富士ラウンド以外は出走せず、81号車の1台体制で戦ってきました)

※ ブランパンGTでは、通常1台のマシンを2人のドライバーがレース中に交代して戦いますが、ピットタイムを7秒延長すれば1人のドライバーで走り切ることもできます。




Cap20191005-2.jpg

韓国ラウンドの後には、ブランパンGTのオフィシャルサイトでも「木下・砂子両ドライバーがドライバーズタイトルを確定した」と発表がありました。

ですが、中国ラウンドを両ドライバーが2台に分かれて戦えば、レース結果によってはどちらか1人がタイトルを失う可能性もあります。

チームランキングは全戦2台体制をとるライバルチームに大きく離されていますが、残りの2レースに2台で参戦して最高の結果を得られれば、大逆転でのチームタイトル獲得の可能性も残されています。

それに加えて、「最終ラウンドを消化試合にしたくない」などの理由から、この大胆な作戦を決定したようです。




Cap20191005_1 (2).jpeg

そして2人の話し合いにより、81号車は木下選手、82号車は砂子選手が乗ることになりました。

鉄壁のコンビが雌雄を決するという、過激にエンターテイメントな最終ラウンドが始まりました!




BMW Team Studie BMW M4 GT4 Takayuki Kinoshita Sunako Jukuchou Shanghai 2019.jpg

【 予選 】

非常に厳しいBoP(性能調整:85kgものウエイトハンデと、市販車より低いブースト圧)により、セットアップに苦しみます。

更に81号車は、今までの激戦がより多く車体に刻まれているからか、速さに伸びがありません。

Q1(Rd.11の予選)は木下選手は6番手・砂子選手は2番手と明暗を分け、

Q2(Rd.12の予選)は木下選手は3番手・砂子選手はポールポジション!

という結果となりました。




Cap20191005_2 (2).jpeg

【 Round 11 決勝 】

6番手から最高のスタートを決めた木下選手は、一気にトップに立ちます!

その直後に起きたGT3車両のクラッシュの影響で、砂子選手が2番手、木下選手が3番手となります。




11_2bmw.jpg


ピットインの際には、プラス7秒のエキストラペナルティも加えた疑似ドライバー交代を経ながらも追い上げを図ります。

ですが、タイヤのグリップダウンにも苦しみ、トップを脅かすまでは至りません。




70980449_10211369799119952_1130667492339875840_n (2).jpg


そして砂子選手の82号車2位木下選手の 81号車3位ダブル表彰台でレースを終えました。

果敢に挑んだチームタイトルは取り逃がしましたが...。

サーフィンの師匠の誕生日を祝う旗を持って表彰台に上がるなど、いつものユーモア精神を忘れません!


残すは翌日の1レースのみ、ドライバーズタイトルを決する戦いです!




12_1bmw.jpg

【 Round 12 決勝 】

81号車の木下選手はまたも完璧なスタートを決め、3番手からトップへとポジションを上げます!

その半周後には82号車の砂子選手がトップを奪い返し、まさに「頂上決戦」です!


その後、AMGにオーバーテイクを許し、砂子選手が2位・木下選手が3位でピットインの時間を迎えます。




Cap20191005_5 (2).jpeg

砂子選手はピットアウト後じりじりと追い上げ、20周目にトップに立ちます!

一方、木下選手はタイヤのグリップダウンに苦しみ、後車に接触されてスピンを喫し5番手までポジションを落としてしまいます。




Cap20191005_8 (2).jpeg

厳しいBoPを跳ね除けて砂子選手の82号車優勝し、有終の美を飾りました!

木下選手の81号車は、ファイナルラップで前車を抜き4番手になり一矢報います。



この結果により、今シーズンのドライバーズ・ランキング

1位:砂子 "塾長" 智彦 選手、2位:木下 "アニキ" 隆之 選手に決定しました!

3位以下に大差をつける、ぶっちぎりの1-2フィニッシュです!!




70924567_10211374517517909_6047997372259106816_n (2).jpg

アニキのいない表彰台 寂し過ぎた

 悲しい優勝ははじめて 優勝なのに涙が出そうになった」

と、表彰台での砂子選手は複雑な表情を見せます。


個人的な思いですが...。

双子は生まれた時間の僅かな差で兄弟が定まりますが、世間的には同じ生年月日で対等な存在です。

共にドライバーズチャンピオンの権利を獲得しながら、さらに競った二人のドライバーは、そんな「双子の兄弟」のようなチャンピオンだと思います!




12_2BMW.jpg

諸般の事情から、M4 GT4でブランパンGTに挑むプロジェクトは当初から2シーズンの予定で、本戦をもってチームは解散となるようです。


BOB鈴木チーム代表兼監督も、木下選手も、砂子選手も、ファンに対する感謝の言葉を述べられていますが...。

私も初優勝の瞬間に立ち会うことや、タイトルの行方をレポートすることができて、楽しかったです。


またいつか、日本やアジアでのBMWの活躍をレポートできる日がくることを期待しています!  G.Sekido




皆様こんにちは、T.Sekidoです。

来月からついに消費税の税率が10%に引き上げられます...!


そんな来月以降も、駆け抜ける歓びを存分に楽しんで頂くために、特別なキャンペーンを企画いたしました。

名付けて「増税後も駆け抜けるキャンペーン」です!

(長めの説明が続きますが、最後までお読みいただけると幸いです)

 

開催期間は 2019年9月28日(土)~12月末日 までで、

キャンペーン内容は3つございます。

※ いずれも割引は部品代のみに適用され、取付工賃は割引の対象外です。

 
 
その内容は!

 
① アクセサリー全種類15%オフ!

bmw_accessories-2.jpg

アクセサリーカタログに載っている商品全てを、15%オフでご提供致します!!




CapD20190928-3er.jpg

ホイール&タイヤ、インテリア、キャリア、ライフスタイル等、多種多様で魅力的な商品が揃っています!



bmw_accessories-3.jpg

M Performance Partsも同様に15%オフの対象です!




② バッテリー15%オフ!

bmw_battery2.jpg

夏場の過酷な環境で酷使することによって、バッテリーは劣化する場合があります。

「ずっと交換してないな~」というお客様は、突然のバッテリー上がりを未然に防ぐためにも、高品質・高性能な純正バッテリーを、ぜひこの機会にお買い求めください!




③ドライブレコーダー15%オフ &

 2年以内の付替え工賃無料サービス!!

BMW_Advanced_Car_Eye_2-2 (2).png

高性能・多機能なBMW純正ドライブレコーダーAdvanced Car Eye 2.0を、

15%オフの特別価格80,000円(消費税10%・取付工賃込み)で販売&取付けいたします!




さらに、今回のキャンペーンでドラレコをお買い上げいただいたお客様が

2年以内に弊社でお車をお買い換え頂いた際は、工賃無料で付替え致します!!

(恐らく「全国初のサービス」だと思います)


「あおり運転のニュースも多いからドラレコは着けたいけど、そろそろ今の車を買い替えるかもしれないからなあ~」と思われているお客様も、もう迷う必要はありませんよ!



ドラレコ-2.jpg


BMWドライブレコーダー Advanced Car Eye 2
なら、

●走行中の車両前後の映像をFULL HDの高画質で記録するのに加え、

●駐車中の監視/録画機能や、

●スマートフォンとのWi-Fi接続による、録画やリアルタイム動画の視聴や

 各種設定機能も持っています!




ドラレコのサンプル映像として・・・

弊社のG.Sekidoが高速道路を走行中に、こんなことがあったそうです。


CapD20190927_6.jpeg

高速道路で、目の前でバイクが転倒しました!!

10台ほどの集団でジグザグ走行したり2列で走ったりしていて、バランスを崩したようです。

流れが緩やかで、車間距離も取っていたので避けることができて大事に至りませんでしたが、危ないところでした。

事故にあってしまった時に、自分が加害者として不当に扱われることを防ぐためにも、ドライブレコーダーの必要性を再認識しました!」

とのことです。



CapD20190925-2.jpg

転んで一旦右側に避難した後、スマホ?を拾いに戻ってきてるようですが、その様子もしっかり映っていますね...。



もちろんドラレコは、事故や事件の映像だけでなく、楽しいドライブや旅行の記録にも役立ちますよ♪


以上、「増税後も駆け抜けるキャンペーン」のお知らせでした。



もちろん、9月中にお渡しできる商品であれば、

15%オフ+消費税8% でお買い求めいただけます!

そのチャンスは、今週末のみです。

ぜひこの機会にご来店ください!  T.Sekidoでした。




IMG_1702 (4)-2.jpg

ショールームに、X7の新しい展示車が登場しました。

ブラック・サファイアのxDrive35dです。

黒は本来は「収縮色」ですが、そのボディサイズとフロントフェイスによって、ショールーム内でも極めて高い存在感を放っています。

さすがはBMW最大級&最上級のSUVです。




IMG_1706 (2).JPG

黒を基調とした室内は派手さは無いものの、選ばれた素材と入念な作りこみによって、7シリーズに準ずる質感があります。




IMG_1707 (2).JPG

3105mmというロングホイールベースと上下方向の余裕により、2列目シートは大型セダン以上に優れたスペースと見晴らしを持っています。



Cap20190920_2 (2).jpeg

その2列目シートは電動スライド機能が装備されており、3列目シートに楽に乗り降りできます。




Cap20190920_3 (2).jpeg

また、2列目・3列目シートは電動格納/展開機能も装備されています。

ラゲッジルーム側面のスイッチによって、気軽にシートバリエーションを変えられます。

手動だと「3列目シートは格納したままでほとんど使わない」なんてことになりがちですが、これなら広い室内空間を最大限に活用できます。




IMG_1715 (2).JPG

ミニバン的な多人数乗車から、スポーツやアウトドアの道具を満載した使い方まで、幅広く対応します。

そしてX7が持つ高い運動性能によって、極上の快適性や安全性ももたらします。

ぜひ実際に触れて、その魅力をお確かめください。




IMG_1693 (2)-3.jpg

そして、新型3シリーズの330i M Sportの試乗車もできました!




IMG_1697-2 (2).jpg

258ps・40.8kgmというハイパワー&トルクによって、シーンを選ばず爽快な加速感を味わえます!




IMG_1695 (2)-2.jpg

世界最先端の安全装備・運転補助機能と、さらに進化を遂げた走行性能を、ぜひお試しください。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




皆様こんにちは。T.Sekidoです。

残暑厳しい中如何お過ごしでしょうか。

私は8月中旬にひいてしまった夏風邪の影響をまだ引きずっております下向きカーブ矢印


さて、来月からいよいよ消費税が10%に増税されます。

増税前に駆け込んでいただくために、認定中古車フェアのご案内です!

BMWBPS1909.jpg

9/14(土)~23(月・祝)の期間、「増税前ラストチャンス・フェア」を開催致します!

最新モデルの未使用車からリーズナブルな車まで、幅広く取り揃えました。

1.99%特別低金利ローンと、素敵な査定・商談記念品もご用意いたしました!



個人的には、上段中央の218d グランツアラーがイチオシです!

7人乗りのグランツアラーは、少人数での日常使用にもご家族連れの遠出にも、広い室内空間が役立ちます。

女性の方からも高い人気を頂いております。

じっくり見たことがない、という方は是非この機会にご確認ください。

(BMWが日本市場も強く意識して開発した車種なので、一見の価値はありますよ!)




IMG_1650 (4)-3.jpg

さらに、MINI認定中古車の「増税前ラストチャンス・フェア」 も同時開催しております!

ぜひこちらも併せてご覧下さい♪




BPS190914-2.jpg

なお、弊社の認定中古車のラインナップは、

Goo-net 在庫情報 および【 カーセンサー 在庫情報 にて、

内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。


諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在35台程の在庫がございます。


ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。





もう一つ告知です!

Cap20190914_6 (2).jpeg

昨今、あおり運転が度々報道されており、その影響でドライブレコーダーに関するお問合せが増えてまいりました。

そこで弊社では、(私が中心となって)ドライブレコーダーに関する特別なキャンペーンを検討中です。

現在お知らせを作成している段階で、次回の私のブログではご紹介できる予定です。

純正ならではの高性能に加え、メリットの高い提案をできればと考えておりますスパーク

続報をお待ちください!





IMG_1647 (4)-2.jpg

消費税増税前に、ぜひBMWの認定中古車もご検討ください!

今後ともお得な情報をご紹介していきたいと思います。  T.Sekidoでした。




IMG_1577 (2)-3.jpg

7月まで配備されていたM850i xDrive クーペの試乗車に代わり、

新たにM850i xDrive カブリオレの試乗車ができました!



IMG_1583 (2)-2.jpg  IMG_1300 (3)-2.jpg

幌を開くと華やかに、閉じると端正になるのはカブリオレの特権です。

クーペの流麗なルーフラインも魅力的ですが、どちらにも甲乙つけがたい魅力があります。




IMG_1595 (2).JPG

オープン時は後ろ姿にも華があります。

シート色が鮮やかだと、それがより際立ちます。




IMG_1605 (2)-2.jpg  IMG_1198 (2)-2.jpg

カブリオレはクローム仕上げのベルトラインによって、幌を閉じていても「オープンカーであること」をさりげなくアピールします。

クーペはルーフラインが逆反りの弧を描き、流麗かつ迫力があります。

クーペを「絶世の美人」とするなら、オープンとクローズという2つの個性を楽しめるカブリオレは「オンとオフの二面性を
持つ、奔放な美人」といったところでしょうか。




IMG_1594 (2).JPG

オープンカーのインテリアは、エクステリアの一部でもあります。

陽を受けて輝くスワロフスキー製クリスタルのシフトノブは、隣に並んだ車のドライバーも魅了しそうです。




Cap20190906 (2).jpeg

幌が開く様子を動画に撮りました。素早くスムーズに静かに開閉します。

天井部位にハードパネルを織り込んだ4層構造で、静粛性もとても高いです。




IMG_1601 (2).JPG

ゆったりと流す走りから、高い走行性能を活かした走りまで、状況や好みに応じて自在に華麗にこなします。

オープン化に伴うボディ剛性の低下を感じさせないのは、さすがBMW最上級クラスです!

7シリーズ譲りのカーボン・コア構造を、センタートンネルに採用していることも効いていると推測します。




IMG_1568 (3)-6.jpg

二面性のある奔放な美人(M850i カブリオレ)に加え、

新進気鋭で快活な若者(新型Z4)や、

精悍さを増したマッチョマン(新型X5)などの、

最新世代BMWの試乗車が揃っています。


ぜひその個性と魅力をお確かめください! G.Sekido




皆様こんにちは。T.Sekidoです。

今回は、恒例となりつつあるアクセサリー/カーケア紹介動画シリーズです。

第1弾(虫取りクリーナー)、第2弾(サンシェード)に続く、第3弾は...!

Cap20190830_4 (2)-2.jpg

BMW純正 ホイール・クリーナーです!


輸入車(特にドイツ車)は、国産車と比べてブレーキパッドの粉末(ブレーキダスト)の付着が多く、ホイールが汚れがちです。

(その理由としては、汚れにくさよりもブレーキの効きを重視したためとか、飛散による環境への影響を考慮して水分と結合しやすい素材を使っているためとか、諸説あるようです)

ここ数年のBMWは、いわゆるEU仕様に代えてUS仕様のブレーキパッド(NAO:Non-Asbestos Organic Pad)を車種によっては装備している場合もあり、以前よりは汚れにくくなったという声もお聞きします。


IMG_7856 (3)-4.jpg

このように、ブレーキパッドの刻印を目視できる車種もあります。(画像は先代3シリーズです)

日本向け車両には、通常の車種にはUS仕様が、走行性能重視や大重量の車種にはEU仕様が装備されている傾向があるようです。


そして、車種や使用環境や乗り方によっては、こんな感じに汚れてきてしまいます。


IMG_2857-2.jpg

写真では分かりにくいかもしれませんが、エアバルブの近くに見える「元々のホイールの色」と比べると、全体的に汚れています。

この汚れを、ホイールクリーナーを使うと、楽にキレイにすることができます。



Cap20190830_1 (2).jpeg

今回も、弊社の女性スタッフFが動画にしてくれました。ぜひご覧ください。



大まかな流れは動画でご覧いただけますが、文章でもご説明しますと・・・


1.液剤をホイールにかけます。なるべく隅々まで行き渡るように、専用の付属スポンジで液剤を伸ばします。

2.しばらく待ちます。汚れが紫色に変色してきます。

ホイールクリーナー2.jpg

3.変色が落ち着いたら(1~2分ほど)、水で洗い流します。

※ 動画では、ペットボトルに入れた水道水を使用しましたが、水道ホースやスチームクリーナー等を使うとより簡単です。

4.流してみて、汚れが残ってしまったところをもう一度スポンジで軽くこすります。

5.最後にもう一度流して完了です。



IMG_2890.jpg

手を汚すことなく、このようにピカピカになります!

非酸性ですので、ホイールを傷つけることなく、汚れのみを落とすことが可能です。


通常のホイールでもその便利さを実感できますが、

スポークの本数が多いこんなホイールの場合は、より真価を発揮します。

ホイールクリーナー1.jpg

20本のスポークを備える「アルピナ・クラシック・ホイール」は40年の伝統を持ち、アルピナの美しさの一部でもありますが、掃除が大変なのです...!

こんな複雑なホイールにも、純正ホイールクリーナーは大活躍します!


実際に弊社の洗車スタッフも毎日利用している、お勧めアイテムです。

ご用命は、セールス・スタッフまたはサービスフロントまでご連絡ください!




そして、話題は変わりまして・・・


20871_7a31e9f356_m-2.jpg c23df7046eb8a4cfcee76a49ad1fac8f.jpg

明日8月31日(土)の10:00~19:00は、リーフウォーク稲沢のモール棟1F リーフコートにて、BMW&MINIの出張展示会を開催致します。




IMG_8540 (2)-2.JPG

※画像は過去のイベントの写真です


ちなみに、リーフウォーク稲沢内にあるアピタ稲沢東店は、リニューアルに伴って9月22日に一時閉店する予定で、現在「閉店セール」を開催中です。

ドン・キホーテ×ユニーのダブルネーム店舗として、12月中旬にオープン予定です。)

※ 135店舗からなる専門店街はリニューアルの対象外です。


今週末は、弊社ショールームに加え、ぜひリーフウォーク稲沢にもお越しください。(閉店セールで掘り出し物があるかもしれませんね...?)

皆様のご来場を、スタッフ一同お待ちしております。  T.Sekidoでした。




Set-up Yeongam 2019.jpg

BMW Team Studieが参戦する ブランパンGTワールド チャレンジ・アジア のRound 9&10が、8/3(土)・4(日)に韓国インターナショナル・サーキットで開催されました。

この韓国ラウンドの結果によっては、今シーズンのドライバーズタイトル獲得が決定します。

チーム&ドライバーにとって未経験のサーキットながら、シミュレーターで習熟を重ね万全の準備を整えてコースに向かいます。

82号車前戦での破損の修復中なので、81号車1台での参戦です)



studie2019round9.jpg

【 予選 】

高い気温と路面温度に悩まされながらも、Q1(Round9の予選)では砂子選手はポールポジションを得ます。

Q2(Round10の予選)では木下選手が1周目・2周目共にトップタイムを刻み、タイヤを温存するために早めにピットに帰還します。

ところがライバルAMG111号車がラストアタックでベストタイムを更新したので、惜しくも予選2番手となります。



Cap20190823_3-2 (2).jpg

【 Round 9 決勝 】

ポールからスタートした砂子選手は、ポジションをキープして周回を重ねます。

ですが、スタート時に隊列を乱したとの理由で81号車にドライブスルーペナルティの裁定が下されてしまいます。

(スタート時のストレートで前のGT3から車幅1/4分横にずれていたのですが、その前のGT3が更に1/4分グリッド枠からずれていた為、結果的に81号車は1/2グリッドの枠からずれていると判断されたようです)

それにより最後尾まで順位を下げ、そこから追い上げる展開になります。




rd9-2.jpg


交代した木下選手は怒涛の追い上げを見せ、ポジションアップします。

そして3番手に1秒差まで迫りますが抜くには至らず、4位でレースを終えました。

タイトル獲得は、翌日以降に持ち越しとなります。





68515850-2.jpg

【 Round 10 決勝 】

2番手からスタートした木下選手は1周目にオーバーテイクを果たし、トップで周回を重ねます。

ピットイン&ドライバー交代で2位にポジションを落とすものの、砂子選手は前車との4秒のタイム差をわずか3周で縮め、再びトップに立ちます!




Cap20190823_4 (2).jpeg

厳しいBoP(性能調整)をものともせず、その後も着実な走りを見せ、

トップでチェッカーを受けました!




rd10-01.jpg


10戦中6勝!で、2019年シーズンのドライバーズタイトルを獲得しました!




rd10_2-2.jpg

昨年はチームタイトルは制したものの、本命ともいうべきドライバーズタイトルは惜しくも取り逃しました。

その雪辱を果たす戴冠です!

木下隆之選手・砂子塾長選手にとっても、久々の栄冠です!!



0hE5zyT19pGhpHADE7NUxlTQhdHHU-YwASLXgNIDJWEDQybA0aL3oXOSZVHH45bg5QGgYIAQR6D2JibD0XJQAAeWZrAlAjMS1EOTlUGxoHLS92MFlLfm5UfGIFQipiYgpEeG9TOWNQTSk6N1wf (2).jpg

今シーズンは、残すは9月27日・28日に中国で開催されるROUND11&12のみになりました。

チームタイトルの獲得に向けて、チームは大胆な秘策も考慮に入れているようです。

大逆転でのダブルタイトル獲得が見られるかもしれません!!  G.Sekido



DSC01394 (4).JPG

今週末の8/17(土)・18(日)は、特別内覧会「Story of Luxury」を開催しております。



DSC01387 (2).JPG

ショールームには、LCI(マイナーチェンジ)によってより精悍さを増した、新型7シリーズ(740i M Sport・ミネラルホワイト)を展示しております。




IMG_1527 (2)-2.jpg

SAVの新たなフラッグシップ、X7も(xDrive35d M Sport)もショールームに初登場致しました!




IMG_1533 (2)-2.jpg

どの方向から見ても風格に溢れたスタイリングです。




IMG_1540 (2)-2.jpg

そして、X3 M Competitionの試乗車も登場しました!




IMG_1554 (2).JPG  IMG_1565 (2).JPG

「流石は"M"と名付けられたモデルだ」と感動する程の走行性能に、高級車としての質感も持ち合わせています。




IMG_1549 (2)-2.jpg

4本出しのマフラーが、非凡な走りを後ろ姿でも主張します。




cq5dam.resized.img.1680.large.time1539008827309 (3).jpg

そして、M850i xDrive カブリオレの試乗車もご用意いたしました!



ここ数日、「ドイツ製高級SUVによるあおり運転」事件が、報道されていますが・・・

本来は、高級車が持つ卓越した走行性能は、余裕のある運転や楽しいドライブに繋がるはずです。



ぜひ「新しいラグジュアリークラスが紡ぎ出す、美しい物語」をお確かめください。

ご来場をお待ちしております。  G.Sekido



  


 | Blog Top | 
   October 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ




"