ogx22 (2).jpg

少し前の話題で恐縮ですが...。


昨年末に、BMW X2は

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞

2019 RJCカーオブザイヤー・インポート

JAFHA 日本自動車殿堂 インポートカーオブザイヤー

の3つの賞を受賞しました!



   Cap20190215_2 (2).jpeg

Cap20190216.jpeg  Cap20190215_1-2.jpg

いずれの賞も、並みいるライバルを抑えて選ばれました!

(RJCカーオブザイヤーインポートの歴代の受賞車には、4,5,6代目3シリーズやMINIクラブマンなども選ばれており、それに並ぶ快挙です)



そしてこれらの賞の投票結果を見ていて、気づく点がありました。



Cap20190216_1-2.jpg   coty2019_main (2)-3.jpg

日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞の2位や、
RJCカーオブザイヤーの国産車部門(三菱 エクリプス クロス)も、
いずれも「走行性能をアピールポイントにしたSUV」
いわゆる「クーペSUV」が選ばれているのです!




bmwxmodels.jpg

世界的にSUVの販売が伸び、もはやブームというよりも主力車種の1つになりました。

BMWの場合、世界販売の約4割、日本販売の1/3をXモデルが占めるようです。


そして、さらにスタイリングやオンロードでの走行性能を重視した「クーペSUV」や「クロスオーバーSUV」も、派生車種やニッチ車種というより1つのカテゴリーとしての地位を確立したことが、これらの賞の投票結果にも表れているように思います。




IMG_0788 (2)-2.jpg

※ 写真は現在の展示車(アルピン・ホワイト3のsDrive18i M Sport X)です。

クーペSUV・クロスオーバーSUVはセダン系よりも優れた乗降性・視界・居住性・積載性をもちながら、悪路走破性やコーナリングにも優れ、いわば「クルマの付加価値の最大公約数」を備えていると思います。

さらにX2の場合は、低めの全高(1535mm)により多くのタワーパーキングに停められる等の利便性も持っています。



005_ox2 (2).jpg

そして、そんなX2のラインアップに、M PerformanceモデルのM35i(2L・4気筒ガソリン・302ps・450Nm)及び、待望のクリーン・ディーゼル・エンジン搭載のxDrive18d(2L・4気筒ディーゼル・150ps・350Nm)が追加されました。

(ちなみに、2シリーズアクティブツアラー・グランツアラーを除く「偶数系のモデル」、つまり2・4・6・8シリーズとX2・X4・X6を通じ、初のディーゼルモデルの設定です。)

X2はラインナップが広がることで、さらに経済性や走行性能の選択肢を得ました!



IMG_0776 (2)-2.jpg

IMG_0763 (2)-2.jpg  IMG_0778 (2).JPG

ぜひ、弊社の試乗車(サンセット・オレンジのsDrive18i M Sport X)および展示車で、そのオールマイティーな魅力をお確かめください。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



Cap20190208_4-2 (2)-2.jpg

弊社のFacebookページは、約2年前に開設いたしました。(ちなみに当ブログは9年半前にスタートしました)

当初はブログの更新情報が中心でしたが、ここ半年ほどはブログ以外の情報も発信しております。

そして次第にフォローしていただける方(ページに「いいね」を押して頂いた方)が増え、先日ついに500名様を超えました!

誠にありがとうございます!



そこで、その感謝の気持ちを込め、さらにページ開設2周年を記念して

認定中古車2台を「超」特価で販売いたします!!


IMG_0731 (3)-4.jpg


いずれも流通台数の少ない希少車です!

まず1台目は、この車です!


Cap20190209_1.jpeg

X5  xDrive 40e  M Sportを、超特価で販売致します!

認定中古車の全国相場(走行距離1万km以下の40e M Sport)と比較しても、圧倒的な最安値です!




cq5dam.resized.img.1680.large.time1472223613960 (2).jpg

BMWのPHEV各車は、バッテリーを車両中央~後方に搭載することもあり「直進時には重厚感がありながら、ハンドリングは軽快感に富んでいる」という新世代のフィーリングがあります。

モーターとガソリンエンジンを使い分けるので「普段は静粛性に富みながら、アクセルを踏み込むと豪快に加速する」という特性もあります。

それらの「2面性」はBMWのPHEV各車の特徴であり魅力だと、個人的にもPHEVを使って感じています。




IMG_0751.JPG

走行距離はわずか2000kmなので、アイボリーレザーの内装は使用感も皆無でとても奇麗です。

驚きの価格を、カーセンサー 及び グーネットにてぜひご覧ください!


※2月12日  追記
 おかげさまで、早速X5 40eをご成約頂きました!
 
誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。




そしてもう1台の車は・・・!


Cap20190209_2.jpeg

ALPINA B3 S ビターボ カブリオ超特価で販売いたします!

ALPINAの、B3をさらに強化した「S」(後期モデル)で、さらにカブリオで、右ハンドルで、低走行距離という、幾重にも希少な車です。

「超希少車」かつ「超特価」な、間違いなく日本で唯一無二の1台です!



alpina_bmw_3_series_1_3-2.jpg

ALPINAの内外装が持つ色気は、オープンカーだとさらに際立ちます。

アルピナの年間生産台数は千数百台とフェラーリやランボルギーニ等と比べても遥かに少ないのですが、その約20%が日本で販売されており、実は「日本は世界でドイツに次ぐアルピナの人気が高い国」でもあります。

アルピナの持つ繊細な魅力が、日本人の気質に合うということでしょうか。



Cap20190209_4 (6).jpeg  Cap20190209_5.jpeg
IMG_0746.JPG  IMG_0754.JPG

普遍的な美しさと410馬力!のハイパワーが、コンパクトながら流麗なボディに凝縮されています。

驚きの価格は、カーセンサー 及び グーネットでご覧いただけます。

希少価値や新車当時価格(1171万円)を考慮すると、さらに魅力的に感じる1台です!




IMG_0738 (3).JPG


そんな「超特価」な2台を始めとする弊社の認定中古車のラインナップは、

【Goo-net 在庫情報 および 【カーセンサー 在庫情報】 にて、

内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。


諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在50台程の在庫がございます。

ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。


ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



Cap20190202.jpeg

新型3シリーズ(G20型)が、昨年10月のワールドプレミアに続き

ついに日本でも発表になり、先行予約が開始されました!


3-series-history-hero-mob.jpeg

BMW3シリーズは、1975年に第1世代が登場して以来40年以上にわたって支持され、世界販売累計1500万台以上を達成したプレミアムスポーツセダンです。

先代3シリーズ(F30型)の日本発売から7年ぶりのフルモデルチェンジで、7代目になります。




G20F30FRRR.jpg

画像は青色が新型、黒色が従来型です。

新型の方がワイド感が際立ち、よりスポーティーになりました。



G20F30SIDE-2.jpg

デザインはさらに洗練され、流麗さも感じます。

ドア下部には後ろ上がりのキャラクターラインを刻み、前進感を創出しています。

ボディ各部が四角や円ではなく六角形の組み合わせで構成されているような印象も受けます。

高級感がありながら躍動感も感じる、新しくて素晴らしいデザインだと思います。


先代と比べると全長が70mm・全幅が25mm・ホイールベースが40mmそれぞれアップし、全長×全幅×全高=4715×1825×1440mmとなりました。



Cap20190202_3-3.jpg

7世代の進化が一覧できるサイトも公開されています。


新型の発表に伴いメーカーから出されるプレスリリース等からは、先代まではあった「プレミアム・『コンパクト』・スポーツ・セダン」という記述が無くなり、名実ともにミドルクラスになったとも思えます。



ですが・・・



F30G20DIM-3.jpg


車体寸法からは大きくなった印象を受けますが、側面図を重ねると違いはあまり大きく感じません

(全長・全幅共に増加は1.5%程です)

昨今のSUVと比べれば全幅も小さく、街中で持て余すことのないサイズを維持していると思います。

10mm重心が下がったシャシー構造や約55kgの軽量化などにより、走行性能は大幅に向上しています。




Photo-Oct-01-10-35-28-AM-830x830-2.jpg

※左ハンドル車の画像を左右を反転してあります。


内装も、デザインと機能の両面で大きく進化しています。

3眼カメラを採用した安全機能が備わっているのに加え、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント(AIを活用した音声操作)やリバース・アシスト(直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートを後退する機能)など、世界最高水準の運転支援システムが装備されています。





そして、肝心な価格については・・・


big_976618_201901301246530000001 (2).jpg

全方位的に大きく進歩を遂げながら、何と「販売の中心となる320i M Sportは価格を据え置くなど、戦略的な価格設定」とされています!

(先代モデルやライバルを含めた価格について、こちらのサイトで詳しく解説されていますので、ぜひご覧ください)




Cap20190202_4.jpeg

デザイン・性能・価格競争力の全てで、C-CLASSやA4などの競合他車を凌駕したと思います!




IMG_0727 (2).JPG

実車の展示はまだ少し先になりそうですが、カタログをご用意致しました。

見ごたえのある スペシャルサイト と併せ、ぜひご覧ください。

いよいよBMWの歴史の新たな1ページが開かれます!  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



ソニー損保さんは、毎年新成人のカーライフ意識調査という調査をされており、今年も調査結果が公開されました。

2013年~2018に引き続き、その調査結果の中で気になった項目をピックアップしてみます。


まずは今回初めて調査になった項目からご紹介します。

今年の新成人が「将来いつかは購入したいと思う、あこがれの車」です。

2019年の新成人がいつかは購入したいと思う車.jpg

BMWが2位以下を引き離しての1位となりました!

(15位にMINIもランクインしました)




その一方で、これも今回が初めての調査である

「20歳のうちに、車を購入するとしたら、欲しい車」では、

男女別で以下のような結果となりました。


20歳のうちに車を購入するとしたら欲しい車.jpg


BMWは男女ともにベスト10に入っているものの、1位とは開きがあります。


昨年までの調査項目の「車を購入する際に欲しい車」では、

BMWは「輸入車の中での最上位」が定位置でしたが、

今回から「現在」と「将来」の2項目に分かれたところ、上記の結果となりました。



「BMWは本音ではすごく欲しいけど、まだちょっと手が届かない」、そんなイメージでしょうか。



他の調査項目の結果では、

● マイカー購入予算 平均額は175万円で、4年連続の減少

● カーライフにかけられる金額 平均額は16,894円/月で、4年連続の減少

と、経済的な余裕が減少する一方で、

●「若者の車離れとは自分のこと」と新成人の33.6%が実感するも、昨年の37.3%からは3.7ポイント減少

●「レンタカー・カーシェアの利用で車を欲しい気持ちが強くなった」利用経験者の4割

と、「若者の車離れ」現象に関する新しい傾向も見受けられます。



強引にまとめてみると、「経済的な理由もあって、車に対する優先順位は上げられないものの、興味や所有欲が失われ続けているわけではない」、といったところでしょうか?




話は変わりまして・・・

昨年11月に、こんな試験を受けてきました。


Cap20190125_6.jpeg

くるまマイスター検定という、「くるまの知識を試す唯一の検定」です。


2014年から毎年開催され、大手自動車メーカーをはじめとする自動車関連会社が協賛しています。

履歴書に記載できる」検定とのことで、以前には経済産業省が後援していたこともあります。


2年前の2級に続き、今回は最上位の1級にチャレンジしました。

※ 1級を受験するには、2級に合格している必要があります。



IMG_0524 (2).JPG  IMG_0522 (2).JPG

4択の選択問題が100問あり、いずれもかなりの難問で60分の制限時間ぎりぎりまで悩みました。

こちら で1級・2級・3級・ジュニアの例題を試すこともできます)



80点以上が合格とのことですが、その結果は・・・


IMG_1096 (3)-2.jpg

なんとか合格でした!



同時期に息子(13歳)が2級を受けたのですが、その結果は・・・


IMG_1099 (2)-2.jpg

こちらも合格でした!

私はかなりギリギリでしたが、こちらは余裕の合格でした♪



ちなみに、第1回~第6回の検定の実績のうち、1級と2級をグラフにするとこんな感じになりました。

くるまマイスターグラフ.jpeg


1級受験者は増えてきているものの、2級受験者は頭打ちのような傾向も見られます。

合格率はここ2回は下がっており、平均点からみても問題の難易度が上がっているようです。

(ちなみに1級合格者の累計は160人なので、以前に合格したMENSA〔日本で3500人〕よりもレアなようです。)


個人的には、経済産業省の後援の復活も含め、更なる盛り上がりや認知度の向上を図ってほしいと思います。




kurumamaMeister.jpg


「若者の自動車離れ」の傾向がよく報じられますが・・・

日本は世界に名だたる自動車大国ながら、自動車の楽しさや文化的な側面を育てる活動が十分ではないと思います。

ヒストリックカーに関する取り組みや、小学校の教科書での自動車産業に関する解説などの動きも見られますが)


ぜひ、行政や諸法律なども含め、国を挙げて「クルマの楽しさ」の育成に取り組んでほしいと思います!  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



IMG_0460 (2)-2.jpg

BMW M 認定ディーラーである弊社の新車ショールームに、BMW M専用の展示スペースができました!




IMG_0462 (2).JPG

ディスプレイに映る映像や、床に施されたサーキットの縁石をイメージした赤白のラインが、Mならではの世界を演出します。

"M.THE MOST POWERFUL LETTER IN THE WORLD."という言葉も誇らしげです。



IMG_0473 (2).JPG

そして、そこに展示されている車は、M5の中でもさらに特別な限定車である

M5 Edition MISSION: IMPOSSIBLE です!



この限定車は、映画とコラボレーションした特別仕様に加えて、

実は最強のM5であるM5 COMPETITIONに準じた装備も施されています!


2019-BMW-M5-Competition-33.jpg  2019-BMW-M5-Competition-35.jpg

エンジンはM5のノーマルモデルから25psアップした625psで、0-100km/h加速はノーマルを0.1秒上回る3.3秒、0-200km/hでは0.3秒上回る10.8秒と、着実に向上しています。

つまり、日本で入手できるM5の最強仕様です!


IMG_0463 (2).JPG

"competition"という名前の通り、サーキット走行やレースもこなせそうな機能が、内装にも与えられています。

「上級セダン」という枠に収まりきらない凄味があります。




そしてショールームには、M2の最強仕様であるM2 COMPETITIONの展示車(アルピンホワイト3)も登場しました!


IMG_0637 (3).JPG


IMG_0564 (2).JPG

この展示車はDCT、試乗車はM/Tですので、両方の変速機の感触をお確かめ頂けます。




IMG_0577 (3)-2.jpg

IMG_0571 (2).JPG   IMG_0568 (2).JPG

2つの "Competition" のバッヂがショールームに並びました!

(ちなみに両車の"Competition"のバッヂは、よく見ると違いがあります。
 "C"の文字の左の平行四辺形の長さが、M2の方が長いんです!
 そんなこだわり?に富んだディテールも、ぜひ実車でお確かめ下さい♪)


BMW M 認定ディーラーとして、これまで以上にMの魅力をお伝えしていきたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



48384639_10157009903612698_6547525338916716544_n.jpg

(少々遅い挨拶ではございますが・・・)

明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

今年も弊社並びに【サン・オート グループ】のご愛顧を
どうぞよろしくお願い申し上げます。




48940559_10156815633674754_5806557632550404096_n.jpg

今年は新型3シリーズを始め、X7、Z4などの魅力的な新型車が続々と登場致します。

BMWの更なる飛躍にご期待ください!




IMG_0500 (2).JPG

そして今週末の1/12(土)・13(日)は、恒例の福袋を販売いたします!

今年は5,000円と10,000円の2種類をご用意いたしました。




cont02_01_img02 (2).jpg



cont02_01_img01 (2).jpg


cont02_01_txt (2).jpg



ぜひ今年初のBMWの「福」を見つけにお越し下さい。



IMG_0543 (3)-3.jpg

尚、昨年末に行った「弊社の試乗車の X3 M40dM2 COMPETITION では、

どちらがお好みでしょうか?」というFacebookでのアンケートは、

48%対52%と僅差でM2が勝利(ほぼ互角)という結果になりました♪


この甲乙つけがたい2台もぜひご堪能ください。


ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



Cap20181226 (4).jpeg

誠に勝手ながら、ショールーム・サービス工場・認定中古車センターともに
12月29日(土)〜1月7日(月)を休業日とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

上記休業期間中、お乗りのBMW車に関する緊急のお問い合わせは、
BMWカスタマー・サポート:0120-55-3578
(受付時間 9:00-20:00 年中無休)までご連絡をお願い致します。


本年のご愛顧に心より感謝致します。 来年の一層のご愛顧と当ブログのご愛読を、宜しくお願い致します。  G.Sekido

早いもので今年も残りわずかとなりました。

今年のBMWや弊社の活動を振り返るという意味も込めまして、
「今年の当ブログを象徴する記事」を独断で選びました。

ぜひこの機会にご覧ください!



ずは、
【弊社に関する記事部門です!


BMW M 高速試乗会3.jpg

Mとアルピナの高速試乗会を開催します!!
 

弊社は6月1日より BMW M 認定ディーラー になりました!

それを記念して、Mとアルピナを取り揃えた特別な高速試乗会を2年ぶりに開催いたしました。


そして年末にはショールーム内に BMW M 専用の展示スペース もできました。

これまで以上にMの魅力をお伝えしていきたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します!




次は、【新型車紹介部門です!


comparex1x2.jpg

X2とX1を並べて比較してみました!
 

BMW初のコンパクトクラスのクーペSUVであるX2と、兄弟でありライバルでもあるX1(現行及び先代)を並べて、プロポーションやデザインの比較をしてみました。

さらに Xモデルを並べて比較すると・・・! では、X1,X2,X3,X4のプロポーションを相互に比較してみました。

(ちなみにX2は「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞」、「日本自動車殿堂インポートカーオブザイヤー」、「RJCカーオブザイヤー・インポート」の3つの賞を受賞するなど、高く評価されました。)




続いては、【モータースポーツ部門です!


WT1_7279-2-thumb-471x313-240857.jpg

ブランパンGTシリーズ・アジア Rd.5-6 鈴鹿での初勝利!
 

BMW Team StudieがM4 GT4で今シーズンから参戦するブランパンGTシリーズ・アジア のRound 5 にて、チームは念願の初勝利を挙げました。
(私もその瞬間に立ち会うことができ、感動致しました)

今シーズンは5勝を挙げ、最終戦を終えてのチームランキングは1位、ドライバーズランキングは惜しくも2位となりました。


M6 GT3でSUPER GTに参戦し、チーム&ドライバーズランキング共に僅差で2位となったARTAと共に、来シーズンの更なる活躍が期待されます♪




そして、当ブログ名物?の【マニアックネタ部門です!


BMWRARECAR.jpg

BMWの希少車・珍車コレクション!
 

100年を超えるBMWの歴史の中には、時代を超越したような斬新なデザインや技術が盛り込まれた希少車が存在します。

それらの一部をBMWの希少車・珍車コレクション! その2と併せてご紹介しました。



modelrank2017-thumb-471x346-216029.jpeg
     BMWFACESCHANGE5-X-thumb-471x323-256548.jpg

他のマニアックな記事としては、

BMWグループは、3年連続で日本No.1のインポーターです

(BMW+MINIは3年連続で販売台数1位、MINIは2年連続で車種別ランキングの1位になりました!)


X1~X7の連係プレイ

(「モデル毎に個性を与えながら連続性も持たせる」という連係が、Xシリーズでも見事に発揮されています。)

などもあります。




そして、【最もいいね!を頂いた記事部門です!


IMG_8469-2-thumb-471x353-216845.jpg

M2のLCIモデルの試乗車(7速DCT)ができました!
 

弊社名物のM2の試乗車が4台目になりました、という記事が今年最も多く「いいね!」を頂きました。

誠にありがとうございました。

(その後M2の試乗車は、5台目:Edition Black Shadow 、6台目:M2 COMPETITIONへと入れ替わっています)




Cap20181221_1 (2)-2.jpg

尚、現在SUN MOTORENのFacebookページにて「弊社の試乗車のX3 M40dとM2 COMPETITIONでは、どちらがお好みでしょうか?」というアンケートを実施しています♪

現在は大接戦で、どちらが勝ってもおかしくない状況です。

ぜひお気軽にご投票ください!



以上、今年を紹介する記事でした!

2013年14年15年16年17年を象徴する記事もぜひご覧下さい。)


来年は、私以外が担当するブログ(T.Sekidoまたはスタッフ持ち回り?)の比率をさらに増やして行きたいと考えています。


当社独自の情報や、他ではなかなか得られない情報 」を盛り込み
「 数あるBMWディーラーブログの中で最も読みごたえのある内容 」
も引き続き目指して行こうと思っています。


今後も引き続き、当ブログのご愛読と、
各記事の下にある「いいね!」のクリックや記事のシェア、
当ブログのお知り合いへのご紹介・拡散を宜しくお願いします! G.Sekido




↓↓ ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!^^



こんばんは。久々に登場のT.Sekidoです。

今年もいよいよ残り少なくなり、街はすっかりクリスマスムードですねクリスマスツリーきらきら


cq5dam.resized.img.1680.large.time1543563883757 (2).jpg


ちなみに、12月は1年のうちで最も交通事故が多い月でもあります。

(ぜひ安全運転にご留意ください)


そこで今回は自動車保険についての情報を少し。


皆様は、自動車保険についてどれくらい意識されてますでしょうか?

「自賠責保険だけでは不十分なので、自動車保険も絶対に必要」とは思っていても、具体的な商品知識はあまり・・・という方が多いのではないでしょうか。(私も以前はそうでした困りあせあせ(飛び散る汗)


しかし、自動車保険は「知っていると得する」仕組みがいっぱいあるんです「!!」

今日はその中の一つをご案内させて頂きます。


それは「等級シャッフル」(等級入れ替え)という手法です!


同一契約者で複数のご契約をいただく際に、等級(割引率)を入れ替えることができます。

これを上手く利用すると、合計の保険料が安くなる場合があるんです!


例を挙げてご説明しますと・・・

Cap20181214_1.jpeg

A:車両本体600万円 BMW3シリーズ 初度登録H30年12月

というお車を新しく購入し自動車保険を新規に加入する場合、他に所持しているお車に応じて「6s」等級か「7s」等級で加入することになります。

保険の内容によっては年間保険料が20万円を超える場合もあります。(この例では20万円と仮定します)


そして、別にお車を保有し自動車保険に加入されていて

B:車両本体100万円 軽自動車 初度登録H25年12月 20等級 年間保険料8万円

と仮定します。


その場合、2台の年間保険料は「20万円+8万円」=「28万円」となります。


そこで、保険の等級を入れ替え、Aのお車に20等級、Bのお車に7s等級を適用して新しく契約したとします。

すると保険料は「14万円+12万円」=「26万円」(あくまでも一例です)となり、合計金額が安くなるのです!

(これを「等級シャッフル」とか「等級入れ替え」と呼んだりします)


このように、等級を入れ替えることによって合計の保険料を下げるテクニックが存在します。


これ以外にも自動車保険について、自動車ディーラーならではのお得な情報をたくさん保有しています。



そして、BMWライフに更なる安心と笑顔をお届けするBMW自動車保険には、数多くの独自サービスもございます!


Cap20181214_8.jpeg

BMWを知り尽くしたスタッフが、保険の契約から事故時の保険金請求手続までトータルにケアし、皆さまの快適なBMW ライフをお約束します。

ご興味がありましたら、是非弊社セールス・コンサルタントまでお気軽にご相談ください。




話は変わりまして、年内の営業日についてご案内いたします。

DtlkqreW4AEwSR-.jpg

弊社サン・モトーレンは、年内の営業を12月28日(金)までとさせて頂きます。

つまり、今年の営業日はあと2週間ほどでございますが・・・


まだまだ年内にご納車できるお車をご紹介させて頂くことが可能です!車ダッシュ

(車両状況やオプションや付属品によって場合が異なります)


皆様のご来場を、先週のブログでもご紹介したブルー・サンタクロースと共に、心よりお待ち申し上げております。


Cap20181214_11.jpeg

尚、ニューBMW 8シリーズのクリスマスカードを作成し送信できるサイトも公開されています。


Cap20181214_12.jpeg Cap20181214_14.jpeg

ゴージャスな8シリーズのインテリア越しに、煌びやかなクリスマスの360度方向の風景を見られます。

(このサイトにもブルー・サンタクロースが登場するところが面白いです。)

ぜひお試しください。


新年を新しいBMWと共に迎えて頂くには、今週末が最後のチャンスです。

是非、ショールームに足をお運び下さい。

ご来店をお待ちしております。 T.Sekidoでした。




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



Cap20181207.jpeg

12月8日(土)~12月16日(日)の期間は、魅力的な最新ラインナップを取り揃えて【BMW CHRISTMAS FAIR 2018】を開催いたします。




bluesc.jpg

 
ご来場記念品として、ブルーの衣装をまといBMWロゴ入りの袋を担いだ「ブルー・サンタクロース」をご用意いたしました。

ストラップ付なので、バッグにつけたり車内にぶら下げたり、お出かけのお供としても愉しくかわいいマスコットです。
 



cq5dam.resized.img.1185.large.time1543556429926.jpg

この「ブルー・サンタクロース」と一緒に撮影した写真を、ぜひ「#BMWクリスマス2018」をつけてSNSへご投稿ください。



Cap20181207_1-2.jpg



ご応募頂いた方から抽選で、素敵なアイテムをプレゼント致します!

ぜひ、TwitterInstagramFacebookのいずれかからご応募ください。




IMG_0418-3 (4)-2.jpg

ショールームには、シーサイド・ブルーに彩られた118d ファッショニスタと、クリスマスツリーも登場しました。




IMG_0107 (2).JPG  IMG_0112 (2).JPG

ファッショニスタ専用色のシーサイド・ブルーは、冬空の下でも鮮やかに輝きます。

特別装備のオイスター色のダコタ・レザー・シートにはフロント・シート・ヒーティングが備わり、真冬の快適なドライブを約束します。




IMG_0419 (2).JPG

ぜひ今週末は、ショールームにブルー・サンタクロースと共にクリスマスプレゼントを探しにお越しください。

ご来店をお待ちしております。  G.Sekido




ぜひ、Facebook「いいね」クリックにご協力をお願いします!



 | Blog Top | 
   February 2019
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ




"