BMWの足元を支えるタイヤは長く走行していると徐々に磨耗していきます。タイヤ本来の性能や安全性が発揮できなくなる前にタイヤ交換は必要です。

ではどれくらいの減りがタイヤ交換のタイミングなのでしょうか。法定では「スリップサイン」がでたタイヤ(残り溝が1.6mm以下)を履いて走行することはできません。タイヤ新品時の溝の深さは8-9mmですが、残溝が4mmを境に急速に性能が低下します。残溝2mmになると雨天時 時速80Km/hの走行でおよそ車1台分停止距離が長くなります。BMWでは独自の基準を設け、タイヤの残り溝が3.0mm以下になったとき交換を推奨しています。

ご自分のお車のタイヤの状態はどうでしょうか?卒業/入学など大切なご家族の行事が増える季節。車も万全の状態にしておきたいですね。肩減り、ひび割れ、偏磨耗なども危険です。是非ニコルBMWにお立ち寄り頂き、タイヤ診断をお受け下さい。ニコルBMWでは、1年間のタイヤ補償特典があります(条件有)。   tire.jpg

1月よりブリヂストンタイヤがお安くなりました! D

   January 2014   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  



"