こんにちは、Nicole BMW 横浜港北支店です。
いつもNicole BMWのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

そして、第3弾についてですが、今回はSOSコールにスポットを当てます。


先ずはどのような機能なのか、下記YouTubeアドレスをクリックし動画をご覧下さい。

SOSコール.jpeg

https://www.youtube.com/watch?v=UmLPbVZfrP4

このSOSコールはBMW全車に標準装備されております。

SOS-2.jpg

そして、このSOSコールにてお客様で実際に一命を取り留めることができたという出来事がありました。

お客様がBMWで高速道路を走行中、突然の体調不良に見まわれました。
何とか路肩に車を停車させましたが、それが精一杯の状況でした。

お客様が気付かれたときは、それから数日後の病院のベッドの上だったそうです。

それから暫くして、お客様から当時の覚えていることを聞かせていただきました。

あのとき、路肩に駐車後、SOSボタンは押したことは何となく覚えているそうです。

SOS-1.jpg
しかしその後、車内で聞こえるSOSコールセンターからの呼びかけは全く覚えていなかったそうです。


SOSコールセンターの呼びかけに答えられない場合、SOSコールに装備されているGPS機能にて車両の位置を特定できるようになっています。

そしてSOSコールセンターから救命救急隊へ車両の位置を伝達され、お客様は無事に病院まで搬送され、救命救急隊の手によってお客様は一命を取り留めることができたそうです。

新車納車のときに担当セールスよりSOSコールについての説明を受けていたので、それをあの瞬間に思い出せたことが本当によかったと、当時を思い出されながら担当セールスに感謝されていたそうです。

ちなみに、自動車保険をBMW保険にご加入のお客様であれば、事故時、警察や緊急車両の手配と同時に事故受付もできます。

使用回数に制限は無く、また使用後、ディーラーでリセット作業も必要ありません。
ご旅行中に車両トラブルを目撃した場合、代わりに連絡してあげることもできます。


このSOSコールは使わない方が良い装置であることは間違いありません。
しかし、いつどこでどのような事態が発生するか分かりません。
万が一の時のための機能として、今回はこのSOSコールをご紹介させていただきました。

こんにちわ

いよいよ今週末より、M Performannce Day & MINI JCW Turning Day が 始まります。

4月21日~5月6日 16日間  各拠点で開催します。

この期間 それぞれのショールームでM Performannce 部品やJCW部品を装着した車両を展示しております。

各ショールームでどんな車両が展示されるか、お楽しみにしてください。

期間中 Mパフォーマンスアクセサリーパーツ及びJCWアクセサリーパーツが10%OFFで販売も致します。

ではちょっと、本社ショールームのぞいて見ましょうか。

20180419.2.jpg

Fカーボンスポイラー ブラックキドニーグリル カーボンミラーカバー

気になる方、是非本物を観に、ショールームへお越しください。

M4.jpg

お待ちしております。

 

初めまして、Nicole BMW BPSブログを担当します、F@mktです。

いよいよ、BPSブログがスタートします。


さて、初回の話題ですが・・・
その前に、BPSという名称について少々触れておきましょう。
BPSとは、
BMW Premium Selectionの略称で、それぞれの頭文字をとってBPS
BMW認定中古車の一つです。

BMW認定中古車には、上記のBPSに加え、
・BMW Approved Car
・BMW Used Car
の3種類あり、それぞれ保証内容等が異なります。

BPS店舗ではBMWはもちろんのこと、MINIやALPINAの中古車も豊富に取り揃えています。


では、そろそろ本題へ・・・
ご好評につき、なんと6月末まで期間延長となりました、
「延長保証半額サポート」キャンペーン
のお知らせです。

bps_ warranty.jpg

BPS対象モデルを期間中にご成約の上ご登録を完了された方には、半額でBPS延長保証にご加入できます!
(※加入には条件があります。詳細は弊社ショールームにてお尋ねください。)


対象モデルが分かり難いかと思いますので、以下補足しますと、
  F20・・・1シリーズ
  F45・・・2シリーズ アクティブツアラー
  F46・・・2シリーズ グランツアラー
  F30・・・3シリーズ セダン
  F31・・・3シリーズ ツーリング
  F10・・・先代型5シリーズ セダン
  F11・・・先代型5シリーズ ツーリング
となります。


当店のオススメ車両は、
▼218i アクティブ ツアラー Mスポーツ218ATM_V460715.jpg
2016年式、0.9万km、検31.6
広々とした室内スペースで、家族でアウトドアを楽しむのに最適な一台。

523d ラグジュアリー ディーゼルターボ523dART_D696833.jpg
2016年式、1.2万km、検31.8
ラグジュアリーモデルの為、外装・内装ともに洗練された高級感漂う雰囲気を保持。

になります。


ただ、そもそも「BPS延長保証」とは何か。
img_warranty.jpg

登録後2年間のBPS保証終了後も延長保証に加入することで2年間または1年間、保証対象箇所に不具合が生じた場合、無償で保証される大変手厚い内容となっております。
また、延長保証期間中は「BMWエマージェンシー・サービス」も付帯されますので、24時間、365日、安心してドライブを楽しむことができます!

更に、今なら全モデルを対象に2.99%の特別低金利を実施していますので、
「輸入車は初めての方」や「BMWは初めての方」には、絶好の機会かと思います。

大型連休も控えているこの時期に、Nicole BMW BPS横浜港北へお越しいただき、是非、「安心」と「駆け抜ける歓び」をあなたの手に!

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

bnr_bps.jpg

 

M Performance Partsのデザインに惹かれて取付けをされているオーナーも多いとは思いますが、デザインに加えてその機能にも純正ならではの優位性があります。その理由を語ったM Performance Partsエアロパーツ担当プロダクトマネージャーのゲルハルト・ケラー氏 のインタービューをご紹介します。

2018.04.17.02.jpg

「M Performance Partsを製品化するにあたっては、BMWのさまざまなセクションからエキスパートが集まって、互いのノウハウを出し合うところからスタートします。もちろん、モータースポーツ部門のエンジニアもコンセプトの段階から出席しています。BMWグループ各専門分野のエキスパートが各自の観点からM Performance Partsの開発に携わり、数多くの細かいプロセスを経るので、カスタマーの手元に届くまでには実に2年もの年月が掛かりますが、納得できるクオリティが実現するまで、われわれは研究と開発テストに没頭するのです」

 2018.04.17.1.jpg2018.04.17.03.jpg

さらに、「Aerodynamic Test Centre(通称ATC BMW AGが誇るミュンヘンに建造された巨大な風洞実験施設 )」を使って、実際に装着した場合のエアロダイナミクス性能や極端な気候変化に対する耐久性、走行中の安全性などを徹底的にシミュレーションしていることに関して__ 「風洞設備を使った空力実験はもちろん、寒暖テストや耐湿度/水圧実験、さらにはクルマが洗車マシンにかけられることも考慮して、パーツの素材や構造が耐えうるのかを、さまざまなタイプの洗車機を使って実験を重ねます。このほかにもミュンヘン近郊にあるBMW専用テストコースをはじめ、レーシングコースでの実走行テストも行ないます。厳しい気候が想定される地には実際に出向いて耐久テストもしますが、ミュンヘンの研究施設ではマイナス40℃からプラス80℃までの超高温/高湿度/超低温/超乾燥といった状況や、さまざまな路面コンディションを想定したロングランシミュレーションなどでデータを収集します。しかもM Performance Partsを装着するベース車両も、新車だけではなく数年落ちの中古車などを使ったクオリティテストも実施しているのです。エアロパーツのひとつにおいても、その裏には多くのスタッフやエンジニアが情熱を注いでいることを知っていただけたら嬉しいですね」と熱く語っています。

Nicole BMWで、さらなるドライビングプレジャーを可能にる Mパフォーマンス パーツを是非お選びください。 

cq5dam_resized_img_585_low_time1475746942056.jpg

もうすぐGW

こんにちは、ニコルカーズパーツです。

新入学 新社会人 4月はいろいろ忙しい時期ですね。

1か月なんてすぐ過ぎちゃいますよ。そして楽しいGW突入祝マーク

今年は前半後半ときれいに分かれてますね、みなさん

お出かけの計画は立てましたか、私は南の方へ出かける予定です。

いつもそうなんですが、荷物どうしよう。スーツケースは大きすぎるし、

そんな時スポーツバック1個あると便利です。

BMWの商品では、新しい色ですね是非検討してみては。

では楽しいGW楽しんでください。

8022-2446-007 ¥19.224 サイズ 約50×30×28cm

耐久性のあるナイロン製

リンクURL

こんにちは、Nicole BMW 横浜港北支店です。
いつもNicole BMWのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

早速、第2弾として、
今回はBMW X1-18dにスポットを当ててみました。

平日の休みを利用して筆者のマイカーであるBMW X1-18dで、
茨城県北部にある袋田の滝まで行って来ました。

1.jpg2.jpg

横浜をAM6:30に出発し200キロの道のりを3時間で到着。

3.jpg

オンボード・コンピューターでの計測で20.8Km/l。

4.jpg

平日の朝でしたので都内中心部の首都高はやや渋滞があったものの、
それ以外は、常磐道・市街地・程良い山道と目的地まで快適なドライブでした。

BMW X1-18dはフル・タイム4WD(xDrive)です。
BMW xDriveの詳しい解説は下記YouTubeをご覧下さい。

5.png

https://www.youtube.com/watch?v=XD471mVHwns

このようにBMWのxDriveはフル・タイム4WDでありながら、
BMWの得意分野である気持ちのよいハンドリングやすべるように快適に走る高速安定性、そしてクリーンディーゼルならではの燃費の良さと上り坂でのトルク・フィール、これら全てを兼ね備えたBMW X1-18dを是非Nicole BMW横浜港北支店でご試乗の上、実感いただきたいと思います。

こんにちは、Nicole BMW 横浜港北支店です。
いつもNicole BMWのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今後、BMW全体の情報やNicole BMW独自情報をいち早くご案内し、既にBMWにお乗りいただいているユーザー様からこれからBMWの世界に飛び込んでみようかなぁ、とご検討の方々まで、誰もが知りたいであろう情報を様々な角度から情報提供して参りたいと思います。

これからもNicole BMWをご贔屓のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

さて早速その第1弾は、
アクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)からスタート致します。

先ずは下記にBMW Japanにてご用意されているACCの動画(You Tube)を添付致しましたので、どのような装置なのかはこちらをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=fJP2SEH8u6I

私たちNicole BMW 横浜港北支店は、このACCを第3京浜で高速試乗の中で体感していただくことが可能な拠点です!!
勿論、一般道でストップ&ゴーの体感をしていただくことも可能ですよ。
このACCは渋滞時もとても便利!!
安全かつ快適なドライブを約束してくれます。

勿論、BMWですからずーとACCということではなく、
やはりご自分でアクセルを踏んで"駆けぬける歓び"もご体感ください

ここでACCのちょこっと注意ポイント!!
真夏のギラギラした晴天や強烈な西日で、前方を走行の車両がカメラで認識することができない状況になるとACCをストップさせてしまうことがあります。
また、一般道で使用中、信号が黄信号から赤信号になろうとしているときに前方の車が急に加速すると、それに追随して加速してしまうことがあります。

是非、Nicole BMW 横浜港北支店でACCをご体感下さい!!

春よ来い!

本日も暖かく、春がすぐそこまで来ているのを感じられる季節がやってきました。

寒い日々から暖かくなるのはうれしいものですよね。

外出も多くなり散歩で公園なんかいくととても気持ちがいいものです。

BMWでは散歩や行楽にもご利用できるグッズが多数発売されているので今回ご紹介いたします。

「トートバッグ」 ¥6,480- P/N 8022 2446 012

トートバッグ.jpgのサムネイル画像

今はやりのコットン帆布素材。両サイドに縫い付けられたオリーブとブルーのストライプの布紐で、荷物を素早く固定できます。

 

「クーラーバッグ」 ¥8,208- P/N 8022 2446 019

クーラーボックス.jpg容量:約16L。

マジック・テープ付きの上部開口部から中に入れたものを素早く取り出せるので、冷気の逃げを最小限にとどめることができます。

「BMWタオル」 ¥7,992- P/N 8023 2446 013

タオル.jpg繊細に仕上げられた厚手のタオル。大判なので堅いところに腰かけたり寝転んだりするときにも快適。

「フライングディスク」 ¥3,564- P/N 8023 2446 018

フライングディスク.jpgキャッチやスローイング時に掴みやすいように、縁部分には溝が施されています。

リンクURL

アンブレラ

こんにちは

東京マラソン見に行かれましたか、私は日比谷公園周辺へ見に行きました。

ランナーにとっては、ちょうどよい気温でしたが、見ているのには少し寒かったです。

今はランナーのNOがわかればGPSで走っている場所がわかるので確実に遭遇できますよ。

知り合いがいると見て応援してるだけでも楽しくなります。みなさんも来年見に行かれてはどうですか 。

これからどんどん暖かくなります、3月の天気予報は雨が平年より、降るそうです。

そんな時折りたたみの傘あるといいですね。

アンブレラ.jpg

M フォールディング アンブレラ BMWでは普通の傘もありますが今回折りたたみを紹介します。

自動開閉式で突風にも耐え丈夫です。Mのデザインいいですね。もちろん傘カバーにもMロゴ

これからの時期是非検討してみてください。

P/N 8023-2410-917  ¥9.720 (¥9.000)

HQ TT

ビー・エム・ダブリュー株式会社

(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、

本年2月25日(日)開催の東京マラソン2018へ

8年連続でオフィシャル・スポンサーとして協賛する。

 

東京マラソン2018のためのBMWスペシャル・サイトがオープン。

 

大会車両として、BMW i3など豊富なラインアップからなる

26台のBMW車両を提供する。

さらに、ペース・メーカー用バイクに、BMW Motorrad(モトラッド)が誇る

電動バイクC evolutionを提供し、大会当日の医療救護体制のため、

救命救急士がAEDを背負い自転車でコース上を巡回監視する

モバイル隊用の移動手段、ならびに車いす対応として、

46台のBMWクルーズ・バイク(自転車)を提供し、

緊急事態に備えたサポートを行なう。

 

 

BMWスペシャル・サイトがオープン

 

東京マラソン2018のモビリティ・パートナーであるBMWが、

本年1月に発表した新型BMW i3の紹介を行なっている。

新型BMW i3は、「大都市における持続可能なモビリティ」を提供する

BMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として

2014年4月に販売を開始し、

「設計から生産、販売に至るまで持続可能なモビリティを実現する」という

コンセプトのもと、革新的な手法を様々採用している。

量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を

基本骨格に採用し、徹底的な軽量化に挑戦すると同時に、

大容量バッテリーを搭載することで航続距離390kmを実現し、

都市型のモビリティとして、必要十分な性能を備えたモデルになっている。

また、647ccの発電用エンジンを搭載したレンジ・エクステンダー装備車は、

走行中にエンジンが電力を発電し、航続距離が更に121km*延長され、

合計で511km*の走行が可能である。

*: JC08テスト・モードにおける試験値を元に算出。

 

BMW東京マラソン2018スペシャル・サイトURL

: http://bmw-japan.jp/tokyomarathon/

 

 

東京マラソンEXPO 2018に出展

東京マラソン2018開催前となる2月22日(木)から24日(土)まで、

東京ビッグサイトで実施の東京マラソンEXPO 2018 に

BMWブースを出展する。

BMWブースでは、本年1月発表の新型BMW i3をはじめ、

電動バイクBMW C evolution、BMWクルーズ・バイクを展示する。

さらに昨年好評であった、足を利用してBMWのスロット・カーを走らせる

サステイナブルなゲームも、用意する。

※公式サイトより

 

 | Blog Top | 
   April 2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



"