早いもので期間限定(全20回)で始まった土井noブログのサテライトチャンネル ~新人 木村の目(芽)~

も第18回目を迎えることが出来ました。

新人木村SCが見たい!・聞きたい!!・調べたい!!!話題を中心にお届けしてまいりました。

調べる中でBMWやBMWの故郷ドイツに関する知識を深め、苦手であった文章にも果敢に取組んだ約3ヶ月でした。

それでは残り2回フル・スロットルでお届け致します♪

 

今回は・・オープンカーについて。

bmw-zseries-z4-firstedition-stage-desktop.jpg

オープンカーの呼び方は、いろいろございます。

例えば、「カブリオレ」「コンバーチブル」「ロードスター」などが上げられます。

では、この呼び方の違いについて考えたことはありますでしょうか。

今回はオープンカーの呼び方の違いについて注目していきたいと思います。

 

まず初めに「カブリオレ」と「コンバーチブル」ですが、こちらは単に言語の違いです。

「カブリオレ」はフランス車やドイツ車で呼ばれる名称で「コンバーチブル」は主にアメリカ車やイギリス車に使われている呼び名となっております。

この2つの呼び名に関しての車はクーペタイプの車をオープンカーにした仕様になります。

現在、BMWでのオープンカーは「カブリオレ」と呼ばれており、最近新しくM4にもこの仕様が追加されました。

 

次に「ロードスター」ですが、こちらは2ドア、2シーターで初めからオープンカーとして設計された仕様の車を指します。

オープンカーと一括りにもできますが、このように呼び名があり違いがあることを知って頂けたと思います。

2・4・6シリーズさらにはM4の「カブリオレ」などで海沿いなど思い思いのロケーションをドライブして頂くことで、

爽快感と更なる「駆け抜ける歓び」を体感して頂けると思います。

 bmw-zseries-z4-firstedition-interior-sd-slide-01.jpg

オープン最高!!ですね♪

 

SC木村 feat.BG土井信

リンクURL

土井noブログのサテライトチャンネル ~新人 木村の目(芽)第17弾~。

今回は・・ニュルブルクリンクについて

 Nordschleife9.jpgのサムネイル画像

 

皆様、ニュルブルクリンクという言葉をご存知でしょうか。

ニュルブルクリンクとはドイツに存在するサーキットのことを指します。

現在は2つのコースを総称した呼び名となっており、古いコースは1927年に作られた20.832kmのコース(北コース)と

1984年に新設された5.1kmのコース(GPコース)です。

北コースは約300mの高低差があるため濃霧や雨などの障害が生じるので過酷なコースだと言われている。

また、世界最長のコースでコーナーが172箇所もあることから「スポーツカー開発の聖地」とも呼ばれているそうです。

日本の自動車メーカーの高性能乗用車の開発のためのテストコースとしても利用しているそうなのです。

 

北コースでF1を走らせることは危険なためF1のレースは新設のGPコースで行われているのです。

自動車レースでしか使用していないイメージされるかもしれませんが、その他にもマラソンや自転車レース、

イベント時にはキャンプのお客様で賑わうこともあり、さまざまな用途で使用できるようなサーキットとなっています。

 ニュル.png

一度はこの「スポーツカー開発の聖地」に足を運び過酷さを目の当たりすることで、

レーサーの高度な運転技術を感じることができるかもしれませんね。

 

SC木村 feat.BG土井信

リンクURL

土井noブログのサテライトチャンネル ~新人 木村の目(芽)第16弾~。

今回は・・車を走らせる上で必要になる燃料について取り上げていきたいと思います。

GS.jpg

燃料にはディーゼル(軽油)、ガソリン(ハイオクも含む)がございます。

二つの燃料にはそれぞれに特徴が存在します。

例えば、ディーゼルエンジンは低回転でのパワーが強いため走り出しで力を発揮します。

その為ディーゼル車は、トラックやバスといった重量のある車に使用されていることが多いです。

 

次にガソリンエンジンですが、高回転まで回すことができるため高い出力を発揮します。

そのため、スポーツカーや乗用車と幅広く採用されています。

 

以前のディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて音がかなり大きいと思われておりましたが、

最新のBMWのクリーンディーゼルエンジン車は音を感じさせないほどの静粛性を誇っています。

 

BMWには、ガソリン・ディーゼル・PHEVの多様なバリエーションの車を展開しておりますので、ぜひ実際に体感して頂ければ幸いです。

エフィシエント.png

皆様のご来場心よりお待ち致しております。

 

SC木村 feat.BG土井信

リンクURL

土井noブログのサテライトチャンネル ~新人 木村の目(芽)第15弾~。

今回は・・BMWのグループのブランドであるロールスロイスについて取り上げていきたいと思います。

 e0138804_203086.jpg

皆様もご存知の通りロールスロイスは高級車の中の高級車です。

では、この「ロールスロイス」はどのようにして設立されたのでしょうか。

 

創始者は「フレデリック・ヘンリー・ロイス(左)」と「チャールズ・スチュアート・ロールス(右)」の二人です。

この二人の創始者の名前を合わせたものが社名となっております。

 7d33536ef8b990616d3ff57b3461f912.png

この二人ですが、ロイスは貧しい家庭に生まれ、ロールスは富裕層の貴族生まれと相反しているのです。

ロイスは起業し成功したため資金提供者を探していたロールスと会いこの出会いが「ロールスロイス」発足のきっかけとなりました。

そして、ロールスロイスの車種には「ゴースト」や「ファントム」という幽霊に因んだ名前が付けられています。

この名前の意味は「既に亡き者である、故に永遠であるほど壊れない」さらに幽霊のように静かであるということからだそうです。

このように名前にも意味がありとても調べていくと面白い発見があるブランドとなっています。

 

余談ですが先日テレビで見た内容でロールスロイスの扉を開けた箇所には傘が内蔵されているのです!!

高級感が細かい部分にも現れていることが分かりますね♪

SC木村 feat.BG土井信

リンクURL

船帽子

箕面支店井上ですにこにこ

 

やってきましたカメカメカメ

お盆ハート(トランプ)光るハート青ハート緑ハート紫ハート

 

連休とても嬉しいですね~にこにこ

みなさまどこか行かれるご予定はありますか

ばっちり旅行に行かれている方もいらっしゃれば

人が多いので自宅でゆっくりされている方も多いですね上指差しハート(トランプ)

お休みモードに入れずお仕事している方も多いみたいですびっくり

みなさま連休楽しんで下さいね車青ハート青ハート

 

ただとても暑いので熱中症には気をつけてくださいねショッキングチュー2紫ハート

 

箕面支店もサービスセンター(修理工場)のみ12日~16日まで

お休みを頂いております。

営業はしておりますのでお気軽にお車を見にご来店してくださいポリス光るハート

 

ペーパークラフト2.jpeg

北川SC久々の登場です上指差し光るハート

北川SCは何を作ってる~!?着物紫ハートにこにこ

 

ペーパークラフト1.jpeg

必死なお兄さんショッキングチュー2きらきらきらきら

 

 

完成したよ~目がまわる時の記号目がハート八分音符

ペーパークラフト3.jpeg

 

可愛い可愛いX2の完成きらきらきらきらきらきらきらきら顔1(うれしいカオ)

 

お子様に来場プレゼントとしてお渡ししておりますスキーきらきら

 

本日もたくさんのご来場お待ちしております目がハート紫ハート

 

 

 

BMW MINI

土井noブログのサテライトチャンネル ~新人 木村の目(芽)第14弾~。

今回は・・BMW MINIとクラシックミニの違いついて焦点を当てていきたいと思います。

 

まず初めにBMWがクラシックミニの生産に関する全ての権利を1994年に有するようになりました。

権利を有してからすぐBMWが新たなミニの設計を手掛け第一号が誕生したのが2001年。(今から17年前の事です。)

 512cc1dc.jpg

BMWが開発したMINIはクラシックミニのデザインを取り入れつつも、安全基準や走りの性能を向上させた車になります。

走りの性能も考慮した点についてBMW流の「駆け抜ける歓び」をエッセンスとして加えMINIブランドの核である『エキサイトメント』へ発展させたのかもしれないですね。

 

そして、新旧で違いが分かるのが外観です。

クラシックミニのボディサイズは軽自動車より小さかったのですが、BMW MINIはコンパクトカーほどに拡大されています。

全体的に丸みを帯びているデザインは、BMWが時代に合わせたフォルムを大切にし、且つサイズを変えつつもMINIだと分かる伝統的なデザインを取り入れているからなのです。

 damImage_narrow_620w_j_1525166705965.jpg

伝統と革新。

 

長年愛され続けるクルマ造りに脱帽です。

 

 

SC木村 feat.BG土井信

リンクURL

独逸御三家

土井noブログのサテライトチャンネル ~新人 木村の目(芽)第13弾~。

今回は・・・ドイツ御三家の車のエンブレムにスポットを当てていきたいと思います。

エンブレムにもそれぞれ由来があることをご存知だったでしょうか。

 

メルセデス・ベンツの3つの頂点は「陸・海・空」を指し、それぞれの分野での繁栄を表しているそうです。

この3つの頂点はスリーポインテッド・スターと呼ばれており、

合併前のダイムラー社が使用していたデザインとなります。

 

続いてはアウディのエンブレムですが4つの輪が重なっているフォーシルバーリングスデザインと呼ばれるデザインとなっております。

1909年に設立される前身のアウトニオン社設立に参加した「アウディ」「DKW」「ホルヒ」「ヴァンダラー」の4社の団結を表しているのです。

 

 

BMWのエンブレムは・・・

IMG_0409.jpg

ドイツ・バイエルン州の州旗の色である青と白を基調に取り入れております。

また、十字のデザインは元々は航空機エンジンメーカーだったためプロペラを意味していると言われております。そして、周りの黒枠はラップ社という航空機エンジンメーカーだった時の証だとされています。

このように、車のエンブレムにはそれぞれに意味があることが分かって頂けると思います。

まだまだ車のメーカーは多々あるためそれぞれの意味を調べていくと豆知識として使えることがあるかもしれないですね!

SC木村 feat.BG土井信

リンクURL
 | Blog Top | 

月別 アーカイブ

   August 2018   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recommend




"