土井noブログのサテライトチャンネル ~木村の目(芽)第6弾~。

今回は・・・BMWのデザインの特徴についてご紹介。

BMWの特徴的なデザインとして「キドニーグリル」ともう一つあります。

その名は「ホフマイスター・キンク」

 cq5dam_resized_img_890_medium_time1476327383971.jpg

「ホフマイスター・キンク??」はたしてそのデザインとは・・・

 

皆さま~ウインドーモールにご注目ください。

後ろに一直線に伸びていくラインをそのまま辿って行くと・・・

最後に上に行き、Cピラーあたりで少し斜め上に跳ね上がり折り返して天井に向かって行くデザインのことを指します!!

BMWのデザイン責任者だった、ヴィルヘルム・ホフマイスターさんが考えたのでその名前から名付けられたのです。

 

シンプルにお伝えすると ホフマイスターさんが作った『カーブ』というの意味です。

 

跳ね上がっていることで躍動感や力強さ、スポーティさを感じることができ、

BMWの「駆け抜ける歓び」をデザインの面でも具現化しております。

 

初登場は1961年。約60年間、時代に合わせながら伝統を継承し情熱を育む・・・BMWは実に奥深いですね。

 

SC木村 feat.BG土井信

リンクURL

月別 アーカイブ

   July 2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recommend




"