さぁ皆様お待ち兼ねの土井noブログ、今回は「NOBUの新車情報2015」と題しまして、皆様にそこそこHOTな情報をお届けしたいと思います!
DJは失恋ハートブレイカーことBG土井信がお送り致しStay tune・・・。

これまでも好評を頂いておりました限定車「Style Edge」シリーズ、今回は4シリーズクーペに「M Sport Style Edge(エム・スポーツ・スタイル・エッジ)」が設定!
70台の台数限定で明日8月29日(土)より販売致しStay tune・・・。

00002_bmw_420i_coupe_m.jpg流れるようなルーフラインがもたらすエレガント&セクシーなプロポーション。

ダイナミックな走りとスタイリングを強調したM Sportモデルをベースに、特別装備としてMアダプティブサスペンション、Mスポーツブレーキ、特別色のバイカラー塗装を施した19インチMライトアロイホイールを装備。
時代の最先端アダプティブLEDヘッドライトも装備するとともに、M Performanceブラックキドニーグリル、サイドスカートフィルム、ブラック塗装仕上げのリアスポイラーでカスタム!

00007_bmw_420i_coupe_m.jpgインテリアにおいては、ピアノの製作工程と同じ工程で製造されるBMW Individualピアノフィニシュブラックトリム(漆黒の黒にうっとり♪)
ブラックのSensatecレザー(合成皮革)とBMW M Performanceステンレススチールペダルがクールで洗練された室内空間を演出していStay tune・・・。

ボディ・カラーは人気のアルピンホワイトでお届け、気になるお値段は¥5,980,000~!
 出逢った時が買い時、いつ買う?「今でしょ!」Stay・・・。
以上、土井noブログでした!

高槻店 BG土井信

118i Fashionista

これまでの「1シリーズ」に限定モデルとして登場してきたスタイリッシュな特別仕様車「Fashionista(ファッショニスタ)」が、導入されたばかりの「118i」に早速設定されました。

3289380293274092383982093829.jpg先にもご紹介した新開発の1.5L直列3気筒ターボエンジン搭載する「118i」のスタンダードモデルをベースに、スタイリッシュな装備や安全装備などを追加。

エクステリアでは鮮やかなクリムゾン・レッドと、オプションでミネラルホワイトのボディカラーを用意、これに専用の17インチのアロイホイールが装備されています。
インテリアにおいても暖かみのあるオイスター色のダコタ・レザーとホワイト・アクリルガラス・トリムの組み合わせがエレガントかつ洗練された空間を創出。

498083928472394709289.jpg加えて、狭いスペースでの駐車をサポートするリアビューカメラやリヤ・コーナーセンサーなど便利な特別装備を充実させています。
また安全面においても「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や「BMW SOSコール」、「アクティブ・クルーズ・コントロール」までも特別装備となっています。

特別仕様車「118i Fashionista」は380台限定で9月5日より販売が開始、価格はベースより57万円プラスの357万円となります。
今回も早い完売が見込まれますので、気になる方はお急ぎ下さい!

高槻店 上田

3気筒搭載

フェイスリフトが行なわれたBMWコンパクトハッチバック「1シリーズ」のエントリーモデル「118i」に、最新の1.5L直列3気筒ターボエンジンを搭載し、9月5日より販売を開始することを発表致しました。

948038928083928038298.jpgBMWが新たに開発したこの3気筒エンジンは、1気筒あたり500ccの排気量をもつモジュラーエンジンで、今後発表されるモデルに搭載される4気筒、6気筒でも採用されます。

すでに「2シリーズ・アクティブツアラー」でも採用実績のあるこのエンジンは最高出力100kW(136ps)/4,400rpm、最大トルクは220Nm(22.4kgm)を1,250rpmという低い回転数から4,300rpmまでの広い範囲で発揮。
組み合わされるトランスミッションは8段ATで、JC08モードにおける燃費は従来の1.6L4気筒モデルとくらべて10%向上の18.1km/ℓ。

「平成32年度燃費基準」および「平成17年排出ガス基準75パーセント低減レベル」を達成し、自動車取得税で60%、重量税が50%、そして翌年度の自動車税も75%のエコカー減税を受けることができます。

気になるお値段は「118iスタンダードモデル」で298万円~となっております。
今なら4気筒搭載モデルも選ぶことができますので、悩んでいる方はお急ぎ下さい!

高槻店 上田

Oh-Thumb

便利なツールであるスマートフォン、カーナビやカーオーディオの代わりとして車内で使用している方も非常に多くなっています。
しかし運転中の操作には危険を伴い、車輌停止中の操作が当然ながら推奨されます。
これは腕に装着するApple Watchであっても同様で、画面に視線を移すことが危険に繋がります。

そんな危険性を回避して、クルマのなかでアップルウォッチが快適に使いこなせるようになる、アップルウォッチ専用の車載ホルダーが「Oh-Thumb」が、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」でサポーターを募集しています。

3823802923802938029380129832091.jpg「Oh-Thumb」はステリアリングに取り付けることで、アップルウォッチの画面を親指だけで無理なく操作できる秀逸デザイン。
2サイズあるアップルウォッチのどちらもに対応できるようラインナップされており、強力なネオジウム磁石でアップルウォッチ背面の充電用マグネットと引き合わせ、簡単にホールドできるようになっています。

すでにBMWのステアリングにはマルチファンクション・スイッチが装備されており、一部機能を操作することが可能ですが、このホルダーでさらに多彩なコントロールが行なえるので、快適なドライブを楽しむことができそうですね!

高槻店 上田

3.0 CSL Hommage R

8月14日より米国にて開幕した「ペブルビーチ・コンクールデレガンス」において、予告していたもう一台のコンセプトカー「3.0CSLオマージュR」が公開されています。

P90194051_highRes.jpgBMWは5月にイタリアで開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」において、「3.0CSLオマージュ」をすでに公開、伝説のレーシングカーのホモロゲーションモデルとして1970年代前半に限定生産された「3.0CSL」を、現代流に解釈した1台となりました。

P90194034_highRes.jpg今回、公開された「3.0CSLオマージュR」は、この「3.0CSLオマージュ」の進化形となっており、BMWの北米進出40周年と「3.0CSL」のレースでの成功から40年が経過したことを記念したコンセプトカーとなっています。

ボディカラーはホワイト基調に変更され、「BMW M」のレーシングストライプが流麗なボディラインを強調、1975年にモータースポーツシーンで活躍した雰囲気が再現されています。
また、フロントグリルのデザインをBMWモデルの中で最も開口部を大きく、低い位置に置かれたグリルへと変更されており、インテリアではシートの色をホワイトに変更し、ロールケージや消火器、キルスイッチなど、レーシングカーに必要な装備が奢られているとのこと。

美しさと力強さを併せ持ったコンセプトカー、是非実車を眺めてみたいものですね!

高槻店 上田

あなたの未来をお守りする・・・「土井ノブNight」最終夜、BMW保険に加入することで自動付帯するさらなる魅力に迫りたいと思います。

エマージェンシー・プレミアム.jpg新車をご購入頂いたお客様には3年間の新車保証に自動付帯されている「エマージェンシー・サービス」が、保険に加入するだけで「BMWエマージェンシー・サービス〈Premium〉」にアップグレード!(すごいのぶ♪)
◎故障で走行不能となった場合、お車のレッカー搬送が無料でかつ な、なんと、走行距離は無制限!(す、す、すごい特典だよ、これ!)
◎ガス欠時のガソリン補給(10リッター)や、バッテリー上がりの対応が無料に。(す、すごい特典だよ、これ!)
◎故障で宿泊が必要な場合はプレミアムクラスのホテルにグレードUPで宿泊可能。ご帰宅までは新幹線グリーン車や航空機のプレミアムクラスシートが利用可能となります。(すごい特典だよこれ。)

ケア.pngさらに・・・、フロントガラスとドアミラーを補償する「BMW EXTRA CARE」を利用可能!

◎車両保険を使わずにフロントガラスやドアミラーの損傷を修理できますので、自動車保険の翌年の等級に影響がありません。(特典だよこれ。)
◎車両保険を使う場合でも、免責金額に充当できます。(特典だよ。)

土井信に匹敵する魅力に溢れる「BMW自動車保険」、話を聞くはタダですので、一度セールスコンサルタントへお問い合わせ下さい。
自動車保険を見直す良い機会となるのではないでしょうか!
以上、「土井ノブNight」・・・完。

高槻店 BG土井信

連続掲載中の土井noブログ、今まで「Future BMW」としてBMWの未来をお伝えして参りました。
続きましては「あなたの未来を守る」・・・自動車保険をご紹介する「保険のぶ窓口コーナー」♪

クルマを購入したら・・・うっかり維持費の一つとして忘れがち自動車保険。
ローンご購入の方にとってはクルマの支払いやローンの支払いと管理もまた面倒・・・。
「保険もローンに組込めたらいいな・・・」、そんな保険はありまぁす!
それが「BMW自動車保険」なのです!

48928037092370973028012801289.jpgBMWオートローンとBMW自動車保険をセットにして、毎年のご継続手続の手間をセーブする便利な長期保険専用のオリジナルローンプラン。

支払いを一本化でき、手間を省けるだけじゃない、こんな魅力があるのです!

魅力ポイント1:保険契約期間中、事故の有無にかかわらず保険料の変更はありません。
魅力ポイント2:ボーナス併用払が利用できるので、毎月のお支払額の負担が軽減されます。

ネット保険など、料金のお安いものは数あれど、いざと言う時に結果損をしてしまう・・・。
皆様の保険はそんな内容となっていませんか?
新車ご購入時に自動車保険をもう一度見直す意味でも、「BMW自動車保険」も併せてご検討下さいませ。

以上、保険のぶ窓口♪ 高槻店保険担当BG土井信でした。

高槻店 BG土井信

土井信が好き勝手な情報を無責任にお届けする「Future BMW」未確認情報局、第三夜の今日は、未来のクルマの楽園「東京モーターショー」についてお届け致します。

第44回目を迎える今回のテーマは「きっと、あなたのココロが走り出す。"Your heart will race."」ですたい!

世界No.1のテクノロジー・ショーをめざす東京モーターショーは、1954年の第1回を開催から60年以上の歴史を重ねてきました。
「TECHNOLOGY×FANTASY」をコンセプトに、ご来場頂くお客様にとって、最新テクノロジーとの出会いによる心躍るような体験をお届けする場にしたいという願いが込められているようです。

tms2015_poster_color.jpg今回のポスターは、ファッションブランド等の広告を数多く手がけているドイツの写真アーティストJan Leonardo(ヤン・レオナルド)氏とのコラボレーションにより制作。
車輪に見立てた光の軌跡が新たな未来へとつながっていくイメージを表現しています。

2015年10月29日(木)~11月8日(日)東京ビッグサイトにて行なわれるこのショー、我らBMWブースもございますので、是非ご来場下さいませ。

はぐれメタル的にBG土井信も出現するかもしれません。
遭遇した方はぶっ倒して経験値をガッポリ手に入れ下さい。。。(笑)

以上、土井noブログ第三夜「熱闘、甲子園」をお届け致しました!

高槻店 BG土井信

BMWの未来についてお届けしている土井noブログ特別編「BMW Future」未確認情報局、どうも、ノブ山雅治です。
第二夜でご紹介致しますのは、皆様もうお馴染みのBMWサブブランドである「i」。

既に販売されているEVの「i3」とPHVスーパースポーツ「i8」に続き、新たなモデルが計画されているようです・・・。

「ゼロ・エミッション」を本来の意味で達成するため、製造段階から自然由来エネルギーを使用している「BMW i」では、その商品ラインアップはまるでそれぞれのブックエンドのようだと言われていました。
この中間を繋ぐ存在として、「i5」の登場が噂されることは想像に難く有りませんでした。

BMWi5Render22.jpgBMWのハラルド・クルーガーCEOは独フランクフルト紙の取材に対して、「i」のラインアップを"モデル数の観点で"新型車を追加する余地があるとコメントしています。

「i5」は「5シリーズ・セダン」程度のサイズがベースと考えられており、「i8」同様にPHVが採用されるとみられています。
パワートレーンでは少なくとも2基の電気モーターが搭載されるという話もありますが、詳細は全くの不明です。

しかしながら、環境性能は現在以上に高いレベルまで到達させることは間違いなく、今からリリースが楽しみなモデルの一つですね。

信じるか信じないかはあなた次第・・・。
以上、ノブ山雅治でした。

高槻店 BGノブ山ノブ代

Future BMW

皆様お待ちかね、土井noブログ連続更新第一夜。
今回のテーマは次世代モデルについて、「Future BMW」未確認情報局をお届け致します。

土井子犬も大好きな「3シリーズ・カブリオレ」、2007年登場時には従来のソフトトップ(幌)からリトラクタブル・ハードトップへ進化を遂げました。

BMW_4series_convertible_wallpaper_1900x1200_06[1].jpgハードトップは耐候性という点で大きなメリットがありますが、格納時にトランクルームの大部分を占有してしまう弱点もありました。(せまいのぶ)

しかし、次世代のカブリオレでは再びソフトトップに戻ることも視野に入れているようです。
回帰する理由としては、車体の軽量化と荷室の拡大・・・となっています。
カブリオレのようなファッション性の高いモデルでも、燃費や積載性などの実用面は無視できません。
お客様の声として、従来のソフトトップ復活を望む声も多くあったのも事実です。

次世代モデルの登場は5年以上先となりますので、まだまだ分かりませんが、ソフトトップ派の方には小さな希望かもしれませんね。
土井子犬としては重厚感とスタイリッシュさを兼ね備えるハードトップも捨て難いところなのですが・・・。

皆様はソフト派?ハード派?

以上、恋愛はハード系のBG土井信がお送り致しました。

高槻店 BG土井信

 | Blog Top | 

月別 アーカイブ

   August 2015   
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recommend




"