NEDO

「BMW i」のプロダクトに採用されている炭素繊維(カーボン・ファイバー)。
原料となる「ナノ炭素材料」は軽量であること以外にも、電気や熱の伝導性が極めて高いなど多くの優れた特性を持っています。
さらに、既存材料と混合することで革新的な材料を作り出せる可能性も秘めている素材なのです。
11374707983098109381098.jpg「NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)」は最先端のナノテクノロジーを使い、これまで農家が廃棄していた作物から「ナノ炭素材料」を作り出す研究を開始しました。

この研究では農林水産由来物質から石油由来材料を超える構造・機能材料を開発する事を目的としており、ナノ炭素材料全般の実用化を加速する効果が期待されています。
さらに農業の活性化と循環型社会の実現に繋がる可能性も見込まれています。

今後の研究成果が大いに注目されますね!

高槻店 上田

土井子犬のワンワンブログのお時間がやって参りました!
ワン!ワンワン!ワォ~ン!キャインキャイン!

失礼致しました・・・、Xモデルを製造しているという点でBMWと馴染みの深い国「アメリカ」。(強引ですか?)
今回ご紹介するのは筆記具メーカー「Cross」、私が購入したということでスポットライトをあててみたいと思います♪

クロス社は米国で最も長い歴史を持つ筆記具メーカーで、開発コンセプトは開発力、創造力、情熱、そして技術を世界中に広め、人々にモノを書くことに対する認識に「革新」を与えることだそう。
それはシャープペンシルの元となった繰り出し式ペンシル」や、ボールペンの原型となった「スタイログラフィックペン」を世に送り出すこととなり、現在では26以上の特許を取得しています。

20140926_132959.jpg伝統を大切にし100年以上変わらない永遠のスタイル。
時代を先取りする先進性や伝統と革新を融合するまじめな物作りなど、時を越え愛用されるところはBMWと共通点も多いのではないでしょうか。
お客様に商談時ご使用いただくのに最適なボールペンを探していたPG土井信。

これでおもてなしの準備もばっちりです♪
皆様のご来場をお待ちしております。

高槻店 PG土井信

LINARI

BMWのオーナー様の多くは、多忙な日々を過ごされていることと思います。
疲れた体をご自宅などでリセットする際、リラックスした時間を過ごす為のこのようなアイテムは如何でしょうか。

高級ルームフレグランスのパイオニアとして2003年にレイナー・ディエシェによって誕生したドイツブランド「LINARI」。
新たに日本にインスピレーションを受けた「ウェーブライン」を追加し、10月28日に発売します。

linari_665_01.jpgシンプルで洗練されたデザインに加え、丁寧に創り出される香り、贅を極めた品質で、デビューからわずか数年で世界に認められ多くの人々を魅了しています。

「ウェーブライン」ではレイナー・ディエシェが来日した際に、日本の和菓子に感銘をうけて製作。
香りはもちろん、江戸時代に流行した網目文様を彷彿とさせる「ウェーブモチーフ」をボトルに採用し、香りとデザインを通してジャポニズムを表現しています。

皆様もルームフレグランスでライフスタイルを素敵に彩ってみては如何でしょうか。

高槻店 上田

新会長

BMWグループの子会社である「BMW M」社。
同社のモータースポーツ活動を統括するとともに、「M3」や「M5」などの高性能車の開発を手がけています。

その「BMW M」社の新会長にフランシスクス・ファンメール氏を任命する人事を発表致しました。

14134423423423.jpg現在48歳の同氏は、1996年アウディに入社。
シャシーの開発や技術部門の重要ポストを経て、直近までアウディの子会社でモータースポーツや高性能車部門である「クワトロ」社のマネージングディレクターを務めていました。

今回の人事はBMWがヘッドハントしたとのことで、新しい動きに注目ですね!

高槻店 上田

躍☆DO!

ノブッシーのダイナマイトショッピングのお時間がやってまいりました!
プシャシャシャ~!

それは躍動的であり、官能的。
未来を具現化しデザインを纏い、2009年のフランクフルト・モーターショーで登場した「BMW Vision EfficientDynamics.」。
現在発売されている「i8」のコンセプトモデルの同車、映画「ミッション・イン・ポッシブル」で活躍し話題となったモデルです。

本日ご紹介させて頂くのはそのラジコンカー1/14スケール!

PGD1.jpgプシャシャシャ~プシャッ!
ノブ汁が止まらないくらいカッコいいモデルですね~♪

前進はヘッドライトが、後退でテールランプが点灯します。
エクステリア、インテリア共に実車を感じさせる丁寧な作りとなっており、飾るにも良さそう。(ノブ注※単三電池7本(別売)で必要となります。)

プレゼントに最適な逸品、大人からお子様まで一緒になって遊べるコミュニケーションツール。(ノブ注※対象年齢8歳以上)
大切なあの方へ贈られてみてはいかがでしょうか!

高槻店 PG土井信

「カメラのドイ」の創業者である故土居君雄氏がドイツの工業技術に対する憧れから、名車BMWを収集し、世界的に注目を集めた「ドイBMWコレクション」。
同コレクションは、土居氏が他界後、新婚時代を堺の浜寺で過したことから、満里恵夫人により1993年に堺市に寄贈され、堺市ヒストリックカー・コレクションとなっています。

そのコレクションの一部が、南海電鉄の堺駅に直結するホテル・アゴーラ リージェンシー堺に展示されます。

756107.jpg展示されるのは、戦前のBMW社の最優秀ツーリングカーの一つに数えられるモデルBMW「327/328カブリオレ」とBMW「イセッタ250」の2台。
特に「イセッタ250」は、BMWのモーターサイクル「R25」に用いられていた空冷4サイクル単気筒エンジンを搭載したモデルで、戦後のBMW再生のきっかけとなったモデルとなっています。

期間は9月24日~10月19日の26日間で、「第41回堺まつり」の最終日となる10月19日には乗車が可能な記念撮影会も開催するとのこと。
BMWの歴史に触れて頂ける貴重な機会、是非ご覧下さい!

高槻店 上田

Louis XIII

世界有数の観光地であるマカオに、2016年前半の開業を予定している超高級ホテル「Louis XIII」。
その超高級ホテルが30台ものロールス・ロイス「ファントム」を発注しました。

753887.jpgロールスロイスによると、ひとりの顧客からの一度に30台の受注は、過去最大とのこと。
発注された全ての「ファントム」は顧客の要望に合わせた特別な「ビスポーク」仕様となっており、超高級ホテルの送迎に相応しい、さらなる豪華さが追求されています。
ホテルが開業する2016年に、30台もの「ファントム」で最高の観光を体験される方が羨ましいですね・・・。

高槻店 上田

世界選手権化

EVフォーミュラによる新シリーズ、「フォーミュラE」は9月13日に中国・北京で開幕。
トラブルに見舞われる車両もあったものの、各所でバトルが展開され、最終周の最終コーナーで首位争いを行なっていたレースカーが接触しクラッシュする波乱もありました。

743471374189748974893.jpg「フォーミュラE」のアレハンドロ・アガグCEOによると、マニュファクチャラーの関与がルール上で認められるようになれば、シリーズの世界選手権化も可能であるだろうと語っています。
FIAの規定によると、フォーミュラEが世界選手権のタイトルを冠するためには4つのマニュファクチャラーの参入が必要。

「スパーク・ルノーSRT 01E」のワンメイクでスタートした「フォーミュラ」ですが、2年目のシーズンからはチームやマニュファクチャラーにパワートレインの開発が認められ、3年目からはバッテリーの開発が認められています。
ルノーは将来的に独自のパワートレインを開発することに関心を示している他、サポートカーを供給するBMWもシリーズへの関心を示しているとのこと。

次世代の世界的レースとなるか、今後の動向に注目ですね!

高槻店 上田

土井noブログ・・・Start!

今回はPGDから、BMW自動車保険無償補償サービス開始のご案内をあらためて行なわせて頂きます。
通常の補償に加え無償でフロントガラスとドアミラーを補償する制度「BMW EXTRA CARE」が誕生!

このサービスの開始により、飛び石などによるフロントガラス破損や、ドアミラーの擦り損害等を自動車保険を使用せずに修理して頂くことが可能になりました。
既にご加入頂いているお客様には平成26年7月1日始期以降で自動付帯されます。(BMW車に限ります。)

補償内容は・・・
フロンガラス補償、限度額10万円(お客様負担1万円)
ドアミラー補償、限度額5万円(お客様負担5,000円)
※詳細はセールスコンサルタントまで、お気軽にお声がけください。

DSCN1645.jpgBMWオーナー様にだけ特別に提供される特典となりますので、是非、この機会にBMW保険をご検討されてみてはいかがでしょうか♪

高槻店PG 土井信

9月に雪上運転、そんなことが可能なのはもちろん南半球ということで、BMWニュージーランドが実施している体験イベント「BMW Alpine xDrive in New Zealand」。

31231313117787.jpgこれはBMWが誇る4輪駆動システム「xDrive」搭載車を使い、標高1500mのテストコースでインストラクターの指導のもとに「xDrive」の性能を体感してもらおうというもの。
会場となるのはニュージーランドでも有数のリゾート地であるクイーンズタウン郊外にあるスキー場。
ここに併設された「Southern Hemisphere Proving Ground」、日本語訳で「南半球試験場」と名付けられたこの施設は、北半球が夏の間にも本格的な雪上走行のテストができる世界で唯一の施設とのこと。

このツアーの参加者は前日と当日の2泊することになり、高級リゾート施設での宿泊と、ヘリでの施設移動などラグジュアリーな体験をすることとなります。
そして一面の銀世界の中、BMWと「xDrive」の特性などの講義、そして雪上でコーナリングやスラロームなど実技を行なうのです。

「非日常感」が沢山盛り込まれた体感イベント、こんな魅力的なものであれば日本でも開催して欲しいですね!

高槻店 上田

 | Blog Top | 

月別 アーカイブ

   September 2014   
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recommend




"