大使館公用車

2009年以来、在日ドイツ大使館公用車として合計7台の車両提供をおこなっているBMW。
今回、新たに「BMW i3」を大使館公用車として納車致しました。

BtxiYp6CEAET5lt.jpg納車された「i3」はレンジ・エクステンダー無しのEVモデルで、主に都内のモビリティに使用される予定となっています。
また、日々の充電は大使館敷地内に設置されたオプション設定の普通充電器、「Wallbox(ウオールボックス)」で行われとのこと。

メガシティ・ビークルとして開発された同車にとって、正に相応しい活躍の場となりそうですね!

高槻店 上田

米国で毎年8月に開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」、全米の富裕層が集まることで知られるこのクラシックカーのイベントに「BMW i8」の記念モデルを初公開します。

5dbc5c8514af43b4ffb9d031dc4818884323d1c6.jpg 「コンクール・デレガンス・エディション」と名付けられたそれは、ボディカラーにBMWインディビジュアルが手がけた特別なフローズングレーメタリックを採用。
インテリアにはブラウンのレザーが奢られ、ブルーのアクセントが添えられています。

5399f2943b72b68a9e665393067a7453893bd88b.jpg 同車はペブルビーチ・コンクール・デレガンスのオークションに出品される予定で、その収益は慈善団体に寄付されるそうです。

高槻店 上田

BMWブランドにとって初となるFFを駆動方式として採用した「2シリーズ•アクティブツアラー」が、ドイツで9月下旬に発売すると発表されました。

8fc6d1a29b9ab6ea14a66edf1f8134d3e74e8483.jpg2014年のジュネーブモーターショーで初公開された同車は、コンパクトボディに広い室内空間を持たせた、これもBMWブランドにとって初のMPVセグメントモデルとなっています。

ボディサイズは全長4342×全幅1800×全高1555mm、ホイールベース2670mm。
ドイツでのエンジンラインナップは3種類で、新開発の直噴1.5L直列3気筒ガソリンターボエンジンは最大出力136ps/4500-6000rpm、最大トルク22.4kgm/1250rpmを発揮。
欧州複合モード燃費は20.4km/L、CO2排出量は115g/kmとなっています。

発売のアナウンスと同時に発表されたドイツ国内価格は、ベースモデルで2万7200ユーロ(約370万円)としています。
日本導入まであと少しだけお待ち下さい!

高槻店 上田

C-1

サンフランシスコに本社を置く、2010年に設立された「リット・モーターズ」。
同社が取り組む新しい乗り物の開発、まるでSF映画から飛び出してきたようなデザインを持ったそれは、ハーマン・ミラーやBMWのデザインを手がけた著名デザイナーのイブ・ベアール氏によって生み出されました。

img_8d51bf61bcc6d30b13385aac316c09527929696.jpg「C-1」と名付けられたこのバイクにはジャイロシステムが搭載されており、側面から自動車に衝突されたとしても転倒しなくなっています。
つまり、車の安全さと便利さ、そしてバイクの効率性を兼ね備えた乗り物となっているのです。
約2万4000ドルと高額でありながら予約状況は順調とのことで、年内には生産を開始する予定となっています。

都市部での交通渋滞や燃料高騰という環境に商機を見出すことが出来るか、「BMW i3」とまた違った切り口の新しい乗り物となりそうです。

高槻店 上田

GoPure Compact

大気汚染の原因の一つである「PM2.5」(微小粒子状物質)、例年日本中を悩ませる花粉・・・。
BMWにはしっかりとしたフィルターが装備されていますが、人が出入りする以上、これらを完全に防ぐことは出来ません。
その対策として必要となるのが空気清浄機です。

本日ご紹介するのはPHILIPS(フィリップス)から発売された自動車用空気清浄機「Philips GoPure Compact(フィリップス ゴーピュア コンパクト)」。

PGC_05_665.jpg僅か176×176×73mmのサイズ、重力616gというコンパクト設計に3層の高性能フィルターを擁し、有害物質を瞬時にとらえます。
「プレフィルター」は花粉や黄砂などの目に見えるレベルのほこり、ペットの毛に対応し、「HEPAフィルター」はPM2.5等の1000分の1ミリレベルの有害粒子に対応。
「HESAフィルター」はアレルギー性物質やホルムアルデヒドといった有害物質に対応することで車内にこもる不快な空気を一層します。

シガーソケットに繋げるだけで使用することが出来るので、アームレストやヘッドレスト、座席の下など、車内スペースを有効に使いながら快適な車内空間を提供できるアイテム。
皆様のドライブの相棒に如何でしょうか・・・!?

高槻店 上田

Yas Marina Blue

アラブ首長国連邦の首長国、アブダビのヤス島にあるモータースポーツのサーキット「ヤスマリーナ・サーキット」。
全長5.554km、21のコーナーからなるこのコースは、約1.2kmのバックストレートが大きな特徴となっていますが、オーバーテイクが難しいサーキットの一つと言われています。
ランオフエリアは主にアスファルトとなっており、イメージカラーであるブルーのアンチスリップ塗料が施されています。

48032849283048239480289482.jpgそのサーキット名を冠したボディカラー、「ヤス・マリナ・ブルー」を身に纏った「M3」を本日はご紹介致します!
W様、ご注文からご納車までに4ヶ月頂きましたが、晴れて本日お届けすることが出来ました。

DSC01647.JPG「M」モデルの特徴とも言えるボンネットのパワードームや前後のオーバーフェンダーが否応無く特別なモデルであることを主張しています。
19インチの鍛造ホイールはブラックにペイントされ、カーボンルーフと相まってよりレーシーなイメージとさせます。

DSC01648.JPG他にも複数台所有されているW様、今回は増車とのことですが、きっとそのパフォーマンスにご満足頂けることと思います。
W様、今後とも末永いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。
ブログへのご協力、誠にありがとうございました!

高槻店 上田

classic MINI LEGO

LEGOで作った巨大なBMWを過去にご紹介させて頂きましたが、今回ご紹介させて頂くのはLEGOで再現された「クラシック・ミニ」 。
このキットは「クラシック・ミニ」の中でも終盤のモデルを細部にまで忠実に再現。
フロントのラジエーターグリル前の追加ヘッドライトやホイール、バンパー、ドアヒンジ、前後ライトなどオリジナルデザインを完全に踏襲しています。

mini_lego_004.jpgボディカラーにはブリティッシュ・レーシング・グリーンを採用、ルーフやボンネット上のストライプ、ミラーキャップにホワイトが配されます。
さらに、開閉できるボンネットの下は、実車同様4気筒エンジンブロックが横置きに配置!

mini_lego_030.jpg完成時のボディサイズは全長25×全幅14×全高11(cm)となり、1,077個のパーツで構成されるキットの対象年齢は16歳以上となっていますが、特別な道具も必要なく楽しめるのはさすがLEGO。
8月1日からWebで限定販売が行なわれるようですが、残念ながら配送先に日本は含まれず国内での販売は未定とのこと。
このキットなら、なんとしても手に入れたいファンの方もおられるのではないでしょうか!?

高槻店 上田

風力による自然エネルギーで製造される「BMW i」モデル。
その自然エネルギーを利用する上で重要になるのはやはり効率。
これを良くするための技術も日々進歩しています。

太陽光を集めて蒸気タービンを回転させる発電方法「集光型太陽熱発電」。
蒸気を発生させるために必要な量の太陽光を集光するためには、大規模な太陽炉や多額の費用が必要となります。

img_0.jpgこれに着目したマサチューセッツ機械工学部の開発した新しいシステムは、円筒形で内部が二重の層になっています。
上位の層は黒鉛にマイクロ波を当てて多孔性を持たせたもの、下の層は絶縁体の役割を果たすカーボンフォームで、これを水に浮かせて使用します。
日光が当たると黒鉛層の中にホットスポットができて、黒鉛の中の気孔から水が吸い上げられるため、水が温められて蒸気になります。

482834823482094809238409280492380.jpgこの新しい構造では比較的低い温度の太陽光で、熱をほとんど逃さずに蒸気を生成することができる上、円形の構造を水に浮かせるだけというシンプルな仕組み。
通常の晴れた日の日光で実験を行ったところ、85%の変換効率での10回の蒸気の生成に成功しているとのこと。
これらは比較的安価な材料で作ることや小型化が可能なため、太陽熱発電の著しい改良が期待されています。

太陽が唯一のエネルギー源となるような僻地ではこの技術はより有効であり、構造に使用する素材を変えることでさらに効率を上げることができるとのことで、さらなる進化が期待されますね!

高槻店 上田

New BMW X3

この週末3連休も多くのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。
本日は、発表されたばかりのニュー「BMW X3」について、その大きな変更点をBMW iセールスである石山君に協力頂きご紹介致します。

DSC01586.JPGまずは一番目を引くポイントであるフロント・デザインです。
キドニーグリルへと直接つながるヘッドライトのデザインが、よりワイドに見せると同時にパワフルな存在感を強調しています。
フォグライトはLEDとなり、オプションでアダプティブLEDヘッドライトの選択も可能となっています。

DSC01589.JPGドアミラーにはサイド・ターン・インジケーターが組み込まれ、フロントフェンダーには「X」を模したエレメントとM Sportモデルには「M」エンブレムが装着されます。

DSC01591.JPGインテリアにおいては、コントロール・ディスプレイ両サイドにクローム・インサートが追加。
センターパネルにハイグロス・ブラック仕上げを採用することで、より上質なインテリア空間としました。
細かい所ではカップホルダーに蓋が追加されていたりと、エクステリア以上に手が入っております。

他にもBMWではお馴染みとなりつつある「ドライビング・アシスト」も標準装備、その実力においても大きく進化している「BMW X3」。
ご覧頂けるお車も僅かとなっておりますので、気になる方はお早めにご来場下さい。

高槻店 上田

EXTRA CARE

万が一の事故などに心強い味方となる自動車保険。
皆様も様々な保険会社とご契約を頂いていることと思います。
そこで気になるのはやはり保険料。
安い方が良い・・・、でも一度使ってしまうと値上がりも気になって使えない・・・。
そんな方に魅力となるかもしれません。

BMWが用意する純正自動車保険では今までご契約頂いているお客様もこれからご加入頂くお客様も、保険開始日が7月1日以降の保険契約より、付帯補償サービス「EXTRA CARE」を無償でご提供致します。

318134830984923804823948.jpg「EXTRA CARE」では、飛び石などによるフロントガラス破損の損害を補償する「フロントガラス補償(補償限度額10万円、自己負担額1万円)」、ドアミラーの擦り損害・破損の損害を補償する「ドアミラー補償」(補償限度額5万円、自己負担額5千円)、いずれかを年間1回に限り無償でご利用頂けます。
このサービスをご利用頂くことで、上記損傷の修理で自動車保険の翌年の等級に影響が出ず、さらには車両保険を使う場合でも免責金額に充当できるというメリットもございます。

特に飛び石によるフロントガラス交換はBMWオーナーの皆様は身近な問題ではないでしょうか・・・。
自費では少し抵抗のある修理価格、しかし保険を使うには勿体無い・・・。
こんな悩みが解消されるBMW純正自動車保険、お見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。

高槻店 上田

 | Blog Top | 

月別 アーカイブ

   July 2014   
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recommend




"