116i Fashionista

センスが良くて、流行に敏感。
でも時代に流されず、自分のスタイルを貫く 「Fashionista」。
そんなオシャレな女性達と同じ名前を持つモデルが、370台限定でついに登場「!!」
 
3213131313131.jpgコンパクトなボディで軽快に走れるBMW1シリーズに、運転がますます好きになる、ライフスタイルを輝かせる装備をプラス。
エクステリアにはホワイト・キドニーグリル・バー、インテリアにはホワイト・アクリルガラス・トリムを採用し、白を基調とした洗練されインテリアはオイスター色のダコタレザーを組み合わせることで、明るくモダンなインテリアとなりました。
お洒落は足元から・・・、17インチのYスポーク・スタイリング・アロイホイールでエクステリアもスタイリッシュに。
でも運転が・・・という女性の味方、車庫入れをサポートするリヤビューカメラやパークディスタンス・コントロール(リヤ)、さらにキー操作なしでドアのロック/ロック解除が可能なコンフォートアクセスまでも装備。
USBオーディオ・インターフェイスでiPod内のお気に入りの曲を聞きながら、ドライブしてみませんか!?
ご興味のある方はお早めにお問い合わせ下さい・・・にこにこ

高槻店 上田

リリース迫る「BMW i」、公式Facebookでウィンターテスト中のi3が公表されました。
一面の雪で覆われた場所でテストを行う姿から、開発が順調なことが伺えますね。

123.jpg

新しいモビリティの模索はフォルクスワーゲンも以前から続けています。
2002年、当時の最新素材や空力設計を用いた初のコンセプトカーは公道で200km以上のテスト走行を行い、2007年に「L1」へと進化。
しかし空気抵抗の処理上、2人乗りとはいっても前後に乗るタンデム式で、残念ながら非日常性の強いモデルでした。
そして2013年に登場したのが「XL1」。
昨年のカタール・モーターショーですでにお披露目されていましたが、今回はプロダクションモデルとしての登場です。

1234.jpg
 
公表されている燃費は111km/ℓ、CO2排出量は21g/kmにまで抑えられています。
ボディサイズは全長3,888×全幅1,665×全高1,153mm。
BMW i3コンセプトクーペと比べると58mm短く、103mm狭い、そして402mm低くなっています。
パワートレインは最高出力48ps、最大トルク120Nmを発揮する0.8リッター直列2気筒ターボディーゼルエンジンと、最高出力20kW(27ps)、最大トルク140Nmを発揮する電気モーターのハイブリッド。
これに7段デュアルクラッチ(DSG)を組み合わし、ブーストモード0-100km/h加速は12.7秒、最高速度は160km/h。
モーターのみで満充電であれば50kmの走行が可能となっています。
 
111111111111.jpg
 
今回の発表はプロダクションモデルではありますが、車両の情報以外、デリバリー時期や金額などは明らかになっていません。
2013年のi3に続いて、2014年にはi8のリリースが予定されている「BMW i」。
様々なモビリティがリリースされる中で光る存在となれるか、他社の動きも見逃せませんね顔1(うれしいカオ)
 
高槻店 上田

maclaren

「マクラーレン」と聞くとF1を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
今日はマクラーレンの話題、しかし「Mclaren」ではなく「maclaren」のご紹介です。_1_reference.jpg

マクラーレンは世界で最初に折り畳み式のベビーカーを発売したメーカーです。
1967年にイギリスで創業と意外にも歴史は浅いのですが、創業者である航空学者のマクラーレンは携わっていた車輪設計の知識を生かし、試行錯誤を繰り返しながらベビーカーを製作しました。
その甲斐あって、今やマクラーレンベビーカーは50カ国以上で販売される規模となっています。
著名ブランドやデザイナーとのコラボレーションが話題となる同社、2013年の新作はBMWとコラボ。
人間工学に基づいて設計されたハンドル部分は手によくフィットし、ハンドルを握る手の力がそのまま前輪に伝わるように考慮された設計はまさしくBMWそのもの。
各車輪の中央にはBMWのロゴが入り、丁寧なキルティングが施されたシートやテールランプに見立てた赤い車輪止めなど、こだわりが随所に散りばめられています。
イケメンのイクメンが多いBMWオーナー様、ネイビー、ブラック、シルバーというカラーバリエーションですのでカッコ良く育児・・・いかがですか!?

高槻店 上田

空中一回転

フランス北アルプスのスキーリゾート「ティーニュ」。
そこでラリー仕様のMINIクロスオーバーJCWがゲレンデに設けられたジャンプ台を使って、バックフリップ(空中一回転)にチャレンジ「!!」

クロスオーバーの高性能グレード、「ジョンクーパーワークス」(JCW)を使って無謀ともいえる挑戦を行ったのは、フランス人のラリードライバー、ゲラン・シシェリ選手。
同選手はフリースタイルスキーで4度の世界チャンピオンに輝いたことでも有名です。
MINIによると、「自動車によるアシストなしの空中一回転で、着地まで決めたのは世界初」とのことで、公開5日程で早くも270万回以上再生されているとのこと。
MINIだからこその身のこなし、ここまでは出来ずともご試乗できっとその片鱗を感じて戴けるのではないでしょうかにこにこ

高槻店 上田

アメニティー

お客様とお話をさせて戴いているとご旅行がお好きな方が多く、しかも高級なお宿に宿泊されているので羨ましい・・・と思います。
それぞれの「good」や「more」の部分などお話を聞いているととても面白いです。

そこで本日ご紹介するのは、オンラインホテル予約サイト世界最大手の「Hotels.com」が28カ国の都市で8,600人を対象に行った「アメニティに関するアンケート」。
世界中の旅行者はホテル滞在中であっても我が家のようにくつろげる空間を求め、最も重視するアメニティーは「無料のWi-Fi」、「食事とカフェイン入りのドリンク」が選ばれていることが分かりました。

FacebookやTwitterなどが広がる中、旅行の目的に関わらずインターネットへのアクセスを希望する人が多く、無料Wi-Fiは必要不可欠なアメニティーとなっています。
また、朝食の無料サービスや無料飲食サービスは日本人旅行者も特に関心が強く、ミネラルウォーターは多くのホテルで取り扱って欲しいと回答しています。
他に日本人の回答ではベッドやバスタブも高い回答率となっています。

無題.jpg

非日常的な贅沢を求める旅行者からは有名ブランドのアメニティや・執事などの回答もありましたが、なんと世界の回答者の半分以上にあたる54%はロールス・ロイス・ファントムの無料試乗をぜひ体験してみたい最も「斬新」なアメニティーと答えています。
確かに、そんなアメニティー体験できるものならしたいですね・・・。

最後に、「日本人が選ぶ最も良いアメニティーのある国」。
第1位は・・・日本!
やっぱり日本人は日本が好きなんですね~にこにこ

高槻店 上田

ゴールを目指すランナーと、未来へと駆けぬけるBMW。
どちらにも共通するのは、さらなる高みへと走りつづける情熱です。
BMW Japanは2011年、2012年に引き続き、「東京マラソン2013」の公式スポンサーとして大会をサポート致します。

1302w4runtojoy1600_1200.jpg

当日はBluePerformanceやActiveHybridが大会をサポート、中継できっとご覧戴くことができるはずです。
残念ながらBMW Japanが応援する藤原新選手は欠場となってしまいましたが、選手たちと同じように最小限のエネルギーで最大限の効果を得るBMWの走りをご覧戴ければと思います。
「東京マラソン2013」は2月24日開催ですにこにこ

高槻店 上田

高槻店大人気ブロガー土井信チュルノリです「!!」
本日はBMW1シリーズの魅力再確認の土井信レポートをお届け致します。

まず皆様にお知らせしたいのは、1シリーズはBMWエントリーモデルであると同時に、かつ最もスポーティなモデルであるということですかわいい
コンパクトサイズではスペース効率で有利なFFを採用するメーカーがほとんどの中、BMWではFRを採用し、さらに前後重量バランスも50:50とるることで卓越した運動性能を発揮しています。

BMW_1series_preview_01.jpg

BMWの魅力である「駆けぬける歓び」をより感じて戴く為に「M135」をラインナップ。
これは「BMW M」シリーズと標準モデルとの間に位置するモデルで、最強のホットハッチと言っても過言ではありませんOK!

bmw-1-series-3d-10.jpg

■1シリーズの土井信的Check Point「!!」
① 右ハンドルでも最適化された運転席レイアウト(輸入車初心者の方でも疲れず運転ラクラク)。
②ランフラットタイヤを標準装備、ラジアルタイヤとほぼ同等の乗り心地を実現。
③初代1シリーズよりホイールベースを30mm延長し、室内の快適性向上(3シリーズのような満足感)。
④BMW初のドアミラー内蔵のウインカーを採用(光物大好き)。
⑤新開発の直列4気筒ターボエンジン搭載+トランスミッション8速AT化(軽快&滑らかな加速の実現)。
⑥アイドリングストップ機能に加えブレーキ・エネルギー回生システムで燃費向上。

その他、ご紹介し切れないほど魅力満載のBMW1シリーズ。
是非、ショールームでその魅力に触れて戴ければと思います。
ご来場、心よりお待ち申し上げますにこにこ

高槻店 土井信

 

MINI Paceman

今日はMINIの話題をいきましょう!
ご存知の方も多いかと思いますが、MINIの新しいコンセプトであるスポーツ・アクティビティ・クーペ「ペースマン」です。

111111.jpg

BMWユーザーの方であればピンとこられたでしょう、BMW X6と同じコンセプトのモデルとなります。
それはエレガントなクーペのデザインに加え、様々なシーンで活用できるアクティブさ、そして走る楽しさであるスポーツを融合させたもの。
最も美しく見えるのは斜め後ろから見た角度という「ペースマン」、発売は3月2日「ミニの日」とのことです。
MINIの中でも拘りの強いモデル「ペースマン」、デビューまであと少しですにこにこ

高槻店 上田

モデル呼称を一新することが示唆されている「3シリーズクーペ・カブリオレ」。
その後継車に位置づけられると言われる「4シリーズ」のコンセプトカーの動画が公開されています。

4シリーズのボディサイズは全長4641×全幅1826×全高1362mm、ホイールベース2810mm。
現行3シリーズ・クーペと比較すると、29mm長く、44mmワイドで、16mm低い、そしてホイールベースは50mm長くなっています。
気になる登場時期は「今年中に全世界へ投入」とのことで、デビューが楽しみですねにこにこ

高槻店 上田

Adequate・・・!?

もっともダイナミックなモデル「Rolls-Royce Wraith」。
オフィシャルサイトで動画も公開され、その姿は徐々に明らかになっています。

 「ファントム」や「ゴースト」といったモデル名は超常的な力を表現する意味も含まれており、「レイス」もまた霊を意味する言葉、超常的なパフォーマンスはその一員の証でもあります。
その気になる「レイス」のスペックは・・・?
600ps超のパワーで2,300kgの車体を5秒もかからず時速100kmにまで到達させる・・・、それは十分というよりは尽きる心配がない・・・そんな表現の方が適正とも言えるものになるようですにこにこ

高槻店 上田

 | Blog Top | 

月別 アーカイブ

   February 2013   
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recommend




"