提携深化

昨年12月に共同研究やエンジンの供給などで提携を行ったトヨタとBMW。
これに留まらず、両社の戦略的な協力関係が強化される発表が行われました。


大きく4分野に渡る協業関係は、「FC(燃料電池)システムの共同開発」・「スポーツカーの共同開発」・「電動化に関する協業」・「軽量化技術の共同研究開発」で、持続可能な将来のモビリティにおいて戦略的なビジョンを共有し、自動車業界をリードしていくことが狙いとなっています。

豊田社長は自らドイツのニュルブリンクリンクでの車両開発に参加しており、「ニュルでクルマの評価をしていると、必ず私を追い抜いていくクルマがある。それがBMWです。」と語り、続けて「BMWと協業することで、どのようなクルマができるかワクワクしている。」と期待を膨らませています。
両社のアプローチの違いをどのように融合していくのか、期待して待ちましょう笑顔
高槻店 上田

軽量化

燃費競争が激化する中、BMWはエンジンの高効率化と軽量化を行い、ライバルメーカーに挑んでいます。
技術的な取り組みはドイツや日本が一歩リードしているかと思いきや、GMの高級車ブランドである「キャデラック」のニューモデルが軽量を武器にデビューします。


2013年モデルとして米国市場に投入する「ATS」というスポーツセダンの車両重量は、2.5LのAT仕様で1504kg。
では同クラスのドイツ競合3車と比較すると・・・
BMW328i・・・1570kg
メルセデスベンツC250・・・1555kg
アウディA4 2.0T・・・1590kg
それぞれのメーカーで装備内容などが違うことを考えても、50〜90kgの重量差が完全に埋まるとは考え難いですね。

この軽さを生かしたパフォーマンスが期待されるキャデラックATS。
強力なライバル達を前に、BMWが「BMW i」で培われた軽量化技術を「安全」や「走り」を犠牲にすることなくどのように導入していくのか、楽しみですね笑顔
高槻店 上田

祝!500台!

突撃レポーター土井信(どいのぶ)ですキラキラ
本日は「祝びっくり寺輪さん500台達成祝賀会ハート」のレポートを致します走る
偉大なる寺輪さんのお祝いという事で営業スタッフ全員でおもてなしOK
達成の秘話やセールスのいろは・・・、僕達のような半人前セールスには夢のような時間でした(僕らの憧れです)笑顔


Surpriseびっくり
お祝いケーキの登場に寺輪さんも照れ笑い・・・ドキドキ大
「次は・・・1000台や・・・。」と力強いお言葉も戴けました拍手
来月にパレスホテル東京で執り行われる表彰式に出席する寺輪さん、皆様もご来場の際には「よっ!500台セールス!」とお声がけ下さい。
きっと寺輪さんの照れ笑いが見れるハズです・・・ヒヨコ

寺輪さん本当におめでとうございますハート
高槻店 土井信
米国の民間調査会社であるJDパワー&アソシエイツ社が「2012年米国自動車初期品質調査」の結果を発表しました。
ブランド別ではレクサスが2年連続で首位に輝いています。


今年で26回目のこの調査、2012年モデルを新車で購入またはリースした顧客を対象に、納車から90日後の初期品質について調査しています。
今年2月から7万4000人以上の調査を行い、ランキングを行っています。

ブランド別の初期品質調査の結果は以下の通りです。(PP/不具合指摘指数)
1:レクサス(73PP)
2:ジャガー/ポルシェ(75PP)
3:キャデラック(80PP)
4:ホンダ(83PP)
5:アキュラ/インフィニティ(84PP)
6:トヨタ(88PP)
7:メルセデスベンツ(96PP)
8:BMW/マツダ(97PP)
9:GMC/日産/ラム(99PP)
10:シボレー(100PP)

業界平均値は102PPで、10位から上位のブランドが平均を上回っています。
大躍進はジャガーで、前回の15位(114pp)から2位(75pp)へ急上昇し、大幅な改善を果たしています。
BMWの順位は・・・、平均を上回るも微妙な位置ですね。
皆様からご支持戴けるブランドだからこそ、品質管理の向上を徹底していかなければなりませんねびっくり
高槻店 上田

弾丸

BMWの高性能車を製作する「BMW M」社。
Mのパフォーマンスを誇示する映像がBMWカナダの公式サイトで公開されています。



「BMW M5」がガラス製の巨大なリンゴや、水が入った巨大風船などを割る瞬間をスローモーション化し、アートを表現しています。
この動画は「弾丸 ハイパフォーマンスアート」と名付けられているとのことで、パフォーマンスの表現にアートを使うのがBMWらしいですね笑顔
高槻店 上田
高槻店の突撃(ぶっこみ)レポーターの土井信です笑顔
デビュー以来大好評を戴いているX3に新しく追加された「xDrive20i」を試乗しましたので、リポートさせて戴きますキラキラ


試乗したのは「Msport」がオプション装備されたお車です。
実車を一目見て・・・「カッコいいーーーーーーーーーーーーぃびっくりびっくりびっくりびっくりキラキラ
私には少し及びませんが、このカッコ良さでは女性に人気があるのも頷けますOK
Mスポーツ専用デザインのエアロダイナミクス・キットが存在感をUPさせたエクステリアは、さらに18インチ・アロイ・ホイールを組み合わされてDynamiteびっくり
ブラックに統一されたインテリアはアルミのトリムがSo Coolキラキラ


2L・直列4気筒ツインパワー・ターボエンジンは想像以上にパワフルで軽快びっくり
高槻店自慢の試乗コースも時間を忘れてしまう程楽しんでしまいました拍手
走る・曲がる・止まるはBMWではお墨付き、そこに4WDの安定感がプラスされて私のような下手っぴでも気持ち良く駆け抜けることが可能です車


実力派SAV、新型「BMW X3」。
嬉しい事に 減税&補助金対象車種ですOK
土井信お勧めの1台です笑顔
高槻店 土井信
1995年に設立されたサスティナビリティ格付け機関「SAMグループ」は、スイス・チューリッヒを拠点とし、上場企業2000社以上を対象に分析・格付けを行っています。
BMWグループはそのSAMグループ「サスティナビリティ賞」のSAMゴールドクラス賞を受賞し、さらにセクター別最優秀企業にも選定されましたキラキラ


ドイツで初となるベルリンの通信博物館で行われた授賞式で、SAMグループCEOのミヒャエル・バルディンガーは、「BMWグループは革新経営で世界をリードする企業であり、環境への悪影響を削減する取り組みを懸命に進めてきた」と評価しました。
BMWグループは1973年に自動車メーカーとしては初めてとなる環境問題に関する責任者を任命するなど、サスティナビリティ戦略を組織的に策定・実施してきました。
BMW AGのハラルド・クルーガー取締役は「BMWグループでは、物事を長期的な視点で考え、責任ある行動を取ることが経済的繁栄の基礎と位置づけている」と述べています。

BMWグループではゴールドクラス賞の受賞で「世界で最もサステイナブルな自動車メーカーに認定された」としています。
実はBMWに乗ることは、「エコ」なのですよ笑顔
高槻店 上田

全身ゴールド

英国で開幕されるロンドンオリンピック2012に協賛するBMW。
開催を前に、ユニークなキャンペーンを展開しています。
登場する1・3・5シリーズの3台のBMW、なんとボディにはゴールドのラッピングが施されています。


否応なしに目立つこの3台が英国各地をキャラバンし、これを目撃した人は写真を撮り、専用のFacebookやTwitterに投稿することでロンドンオリンピックの観戦チケットが抽選で当たるという仕組みです。
早速、英国各地から多くの投稿が寄せられているとのことで、オリンピックと共にBMWへの注目度も高まりそうですね笑顔
高槻店 上田
英国のUKIPメディア&イベント社が発表した「ベストパフォーマンスエンジン2012」。
数ある競合を抑え、栄冠に輝いたのはフェラーリ「458イタリア」の4.5L・V8でした。
なんと2年連続びっくり

クルマの心臓部であるエンジンに着目して優れたエンジンを選出しますが、少なくとも世界一カ国以上で販売されている車種のエンジンを対象に、世界35か国76名のジャーナリストが投票を行います。
この「ベストパフォーマンスエンジン」は特に力強さや回転フィールに重点を置いて、審査が行われます。

1:フェラーリの4.5L・V8(171点)…458イタリア
2:マクラーレンの3.8L・V8ツインターボ(147点)…MP4‐12C
3:BMWの4.4L・V8ツインターボ(127点)…M5・M6
4:ポルシェの3.8L・水平対向6気筒(111点)…911カレラS
5:フェラーリの6.3L・V12(103点)…FF
6:BMWの3.0L・直6ターボディーゼル(100点)…X5シリーズなど


顔を見せるのは「スーパーカー」と呼ばれるクルマばかりですが、この中で、直6ディーゼルターボをランクインさせるあたり、エンジン屋の面目躍如ですね笑顔
高槻店 上田

BMW i Store

「BMW i」の話題が続きます。。。
同ブランドにおいて世界最初のショールーム、「BMW iストア」を公開しました。
ロンドンオリンピック開催間近の7月25日に「BMW i パークレーン」の店名を掲げて営業を開始します。


この「i」ブランド専売のストアはロンドンで第1号店を開業した後、順次、インフラが整った市場で展開を行っていくとのこと。
これに合わせて披露されたのが「BMW i3」のアップデートバージョン。
今回は内装を中心にリニューアルされており、環境に優しい再生可能素材の使用や、ヨーロッパ原産のユーカリを用いたインテリアトリムやウールとレザーを組み合わせたシート表皮などを採用しています。
さらに近隣の再生可能素材を使うことで植物の生育時にはCO2削減に寄与し、かつ輸送時のCO2排出の低減に配慮しています。

本格的に導入活動が始まる「BMW i」、日本での展開もそう遠くは無いはずです笑顔
高槻店 上田
 | Blog Top | 

月別 アーカイブ

   June 2012   
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recommend




"