nur M6 (1024x683).jpg

先週末に開催されたニュルブルクリンク24時間耐久レース。

僕が現地で観戦できたのがもう2年前、濃い~記憶がまだ残ってます。

 

世界で最も過酷なレースと言われるこのレース、

今年も雹が降ったり、大雨が降ったり、その名どおりの天候だったようです。

 

BMWは総合で5位に入賞したチームが最高位と、少し残念な結果でしたが、

完走した全てのチームが偉大なレースですので、Great Jobですね!

 

阿部商会からは仕事だと言いながら、なんと5人ぐらい今年は行ってます。

そして、そんなレースを制したクルマにはBILSTEINが装着されており、

現地に行ったスタッフ達も大喜びだったようです。

クルマの名前はここでは言えません...1~4位までまさかの独占...

IMG_7194.jpg

どうしてもっとCoolな名前で若者が来たくなるような展示会にしないのか、はさておき。

パシフィコ横浜の展示会に初参加、OEM部品メーカー主体の展示会です。

 

写真はBilstein社の展示コーナー、母体のティッセンクルップ社ブースの一部。

詳しいことは言えませんが、現在日本車を含めたいくつもの自動車メーカーが、

ビルシュタイン社のサスペンションシステムを採用したいと開発が進んでます。

 

左上のDamp Tronic SkyはBMW新7シリーズや、Mercedes Benz Sクラスなど、

世界最高のLuxury carに採用されているサスペンション。

New7シリーズのリアシートの快適性が大きく向上した理由の1つなのです。

 

右上のDamp Tronic SelectはBMW i8にも装着されている、

車内でサスペンションの設定を変更できるタイプ、

Sport or Confortって選ぶとサスペンションも連動する高性能ダンパー。

 

そして右下は見ためから思いっきりポルシェの純正サスペンション、

これまた高い走行性能を求める自動車メーカーの目標の1つ。

 

当然アフターマーケット用の商品にも技術は継承されており、

その商品達はまさにDrive the Legend。

 

ところで会場の外ではニューモデルの体験試乗会もやっており、

Suzuki Alto Works, Honda S660, Daihatsu Copenなどの、

スポーツ走行性能の高い軽自動車が並んでいるのを見ました。

クルマ好きな若者が乗りはじめている素晴らしいモデル達、

日本のスポーツ走行文化はまだまだこれから成長しますね。

IMG_7180.jpg

Abeshokai取引先と夕飯食べる前に、メルセデスコネクションを見物に。

従来のコネクションの隣にSUV試乗コーナーができたのは知ってましたが、

ちょうど試乗をやってました。

 

ライバル社ですが、スゴイ笑。

見てるだけでもスリル感があるぐらいの急勾配。

この場所で、こんな事をやろうと考えた人を尊敬します。

 

クルマのマーケティングって色々ありますが、

久しぶりに独創的な内容を体験。

ナマで見ると結構スゴイです。

Compact DIESEL

IMG_7163.jpg

今週末はMINIのディーゼルエンジンデビューフェア。

これまでガソリンしかなかったF55, F56(5ドアと3ドア)、F54(クラブマン)に、

ディーゼルエンジンのラインアップが登場。

 

しかもCooperDとCooperSDの2タイプのディーゼルエンジンが、

上記3車種全てに設定されます。

新型ディーゼルエンジンの最大メリットは燃費。

大げさではなく、燃料計の針が固まったように感じます。

僕もディーゼル乗っていましたが、本当に驚きます。

 

今週はBMW1シリーズにもついにディーゼルが設定。

118Dがデビュー。

乗用車でも大きめのSUVなどのイメージがあるディーゼルですが、

コンパクトなボディに搭載されると、スタート時の加速性能がより楽しめます。

 

MINI大田ではもちろん試乗車をご用意してます、ぜひお試し下さい。

X6M tuned

x6m a.jpg

久しぶりにイカツイ~!ってAbe BMWの新車、X6M。

マセラティやジャガーなどからも新しいSUVが続々ですが、

この迫力、このインパクト、このスタイル、ライバルいません。敵無しです。

x6m b.jpg

Rohanaのホイールに、コンチネンタルタイヤのスポーツコンタクト6。

あとは少し車高を下げるだけで、このパンチ力。

 

x6m c.jpg

フロントリップは3Dデザイン。

Abe BMWで新車ご購入いただくと、こんな雰囲気でのご納車が可能です。

This is Abe BMW 麻布ショールーム。03-3582-3281。

bancho.jpg

明日の18日、千代田区番町というAbe BMW初めてのロケーションで出張イベント。

詳細はこちらから。

http://www.abebmw.co.jp/jp/abebmw/ja/dealer/news/banchou.html

都内のど真ん中にある高級住宅街&オフィス街といった町でして、

再開発なのか大きなスペースがありそこで平日に開催します。

 

場所はJR市ヶ谷駅か、メトロ有楽町線の麹町駅の近くで、

市ヶ谷から甲州街道に抜ける道沿い。住所は千代田区四番町。

靖国通りと甲州街道の間ですね。

 

M6カブリオレ、750Li、X6Mと言ったハイエンドモデルを展示、

11時~18時まで開催しますので、お近くの方は寄ってみて下さい。

IMG_7119 (2).jpg

久しぶりに愛車のM235で富士スピードウェイに行き、本コースでスポーツ走行。

久しぶりすぎて落ち着いて走れなかったので、また可能な限り足を運ぼうと思います。

 

このM235ですが、今後Abe BMWで本格的に販売していく、

アイバッハのローダウンパッケージを装着してます。

EibachのProkit(ローダウンスプリング)とPro Spacer(10mm)によるパッケージで、

M235だとノーマルよりフロント20mm、リア10mmのローダウン。

ベターッと下げるのでは無く、ノーマルより少しだけ下げるのがこのパッケージ、

当然車検対応レベルですし、立体駐車場に入らない!などの不便も全く無いです。

特筆すべきは乗り心地で、ゴツゴツ感はノーマルよりも減るイメージ、

スプリング交換だけだと乗り心地が悪くなるのは、アイバッハには当てはまりません。

  

スペーサーも前後ともに10mmなので主張しすぎず、もちろん車検対応レベル。

Abe BMW独自の税込み、工賃込みでお手軽な13万円のローダウンパッケージ。

 

でも、ルックス印象はかなり変わります。

肝心なビフォー写真撮り忘れてしまい...比較できないのですが、

パッと見で、『このM235カッコ良いですね』、『これノーマルですか?』と、

かなり評判が良いです。オーナーのこだわりがビシッと伝わります。

  

ブレまくっちゃうので本当に余談ですが、

富士スピードウェイで帰り支度してたら別のM235のオーナーさんに会い、

僕のよりもバッチリ車高が下がっていて、お聞きしたらタイムもずっと早い。

足回りは、BILSTEINのB16 、やはり走り好きな方はBILSTEIN多いです。

もう欲しくなっちゃった笑!

Love Motorsports!

DSC01224 (1024x685).jpg

阿部商会ではGWに2つ大きなモータースポーツがありました。

1つは当然スーパーGT@富士スピードウェイ。

我らがStudie BMW M6はトラブルもあり残念な結果でしたが、

ポテンシャルの高さは間違いなく、注目度の高さもやはり抜群。

録画したJ Sports見てても話題に上がる数が他チームとは異なる事が良く解ります。 

阿部商会として今年サポートするのは3チーム。

1、Hitotsuyama Audi R8 LMS

昨年に続きMade in GermanyのEibach社によるスプリングと、同じくGermanyのFUCHS社によるエンジンオイルなどオイル関係。

 2、JMS LMcorsa 488 GT3

今年から参戦のフェラーリ488GT3にもEibach社のスプリングが装着。

 3、こちらも昨年に続き、グッドスマイル初音ミクAMG

こちらもFUCHS社によるエンジンオイルなどでサポート。

 

ジワジワ広がりつつある阿部商会のスーパーGTでの活動が、

ついにドイツ車だけでなくイタリア車にも広がって、社員も毎戦足を運んでおり最高です。

 

 monsterjam (1024x768).jpg

そしてもう1つはMonster Jam。

アメリカ本場から写真のようなモンスタートラックが日本初上陸で大阪に登場。

メインスポンサーがBKTという阿部商会が取り扱うタイヤメーカーであり、

この日の為に用意した150万wのでっかいテントでバッチリ出店。

巨大なタイヤを装着した9000CCの巨大なトラックが走り回り、

ジャンプして飛ぶ姿はこれまた魅力的なモータースポーツ。

来年は東京開催か?なんて声もあるようで、期待大。アメリカ好きはストライクなイベント。

 

そんな訳でLOVE Motorsportsな阿部商会及びAbe Groupです!

IMG_7112.jpg

街で見かけるようになってきたMINI Clubman。

ショールームで見ると大きいけれど、街で見ると『最新のMINI!』って感じと、

『最新のプレミアムな輸入車!』って感じがプンプンします。

サイズやバランスが普通じゃなくて、秀逸なMINIデザインの結果でしょうか。

 

さらにJCWパッケージが登場、とてもユニークな1台。

エアロ形状がF55,56とはかなり異なり、また新しい流れになりそう。

BMWでもセダンとクーペで細かいデザインが異なり、

LCIのタイミングでどちらかに近づいたりとか、得意なパターン。

 

クラブマンのJCWチリパッケージ、

コンフォートアクセス、18インチ、PDCなどフル装備。

アイバッハのスプリングで乗り心地は快適で、車高を下げればバッチシ。

ラグジュアリーイメージの強いクラブマンの最新作、要チェックですよ。

mini challenge italia.jpg

各国で開催されているMINI Challengeというワンメークのレース。

イタリアでは今年からF56ベースの車両が投入されて、

そのサスペンションはBilsteinのMDSが採用されたとの事。

これがイタリアのビルシュタインのインポーターによる結果なのですが、

NTPっていう会社で、スゴイ頑張っているんですよね。

 

先日もアルファ4CのB16を先行開発したって連絡があったので、

早速輸入して日本でも販売開始。

お膝元のイタリア車の開発だけではなくて、こうしたレース用の商品もかなり販売しており、

おなじBilstein Technical Center仲間として刺激を受けます。

 

GW休み明けらしく、スーパー関係無い話題ですがw、

明日明後日はM2デビューイベント開催中!

 | Blog Top | 
4つのブログラインナップ
・AbeBlog From Tokyo Tower
AbeBlog From Waterfront
AbeBlog From Parts & Accessory
AbeBlog From 認定中古車

月別 アーカイブ




"