New MINI 5 door F55

f55 3.jpg

先週末に内覧会を終えて、いよいよ今週末にデビューとなるNew MINI 5ドア。

既に予約注文をいただいており、好調なスタートです。

 

 

これからMINIラインアップの中心となっていくモデルは、

MINIらしいデザイン、アイデンティティをしっかりと残しながら、

4人が快適に乗れるスペースと使い勝手の良さを確保した、最新のMINIです。

 

 

 

車内の装備も最新のMINIらしく、

使い勝手の良い純正ナビ、ETC、Bluetoothといった便利な機能が、

MINIらしい間接照明をふんだんに使った、キレイなインテリアデザインと同居してます。

 

 

国産車はもちろんですが、輸入車でも超激戦区であるコンパクト4ドアのマーケットにおいて、

最強のプレイヤーになれる可能性があるこのMINI5ドア。

コーナリング、燃費、加速、走行性能にはどこにも隙がありません。

最近奥さん用にかったF56 Cooperをたまに乗りますが、

1.5L 3気筒の新型エンジンは最高に楽しいエンジンですし、

高速道路でグッと踏んでもまだまだ余裕を感じます。

 

 

MINI大田ではCooper S、写真のブルーの試乗車をご用意してあります、

車内のスペースや走行性能など、ぜひ実際に運転してご体感下さいませ。

m4 dtm (1024x724).jpg

2014年DTMのドライバーズタイトルでチャンピオンになった、

BMW Team RMGのMarco Wittmann。

このチャンピオンドライバーの名を冠した超レアな限定車がドイツで販売開始、

なんと世界限定23台、こりゃ日本には上陸しなそうです。

 

しかしBMW Motorsportにしてみればなんとも寂しい結果の限定車のはず。

先週末の最終戦前までBMWはマニュファクチャータイトルで1位、

2位Audiとの差は20ポイント近くあり、去年のE92M3DTM Editionのような限定車が登場するかな?と、

ひそかにタイトル優勝の先まで期待してました。

 

残念ながら最終戦でAudiに1・2・3位の表彰台独占勝利をされて、大逆転。

2連覇していたマニュファクチャーズタイトルをAudiに明け渡した結果になりました。

 

それでもMarcoのドライバーズタイトルにちなんだM4限定車は、

インテリアトリムなどにサインが入っており、まさにファンにはたまらない内容。

 

これでDTMも今年は終わり。

2015年からSuper GTのGT500と距離が近づくような噂ですが、

来年またBMW、Audi、Mercedesのドイツ3大メーカーによる激闘がスタートするまで、

しばしの休憩です。来年はどんなマシンか楽しみです。

drift tokyo d1 (1024x683).jpg

今週末は10月商戦で重要な週末、

アポイントもあり、土曜・日曜の両日ともショールーム全開営業中。

 

 

でも3時間だけD1GPのTokyo Driftを見学にお台場へ行ってきましたw

あいかわらずの大人になってから色々なモータースポーツ初体験な人生でして、

ドリフトイベントも初めての体験だったのですが、

エンターテイメントとしてとっても面白かったです!

 

 

下手なレースよりもよっぽど解りやすいし、

座って見渡せる小さなコースで、MCの解説付き。

 

秋晴れの週末にピッタリなモータースポーツでした。

 

Abe BMW&MINI Otaともに明日も試乗イベント開催中です!

MINI Rally号

Rally02.jpg

来年から参戦するラリー車のレプリカ号が、

MINI ConnectionからMINI大田に帰ってきたとたんに、なんとショールームに展示されてます。

なんて素晴らしいスタッフたちでしょうか(笑)。

 

早くも取材もあるらしく既に脚光浴びちゃってます。

 

もうすぐ4ドアのMINI(F55)が登場するMINI大田ショールーム、

MINIラインアップもいよいよにぎやかになります。

もちろんオーダー受付開始してますので、ご興味ある方は今週末からお越しください♪

8_d.jpg

北国、積雪地方から多くのリクエストをいただいていた、

3シリーズのxDrive用車高調整キットがついに登場です。

320セダン、320ツーリング、それぞれに設定されたxDriveにより、

○udiにおされていた4駆の人気が高いエリアで、一気に巻き返しているBMW。

高額なSUVが中心の輸入車四駆市場において、

500万前半で購入できる3シリーズxDriveはコストパフォーマンスも高いです。 

  

そんなクルマですので、

少し車高を落としてよりスポーティなハンドリングをご希望の方、Bilsteinご指名の方、

とっても多くいらっしゃいました。

 

日本のBilstein Technical Centerで開発しまして、ついに登場です。

大変お待たせ致しました。

今年の冬は、山へのドライビングがもっと楽しくなりますね。

x4 circuit (1024x683).jpg

こちらがAbe BMWのX4誌乗車、28i Msports。

あいにくのお天気でデビューイベントでのご試乗はあまり多くありませんでしたが、

やはり注目度は高く、お問い合わせはいただいてます。

 

X6よりもコンパクトで、都内でも不便なく使えるサイズは人気が出そうです。

全高はX3より5cm低く、スポーティな印象。

しかしX3よりスポーティなのは外見だけではありません。

例えば、バリアブルスポーツステアリング。高速時と低速時で、

ステアリングの最大回転角が変わる機能はX4にだけ標準です。

 またパフォーマンスコントロールという、スポーティな走行に超重要なオプションも標準。

こちらはコーナリング時にアンダーステアが出始めたタイミングで、

内側のリアにだけ微妙なブレーキをかけて、外側にトラクションがしっかりとかかるようにコントロール。これはかなり自然にコントロールされるので、体感するには優れた体内センサーが必要になりそうですね。

この内側リアへのブレーキコントロールは、サーキットを速く走るのにも有効で、

先日サーキットでインストラクターの人が、ベストタイムにはDTCカット(1回押すだけ)が、

一番早く走れるって言っていました。

 

長い話になりましたが、動力性能もなかなか高いです。

例えばポルシェのマカン、スタンダードグレードはX4 28と同じく2リッターターボ。

でも0-100kmはX4 28iの方が0.5秒速いです。

 

ご試乗お待ちしております!

DSC08410 (1024x683).jpg

今日はMINI Connection2014をみに、富士スピードウェイへ。

今回はF55のAsia Premireが最大の話題なのですが、

個人的にはこのクロスオーバーが必見です。

DSC08411 (1024x683).jpg

MINI大田が車両提供と技術サポートするMINI Crossover Rally Teamが、

パリダカラリーの実車とモンテカルロラリーの実車に挟まれて、初めて一般公開されました。

このクルマはレプリカですが、これからR60 JCWを仕上げて、

来年の全日本ラリーに参戦します。

DSC08400 (1024x683).jpg

以前より色々と準備・交渉を進めてきて、ついに公開になり、

MINI Japanさんのオフィシャルなイベントで大勢の注目を浴びて、

いよいよスタートって感じで、印象深かったです。

 

MINI大田はさらにExtremeなMINIディーラーへと、加速していきます!

F55 debut (1024x683).jpg

これからのMINIビジネスを牽引するモデル、F55がついにデビューです!

もちろんMINI大田ではオーダー受付開始でございます。

 

F56(3ドアハッチバック)と比較すると、全長が165mm、ホイールベースが70mm、

長くなっており、そこにキレイにリアドアが収まっております。

MINIらしさ、MINIのデザインはそのままで、4ドアになって使いやすさがアップ。

 

価格はCooperが298万、CooperSが350万と戦略的な価格でして、

国産車のミニバンや、VWのゴルフやPOLOなど、

様々なクルマを検討している皆さまにご試乗いただきたいです。

 

デビューイベントはもう少し先ですが、

1番に乗りたい方はもうオーダーしないと間に合いません。

 

それでは皆さま、明日のMINI Connectionで、

富士スピードウェイでお会いしましょう!

 | Blog Top | 
4つのブログラインナップ
・AbeBlog From Tokyo Tower
AbeBlog From Waterfront
AbeBlog From Parts & Accessory
AbeBlog From 認定中古車

月別 アーカイブ

   October 2014   
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31