R56の生産終了

MINI R56 (1024x680).jpg

今日はAbe Motorsでの毎月恒例車両発注会議、今回の対象は今年最後になる12月の生産分。来年2月頃に日本に到着するかな。

だいたい35台ぐらいのBMWと8台ぐらいのMINIの発注を決定、在庫になるクルマはこれからその仕様を考えていきます。

金額にすると約2億円ぐらい、PC画面だと感覚が鈍りますが、40台のクルマって駐車場に並んでいるとかなりの面積になりますね。

現在の新車販売のトレンドが3ヵ月後に届くモデルの発注における最大の参考データになるわけでして、各拠点長と現在のトレンドを分析しながら、さらに現在の在庫表を見ながら発注モデルを検討していきます。

X3 20は8:2でディーゼルが売れているとか、F30(セダン)は在庫多め(ガソリン・ディーゼル両方ともバッチリあります!)、F31(ツーリング)は在庫少なめとか、435Coupeが今月だけで既に3台注文が入っているとか、色々な情報が入ってきます。

左側にモデル名が縦にズラズラズラーッと4ページに渡って並び、右側に発注に関する情報が記載されている表を見ながら検討するのですが、今回からMINI部分にR56の数字表記が無くなりました。R56だけで、One・Cooper・S・JCWと4つのモデルがあり、その合計はもちろんMINIの各モデル別で最大の発注数でした。

2006年にフルモデルチェンジしたこの2代目MINI by BMWであるR56はMINIの世界を広げ、MINIのファンを一気に増やし、多くの派生モデルを登場させた本当に成功したモデルでした。

そのMINIブランドを牽引してきたR56の発注が終わってしまったことに、個人的には強い寂しさを感じます。悪いことではありませんが、MINI全体の発注台数ももちろん一気に減りました。どうやら来年ほんの少しだけR56最後の限定車が出るようですが、それ以外ではいま在庫にあるクルマが最後のR56。間違いなく歴史に残るモデルであるR56、気になっている方はその選択が豊富なうちに是非ご検討ください。

X1 in Nagoya

X1 MAK.jpg

先日の台風前日にAbeshokai名古屋営業所に行ったら、

Takamatsu部長のX1が早くもピシーと決まってましたのでご紹介。

 

Abeshokaiの部長さんは北海道から福岡までいるのですが、

社用車でBMW or MINIが乗れるのがその特権。

当然しかし、Abe BMWやMINIOtaの在庫によって乗るクルマが前後左右します。笑

 

今回はX1。チューニングパーツがあまり揃っていないX1ですが、

Bilsteinで車高下げて、MPのグリルに交換、そしてMAKのホイールに交換で、

かなり迫力あるX1に仕上がってました。

MAKのBMW専用モデルMunchen、価格もリーズナブルでオススメです。

 

F10 LCI (1024x683).jpg

なんだか久しぶりに麻布ショールームにて仕事していたら、

F10 LCIの展示を発見。

専門用語ですみませんが、5シリーズのマイナーチェンジ後モデルのコトでして、

つい最近デビューしたばっかりなんです。

 

フロントフェンダー下部の形状が変わり、ヘッドライトのマユゲがクッキリ。

最初から素晴らしいデザインのモデルはマイナーチェンジの変更点が少ないですね。

 

ところでこの展示のカラーはグレイシャーシルバー。

E46時代には圧倒的な1番人気だったチタンシルバーに変わり、

最近のFシリーズから登場してきたシルバーがこちらのカラー。

 

チタンシルバーよりも奥行きがあり、丸みのあるシルバーで、

角度によって色が変わり非常にCool、このF10によく似合います。

 

今日は知人のお客様にご挨拶もできたし、

たまってたメールも送りまくったし、

会食もないのでジムに行ってきまーす!

BMW 2シリーズ

M235 (1024x683).jpg

来年の登場になるだろう、2シリーズ。

最高にCoolなコンパクトクーペがついに登場します。

コードネームはF22、早くもオフィシャルな写真が登場してきました。

そのモデルラインアップには228と同時になんとM235iも登場予定、

しかもMT設定があるとかないとか。

これは欲しい人の顔がたくさん浮かんできますし、僕も欲しいな~。

 

M135iでもかなりアグレッシプな仕様である排気音、

BMWでは伝統的にセダンよりもクーペの方が大きめなサウンド。

このあたりも楽しみな1台。

550万円のM135iとの価格差なんかも気になります。

BMW Battery.jpg

タイヤ交換もあって品川サービスセンターに来てみると、

バッテリーキャンペーンをやっていましたのでご紹介。

なんと20%OFF、これはお得です。

 

この夏の酷暑だけでなく、電気を消費する装備は増える一方。

バッテリーは予想以上に疲弊しています、

Abe BMWならではの良いチャンスですのお問い合わせ下さいませ。

詳細はこちらから。

http://www.abebmw.co.jp/jp/abebmw/ja/dealer/news/battery_2013.html

 

お電話でのお問い合わせはAbe BMW品川サービスセンターまで。

03-3764-6191

 

Ferrari in FUJI

ferrari in fuji.jpg

今日は午前中富士スピードウェイに行ってたのですが、

コーンズさんがサーキットイベントを午後からやるようで、

赤いフェラーリが続々集まってました、あれだけ一度に見ることはメッタに無さそうです。

 

トラックに2台積んで来たりするお客様も居るようですし、

やはりスゴイ方が多そうです。

 

M135iで一緒に走ってみたいところですが、そうもいきません。

 

 

 

 

マクラーレン

mclaren ATS (1024x683).jpg

先週のドイツ出張でホイールメーカーのATSを訪問した際に、

ATS側が欧州で人気の鍛造ラインの展示の為にMcLaren MP4, Audi R8, Porsche 911の、

豪華な3台をATSホイール装着して展示。

 

それにしてもMcLarenてまだまだ見慣れませんね、

モーターショーなど以外で初めてゆっくり見ましたが、

価格への恐怖を除けば、このままサーキットに行ってみたいクルマ。

 

Tokyoでも青山にマクラーレンのショールームが最近オープンして、

販売台数も少しずつ増えてきているのかな。

なんて思っていたら先週の結婚式会場の駐車場に、

普通に停まっていてさすがはTokyo。

同じブラックでしたが、意外にさりげないところが好きです。

 

BMW Familie3.jpg

昨日のBMW Familie 2013 in 筑波サーキットは残念ながら強い雨と風。

しかしながらBMW JapanさんはBMW M Performanceアクセサリー装着車を、

F10, F20, F30と揃えて圧巻のフルラインアップ展示。

高い完成度とデザインは素晴らしいのですが、

ここまでズラーツとなるとM Sports packageのように感じてしまう、なんて事はありません!(笑)

BMW Familie2.jpg

Abe BMWではパーツ部総動員でアクセサリーの販売。

イベント特価をご用意して楽しみながらBMWオーナーさんとかけあってましたが、

午前中の込み入っているタイミングでは一緒に手伝って(遊んでるだけ?)しまい、

午後のなんだか寂しげな後姿しか撮れませんでした。

寒い日だったのでAbe BMWスタッフジャンパー作って良かったなーと実感。

 

悪天候のおかげであまり渋滞もなく帰宅し今週もスタート。

来週は少し空いているので、やったらハードな10月も今週で最後。

nur 3 (1024x680).jpg

明日はいよいよ筑波サーキットにてBMW Familie 2013が開催。

Abeshokai&Abe BMWでもちろん参加しますので、

会場で見かけたら是非お声掛けください。

http://www.bmw-familie.jp/

詳細はこちらから。

 

これから知人の結婚式に顔を出して、そこから夜に筑波に行って前泊の予定。

まだなんだか眠いけどAbe BMWのパーツ部にしてみると、

数少ない屋外での大型イベントなので、色々学習する良いチャンスなんです。

皆さまもBMW純正アクセサリーがスペシャルプライスでゲットできるチャンス。

 

そういえば今週末は女子ゴルフのFUJITSUレディースが開催、

場所はもちろんAbe BMW Golf Cupが開催される東急700CC。

テレビで見ると毎年プレイしているコースとは思えないような景色、

でもあーあのバンカー!とか解るのは面白い。

 

 

Race in the RING

nur 2 (1024x683).jpg

ニュルでのVLNレース観戦中に、

BILSTEINがバスでノルドシュフライフのナントカってポイントまで連れていってくれた場所。

サーキットメインスタンドのVIPルームも最高に良かったのですが、

日本のBMWファンが、そして僕がイメージするニュルがそこにはありました。

 

狭いコース、両サイドのエスケープはほとんど無し、アップダウンが激しく、

たくさんの落書きがされた路面、そしてフェンスの少し先、

足元からたったの2mぐらいのところを疾走するマシン。

 

レース中盤になると、そこをさまざまなカテゴリーの車種、

それこそ最新のマクラーレンからE36まで同時に走行しており、

見ていたポイントではアンダーカバーをこする音も聞こえる究極のライブ。

 

同時にそれはニュル走ってみたい~なんて思いが吹っ飛ぶような絵で、

一歩ミスったら簡単にガードレール直撃なのは一目瞭然。

 

BILSTEINのトレイナー(プロ並みのドライバー)のライナーさんに話を聞いたら、

『Ryota、1周26kmのコースをかなり綿密に記憶していかないと、思い切って走行することはできない。記憶を頼りに見えないカーブの出口に向かってハンドルを切るシーンもあるぞ』

なんてさらにビビルような話がいっぱい。

『Rainer、でも1ヶ月ぐらい通わないと僕の頭では憶えられないッ』

『Ryota、グランツーリズモがあるじゃないかッ』 って真顔で。

 

最近のゲームはそれぐらいリアルで、実際にコースを覚えるのに役立つそうで、

しかもオンラインで対決できるんですってね。

ゲームをしない僕ですが、いつか来る日に向けて練習するかな~。

 | Blog Top | 
4つのブログラインナップ
・AbeBlog From Tokyo Tower
AbeBlog From Waterfront
AbeBlog From Parts & Accessory
AbeBlog From 認定中古車

月別 アーカイブ




"