BMW i が世界各国同時にプレス発表されました。
写真のi3Concpet とi 8Conceptの2台でスタートするi ブランド、
ついにクルマのスペックを含めた詳細データが発表。

メガシティビークルと呼ばれるi3と、スポーツカーとしての性能を持つi8、
i8は0−100km5秒以下の超高性能マシーン。
以前3秒台って聞いた記憶がありますが、徐々に現実的になっているようです(笑)。

いずれにしてもBMWの電気自動車に対する方向性が、
よりいっそう明確になってきた今回のプレス発表。
多数のメーカーがいまだ詳細の解らないコンセプトカーしか出せないなか、
BMWが一歩先を行っていることを感じさせます。


個人的には今回のフランクフルトで最も期待していたのがこのiブランド。
何か具体的なモノが見れるかな?と思っていたのですが、
全く触れずで終了。
そしてそれからわずか1週間後にドイツでプレスリリース...


まだ実車が無い状態でのプレスリリースなのか解りませんが、
一部でも説明して欲しかったなーと感じたり。
でももしかしたら9月のIAA(フランクフルトモーターショー)では、
コンセプトとして展示されるかもしれません。

2013年の登場でしょうか、乗ってみたいですッ!


New1シリーズ(F20)はStyleとSport2種のDesign Linesが登場。

Styleは本国名Urban(また日本では商標で名前変更みたいです)、
エクステリアではクロームが各所に登場し、
内装はクロスレザーシートのオシャレバージョン。

Sportはエクステリアはブラックが各所に登場し、
内装はスポーツシートのBMWらしいバージョン。

他国では『2つのLines』というマーケティングでデビューするぐらい、
この2つの顔を持つことがNew1Seriesの大きな特徴。

ボディカラーを選び、デザインラインを選び、ミラーカバーの色まで選べたりして、
とにかく楽しそうな1シリーズ。
MINIの良いとこ取りって感じでしょうか。


しかしディーラーとしては在庫車をどうするかなんとも迷いそう、
おそらく来月には初期オーダーが開始、
うーん、またAbe BMWらしくきわどいとこ攻めるかな〜(笑)

GT Msports



機内ほとんど寝れなかった成田からの帰り道、
レインボーブリッジ周辺の渋滞で意識が飛びそうになりましたが無事に帰国。


フランクフルトにあったF20(New1シリーズ)以外のニューモデルの中には、
初めて実車を見るモデルも存在。

例えば『GT Msports』
普通にF10など現行モデルと一緒に展示してあり、
通り過ぎちゃう人が多数でしたが僕は釘付け!(笑)

予想どおりVery Cooooool!
フロントスポイラーのデザインやMデザインのホイールにより、
より洗練されたイメージ。

時期3シリーズのGTが噂されますが、
このMsportsも発売されるのか気になります。

World Standard



充実したドイツ出張も今日で終わり、
600kmぐらい走行したE90 335d Msportsアルピンホワイトも今日でお別れ。
iDriveナビ付きの3シリーズと空港で指定して借りて、
ピックアップする駐車場にこのクルマを発見した時は『ヨッシャー』でした(笑)。


現行のiDriveナビになり初めて海外で同じiDrive付きのBMWを借りて、
とても強く感じたのはその利便性の高さ。
メニューをEnglishに変更することにより、
日本でナビを使っている時とほとんど変わらず使用可能。

海外出張の旅にGarminに代表されるナビ性能の悪さに感じるストレスも無く、
さらにiPhoneを接続して音楽を楽しむ。
全てのウィンカーなど全ての操作スイッチも日本と97%ぐらいは同じ、
間違いなく慣れない地での運転への安全性を高めますし、
何より運転を楽しむ事ができる。

世界で1番売れているブランドのクルマに乗ることは、
世界中のレンタカー会社で借りれる可能性も高いことを実感。
もちろん国によりかなり限られますが今回利用したSixtはBMW保有率が高い。

日本で320i以上標準になっている現行のiDriveナビゲーションシステムは、
世界中のBMWで共通のシステムであり、
記号を多用した操作性は非常に国際的な規格です。


それはともかく、
アウトバーンでのE90 335d MSports...
名馬を生まれ故郷で走らせる?そんな感じです(笑)

安定感・加速能力・燃費、全てにおいて完璧な1台。
250km/hぐらいまですぐに加速するスーパートルクエンジンはとにかく速く、
寂しいぐらい高回転域まで全然回す必要がなし。

うーん東京まで連れて帰りたい。

地面勝ち



海外出張に最近かならずジョギングシューズとウェアを持っていき、
初めての街や公園を走るほど楽しいジョギングは無い気がします。

今回の出張先であるフランクフルトには雄大なマイン川が流れており、
その川沿いは自然と都会が融合した絶好のジョギングスポット。

ジョギング中に見かけたのは川沿いで工事をしていて、
多分その工事現場の人が川沿いに停めたBMW。

クルマの写真で最大のポイントは地面だと最近思っており、
ここは最高のスポット。
iPhoneでも、E30でも(笑)、こんなにCoolに写ります。

Bilstein AG



昨日の夕方にBilstein本社があるEnnepetalまで、
フランクフルトからレンタカーで移動。
約250kmかっ飛ばせると思っていたら各所渋滞があり予想以上のロス。

でも明るいうち(21時過ぎまで明るいです)には到着して、
今日の朝からBilstein本社にてミーティング。

ドイツ・EUでの話しを聞いていると、
やはりもっと売れなくてはならないと感じます。
と言うか、
日本のショックアブソーバーのアフターマーケットを、
制圧して当然の技術力と開発力。

パナメーラを除く全てのPorscheラインアップ、
2・3年後には圧倒的な数のMercedes Benzラインアップ、
全てのジャガー、ランド&レンジローバー、ランボルギーニ、
Audi A8、ブガッティベイロンなどなど、
これだけの車種に標準装着されているのはやはりBilsteinだけ。

そしてこの技術力と開発体制を活かして、
積極的にアフターマーケットにチューニング用商品を提供しているのも、
オンリーBilstein。やはり哲学を持った優れたメーカーであることを再確認。

特に電子制御のElectronic Damperに関してその性能はずば抜けており、
徐々に優れたクルマのショックがBilsteinになっていきそう。

今回聞いた他国での取り組みなどを活かして、
日本でもう一度強いBilsteinを復活させますよー!

このワンちゃん?キツネちゃん?
2年前に来たときには居なかった気がするな。
Abe Shokaiでも飼おうかな(笑)

MINI Coupe



昨日の午後からR58 MINI Coupeのプロダクトエクスペリエンス。

フランクフルト市街を走行したのはCooper S、6速MT。
もう最高ッにドライブが楽しいクルマであり、
眼に入れても痛くないぐらい(笑)Coolなデザインは、
所有したくなる、もしくは所有することが楽しくなるMINIらしいデザイン。

時速80kmを超えると自動に立ち上がる可動式リアウイングは、
その瞬間をバックミラーで凝視して1人ニヤニヤしちゃいます。

MINIの優れたブランド力をさらに加速されるこのMINI Coupe、
日本上陸は年末頃のよう。
こんなにいっぱいあると1台持って帰りたくなります〜!

F20



Ohhhhh

myyyyy

Gooood !!


It's a wonderful car !!



いつも通りBMWで成田空港まで行って、
毎回つかっているJOYParkさんにクルマを預けて、
アッという間にフランクフルト到着。

なでしこJapanには会えなかったけど、
そこらじゅうで日本人には『日本おめでとう!』って言ってくれるらしく、
スポーツの偉大さを改めて実感。

もう少し早く気づいて段取りしてれば、
あの女子サッカー至上最高の試合をライブで見れたかと思うと、
本当に残念無念。
フランクフルト空港から5分ぐらいにあるスタジアムなんですよねー。
ホテルまでのバスに乗って、こちらがそのスタジアムですッって、
全然間に合ってないけどその近くの写真です(笑)



到着してすぐは大雨でしたが、すぐにやんでいまは晴天。
明日・明後日のF20&MINI Coupeのイベントはかなりタフなので、
今日は早めに寝ようかな。

とりあえずこれから初日の夕食、
間違いなくソーセージでしょう、フランクフルトって言うぐらいですから(笑)。

F20 New 1Series



Abe BMWにとっても当然重要なモデルとなるNew 1Series、
明後日の月曜からフランクフルトにて実車に会いに行ってきます。

i3 i8といったクルマに会えるのかは解りませんが、
EVに対するBMWブランド今後の戦略も少し垣間見ることができそう。


フランクフルトってコトはBilstein本社のエナペタルと、
Fuchs本社のマンハイムも近いなってコトで、
せっかくなので単身レンタカーで情報収集に訪問。

世界に名だたるオイル&ルブリカントメーカーであるFUCHSは、本社に行くのも初めて。
F1のレッドブルチームのオイルマネジメントをしてる、
超トップレベルのオイルメーカーだけにとても楽しみ。
これからAbe Shokaiが気合を入れて販売していくブランドの1つであり、
個人的な人間関係を含めて、
自分の中で今後のFUCHS展開の基礎を築けたら最高ですね。

できる限り現地からブログアップしてまいりますので、お楽しみに〜。
 | Blog Top | 
4つのブログラインナップ
・AbeBlog From Tokyo Tower
AbeBlog From Waterfront
AbeBlog From Parts & Accessory
AbeBlog From 認定中古車

月別 アーカイブ




"