いよいよ明日27日(日)は東京マラソン!

先日ビッグサイトにエントリーに行くと立派なBMWブースが登場、
アシックスと同じぐらい目立つ素晴らしい展示。
写真のように1st Prizeと書かれた523と、先導車と書かれたHybrid X6、
僕もビックリしたぐらい目立っており、知名度アップには最高の展示。




Abe BMWからの出走者で1,2位を当てるAbe BMW Winter Derbyでは、
なんとなんとワタクシが支持率29%の1位人気。
ご投票いただいた皆さまありがとうございます!
さらに昨日開催されたBMW首都圏ディーラー代表者会議でも、
BMW Japan&BMWディーラーの社長様達からも暖かい応援をいただき、
いよいよリタイアは許されない状況に(笑)、精一杯頑張りますッ!

BMWブースにあった1位のフリして写真撮れるコーナーで、
全ッ然ランナーっぽくないカッコで撮影し、ゴールのイメージはバッチリ。
それでは楽しんで走ってまいりますッ!


MINI 大田のHPがリニューアルされて1ヶ月ぐらい、
一歩一歩信じられないぐらい少しずつ前進、
ようやくAbe MotorsらしいHPになってきました。

ドイツのサーバーが...ドイツでの管理で...
ドイツドイツってどこのドイツだーッ!って(ありゃりゃ)、
一時は自社で独自HP作っちゃおうかと思いましたが、
どうにかこらえてようやく編集が可能になりました。

さてこのホームページ、
MINI JPとMINI Ota2社の共同HPみたいな摩訶不思議構造。
例えば上部にあるMINI NEWS、モデル&サービス、MINI認定中古車の、
1番目立つアイコンをクリックすると、
別画面で開くことなく、知らずにMINI JPサイトに移動してます。

そんな訳でMINI Otaではオリジナルページを徐々に作成。
http://www.ota.mini.jp/dealer/ota/ota_original/index_dealer1.html

HP左側のNavigationの中、または1番上のMINI正規ディーラーアイコンの中にある、
MINI Otaオリジナルイベントをクリックしてください。
独自のコンテンツが徐々に増えていきます。


絶好調のクロスオーバー、既にご覧いただけましたか?
クロスオーバーのデビューにより初めてMINI大田にお越しいただいた、
本当に沢山の皆さま、
ご指名およびご来店心より御礼申し上げます。

そしてこれからご来店いただく皆さま、
クルマによっては現在オーダーいただいて、納車が7月以降なんてケースも。
超人気のクロスオーバー、是非お早めにご検討下さい。


写真は新しいConcept ModelのMINI Rocketman。
なんだかR56の進化方向が見え隠れするのは気のせいでしょうか。


写真は富士山ではなく蝦夷富士こと、羊蹄山。

先週日曜夜羽田発、火曜夜羽田着で北海道のニセコへ、
10年ぶりぐらいのSKI in 北海道。
雪質・山の大きさ・雰囲気、やっぱり北海道最高。

山の麓まで雪で覆われた羊蹄山は個人的には富士山より美しいぐらい、
そしてなにより滑りたい。
6時間足で登って、山頂付近から滑ることもできるらしい。
今回はできなかったけど、また新しい目標が1つ(笑)。
『羊蹄山さん、いつか山頂から滑ったるッ』


海外から見て日本で最も有名なスキーリゾートになりつつある、ニセコ。
夜にフツーの居酒屋行くと40人ぐらい入るお店は満員、
でも1テーブルが中国人、
他のテーブルは全てオーストラリア人(笑)。
インターナショナル好きな方には超オススメ。



そんなニセコグランヒラフにはMINIがしっかりとマーケティング。
リフト乗り場もこんな感じ。
日本全国Crossover話題沸騰中。

このマーケティング活動を見学しに行ってきました(笑)

『 i 』



BMW i がついにスタート。
http://www.bmw-i.com
EV(電気自動車)に重点を置いたBMW Group内における新たなサブブランド。

まずは2つのモデルでスタートするよう、
メガシティビークルと呼ばれていた初のEVがi3、
Vision Effecient Dynamicsなのか、このEVバージョンなのかがi8。



どんな風にどんな店で販売するのかまだ全然解りませんが、
クルマ業界の大きな変革期を先導していく一歩になりそう。

誕生したばかりの i 、これからが楽しみです。


2011年2月よりMINI Ota Blogが2つに増殖、
新たにWorkshopからパーツ・メンテナンスにより特化した、
MINI Ota Blog from Workshopのスタート。

従来のMINI Ota Blogはもちろん継続、
MINI Ota Blog from Showroom

日本で初めてBMW正規ディーラーブログをスタートしたAbe BMWでは、
現在ブログが4つ、とうぜん日本最多(笑)。
そしてMINI Otaは日本で初めてブログが2つあるMINI正規ディーラーへ。

BMWよりもアフターパーツ・アクセサリーの品揃えが豊富で、
正規ディーラーでの販売チャンスが多いMINI。
以前からアクセサリーとメンテナンスに特化したブログの必要性は感じており、
ようやくスタート。



これはMINI Ota目標の1つ、
『日本で最もアフターパーツ&アクセサリーを多く販売するMINIディーラーになる。』
ために必ず必要なこと。

Abe Shokaiの協力体制、ワークベイ隣接、アライメントテスター、
やれる環境はカンペキ。
アライメントの設定をしてる写真の2人が中心のブロガー、
MINIらしくクルマ好きで陽気で楽しい感じです。
問題点ありましたら、バンバン本人までつっこんで下さいッ(笑)

ActiveE



MINI Eに続くBMWGroup2台目のEV(電気自動車)、
それがこちらのActiveE。
1Series Coupeのボディにモーターと電池を搭載したこのクルマは、
EU、U.S、中国市場にてテスト的に一般デビュー。

2013年頃に始まる本格的なEVに向けての準備は着々と進んでいるよう。

MINI Eは乗りましたが、あのクルマはMINI Eならではの乗り味。
スポーティなデザインの1シリーズクーペは、
間違いなくまた違った乗り味のはず。

日本市場には未導入のようですが、早く乗ってみたい。
スッゴイ速かったらどうしましょうッ(笑)

4ドア クーペ



今日はStudie BOB社長と久しぶりにゆっくりお話しができ、
またBMWビジネスについて色々と可能性を発見。

意識が高まったところでAbe BMWから徒歩5分の芝プリンスタワーで、
Mercedes Benz CLSのデビュー会をやってるというので、
ベンツのセールスをしてる学生時代の先輩に会いに遊びに。
平日18時ぐらいでかなり人が大勢いてビックリ。

そして意外にお知り合いにいっぱい会うのでビックリ(笑)。



4ドアクーペ、やっぱりアリな気がします。
BMW Gran Coupe、来年デビューとか聞きますがどうなんでしょ。


7シリーズが大きく感じて、5シリーズでは無い4ドアに乗りたい。
Abe BMWのお客様には間違いなくいると思います。


なんとも不思議なこの写真は、
Crossoverのトランクから車内を眺めた景色。

フロントからリアまで約1.5mぐらい、中央を抜けるセンターレール。
スライドできるプラスチックのベースで様々なアクセサリーを装着できる、
R60インテリアの目玉。

販売台数が増えて、色々と装着できるモノはどんどん増える。
純正以外にもさまざまなメーカーから、
日本ならではのアイデアやスタイルの楽しい製品がどんどん登場しそう。

1万円以下で色々な選択ができるような状況になれば、
それはこれまでに築いたMINI World in Japanの継承であり、
MINIクロスオーバーが選ればれる理由の1つになる。

特に装着アクセサリーに関しては、
少しだけオープンプラットフォームなMINIの雰囲気、大切です。

全て純正品でカバーしようとするよりも、
こうした可能性を残すほうがクルマが売れるってコトかと。
まさにiPhoneみたいにね。

MINI大田でもオリジナルを作ってみようかな。
例えば、
水がこぼれないようになっているプラスチックの花の一輪挿し。
クルマに花。普段は造花でも差しておいて、
特別な日や長距離運転の日に生花を一輪。
MINIっぽくないですか?
すっごい企画がスタート、さすがAbe BMW。
せっかく走るんだからこのぐらいやってもらわないと(笑)。

初の東京マラソン、予想以上に盛り上がってます。

勝手に◎印だし...

皆さんの期待を裏切らない走りをお約束します!
リタイアしたらスイマセン(笑)。


New 5シリーズMsportsがグイグイ来てますッ

E60の最終時期は圧倒的にハイラインパッケージ(レザー+ウッド)が人気で、
Abe BMWでもその比率がハイライン8:Mスポーツ2ぐらいでした。

やはりまだ初速だからなのでしょうか、
Mスポーツの人気がここのところ絶好調。
あくまでも最近の体感値ですが、ハイライン6:Mスポーツ4ぐらいな気がします。

E60と比較するとノーマルのデザインがエレガント志向が強いだけに、
Msportsの顔がちょうど良いのかもしれません。



さらに車内のデザインもE60よりギラギラしてないし、
シートも快適でスポーティ過ぎない雰囲気。

Abe BMWでは528i Msportsセダンのデモカーをご用意済み、
王道の#300アルピンホワイト!

問題はE60の比率をベースに予測してしまったディーラーに、
Mスポーツの在庫がかなり少ないこと。
お問い合わせはお早めにお願い致します。
 | Blog Top | 
4つのブログラインナップ
・AbeBlog From Tokyo Tower
AbeBlog From Waterfront
AbeBlog From Parts & Accessory
AbeBlog From 認定中古車

月別 アーカイブ




"