New E92



3シリーズCoupeもマイナーチェンジ。

こちらはM Sportsなので差が少なくてすみません。
まずエンジン。
320Coupe、新登場の325Coupe、
ともに高精度ダイレクトインジェクションシステム(直噴エンジンですね)に、
変更され、トルク・出力をUPしながらさらに燃費もUP。

たとえば320は排気量は変わりませんが、
156psから170psにアップし、
ATで15.2km/L、MTで18.4km/Lの超高燃費ッ!

新登場の325Coupeは、
3Lの排気量で従来の2.5Lエンジンと同じ218ps。
もっとパワー出せるけどこのぐらいにって、
余裕なエンジンの使い方がヒシヒシと感じる325Coupe。

デザインではLEDのアクセントラインがヘッドライトに装着され、
さらにスポーティなルックスに。

320Coupeで479万円、325Coupeで598万円と、
価格に大きな変動はありません。


次はE93かな...
まいったねこりゃ...(笑)

New X5



E70 X5のマイナーチェンジ、
デザインの変化で大きな部分は2つかと。

1、フロントフェンダーが同色になり、
より精悍さが増した形状に変化したこと。

2、テールランプがLEDになり、
最近のBMW共通の右上がりなLEDランプに変化したこと。

フロントはM Sportsに近づいた感じがあるので、
マイナーチェンジ後のM Sportsがどう変わるのか気になります。
今のところM Sportsのオフィシャルな写真はありませんが、
どうやらM Sportsも少なからずデザイン変更がありそう。


そんな外見の変化が吹っ飛ぶぐらいの大きな変化は動力性能。
ご存知N55エンジンが搭載され、
306psの最高出力に低速から400Nmのトルクを発揮。
さらに燃費もアップし、燃費基準を31%上回る高燃費。
そしてミッションが8速ATになり、さらに滑らかな加速を実現。

『B06 スパークリングブロンズ』なんて新色も登場したり、
とにかく話題が多いマイナーチェンジ。
されど価格は、35iならたったの18万円UPの798万円。
50iなら50万UPの1,045万円。


Abe BMWではマイナーチェンジ前の試乗車を今年作ったばっかり...(泣)、
なるはやで展示しますので、まずはご覧下さい(笑)。



エー次は、E92のマイナーチェンジかな。


雨後の筍、次から次に、連打連打のニューモデルラッシュ。

『ドドドッ』なんて優しいレベルのラッシュではなく、
『ドッバーッ』と激流のように押し寄せるニューモデルラッシュ。

ここら辺で少し整理をして見ますと。
GT、New5、X1までは完全なニューモデルとモデルチェンジなので、
誰しもお解かりかと思います。

問題はここから。

まずはZ4 35isの登場。
続いてE92,E93。3シリーズクーペとカブリオレがマイナーチェンジ。
E92では325クーペという、ニューモデルも登場。
ほぼ同時に、
120Coupeが登場。前述のとおり楽しみな1台。
そして325Coupeもエレガントにクーペを乗りたい方にピッタリ。

さらに、X5がマイナーチェンジ。
これがデザインだけでなく、エンジンもガラリと変わるので、要チェック。
ついに35エンジンがX5に搭載。
現状でも最強のSUVであるBMWX5が、
さらにその地位を不動のものにする大きな変化。

X1の登場、直噴エンジンの導入と同時に起こる、
怒涛のニューモデルラッシュ。
Again, 『The BMW is Back!』 ( ̄▽ ̄)V

明日はNew X5の詳細かな、
ブログとアタマが追いつきません(笑)。

120 Coupe の続き



コンパクトスポーツ登竜門として、新たにデビューしたBMW120Coupe。

デザイン・サイズ・パワー・価格・燃費、
すごくバランスが取れており、時代のニーズにピタッと合ってる1台。
E82(1Series Coupe)の兄貴である135Coupeと比較しますと。

135Coupeの573万円に対して、120Coupeは385万円。
でもこの135Coupeには120Coupeにはオプションの、
M Sports Package29.5万円とiDrive30万円とレザーの27万円が標準。
そうなると、573万-385万-86万=102万円が135との差額。
さらに135は7速DCTが標準装備で、エンジンによるパワーの差は約130hp。

...ありゃ。

比べる相手が悪すぎました(笑)。
BMWのラインアップで価格に対して装備が最も充実している135Coupe。
さすがにこの車にはかないません。

しかしながら、
1,440kgと320iより150kgぐらい軽くて、14.4km/Lの高燃費。
そしてMotorsportsの息吹を感じる優れたデザイン。

E46ti に乗ってます。
そんなにパワーは必要なくて、でもデザインは大事。
もちろん車は2ドアでしょ、でも予算は400万円ぐらい。
なんて方、ピッタリなんですけどね( ̄▽ ̄)V。

僕の一押し120Coupe。もう販売開始。
Abe BMWではブラックサファイヤとアルピンホワイトの、
定番2色のノーマル車が6月中には納車が可能。

X1と120Coupe。
おなじぐらい魅力的なBMWのニューフェイス!

120 Coupe



135しかなかった1SeriesのCoupeに、
4気筒の120 Coupeが登場っ!

iDrive無しですが385万円と、
スポーティなBMWの登竜門となる1台。

BMW Performanceを装着したり、チューナーパーツ装着したり、
購入後の楽しさがBMWでも特に幅広い1Coupe。

新エンジンでの登場ですので、燃費もパワーもUP。
詳細は追ってご連絡いたしま〜す。


P.S
写真は日本仕様とは異なりますので、ご了承下さい(笑)。

Red Bull



日本未発売のRed Bull Suger FreeとShot。
仕事でGuam行ってきた奥さんのお土産、もっと働けって?(笑)

日本は栄養ドリンクが異常に多くあるからRed Bullさんも市場開拓も大変、
逆にUSとかは全然無かったので、あれだけ広まったようです。
このShotなんてサイズも日本のに似てますね。

しっかしF1強い。
モナコGPを終えてのドライバーズポイントは、
ウェーバー&ベッテルのRed Bullコンビの1st&2nd。
もちろんコンストラクターズも1位。

その最大の秘訣が独特のデザインによる優れたダウンフォース。
コーナリング時のスピードは全チームNo.1。

他にも数多くのモータースポーツに参戦しているRed Bull。
世界中でこのドリンクが売れて、儲かっているのでしょうか(笑)。

レッドブル シュガーフリー、効きすぎで日本で売ってないのかな?
今月もあと少し、これ飲んで頑張りまっす!!

勢ぞろいッ


天王洲シーフォートスクエアに11台勢ぞろい。

つなぎ目がバッチリなので一目瞭然とは思いますが(笑)、
一枚の写真には納まらない広さです。

まず最初に感じたのは、イタリア車のAlfa RomeoとFIATがいると、
いつものジャーマンカーズな雰囲気がずいぶんと変わること。

次に感じたのが、セダンが2台(BMW 535i とAlfa Romeo 159)しかないと、
さらにジャーマンな雰囲気が和らぐこと。

ファミリー層が多かったご来場のお客様には、
ピッタリのラインアップであり、興味深く比較されているお客様が多数。

当然だとは思いますが、
国産車の販売促進のために作られた日本のエコカー政府支援金により、
ハイブリッド車を中心に大きく販売台数を増やしたLexusを含む国産車。
その政治的な大きく強い波に押されている輸入車は、
少しずつ復調してきてますがそのスピードはやはり劣ります。

しかし最近になり各輸入車メーカーから、
日本のエコカー政府支援金にも対応できる車種や、
対応できなくても重くて大きなハイブリッド車よりもずっと燃費の良い車種が、
日本の市場に登場してきました。

その新しいエンジンの高い性能、輸入車の燃費の良さが、
ゼンゼン知られてないんですッ!

圧倒的にくり返しTVで流れる、
子供店長やペーター!(笑)による国産車のエコカーコマーシャル相手では、
もちろん無理もない話し。

そんな中、輸入車ディーラーがこうして一同にあつまり、
メルセデスベンツのBluetechやBMWのEfficient Dynamics、
コンパクトなFIATやMINIの優れた燃費を、
輸入車ショールームには普段来ない湾岸エリアのお客様にお伝えする。

そんなとっても意義のある草の根運動だなーと、
最後に深く感じたイベントでした。

明日も同じ場所で開催中( ̄▽ ̄)V


明日明後日の週末はインポートカーセレクション in 天王洲アイルッ!
(完全に告知が遅れました、すみません)

天王洲アイルのシーフォートスクエアに、

今が旬なプレミアムコンパクトカー輸入車が一同に集まります。

まずBMWからは、 X1とZ4。
つぎにMercedes Benzからは、A Class、C Classブルーエフェシエンシーモデル。
そしてMINIからはMINI CooperとCooper S。
さらにAlfa Romeoから159とMITO。
そしてFIATからFIAT500。

すっごくないですか?このラインアップ!
今最も注目を浴びているプレミアム&エコな輸入車が勢ぞろい。
並べて比較できる機会なんてめったにありません。

ご来場お待ちしておりますッ
ホテル宿泊券などが当たる、豪華抽選会もやってます( ̄▽ ̄)V!

詳細はこちらからー
http://life.sl.lcomi.ne.jp/archives/article/69037.html


MINI大田ショールームに展示中のこちらは、MINI ONEのマニュアル車。
エンジンが変わり燃費がアップしたMINI ONEは、
このMTだけ4☆のエコカー減税の対象車。

217万円の本体価格で、
減税が-223,300円。
エコカー補助金が-100,000円。
ナント合計223,300円お得なんです。

エコ=グリーンなミラーカバーに、サイドスカットルを装着した、
エコ特別限定車のMINI。

限定1台です!

渋すぎる〜



週末に車で出勤中に青山で出会ったBMWのサイドカー。

渋い、そして乗せて欲しい(笑)。

信号待ちで並んだら窓開けて、
『かっこ良いバイクですね!』って声かけちゃうところでした(笑)。

サイドカーの側車っていうのかな?バイクじゃない方は、
様々な乗り物の中でも目線の位置が非常に低いので、
すごいスリルらしいです。

バイクと違い車体を倒してコーナリングができないでしょうし、
左右非対称なサイドカーの形状は、
走行時に片方に寄った動きになりそうです。

うーん楽しそう。

これでデートとか超Cool だし、荷物入れても便利ですよね。
大型2輪免許欲しいなー。
 | Blog Top | 
4つのブログラインナップ
・AbeBlog From Tokyo Tower
AbeBlog From Waterfront
AbeBlog From Parts & Accessory
AbeBlog From 認定中古車

月別 アーカイブ




"