少々難しい名前ですが、こちらのM6 Cabrioletのボディカラー。
Abe BMWのBPSに現在在庫中のIndividualカラーのM6。
ダークとグリーンは良いにしても、マラカイトって?調べたら宝石の孔雀石のこと。
僕はうといので知りませんでしたが、グリーンのキレイな宝石。
深い孔雀石のようなグリーンのM6、上品でオススメです。
内装の色もスーパーこだわった超ユニークな1台、
詳細はこちらからご覧下さい!

ニューモデル


今日は10月生産分の車両を発注、2009年に届く最後の発注。
チラホラ来年の噂も聞こえてきます、
どうやら来年2010年のBMWはニューモデル連発イヤーになりそう( ̄▽ ̄)V
春ぐらいには写真の5Series Gran Turismo。
可動式のトランク&リアシートで、
ゴルフバッグもロードバイクもスキーもバシバシッと入りそうで僕も興味有り。
もう1つの話題車がX1。
こちらは夏以降の日本登場になりそうですが、
サイズやデザインはAbe BMWが得意そうで、多くの販売台数が期待できそう。
さらにまだ時期は決まっていないようですが、ハイブリッドの登場もありそう。
最近他ブランドが完全に追従するBMWのニューモデル展開、
Gran TurismoやX1に似たモデルも出てきそう。

ドイツの街の名前は忘れてしまいましたが、
Bilsteinの工場(OEMではなくアフターパーツ主体の工場)の近くにあった、
Bilstein Technical Center看板のしたに駐車してあったZ4 Coupeです。
なんかこう、街に溶け込んでシックリ来てました(笑)。
希望はSmart Box Charming Gatewayです!

ってな感じでも、一言だけのコメントでも、
何はともあれAbe BMWフォトコンテスト開催中です。
いやはや意外に?多くの方からの応募をいただいております、
ありがとうございます。O(_ _)O
まだまだ応募受付中です、
こちらのページからの応募お待ちしておりますッ!

MINI 50周年


1959年8月26日イギリスにて最初のMINIが誕生しました。
そのちょうど50年後の昨日、BMW Japan本社のBMW Studioにて、
ディーラー会議のあとにMINIの50th Anniversaryが開催。
巨大なBirthdayケーキとシャンパンが登場して、MINIらしくポップに祝いました。
Abe BMWは今のところMINIの販売はしていませんが、
楽しそうだし丸の内なら近いし、僕も参加(笑)。
50年間の歴史を振り返る映像が流れましたが、
とてつもなくアップダウンに富んだ、文化的にふか〜いブランドだってことを改めて実感。
ビートルズの4人全員が当時乗っていたって写真がありましたが、
現在撮れるどんな写真よりも広告力、説得力が強いのではないでしょうか。

会場にはサプライズに世界最古のMINIと呼ばれる1台が特別に展示、
実際の生産よりも少し前に試作車として作られた車両らしく、超貴重な1台。
そんな1台がなんと日本にあるって知ってました?
サイズは小さくとも、なんだか不思議な存在感がありました。

VICS


BMWの純正ナビゲーションにはもちろん標準のVICS、
より詳細な渋滞情報を得るために必要なナビの機能の1つ。
渋滞情報はFM多重放送、光ビーコン、電波ビーコンで提供されており、
この3つのメディア全てに対応していると、
首都高速の渋滞マップが自動的に画面に割り込んできたり、
ナビが自動的に渋滞を回避するルート検索をしたりと、
機能がグッと増えます。
FM多重放送だけ受信可能なナビが多くありますが、
特に渋滞情報を利用する方はこの3つのメディアを選べる機能の装着がオススメ。
なんで僕があまり詳しくない(笑)、ナビの話しなったかと言いますと、
Mercedes BenzのNew Classの純正ナビは、
このVICSが標準ではなく、
ディーラーで50,000円ぐらいで装着するそうです。
BMW Japanさんからの競合車情報でしたッ (^▽^)V

今日は午後全てBMWJapanさんの本社で、全国のディーラーが集まる会議。
どうやらその後MINIの祝50周年式典も開催されるらしく、
ついでに見に行ってきます。
僕は運良く電車で15分ぐらいですけど、
飛行機や新幹線でくる方たちは大変です。

いかがでしょうか320i Performanceホイールのすがた、
シャープで伸びやかなデザインは、僕の中では現在純正ホイールナンバー1かと。
さらに純正ではこれまで成しえなかった艶っぽいブレーキシステム。
もちろん色だけではなく、
キャリパーは6ピストンのアルミニウム製固定式、
ディスクはクロスドリルド・ベンチレーテッド・ブレーキ・ディスク。
やっぱり華やかで良いですよね( ̄▽ ̄)。
こちらの320iは引き続き品川ショールームに展示中ですので、
本物のオーラ見に来て下さい。

しかしながら、Performanceネタ続き過ぎですね...
自然と好きなものの写真を撮り、自然とブログの話題になるのが、
僕のブログの半分ぐらいなのですが、
そろそろ違う話題にしないとまずいですね( ̄〜 ̄;)。

ピンバッジ


今週末のイベントからセールスの胸元にはピンバッジが2つ。
1つはBMWのロゴマーク、もう1つが新しい『27』。
ご存知『BMWグリーンサポート27』の27。
試乗車に貼られているステッカーや、ショールームのウィンドバナーと共通の、
グリーン+27のデザイン。BMWにとって現在奥深い数字である『27』、
それ何?って是非セールスに聞いて下さい。
環境対策の1つである高燃費の為に重要なのが、車の重さ。
ボディなどの重さを追求すると特に金属はその剛性(つまりは安全性)を失いがち、
しかし安全性を重要に考えるBMWは、
例えばエンジンのクランクケースにはマグネシウム合金、
ボディにはアルミニウム合金や、樹脂製のパネルを採用してます。
一般的に使用されている素材と比較するとグッと高価ですが、
速度無制限のアウトバーンでの事故を考慮したボディ構造には必要なコスト。
価格と燃費ばかりが重要視される近頃ですが
走行中に衝突事故が起こった場合の安全性、
Pricelessに大切なことではないでしょうか。

Abe BMW Part Blogにて毎日製作過程が報告されていた、
Abe BMWのスペシャルBMW Performance320iが、品川ショールームに展示中。
早速僕も見に行きましたが、これは最高にかっこ良い( ̄▽ ̄)V。
部品代だけで総額200万円以上も気合入れすぎてかけちゃっただけあり(笑)、
もう完璧にビシーッとコンプリートカーになっております。
まずはこのホイール、鋭角かつシンプルなこのデザインは抜群にE90に似合ってます。
タイヤホイールセットで714,000円と高額なホイールですが、
19インチのこの姿を生でみるとググーッとひきつけられます。
E90用は335にしか装着できないパーツが多いのですが、
Abe BMWでは販売台数が最も多い320iでデモカーを作りました。
4気筒用の設定が無いマフラーはREMUSを装着など、
Abe BMWらしさもだしているこの320i、品川ショールームまで見に来て下さい。
P.S
我らが東京代表の帝京高校、高校野球負けちゃいましたね。Abe BMWサービスセンターのNakajima工場長は甲子園に見に行っちゃう高校野球ファン。僕はニュースでしか野球は見ませんが、夏の高校野球は好きです。日本の立派な文化の1つだと思います。

130i BMW Performance、無事ショールームに到着しました( ̄▽ ̄)V。
Super Cool!
しかも明日・明後日はご来場記念品でBMWエコバックをプレゼント、
いつもの査定・試乗ではなく、ご来場いただいた皆さまにプレンゼントです。
皆さまのお越しをお待ちしております!

待ちにまったBMW Performanceのコンプリートカー2台が、
ついに今週末Abe BMWのショールームに展示されます。
Abe BMW Parts Blogにて毎日パーツが装着されていく320iも、
ついに完成になりそうです( ̄▽ ̄)V。
こちらのページにて詳細をお伝えしておりますが、
特にこの130iベースの1台は今週末限りの特別展示になります。
シートからエグゾーストまで、あらゆるパーツが装着された1台、
この機会を是非お見逃しなくッ ヾ( ̄ー ̄ゞ))。
その場で装着できるアイテムが少ないので基本的には後日取り付けになりますが、
やっぱり実際に装着されている車を見ながらだと、イメージが湧きます。
麻布と品川、130と320異なる車が展示してありますので、
こちらをチェックしてお越しください!
 | Blog Top | 
4つのブログラインナップ
・AbeBlog From Tokyo Tower
AbeBlog From Waterfront
AbeBlog From Parts & Accessory
AbeBlog From 認定中古車

月別 アーカイブ




"